黒島結菜×小瀧 望×高杉真宙×川栄李奈のキャラクター映像が映画『プリンシパル』より到着

黒島結菜×小瀧 望×高杉真宙×川栄李奈のキャラクター映像が映画『プリンシパル』より到着

3月3日(土) 全国公開となる、黒島結菜と小瀧 望(ジャニーズWEST)がW主演を務める『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』より、キャラクター映像が解禁された。

原作は2010年から『Cookie』で連載された、いくえみ綾の人気コミックを、『花戦さ』『起終点駅 ターミナル』など幅広いジャンルを手がける篠原哲雄がメガホンをとり、実写映画化。真っ直ぐで不器用な等身大の女子高生である主人公・住友糸真を黒島結菜が、学校一の人気者で幼馴染を大切にするが常に上から目線の“俺様系イケメン”舘林弦を小瀧 望が演じるほか、弦の幼馴染で、同じく学校の人気者“ゆるふわ系イケメン”桜井和央を高杉真宙、糸真の友達で弦に密かに恋する国重晴歌を川栄李奈が演じる。

今回解禁されたのは、主人公・糸真、俺様系モテ男子・弦、ゆるふわ系モテ男子・和央、そして、糸真の友達のキラキラ小悪魔系女子・晴歌をフィーチャーした4つの映像。壁に当たると逃げてしまう自分を変えようと、周りの人とまっすぐに向き合おうとする糸真のひたむきな姿が映し出されている「糸真編」。いつもはクールで上から目線なのに自分自身を「モテモテ」だと発言し、乙女心に対してかなり鈍感な弦の姿が描かれる「弦編」。そして、両親の結婚により同居することになった糸真と和央の胸キュンな朝の一コマから始まり、原作でも印象的な和央の靴下に関するシーンが収められている「和央編」。性格はキツイけど誰よりも友達思いの晴歌の魅力が垣間見られる「晴歌編」。それぞれのキャラクターの新たな魅力が切り取られており、新たなシーンも満載のキャラクター映像を、本編公開前にチェックしてみよう。

不器用でまっすぐ・糸真編

俺様系モテ男子・弦編

ゆるふわ系モテ男子・和央編

小悪魔系キラキラ女子・晴歌編

【STORY】
東京の女子高でハブになり、逃げるように札幌に引っ越した住友糸真(黒島結菜)。転校初日、彼女が出会ったのはクールで上から目線、だけど親友思いの舘林弦(小瀧 望)、笑顔が眩しいちょっと病弱な桜井和央(高杉真宙)、そして最初に優しく声をかけてくれた国重晴歌(川栄李奈)。女子の間では“弦と和央はみんなのもの”というルールがあるにも関わらず、糸真は弦・和央と仲良くなってしまう。それをよく思わない晴歌はグループで結託し、糸真をハブの対象にしてしまう!! しかし、晴歌は弦に告って…!? 友情をとって仲良く過ごしたい。でも、「好き」な気持ちを伝えたい…。果たして、糸真は恋の主役になれるのか―!?

映画情報

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』
2018年3月3日(土) 全国ロードショー

出演:黒島結菜、小瀧 望(ジャニーズWEST)、高杉真宙、川栄李奈、谷村美月、市川知宏、綾野ましろ、石川志織、中村久美、鈴木砂羽、白石美帆、森崎博之
原作:「プリンシパル」いくえみ綾(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:篠原哲雄 脚本:持地佑季子
音楽:世武裕子
配給:アニプレックス 
©2018映画「プリンシパル」製作委員会
©いくえみ綾/集英社 

オフィシャルサイト
http://principal-movie.jp

『プリンシパル』原作