佐々木蔵之介演じる高田は敵か味方か…? 役どころ&亀梨和也の印象について言及。「僕自身、結末や背景を知らされていない」

佐々木蔵之介演じる高田は敵か味方か…? 役どころ&亀梨和也の印象について言及。「僕自身、結末や背景を知らされていない」

カンテレ・フジテレビ系で毎週火曜よる9時放送中の連続ドラマ『FINAL CUT』。亀梨和也演じる主人公・中村慶介が、母親を殺人事件の犯人かのように扱い、死に追い込んだテレビ番組関係者に“ある目的”のために制裁を加え、事件の真犯人を追う姿を描くメディア復讐劇だ。

本日27日(火)放送の第7話は、20分拡大スペシャル。警察官姿をテレビでさらされてしまった慶介は、素性を隠して近づいた雪子(栗山千明)に対して、自分の正体とその目的を明かす。また、百々瀬(藤木直人)を中心にした『ザ・プレミアワイド』チームは、慶介の経歴や身元を調べ上げていく。さらに、なぜ真犯人が捜査線上から消えたのかを探っていく中で、事件に隠された黒い交友関係に迫る慶介の前に、上司である高田(佐々木蔵之介)が意外な場面で登場する。はたして、真犯人を隠した黒幕とは誰なのか? そして、不気味な雰囲気を漂わせる高田の本性とは?

第7話の注目人物は、慶介の上司で、12年前の事件の担当刑事である高田。これまで、いち早く、慶介が12年前の事件の重要参考人である恭子の息子であることに気づき、その動向を見守る姿だけではなく、百々瀬や芳賀との怪しげな繋がりも描かれており、敵か味方かわからないミステリアスな存在感を放ってきた。そんな高田を演じる佐々木が、役どころや作品、さらには亀梨との共演について語ってくれた。

【佐々木蔵之介コメント】
Q.作品についての印象をお聞かせください。
メディアがメディアについて考えるという面白さがありますよね。「物事の一面ばかりを受け止めるとこういうことになってしまうのかもしれない」と考えながら拝読しています。また、復讐劇に至るまでに慶介の相棒・大地(髙木雄也)がいろいろな扮装をして潜入するなど、エンターテインメントとしても楽しい作品です。

Q.ミステリアスな高田は演じてみていかがですか?
12年前の事件で担当刑事だった男なのですが、その時にどんな風に捜査に関わったのか、あるいは関われなかったのか……。慶介の味方なのかも分からないのですが、現状は怪しく描かれています。僕自身、結末や背景を知らされていませんので、トーンや対人関係の距離感、ベクトルの大きさ、そして太さを意識しながら役を作っています。最後まで“高田”として、ある意味、視聴者を裏切り続けられたら、と思っています。

Q.亀梨さんとの共演について印象は?
亀梨さんとの共演はこれが3回目で、とても責任感の強い方という印象があります。亀梨さんは、慶介の雪子に見せる顔と、若葉への顔、そして警察官である時の顔と、多面的にいろいろな顔を作ってらっしゃいます。時系列もありますので、そこでどうバランスを取るのか。亀梨さんとリハーサルの時に話し合ったりもしています。

Q.視聴者にメッセージをお願いします。
高田の中には12年前の事件の“宿題”のようなものがあると思うんです。それに対する回答にはお芝居できちんと答えつつ、個人的には、復讐することだけが目的だった慶介の心に、優しい気持ちを取り戻して欲しいと考えています。復讐のために警察官にまでなって、社会的地位も何もかも捨てる勢いで生きる慶介。僕は、このままではお母さんも逆に浮かばれないと思うんです。無事、彼の心も救われたら……と思っています。

【第7話あらすじ】
12年前、テレビ番組『ザ・プレミアワイド』がきっかけで母・恭子(裕木奈江)を殺人犯扱いされ、亡くした慶介(亀梨)は、当時の番組関係者に致命的弱点を捉えた映像“ファイナルカット”を突きつけ、なぜ母親への犯人視が始まったかを追及している。事件当時、警察幹部の芳賀(鶴見辰吾)が捜査情報をリークし、司会者の百々瀬(藤木)が番組で恭子を犯人視し始めたことを突き止めた慶介だったが、ある日、警察官としての姿がテレビ中継されてしまう。
雪子(栗山)に呼び出された慶介は、ついに本名を明かし、母が犯人扱いされた事件の真犯人・小河原祥太の行方を突き止めるため、妹である雪子と若葉(橋本)に近づいたと打ち明ける。しかし、雪子は「あの日、兄は家にいた」と言い返し、慶介の言葉に耳を貸そうとしない。
慶介が警察官だと知った百々瀬、井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)は早々に慶介の身元や経歴を調べ上げ、慶介の前に現れる。
祥太の居場所を早く探らなければと考えた慶介は、父親である弁護士の小河原達夫(升毅)に狙いを定める。相談客を装って訪れた慶介は、12年前の事件についての依頼だと切り出し、達夫を動揺させる。慶介の揺さぶりで動き出した達夫は、意外な人物にコンタクトをとり…?
その夜、高田(佐々木)は百々瀬から、12年前の事件のことで慶介からコンタクトがあり迷惑を被ったと聞く。しかし、百々瀬は「事件の真相を探るつもりだ」と告げ、高田を驚かせる。
一方、雪子から慶介の正体を知らされた若葉は、慶介の前に現れ、「お兄ちゃんの居場所を調べる」と持ちかける。同じ頃、達夫を監視中の大地(髙木雄也)に魔の手が忍び寄り―。

番組情報

『FINAL CUT』
毎週火曜よる9時~9時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
出演:亀梨和也、藤木直人、栗山千明、橋本環奈、林遣都、髙木雄也(Hey! Say! JUMP)、やついいちろう、杉本哲太、裕木奈江、鶴見辰吾、升毅、水野美紀、佐々木蔵之介
脚本:金子ありさ
音楽:菅野祐悟
主題歌:KAT-TUN「Ask Yourself」
演出:三宅喜重(カンテレ) 日暮謙
プロデューサー:豊福陽子(カンテレ)
制作著作:カンテレ

オフィシャルサイト
https://www.ktv.jp/finalcut/index.html