佐野勇斗&橋本じゅん“親子ショット”解禁! おやじバンドでTHE BLUE HEARTSの名曲「情熱の薔薇」をカバー

佐野勇斗&橋本じゅん“親子ショット”解禁! おやじバンドでTHE BLUE HEARTSの名曲「情熱の薔薇」をカバー

8月1日(水)より全国公開される映画『青夏 きみに恋した30日』で親子役を演じる佐野勇斗と橋本じゅんの“親子ショット”が初解禁された。

本作は、2013年から2017年にかけ講談社「別冊フレンド」で連載された、南波あつこによる人気コミックを実写化したもの。夏休みの間、田舎で過ごすことになった都会育ちのイマドキ女子高生・理緒(葵 わかな)と、そこで出会った地元のクール系イケメン男子高生・吟蔵(佐野)との“夏限定の恋”を描いたラブストーリーだ。

今回初解禁となったのは、吟蔵の父であるジョニーこと醸二(じょうじ/橋本じゅん)が組んだおやじバンドが夏祭りで行う“ジョニーライブ”撮影終了後、クランクアップした橋本とバンドメンバー、そして佐野を含めて撮影したメイキング写真。

吟蔵をはじめとする村の高校生たちと理緒は、夏祭りで行われる“ジョニーライブ”をプロデュースすることになるのだが、デザイナーになるという夢を持つ吟蔵はこのライブのフライヤーを制作する。ライブが無事に成功することで、恋愛だけでなく、自身の夢についても改めて決心することになる重要なシーンだ。撮影期間中、佐野は橋本から演技のアドバイスをもらったり、待機時間にも雑談するなど交流を深めていたという。

そして、このバンドが劇中で演奏するのはTHE BLUE HEARTSの名曲「情熱の薔薇」であることが明らかになった。さらに、このライブ音源が収録された、オリジナル・サウンドトラックが映画公開に先駆け、7月25日(水)に発売することが決定。映画公開前に、「青夏」の世界観と「夏」の雰囲気を楽しめる内容となっている。

【STORY】
夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵)は、そこで地元の高校生・吟蔵(佐野)と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香(古畑星夏)や、理緒に想いを寄せる祐真(岐洲匠)たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは?

リリース情報

2018.07.25 ON SALE 映画「青夏 きみに恋した30日」オリジナル・サウンドトラック

音楽:得田真裕
価格:2 ,500+税
発売元:Anchor Records

作品情報

『青夏 きみに恋した30日』
8月1日(水)
原作:『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊)
出演:葵 わかな 佐野勇斗 古畑星夏 岐洲 匠 久間田琳加 水石亜飛夢 秋田汐梨 志村玲於 霧島れいか 南出凌嘉 白川和子/橋本じゅん
監督:古澤健(『今日、恋をはじめます』『クローバー』)
脚本:持地佑季子(『青空エール』『くちびるに歌を』)
配給:松竹
制作スケジュール:4月初旬~5月初旬

©2018映画「青夏」製作委員会

『青夏 Ao-Natsu』原作