葵わかな&佐野勇斗、映画『青夏』原作コミック全8巻の表紙を完全再現!

葵わかな&佐野勇斗、映画『青夏』原作コミック全8巻の表紙を完全再現!

映画『青夏 きみに恋した30日』の公開を記念して原作コミック全8巻の帯が新装され、各巻の表紙イラストを本作でダブル主演を務める葵 わかなと佐野勇斗が再現した全8パターンの撮り下ろしビジュアルが解禁となった。

本作は、2013年から2017年にかけ講談社『別冊フレンド』で連載された、南波あつこによる人気コミックを実写化したもの。夏休みの間、田舎で過ごすことになった都会育ちのイマドキ女子高生・理緒(葵)と、そこで出会った地元のクール系イケメン男子高生・吟蔵(佐野)との“夏限定の恋”を描いたラブストーリーだ。

葵と佐野が、それぞれ演じる理緒と吟蔵として再現したビジュアルは、理緒が空に手をかざす”青夏ポーズ“で元気いっぱいの笑顔を見せる1巻、バイクのヘルメットを首にかけ真っ直ぐな眼差しが印象的な吟蔵の2巻、ジュースを飲む理緒とアイスを食べる吟蔵が振り向く姿を捉えた3巻、浴衣を着て夏休みを心待ちにする理緒の4巻、浴衣を着た吟蔵が金魚を手に持ち嬉しそうな笑顔を見せる5巻、理緒が夏の風物詩”スイカ“を食べる6巻、制服姿の吟蔵と夏の終わりを予感させる7巻、理緒と吟蔵が手を取りあい顔を近づけて今にもキスしそうな8巻と、夏らしさ全開のビジュアルから、思わずキュンとするビジュアルまで、全8パターンの表情を楽しむことができる。

映画『青夏 きみに恋した30日』は8月1日(水)より全国公開。

【STORY】
夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵わかな)は、そこで地元の高校生・吟蔵(佐野勇斗)と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香(古畑星夏)や、理緒に想いを寄せる祐真(岐洲匠)たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは?

作品情報

『青夏 きみに恋した30日』
8月1日(水)
原作:『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊)
出演:葵 わかな 佐野勇斗 古畑星夏 岐洲 匠 久間田琳加 水石亜飛夢 秋田汐梨 志村玲於 霧島れいか 南出凌嘉 白川和子/橋本じゅん
監督:古澤健(『今日、恋をはじめます』『クローバー』)
脚本:持地佑季子(『青空エール』『くちびるに歌を』)
配給:松竹
©2018映画「青夏」製作委員会

 

【映画「青夏 きみに恋した30日」オリジナルリボンスカーフ&シュシュセット<セブンネット限定> 】
発売日:7月27日(金)
価格:[グッズのみ]1,800円(税込)[ムビチケとグッズのセット]3,200円(税込)
限定グッズ: オリジナルリボンスカーフ&シュシュセット
※セブンネット・セブン-イレブン店頭の端末にて予約可
※数量限定、無くなり次第終了

オフィシャルサイト
http://aonatsu.jp/

『青夏 Ao-Natsu』原作