古畑星夏、映画『青夏 Ao-Natsu』で葵 わかなの恋敵に! “スタイル抜群美女役”に「これ私で大丈夫?」

古畑星夏、映画『青夏 Ao-Natsu』で葵 わかなの恋敵に! “スタイル抜群美女役”に「これ私で大丈夫?」

8月1日(水)より全国公開される葵 わかなと佐野勇斗のW主演映画『青夏 Ao-Natsu』に人気女性ファッション誌「ViVi」の専属モデルとしても活躍中の古畑星夏が、主人公・理緒(葵)の恋のライバル・万里香役として出演することが決定した

本作は、2013年から2017年にかけ講談社「別冊フレンド」で連載された、南波あつこによる同名コミックを映画化したもの。夏休みの間、田舎で過ごすことになった都会育ちのイマドキ女子高生・理緒と、そこで出会った地元のクール系イケメン男子高生・吟蔵(佐野勇斗)との〈夏限定の恋〉を描いたラブストーリー。

古畑が演じる大鳥万里香は、実家(雑貨店)を手伝う、村一番のスタイル抜群の美女。吟蔵の幼馴染で昔から許嫁と言われている。見せないようにはしているが実は吟蔵のことが本気で好きで、彼の夢を応援したい気持ちがありつつも、村から出て行ってほしくないことから、素直に気持ちを伝えられない。都会からやってきた理緒と吟蔵が惹かれあう姿に嫉妬心を抱く。

今回”村一番のスタイル抜群の美女”のキャラクターということで、古畑は「原作を読むと私の演じる万里香ちゃんが、めちゃめちゃ可愛くてスタイルも抜群なので、ええええ!! これ私で大丈夫?? という不安もある」と明かしつつ、「早くキャストの皆さんとステキな作品を作り上げたいなと、とても楽しみにしています!!」と意気込みを語った。

古畑は、映画『一週間フレンズ。』、『東京喰種』、連続ドラマ『コウノドリ』(TBS)など人気作品に多数出演しており、2018年前期のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』では、ヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の恋敵役で朝ドラ初出演を果たすことも決定している。”恋のライバル役”で、現在引っ張りだこの古畑が、映画『青夏 Ao-Natsu』と朝ドラ『半分、青い。』の”W青”作品で大きな注目を集めそうだ。

【古畑星夏:コメント】
夏の青春映画に自分も出演することができてとっても嬉しい! のですが、原作を読むと私の演じる万里香ちゃんが、めちゃめちゃ可愛くてスタイルも抜群なので、ええええ!! これ私で大丈夫?? という不安もあるのですが、早くキャストの皆さんとステキな作品を作り上げたいなと、とても楽しみにしています!!

【STORY】
運命の恋を夢見る、都会育ちのイマドキ女子高生・理緒。夏休みの間、大自然の田舎で過ごすことになった理緒は、そこで地元の男子高校生・吟蔵と出会う。クールで少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一気に恋に落ちる。
吟蔵こそ運命の人…?と思ったのも束の間、「住む世界が違う」とあっさりフラれてしまう。
そんなとき、理緒に想いを寄せる東京の男子高生・祐真が理緒に会いにやってくる。
「夏休みが終わったら俺と付き合おう。東京で待ってる」―優しくて誠実な祐真の告白に、戸惑う理緒。
そんな理緒を見た吟蔵は、「おまえ、俺のこと好きなんじゃねぇのかよ!」と思わず本音を口にする。まっすぐでピュアな理緒に惹かれ始めていた吟蔵だったが、いずれ離ればなれになってしまうことから、理緒への気持ちを必死で抑えていたのだった。
近づく夏の終わり。高まっていく気持ち。果たして〈夏限定〉の恋のゆくえは―?

作品情報

『青夏 Ao-Natsu』
8月1日(水)より全国公開
原作:『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督:古澤健(『今日、恋をはじめます』『クローバー』)
脚本:持地佑季子(『青空エール』『くちびるに歌を』)
配給:松竹
©2018映画「青夏」製作委員会

『青夏 Ao-Natsu』原作


古畑星夏 オフィシャルサイト
http://www.lespros.co.jp/talent/artists/seika_furuhata/