「JUMP MUSIC FESTA」で欅坂46・平手友梨奈がステージ復帰! 「サイマジョ」「風に吹かれても」「ガラスを割れ!」などを披露

「JUMP MUSIC FESTA」で欅坂46・平手友梨奈がステージ復帰! 「サイマジョ」「風に吹かれても」「ガラスを割れ!」などを披露

“「音」でつくる「週刊少年ジャンプ50周年記念特別号」”をコンセプトに、ジャンプにゆかりのあるアーティストが出演する「ジャンプ×音楽」の融合イベント「JUMP MUSIC FESTA(ジャンプミュージックフェスタ)」が7月7日(土)・8日(日)の2日間、横浜アリーナにて開催された。

今回出演するアーティストたちは、それぞれがジャンプにゆかりのある楽曲とジャンプ作品にインスパイアされた楽曲でセットリストを構成。ジャンプ作品を通して、アーティストが音でマンガを表現していく。 

初日となる7月7日(土)は、KANA-BOON、氣志團、サカナクション、DISH//、BiSH、04 Limited Sazabysが出演。MCは、『特捜警察ジャンポリス』に出演しているオリエンタルラジオと、幼少のころからジャンプを愛読してきたことで知られる生駒里奈がつとめた。

開演直後、フロントの大型ビジョンで出演メンバーが紹介されると拍手が沸き起こった。その後、オリエンタルラジオの中田敦彦と生駒が登場。白Tシャツルックで元気に登場した生駒は「生まれたときからのジャンプっ子です!」と自己紹介し、中田は「僕は開演前から物販ブースをウロウロしていました! いろいろなアーティストのファンが来てました!」と報告。それぞれが、これから始まる“宴”に対して興奮を隠し切れない様子だった。

ちなみに、生駒は 乃木坂46、AKB48メンバーだった時代に「煽り担当」だったということで今回も盛り上げ役に。会場に向かって「横浜アリーナ、盛り上がっていくゾー! イエ~!」と絶叫すると、「イエ~!」のレスポンス。中田は「野太い声も甲高い声も聞こえた。男性、女性いい感じのバランスで来ていますね!」と笑顔を見せた。

大型ビジョンでは、『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィ(CV:田中真弓)、『NARUTO-ナルト-』のうずまきナルト(CV:竹内順子)、『銀魂』の坂田銀時(CV:杉田智和)を始めとした、多くの人気キャラクターたちも登場。なかでも、坂田銀時の映像が登場した途端、大きな歓声が。生駒は「皆さんの推しキャラが出てきたときは悲鳴が聞こえましたね(笑)」とチェックを入れていた。

トップバッターのKANA-BOONは、アニメ映画『BORUTO ボルト -NARUTO THE MOVIE-』の主題歌「ダイバー」からスタートした。4曲目の「彷徨う日々とファンファーレ」では観客がノリノリに。「俺らはナルトとかボルトとかに関わらせてもらっていて。ナルトしかり、『ピューと吹く!ジャガー』しかり。ジャンプの漫画に人生のアレコレを教わってきました!」とジャンプへの想いを語りながら、「ナルトの曲をもう1曲やってもいいですか?」と、6曲目では楽曲「シルエット」を披露。会場は大きな歓声で包まれた。

MCタイムになると、生駒は「これはスゴイ! 1発目にここまで胸を熱くさせられるなんて!」と、感激の声と共に登場。これに中田は「嘘じゃなく、生駒さんは舞台袖で見ながらボロボロ泣いていました」と暴露。「1発目からこんなに泣いてると、これからずっと泣いてることになるよ」と心配しつつ、「やっぱりジャンプってすごいよね。この調子だと今日はジャンプ好きの人たちはずっと泣いてますよ」と、この後の観客席の動向をも案じた。そこで生駒は「泣くと水分が不足するから、皆さんも水分補給をしっかりして、ぶっ倒れないように!」と呼びかけた。

