「Da-iCEの表現力には毎度驚かされます」。5人組ダンス&ボーカルグループDa-iCE、作曲家・コモリタミノルが絶賛

「Da-iCEの表現力には毎度驚かされます」。5人組ダンス&ボーカルグループDa-iCE、作曲家・コモリタミノルが絶賛

今年1月にデビュー4周年を迎え、5周年イヤーとして精力的に活動をしている5人組ダンス&ボーカルグループDa-iCE(ダイス)が、5月3日、東京・武蔵野の森 総合スポーツプラザメインアリーナで開催された『Tokyo Street Collection』に出演、日本テレビ系情報番組『スッキリ』の5月テーマソングの新曲「FAKESHOW」を初披露した。

メインアリーナに5人のシルエットが映し出されると、大歓声と共にDa-iCEのライブパートがスタート。デビュー5周年イヤー第1弾シングル「TOKYO MERRY GO ROUND」で幕を開けると、伸びやかな大野雄大(以下、雄大)と花村想太(以下、想太)のツインボーカルで一気に会場をDa-iCE色に染めていく。

同曲のラストサビを合図に、5人がランウェイに飛び出すと、続けて「君色」 そして、現在フジテレビほかで放送中のdTV×FOD共同製作ドラマ『花にけだもの』主題歌「わるぐち」と、立て続けに4曲を披露。

「TSCへお越しの皆さん、調子はどうですか? 改めまして、僕たちDa-iCEと言います!」と雄大が挨拶すると、「よかったら今日はDa-iCEという名前だけでも覚えていってください!」と想太が続き、さらに「本当に短い時間ではありますけど、最後に皆さんと一緒に思い出を作って終われたらなと。あと一曲付き合ってくれますか!?」と会場を盛り上げていく。

「最後の曲聴いてください。『FAKESHOW』!」と曲紹介をすると、思いがけない新曲の初披露に会場からは割れんばかりの大歓声が。力強くも伸びやかに歌い上げる想太と雄大の抜群のツインボーカル、そしてNoppo氏(S**t Kingz)が振付けた大人っぽくもセクシーなパフォーマンスに会場中が熱狂、サプライズな初披露でライブの幕を閉じた。

新曲「FAKESHOW」は、前作に続いてコモリタミノル作曲。エッジの効いたジャズファンク的ストリングスと、エレクトロなトラックとが融合したハイブリッドサウンドに、人間の嘘や欺瞞に皮肉を込めたアイロニカルな歌詞が突き刺さる、詞曲共に攻撃的な1曲だ。

現在、トリックアートを取り入れた錯覚を呼び起こす仕掛けや、時間や空間を利用した仕掛けなどを、CGを使わずにアナログで魅せる“完全ワンカメショウ”で撮影をした,ミュージックビデオがDa-iCE Official YouTube Channelで公開されているので、要チェックだ。

なお、今作「FAKESHOW」に収録されるカップリング曲「Limits」が、明日、5月5日、22時からTBSラジオで生放送されるリーダー・工藤大輝がパーソナリティをつとめる『TALK ABOUT』を皮切りに、MBSラジオ『Da-iCE 花村想太のa-i’m from HYOGO』、FM群馬『Da-iCE 和田颯のラジオ始めました。』と、Da-iCEメンバーのレギュラーラジオ番組にてラジオ初オンエアとなる。

「Limits」はPlayStaion(R)4『ブラッククローバー カルテットナイツ』のテーマソング。これまでのDa-iCEにはなかった、切れ味鋭いギターリフが印象的なサウンド感を持つ、本格魔法バトルアクションにピッタリの疾走感溢れるロックチューンだ。ゲーム内のストーリーともリンクした歌詞の世界観にも注目だ。

コモリタミノル コメント (「FAKESHOW」について) 前作「TOKYO MERRY GO ROUND」に続いて今作も自分の中では納得いく曲を作れました。メロディーの展開が予測不能でありながら心地良い、をいい感じに表現できたのでは。たぶんクセになりますwww しかしDa-iCEの表現力には毎度驚かされます。歌唱力に制約がないからこそ、自由に曲が浮かんで来ます。

 

リリース情報

2018.05.30 ON SALE
SINGLE 「FAKESHOW」


Da-iCE OFFICIAL YouTube Channel
https://www.youtube.com/channel/UCnUu_cR3-FfLEsLcAR1yhWw

Da-iCE OFFICIAL WEBSITE
http://da-ice.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC