マット・デイモン、体重増量で挑んだクセモノ! 映画『サバービコン 仮面を被った街』本編映像が解禁

マット・デイモン、体重増量で挑んだクセモノ! 映画『サバービコン 仮面を被った街』本編映像が解禁

5月4日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開される映画『サバービコン 仮面を被った街』の本編映像の一部が解禁された。

本作は、ジョージ・クルーニーが二度のアカデミー賞脚本賞に輝くコーエン兄弟とドリームチームを結成し監督・製作・脚本を担当、コーエン兄弟が脚本を手がけた作品。1950年代の郊外住宅で実際に起きた人種差別暴動から着想を得たストーリーは、理想的な家族に理想的な街、まさにアメリカン・ドリーム的なニュータウン・サバービコンの裏側がスリリングに描かれている。

今回解禁された映像は、妻を強盗に殺され、傷心のガードナー・ロッジ(マット・デイモン)の元に警官が訪れるというシーン。平凡な男に隠された裏の顔を感じさせる絶妙なシーンだ。

本作でガードナー役を演じるにあたり、マットは時代にあった体格を探し求めて当時の写真を研究して「50年代の男は現代人のように運動をしなかった。細身かでっぷり太っているかのどちらかだった。」と分析。「僕の祖父が太っている方だったので祖父に体格を似せようと思った。」と明かし、数ポンド、体重を増量して撮影に臨んだ。近年では、映画『オデッセイ』で火星での究極のぼっち体験を演じきり、さらには映画『ダウンサイズ』で身長13cmの極小人間を演じるなど幅広い役柄を演じ続けているマットが、本作での、ちょっとぽっちゃりした冴えないファミリーマン、ガードナー・ロッジ役にどんなスパイスを加えてくれるのか、ジュリアン・ムーア、オスカー・アイザックらが演じるクセの強いキャラクターたちとの共演にも期待が高まる。

【STORY】
明るい街、サバービコンへようこそ! そこはアメリカン・ドリームの街。しかし、そこに住むロッジ家の生活は、自宅に侵入した強盗により一転。一家の幼い息子、ニッキーの運命は予想もつかない方向へ・・。時を同じくして、この町に引っ越してきた黒人一家の存在が、笑顔溢れるニュータウンの住人たちのドス黒い一面をあぶりだす。街の人々と家族の正体にただ一人、気がつくニッキー。事件は、想像を超える結末へと急展開する!果たして、幼いニッキーの運命は? サバービコンの行く末は⁉

映画情報

『サバービコン 仮面を被った街』
5月4日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー 

監督:ジョージ・クルーニー 
脚本:ジョエル&イーサン・コーエン、ジョージ・クルーニー、グラント・ヘスロヴ
出演:マット・デイモン、ジュリアン・ムーア、オスカー・アイザック
2017年/アメリカ/105
カラー/ドルビー・デジタル/2.351
字幕翻訳:野崎文子
映倫G
原題:Suburbicon
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES 

オフィシャルサイト
http://suburbicon.jp/

© 2017 SUBURBICON BLACK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.