9,000人が「トゥース!」miwa、水カン、BLACKPINK、オードリーら出演、『ALN Vol.6 <DAY2>』

9,000人が「トゥース!」miwa、水カン、BLACKPINK、オードリーら出演、『ALN Vol.6 <DAY2>』

1月21日、ニッポン放送の看板番組『オールナイトニッポ ン』のライブイベント『ニッポン放送 オールナイトニッポン50周年 ALL LIVE NIPPON Vol.6<DAY2>』が、横浜アリーナで開催された。

『ALL LIVE NIPPON』は、昨年10 月に放送開始50周年を迎えた深夜放送の金字塔『オールナイトニッポン』が、年に1回開いているライブイベント。番組のパーソナリティや次世代の音楽シーンを担うアーティスト、芸人が一堂に介すイベントとなっている。

イベントのMCは、毎週土曜の『オールナイトニッポン』のパーソナリティを担当するオードリー。2012年以来6年ぶりにMCを担当したオードリーは、集まった9,000人の観客を前に、オープニングから会場を練り歩きながら、「いつものラジオどおり、40分ずっと話しますよ」と笑いを誘いながら、普段のラジオと変わらないトークでオープニングから会場を湧かせた。

イベントのトップバッターを務めたのは、『オールナイトニッポンR』を3年に渡って担当したオリエンタルラジオ率いるRADIOFISH。代表曲「PERFECT HUMAN」ほか勢いのあるライブに大きな歓声があがった。

2組目・3組目に登場したのは、共にオールナイトニッポンのパーソナリティ経験者であるお笑いコンビのラブレターズとニューヨーク。9,000人の観客を前に、コントネタ、漫才を披露した。

その後は、この日登場の芸人全員となぜかCreepy Nutsのふたりが登場し、オールナイトニッポンの特番権をかけてオードリーのオールナイトニッポンの人気コーナー「ひろしのコーナー」へ。

1回戦、決勝戦を経て、見事勝ち抜いて特番をゲットしたのは、なんとオードリー春日俊彰。今回の賞品である『オードリー春日俊彰のオールナイトニッポン』が後日、放送されるかもしれない。

4組目に登場したのは、Creepy Nuts。過去に3回のオールナイトニッポンRを担当し、MC部分も高く評価されているが、ライブでも集まった観客を巻き込みながらのパフォーマンスを展開させた。

5組目に登場したのは、現在毎週水曜日の『オールナイトニッポンPremium』を担当しているmiwa。ライブでは、オードリーの春日が東京大学合格を目指すというチャレンジが続くなか、miwaが全国の受験生とオードリー春日に向けて書き下ろした楽曲「Live Fast Die Young」も披露された。

6組目に登場したのは、水曜日のカンパネラ。横浜アリーナ全体を使ったステージパフォーマンスに観客はド肝を抜かれた。ステージ後のトークでは、オードリーと共演した際のエピソードなどを披露した。

7組目、8組目には、毎週金曜日の『オールナイトニッポン0』を担当している三四郎とこの日のMCのオードリーが漫才を披露。

9組目に登場したのは、ワールドワイドに活躍するガールズグループ、BLACKPINK。大きな歓声が上がる中で「BOOMBAYAH」ほか4曲を披露した。

イベントのエンディングには、出演者と9,000人の来場者でオードリー春日の音頭で、「トゥース!トゥース!トゥー ス!」を叫び、大盛況のなか幕を閉じた。

なお、本公演の模様は、音楽チャンネルMUSIC ON! TV(エムオン!)にて、4月に放送が決定している。


『ALL LIVE NIPPON Vol.6』特設サイト
http://event.1242.com/special/aln_2018/

オールナイトニッポン.com
http://www.allnightnippon.com/

MUSIC ON! TV(エムオン!)OFFICIAL WEBSITE
http://www.m-on.jp/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC