映画『ペンギン・ハイウェイ』が「ファンタジア国際映画祭」で「今敏賞」長編部門を受賞! 「早く日本の皆様にもお届けしたい」(北 香那)

映画『ペンギン・ハイウェイ』が「ファンタジア国際映画祭」で「今敏賞」長編部門を受賞! 「早く日本の皆様にもお届けしたい」(北 香那)

8月17日(金)に全国公開するアニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』が、カナダ・モントリオールで開催中の「ファンタジア国際映画祭」にて、最優秀アニメーション賞にあたる「今敏賞」の長編部門を受賞した。

「ファンタジア国際映画祭」は、1996年にジャンル映画祭として始まり、現在はアジアやヨーロッパ、北米の作品を中心に約400作品を上映、会期中の来場者数は10万人にのぼる、北米最大のジャンル系映画祭。「今敏賞」は、2010年に逝去したアニメーション監督、今敏監督の功績を称えて、2012年より「ベストアニメーション賞」から名称を変更した賞で、今敏賞長編部門での日本の作品の受賞は過去には『言の葉の庭』(新海 誠監督)や、『ジョバンニの島』(西久保瑞穂監督)など。映画祭のホームページでは「表現も構成も美しく練り込まれた、愛と友情の物語。全ての世代の人々の心を強く感動させる、魅力的でふしぎなラブストーリーだ。『ペンギン・ハイウェイ』は今敏賞にふさわしい」と受賞理由についてコメントが発表されている。

また本作は、6月にフランスで開催された世界四大アニメーション映画祭の一つ、「アヌシー国際アニメーション映画祭」にも招待され世界のアニメファンから高い評価を獲得。すでに北米、イギリス、フランス、台湾、韓国ほか世界11ヶ国以上で配給が決定している。

【石田祐康監督:コメント】
まずは何と言ってもこの『ペンギン・ハイウェイ』にとって初めていただく賞になるのでものすごく嬉しいのと、衝撃が走ってます。何故ならまだ日本でも公開していないのに、もう賞をいただいてよろしいのかと……!
また今敏さんは個人的に多大なる影響を受けた監督なので、その名を冠する賞をいただけることに非常に光栄な思いです! 有難いことです。

【北 香那:コメント】
自分にとって初めて命を吹き込んだ作品が、海外でこんなに素敵な賞を頂けるなんて、信じられない気持ちと嬉しい気持ちでいっぱいです。
映画『ペンギン・ハイウェイ』を、早く日本の皆様にもお届けしたいという気持ちがより一層高まりました。

 

【STORY】
小学四年生のアオヤマ君は、一日一日、世界について学び、学んだことをノートに記録する。毎日努力を怠らず勉強するので、「将来は偉い人間になるだろう」と思っている。そんなアオヤマ君にとって何より興味深いのは歯科医院の“お姉さん”。気さくで胸が大きくて、自由奔放でミステリアスなお姉さんをめぐる研究も、真面目に続けていた。
ある日、アオヤマ君の住む郊外の街に突如ペンギンが現れ、そして消えた。さらにアオヤマ君は、お姉さんがふいに投げたコーラの缶がペンギンに変身するのを目撃する。「この謎を解いてごらん。どうだ、君にはできるか?」一方、アオヤマ君は、クラスメイトのハマモトさんから森の奥にある草原に浮かんだ透明の大きな球体の存在を教えられる。やがてアオヤマ君は、その謎の球体“海”とペンギン、そしてお姉さんには何かつながりがあるのではないかと考えはじめる。そんな折、お姉さんの体調に異変が起こり、同時に街は異常現象に見舞われる。果たして、お姉さんとペンギン、“海”の謎は解けるのか――!?

作品情報

『ペンギン・ハイウェイ』
8月17日(金)より、全国ロードショー
出演:北 香那、蒼井 優、釘宮理恵、潘 めぐみ、福井美樹、能登麻美子、久野美咲、西島秀俊、竹中直人
原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)
監督:石田祐康
キャラクターデザイン:新井陽次郎
脚本:上田 誠(ヨーロッパ企画)
音楽:阿部海太郎
主題歌:「Good Night」宇多田ヒカル(EPICレコードジャパン)
制作:スタジオコロリド
© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

オフィシャルサイト
http://penguin-highway.com/

『ペンギン・ハイウェイ』原作