そんななか、ナルトのコスプレをしたオリエンタルラジオの藤森慎吾が登場。“口寄せの術(作品に登場する術技のひとつ)”を使ってKANA-BOONを呼び、トークセッションを繰り広げた。KANA-BOONの谷口 鮪は「トップバッターで気持ちよく歌わせていただきました。ペンライトを振ってくれて、皆さん温かくてよかった」と感謝の言葉。「ジャンプは小中高と学校帰りにずっと読んでいたので、このように50周年を一緒にお祝いできるなんて光栄です。初めてのアニメソングはナルトがいいですといっていたんですよ」と、ナルト愛を公言するメンバーらは喜びを爆発させた。

続いて2番目に登場したのは、“楽器を持たないパンクバンド”として人気を集める女性グループのBiSH。アニメ『ブラッククローバー』のオープニンググテーマ曲「PAiNT it BLACK」を、熱を込めた演出で続けて2回披露した。その後、「今日は横アリが世界で一番ギラギラした場所になりますように!」と願いを込めて、新曲ラブバラード「Life is beautiful」へ。透き通る声&エモーショナルなライブパフォーマンスで観客を魅了した。

3番手には、ダンスロックバンドのDISH//が登場。アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のEDテーマ「FLAME」で、ボーカルの北村匠海が伸びやかな美声を響かせ、「I Can Hear」で会場の空気を支配すると、そのまま「横浜VIBRATION」で一気にヒートアップ。観客もタオル回しで大盛り上がりだった。

そして、4番手として登場したのはMCでもあるオリエンタルラジオ。彼らを中心に結成されたダンス&ボーカルユニット、RADIO FISHが登場し、iTunesのランキングで1位を獲得するなど大きな話題となったあの楽曲「PERFECT HUMAN」などを披露。中田の“パーフェクトヒューマンっぷり”に客席からは笑い声も聞こえたが、最後はハンズアップで手拍子も起きるほど、一体感のあるステージとなった。パフォーマンスをやり遂げた中田は「あっちゃんカッコイイの声が聞こえました!」とご満悦の様子だ。

このほかRADIO FISHは、チームしゃちほこと共に、コラボ曲「BURNING FESTIVAL」や、クリスタルキングの「愛をとりもどせ!!」(アニメ『北斗の拳』オープニング曲)カバーバージョンも披露し、存分にアニメファンを楽しませた。

5番手の04 Limited Sazabysは、ドラマ『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』OPテーマ「My HERO」などを披露。「ジャンプって発売日より早く売ってるお店があったよね。俺の家は田舎だったんだけど、書店とかコンビニとかじゃなくて、パン屋さんで一番早く売っていた。あれは何だったんだろう?」と思い出を振り返って会場を沸かしつつ、「ジャンプは全男子にとって初期衝動だと思ってる。ジャンプは僕たちにとって新しい世界や新しい言葉をいっぱい教えてくれるものでした」「少年のときのワクワクしていた感受性を失いたくなくて、こうやっていつまでも“冒険”みたいなバンドをやっているところがある。皆さんにもあの頃を思い出してほしくて……、今日は現代社会でパサパサになっている心を潤しにきました!」とコメントし、疾走感のあるセットリストで会場のテンションを上げた。

さらに6番手には氣志團、7番手にはサカナクションが登場し、圧巻のライブパフォーマンスを披露。氣志團は、「俺たちはジャンプのヒーローみたいに特殊な能力はないけれど、努力で何かを成し遂げる、そんなヒーローになりたいと思って今日まできました!」と挨拶。ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌「恋」とマッシュアップした摩訶不思議な「One Night Carnival」を披露したり、アニメ『ワンピース』の主題歌「ウィーキャン!」を共に歌うきただにひろしと、クリスタルキングの「愛をとりもどせ!!」をハモッたりと、豪華なパフォーマンスで会場を魅了し、MC陣からは「感動するのに面白い、面白いのに感動する。めちゃくちゃ勉強になった。映画1本見たくらいの満足度!」と感動のコメントが飛んだ。

そしてラストのサカナクションは、荘厳な雰囲気で始まったかと思えば、激しく上下する照明の演出と共に、徐々にダンサブルなステージへと移行。「アルクアラウンド」「アイデンティティ」「多分、風。」などで会場が大きく揺れていき、「ルーキー」「新宝島」(映画『バクマン。』主題歌)で最高のボルテージを迎えた。ライブ終了後、サカナクションの大ファンだという中田が「ビショビショになるまで躍った!」とコメントすると、それに同調した観客たちも一斉に拍手。ほぼ全ての来場者が満足感を得ることができたイベントとなった。

