土屋太鳳「佐藤健は少年」「映画の感想を盗み聞き」映画『8年越しの花嫁』大ヒット記念イベント

土屋太鳳「佐藤健は少年」「映画の感想を盗み聞き」映画『8年越しの花嫁』大ヒット記念イベント

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の大ヒットを記念して、本日1月14日(日)に都内で開催された舞台あいさつに主演を務める土屋太鳳と瀬々敬久監督が登壇した。

鮮やかな緑色の振袖姿で登場した土屋は「今まで完成試写会や公開イベントなどでお話しさせていただいたんですけど、まさかこの嬉しいタイミングでお着物まで来せていただいてご挨拶できるというのが、とても嬉しいです。今日は感謝を込めてお話しさせていただきます。」と挨拶。

瀬々監督は「本当は本日が相撲の初場所だったので見たかったのですが……。でもこうして土屋さんの晴れ着姿を見れたので、相撲を捨ててよかったです(笑)」と笑いを誘い「本当にみなさんおかげで今作は大ヒットしています。これからもよろしくお願いします!」と強く挨拶をした。

公開から一ヶ月経った本作。周りからの感想を聞かれた土屋は、「家族も友人も何度も見てくれたり、インスタやブログにも、映画を見てくださった方がたくさんコメントをしてくださり、時間がたてばたつほど作品に対する周りの愛情が伝わってきます。また撮影中から周りのスタッフさんが結婚したり、出産したりとおめでたいことが多かったです。本日の司会も務めてる笹川友里アナウンサーも結婚されたじゃないですか。おめでとうございます! 私もあやかって将来幸せになれたら良いな、と思っています。」と祝福の言葉も贈った。

「ブログにも書いてあったんですけど、土屋さんは公開後、普通に映画館に見に行ったんですよね。周囲から土屋さんだとばれなかったんですか?」と瀬々監督が質問すると、「ばれなかったです。見終わった後、誰もエンドロールの最後まで出ていかなったんですよ。それがすごく嬉しくて、見終わった後の感想を盗み聞きしたんですけど、みなさんとっても嬉しい言葉を言ってくださっていました。」

また、「佐藤健の自分だけが知っている一面」を聞かれた土屋は、「裏表がなくて、そのまんまなんですよね。あえて言うとしたら、健先輩はご自身が思っているよりも少年ぽい人なのかなと思います。私のことを“悪ガキ”だって言うんですけど、私に対応してくださってるってことは健先輩も少年なんじゃないのかなと思います。少年ぽい大人の語って素敵だなって思います。」と語っていた。

最後に土屋は、「大切な何かを守りたいときや、探したいとき、心が折れそうなとき、そんなときにこの作品がみなさんの温かなものになりますように祈っております。」とイベントを締めくくった。

また、舞台挨拶終了後には観客全員に対して、大ヒットを記念した大入り袋を土屋と瀬々監督から1人ひとりに手渡しするサプライズも行われた。

【STORY】
結婚を約束したカップル、尚志と麻衣。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突然麻衣を襲い、意識不明となってしまう。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親からは「もう麻衣のことは忘れてほしい」と言われるが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが、さらなる試練が二人を待ち受けていた。そして二人が結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる――。


映画情報

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』
大ヒット公開中

原作:中原尚志・麻衣『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』(主婦の友社)
監督:瀬々敬久
脚本:岡田惠和
出演:佐藤 健 土屋太鳳 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治 杉本哲太 薬師丸ひろ子
音楽:村松崇継
主題歌:back number「瞬き」(ユニバーサル シグマ)
配給:松竹

オフィシャルサイト
http://8nengoshi.jp/

©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』原作