大根仁監督&渋谷直角、妻夫木聡と水原希子に対してのホンネ炸裂!『民生ボーイと狂わせガール』オーディオコメンタリー収録レポ

大根仁監督&渋谷直角、妻夫木聡と水原希子に対してのホンネ炸裂!『民生ボーイと狂わせガール』オーディオコメンタリー収録レポ

3月14日(水)に発売される、『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』のBlu-ray&DVDより、Blu-ray豪華版に特典映像として収録される大根 仁監督と原作者・渋谷直角によるオーディオコメンタリーの収録レポートが到着した。

本作は、奥田民生のような力まないカッコいい大人を目指す雑誌編集者・コーロキの恋と地獄を描いたラブコメディ。奥田民生をこよなく愛し、人生の指針としている物語の主人公・コーロキを妻夫木聡が演じ、コーロキを翻弄しまくるヒロイン・あかりを水原希子が演じている。

今回到着したオーディオコメンタリー収録のレポートでは、大根 監督と渋谷が、映画を見ながらシーンごとの裏話や細かな設定などを解説。そして、コーロキとあかりについて、実体験も交えながら“男子”のホンネを炸裂させた。

【オーディオコメンタリー収録レポート】
『モテキ』や『バクマン。』など、人気コミックの映画化も得意な大根監督は「原作の絵によって、実写にしやすい原作とそうでないものがある。どちらかと言うと後者で、どうやって膨らませれば良いのか、オシャレパーティーって書いてあるけど、絵ではあまり詳しく表現されていなくて、どんなパーティーだろうって、大変でしたよ」と言うと、「(パーティーの)イメージあっていますけどね(笑)」と渋谷が切り返す。脚本執筆や撮影中も、大根監督は渋谷にイメージを確認したり、ロケ地などシチュエーションを原作と変更する場合のアイデアを提供してもらうなど、細かなコミュニケーションを取りながら制作が進んでいったという。

元雑誌編集者である渋谷に、劇中に出てくるエピソードに対し、「これは実体験?」「モデルはいる?」など大根監督から質問。リリー・フランキーが演じたフリーライターが、頼んでもいないのに「オレが書くよ」と断言して記事を進めようとするシーンでは、「編集者としては、そう言われると困るんですよね…。」と編集者時代を振り返り、大根監督が実際にあったのか聞くと、「どちらかと言うと、発注される側だから…。」と言いよどみ、「実は、前にアパレルメーカーのカタログの仕事があって、イラストとコラムを書いたんですけど、最後に絵だけ別の方のものに変更になっていました(笑)」と告白、「イメージに合わなかったんだ!」と大根監督に大笑いされる一幕もあった。

あかりはアパレルメーカーのプレス(広報)。彼女が放つ言葉や態度に男性目線で様々に発言した。大根監督は「二人ともファッションプレスには痛い目にあってるよね。」といい、渋谷は「痛い目に合うほど近づけないですよ。」と話しながらも、「プレスの人は愛想が良くて、すごくよくしてくれるし、勘違いしてしまう男性は多いはず。」と分析。「思いがけないところに地雷がある。」「地雷を踏んでしまったら、最後。ほとんど言いがかりでむちゃくちゃな理詰めでくるから黙っている方がいい。」「でも黙っていると”なんで黙っているの!”って言う。」とホンネが炸裂した。大根監督が「女子の特徴だと思うんだけど、勝手な記憶の改ざんがあって、“こう言ったよね!?” とか言って絶対に譲らない。」と言うと、渋谷も「男はガマンするしかない。」と追随した。



コーロキが仕事で約束の場所にいつ行かれるかわからない状態になっている時のあかりとの電話のシーンになると、「あーこの電話やだ!」という大根監督に、雑誌編集という不規則な仕事をしていた渋谷は「こんな電話は歴代(の彼女)は、いつもでしたよ。いつ終わるかわからない仕事でも、頑張るとしか言えない。」と吐露。しかし「いつ終わるかわからない、と言われることは、かなりのストレスみたいですね。」と女子側の気持ちもフォローした。

収録を終えて、大根監督は「監督として、高いお金を払って(DVDを)購入して下さるお客様のためにも、DVDまで責任を持つつもりでやっているので、これ(コメンタリー収録)で、一区切りついたと思うと感慨深い。でも、もう次の作品にどっぷり浸かっているので、今日は“元カノとズルズル続いている”ような後ろめたい気持ちにもなった(笑)」と言い、渋谷は「僕ももう、次のマンガを書いているので、その分新鮮と言うか、フラットに見られた。公開中、劇場で観て、その時は気が気じゃなかったけれど、今日は落ち着いて観られた。」と振り返った。

最後に、作品の見どころについて渋谷が、「大根作品はいつもそうだけど、細かいところまで、ネタやディティールに凝っている。そして、何より妻夫木聡さんの表情が素晴らしい。その“顔”だけで全て持っていける感じがあってすごい。」と言い、大根監督は「水原希子さんの今現在のいいところは全て撮りきったつもり。何年たっても、何度観ても、この映像に刻まれている。」と、二人は妻夫木聡と水原希子を絶賛した。

【STORY】
奥田民生を崇拝する33歳、コーロキ。 おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動になったコーロキは、慣れない高度な会話に四苦八苦し ながらも次第におしゃれピープルに馴染み奥田民生みたいな編集者になると決意する。そんな時、仕事で出会ったファッションプレスの美女天海あかりにひとめぼれ。その出会いがコーロキにとって地獄の始まりとなるのだった…。あかりに釣り合う男になろうと仕事に力を入れ、 嫌われないようにデートにも必死になるが常に空回り。あかりの自由奔放な言動にいつも振り回され、いつしか身も心もズタボロに…。コーロキはいつになったら奥田民生みたいな「力まないカッコいい大人」になれるのか!? そしてもがく先にあかりとの未来はあるのか!?

リリース情報

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』Blu-ray 豪華版


6,800円+税
【本編ディスク(Blu-ray)】
特典内容:
・予告編集(特報/予告/TV スポット)
・オーディオコメンタリー(大根仁監督×漫画原作者・渋谷直角)

【特典ディスク(Blu-ray)】
特典内容:
・メイキング
・イベント映像集

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』DVD 通常版

 3,800円+税
【本編ディスク(DVD)】
特典内容:
・予告編集(特報/予告/TV スポット)

2018年3月14日(水)Blu-ray&DVD 発売 
2018年3月7日(水)Blu-ray&DVD レンタル開始

【キャスト】
妻夫木聡、水原希子、新井浩文、安藤サクラ、江口のりこ、天海祐希、リリー・フランキー、松尾スズキ

【スタッフ】
監督・脚本:大根 仁
原作:渋谷直角「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」(扶桑社刊)
発売元:ソニー・ミュージックマーケティング 
販売元:東宝

※仕様等は変更になる場合がございます。

オフィシャルサイト
https://www.toho.co.jp/movie/lineup/tamioboy.html

©2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会