2日目となる7月8日(日)は、欅坂46、Little Glee Monster、家入レオ、GRANRODEO、Thinking Dogs、SPYAIR、FLOWが出演。さらに特別ゲストとして、『ONE PIECE』主題歌「ウィーアー!」のヒットにより絶大な人気を誇るきただにひろしと、RADIO FISHが、7日(土)に続いて登場した。

イベントでは初めに、オリエンタルラジオの中田、藤森が「遂に始まりましたよ~!」とステージに登場。ベレー帽&チェックのパンツをコーディネートしたキュートな姿で登場した元乃木坂46、AKB48メンバーの生駒は「横浜アリーナの男子~! 女子~! 盛り上がっていきましょうね~!」と、初日に続き盛り上げた。ちなみに中田が、初日の感想として「 (大ファンのサカナクションに興奮し過ぎて)生駒ちゃんの前で奇声を発したのは初めて」と述べると、生駒は「ひと言でいうとドン引きでした」とツッコミ。一方の藤森は「僕はいろいろとコスプレさせていただきました。意外と評判が良かったんですよ」と楽しんだ様子だった。

そして、「今日も昨日に負けないくらいの豪華ゲストが待っているんですよ!」と煽る中田。生駒も「今日もたまらんですよ。今日も(前日に続いて)泣くと思います」と期待に胸を膨らませた。

2日目のトップバッター、女性ボーカルグループのLittle Glee Monsterは、『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』OP曲「OVER」からスタート。2曲目の「SAY!!!」では「Say!」「Yeah!」のコール&レスポンスを繰り広げ、観客はタオル回しで会場のテンションを高めていった。また、アカペラメドレーでは透き通ったハーモニー、力強い歌声を披露。マイケル・ジャクソンの「スリラー」などを入れたマッシュアップで魅了した。MCタイムには、「ジャンプ50周年ってすごいよね!」と熱っぽくコメント。MAYUは「私たちが『僕のヒーローアカデミア』の歌を歌ってたの知ってた?『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』の歌を歌ってたのも知ってた?」と、興奮気味に畳み掛けた。

2番手は、KISHOW(谷山紀章)とe-ZUKA(飯塚昌明)の2人で構成されるユニット、GRANRODEO。「ヘイ! 横アリ~!」と会場に呼びかけると、力いっぱい『黒子のバスケ』のOP曲「The Other self」でスタート。「Punky Funky Love」「メモリーズ」「Can Do」と『黒子のバスケ』尽くしのセットリストで盛り上げ、KISHOWは「ハートは熱く、頭はクールに頼むぜ!」と名台詞を決めて会場を沸かせた。

3番手、ロックバンドのThinking Dogsは、「自分たちを知ってもらえれば」と、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の初代OP曲である、JUDY AND MARYの大ヒット曲「そばかす」を熱唱。ノリノリの観客は「ヘイ! ヘイ! ヘイ!」の大合唱で、会場全体からハンズクラップが鳴り響いた。続けて、新曲ラブソング「言えなかったこと」をしっとりと披露。こちらは主演を山田裕貴、ヒロインを乃木坂46の齋藤飛鳥がつとめる秋の新作映画『あの頃、君を追いかけた』の主題歌だ。

4番手は、初日にも氣志團と共にアニメ『ONE PIECE』の主題歌「ウィーキャン!」を歌ったきただにひろし。2日目は「みんな、『ONE PIECE』 は好きか~!?」と客席に問い掛け、『ONE PIECE』の初代OPテーマ「ウィーアー!」と「ウィーゴー!」で、高音の美声を轟かせた。「こんな大きなところで『ウィーアー!』『ウィーゴー!』を歌えてよかった。僕の人生を変えた2曲です」と語った。

