SUPER★DRAGON・古川毅、ドSイケメンキャラに挑戦! 映画『兄友』でスクリーンデビュー

SUPER★DRAGON・古川毅、ドSイケメンキャラに挑戦! 映画『兄友』でスクリーンデビュー

9人組ミクスチャーユニット、SUPER★DRAGONで活躍中の古川毅が、映画『兄友』でスクリーンデビューを果たす。

また、『兄友』は続いてドラマ化も発表され、古川毅はドラマ版と映画版で人気キャラクターの七瀬雪紘を演じることになる。

ドSイケメンの七瀬雪紘(古川毅)は友人のイケメンなのに女性に超奥手な西野壮太(横浜流星)が雪紘の妹、七瀬まい(松風理咲)と出会い恋に落ちたことを知る。まいも、イマドキの恋愛ができない素朴な女の子で、西野は思わず「妹さん……可愛いな」と雪紘に伝えてしまう。ところがこの兄妹の部屋は壁が薄く、まいは雪紘と壮太の会話を聞いてしまい……!? ウブすぎるふたりの恋物語を、呆れながらもちょびっとだけ手助けする雪紘だが……。

原作は、少女漫画誌『花とゆめ』で、2011年ビッグチャレンジ賞準入選&編集長期待賞を受賞し、同年、異例の早さ&若さでデビューした作家・赤瓦もどむによる、初のラブコメディ連載。読み切りから人気を博し、2015年より本格連載がスタート。瞬く間に注目を集め、本誌初連載作ながら累計70万部を突破した。

映画『兄友』は2018年春公開予定となっている。

■古川毅 コメント
出演が決まったときは、演技経験もほぼなかったですし、映画も初出演だったので、純粋に楽しみな気持ちと、珍しいくらいの緊張が交差していました。 雪紘は原作ファンの方々に人気のキャラクターだと聞いたので、選ばれたときは「僕でいいのだろうか?」という不安も少々感じていたのですが、あのドSなところも、ときどき垣間見せる妹思いなところのギャップも、演じていくなかで、すごく楽しいキャラクターでした。 その雪紘の魅力を原作ファンの方々にも、そして原作ファン以外の方々にもしっかり伝えようという気持ちで演じたので、ぜひ、暖かい目で観ていただけると幸いです。

■中島監督 コメント
彼は今回、映画初出演ということでしたが、最初は緊張もあって、何度も撮影をしました。しかし次第に慣れてきて、アドリブを連発して現場を爆笑させるなど、現場のムードを作ってくれました。彼の演技で注目して欲しいのは、ドSな笑いとツッコミです! 

リリース情報

2018.01.31 ON SALE SUPER★DRAGON SINGLE「Monster!」

ライブ情報

リリースイベントツアー『SOUL FLAG』
01/31(水)東京・池袋サンシャインシティ
02/03(土)東京・ららぽーと豊洲
02/04(日)埼玉・ららぽーと新三郷
02/10(土)千葉・幕張
02/11(日)兵庫・神戸

SUPER★DRAGON 6th ONEMAN LIVE TOUR
03/24(土)大阪・NHK大阪ホール
03/30(金)福岡・福岡国際会議場
04/08(日)宮城・仙台電力ホール
05/05(土)愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
05/13(日)千葉・市川市文化会館


映画『兄友』OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/anitomo_eiga

SUPER★DRAGON オフィシャルサイト
 http://super-dragon.jp


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC