東出昌大「過激なセリフや残酷に映るところもある」映画『菊とギロチン』ヒット祈願法要開催

東出昌大「過激なセリフや残酷に映るところもある」映画『菊とギロチン』ヒット祈願法要開催

7月7日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開される映画『菊とギロチン』のヒット祈願法要が本日6月27日(水)に両国・回向院で行われ、木竜麻生、東出昌大、寛一郎、渋川清彦、瀬々敬久監督が登壇した。

本作は、瀬々監督が映画『ヘヴンズ ストーリー』から8年振りに放つ、アナーキー青春群像劇。大正時代を舞台に、女相撲の力士たちと世界を変えることを夢見るギロチン社の青年たちが出会うという、史実から創造されたオリジナルストーリーだ。

東出は「大変熱く、嘘のない映画になっています」と挨拶。また、クラウドファンディングで資金を募り制作・公開をしている本作について「普通の映画ではなかなか言えない過激なセリフですとか、残酷に映るところもあるのですが、リアリティを追求しています。3時間に及ぶ長尺で鑑賞したあとにどっと疲れてしまうかもしれませんが、人生にとっての3時間だったら短いとは思いますし、それほど濃い作品になっています」と自信をのぞかせた。

ヒット祈願法要を終えた寛一郎は「撮影以降皆さんと会うのが久々だったので、今回のヒット祈願で熱い想いになっています」と告白。そして渋川は「全てにしびれました」とコメントをした。

瀬々監督は「初日舞台挨拶では寛一郎が号泣するでしょう」と言うと、寛一郎からは「しないです!」と間髪入れずにツッコミ。そして最後に「この映画は無名・有名すべての人の力によってできた映画です。今日はどうもありがとうございました!」と瀬々監督が力強く挨拶をしイベントは幕を閉じた。

イベントでは、ヒット祈願法要のほかに、キャストたちによるイッチャナ節、土俵入りが披露された。

【STORY】
大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、アナキズム運動を牽引した思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

作品情報

映画『菊とギロチン』
テアトル新宿ほか7月7日(土)全国順次公開
監督:瀬々敬久 
脚本:相澤虎之助・瀬々敬久
出演:木竜麻生、東出昌大、寛一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中 崇、井浦 新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、菅田 俊、宇野祥平、嶺 豪一、篠原 篤、川瀬陽太
ナレーション:永瀬正敏
R15+
配給:トランスフォーマー
©2018 「菊とギロチン」合同製作舎

オフィシャルサイト
http://kiku-guillo.com/

『菊とギロチン』上演支援プロジェクトクラウドファンディング(募集期間:7月6日(金)まで)
https://motion-gallery.net/projects/kiku-guillo