続いて、初日にも会場を熱狂させたRADIO FISHが登場。こちらはMCでもあるオリエンタルラジオを中心に結成されたダンス&ボーカルユニットで、「ULTRA TIGER」「NEW GOD」「PERFECT HUMAN」などを披露した。中田の高速ダンスや、ダンサーの頭上で運ばれていくシーンはジャンプファンたちにも大受けで、ヒット曲 「PERFECT HUMAN」 では大歓声が巻き起こった。さらにRADIO FISHは、クリスタルキングの「愛をとりもどせ!!」(アニメ『北斗の拳』オープニング曲)のカバーバージョンも披露。パフォーマンス終了後に「ライブをやってみてどうですか?」と聞かれると、中田は「さいっこ~! とにかく楽しい」とニンマリ笑った。ちなみに「観客のみんなは、うっとりとした目で笑ってた」そうだ。

6番手は家入レオ。“月9”ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』主題歌に決定している新曲「もし君を許せたら」で切ないメロディを披露した際は、「人の葛藤する姿が美しいんじゃないかと思って作りました」とコメント。さらに『ドラゴンボール改』ED曲の「純情」や、『トリコ』ED曲の「サブリナ」などを披露。「サブリナ」では、観客が総立ちになり、会場は輝くペンライトで埋め尽くされた。

7番手、4人組ロックバンドのSPYAIRは、『銀魂 銀ノ魂篇』OP曲の「I Wanna Be……」や、『銀魂』OP曲の「サクラミツツキ」、ED曲「サムライハート(Some Like It Hot!!)」などを披露。『ハイキュー!!』主題歌の「イマジネーション」が始まると、観客のペンライトが一斉にリズムを取り始め、「タオルを回せ回せ回せ~」の合図で、会場全体が大きく躍動した。

その後のMCタイムには、“『ハイキュー!!』好き”としてタレントの足立梨花も登場。生駒は「梨花さんは、ハイキューのことになったらうるさいんですよ(笑)。でも、梨花さんは大先輩なのにこうやってフランクに話せるのはジャンプのおかげ」と、友情を育むきっかけとなった『週刊少年ジャンプ』に対して感謝していた。

ひと際大きな声援で迎えられたのは、欅坂46だ。昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』以来、約半年ぶりにTV番組に出演し、ニュースになった平手友梨奈も登場。フロントのビジョンに平手が映ると、「うぉ~!」と会場からは割れんばかりの歓声が起こった。そして「Overture」からスタート。デビュー曲「サイレントマジョリティー」をはじめ、「風に吹かれても」「ガラスを割れ!」などで一糸乱れぬパフォーマンスを披露すると、多くの観客が息を飲んだ。

トリを務めたFLOWは、映画『ドラゴンボールZ 神と神』の主題歌としてカバーした、ロックテイストの「CHA-LA HEAD CHA-LA」や挿入歌「HERO ~希望の歌~」を、ドラゴンボールの迫力ある映像と共に披露。その後、「FLOWの15年の節目節目にナルトがいました。勝手にナルトは戦友だと思っている」と、感謝の気持ちを込めて『NARUTO-ナルト-』のOPテーマ「Re:member」や「Sign」、名曲「GO!!!」を演奏。新曲「Break it down」も披露するなど、豪華なセットリストとなった。

また、会場の大型ビジョンには、度々『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィ(CV:田中真弓)や『僕のヒーローアカデミア』の緑谷出久(CV:山下大輝)を始めとした、多くの人気キャラクターたちが登場。キャラクターによる大喜利などのユニークな企画でも、会場のジャンプファンは大いに楽しみ、MCの生駒に至っては冒頭の予告通り、感動で涙を流す場面もあった。

取材・文 / 平井あゆみ

イベント情報

『JUMP MUSIC FESTA』(ジャンプミュージックフェスタ)
日程:7月7日(土)・8日(日)
会場:横浜アリーナ

出演アーティスト:
[7月7日(土)]KANA-BOON、氣志團、サカナクション、DISH//、BiSH、04 Limited Sazabys
[7月8日(日)]家入レオ、GRANRODEO、欅坂46、Thinking Dogs、 SPYAIR、FLOW、Little Glee Monster
[特別ゲスト]きただにひろし(※両日出演)
[MC]オリエンタルラジオ、生駒里奈 (※両日出演)

主催・企画・制作:集英社
協力:ソニー・ミュージックエンタテインメント
運営:キョードー横浜

©JUMP 50th Anniversary

オフィシャルサイト
http://www.shonenjump.com/jumpmusicfesta/

オフィシャルTwitter
https://twitter.com/JumpMusicFesta