m-floにLISAが15年ぶりの復帰! 岩田剛典 主演映画『去年の冬、きみと別れ』の主題歌に決定

m-floにLISAが15年ぶりの復帰! 岩田剛典 主演映画『去年の冬、きみと別れ』の主題歌に決定

EXILE、三代目J Soul Brothersのメンバー、岩田剛典が初の本格派サスペンスに挑む映画『去年の冬、きみと別れ』の主題歌をm-floが担当することが決定した。

本作は、“2014年本屋大賞”にノミネートされたことでも話題となった、芥川賞作家・中村文則のサスペンス小説を映画化するもの。主人公の新進気鋭のルポライター・耶雲恭介(岩田)が、婚約者の松田百合子(山本美月)との結婚を間近に控えながら、不可解な謎が残る盲目の美女が巻き込まれた焼死事件に目を付け、その容疑者、そして事件の真相に近づくにつれ、抜けることのできない深みにはまっていくさまを描く。



主題歌に決定したm-floは、98年にインターナショナルスクールの同級生だった☆TakuとVERBALの2人からなるユニット。後にヴォーカルとしてLISAが加入し本格的に始動していたが、02年にLISAがソロ活動に専念するため脱退。そして今回15年ぶりにオリジナルメンバーのLISAが復帰し活動再開となる。

本作の主題歌が“復活作”となる彼らは、本作の世界観や登場人物たちの想いを汲み取り、幅広い音楽性の中から敢えてバラードをチョイス。多くの人々が抱く“m-flo”のイメージを覆し、本作の物語展開ともシンクロしていく。

主題歌決定を受け、主演の岩田は学生時代からファンであることを明かし、「贅沢にも映画の主題歌として楽曲を書き下ろして頂き、心から感謝しております」と喜びを噛み締め、「この映画の持つ儚さや切なさがより多くの方々に染み渡る素敵な楽曲だと思いました」と楽曲を聞いて大感激。濱名プロデューサーも「届けられたラブソングは、LISAさんの包み込むような歌声が見事に映画の世界観を表現してくださいました」と楽曲への期待が高まるコメントをしている。

究極の純愛と狂気に満ちた世界に誘い込み、衝撃のラストに涙させる、美しくも切ない純愛サスペンス映画『去年の冬、きみと別れ』は、2018年3月10日(土)全国ロードショーとなる。

映画情報

映画『去年の冬、きみと別れ』
​2018年​3月10日(土)公開

原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)
監督:瀧本智行
脚本:大石哲也
出演:岩田剛典
山本美月 斎藤工 ・ 浅見れいな 土村芳 / 北村一輝
音楽:上野耕路
配給:ワーナー・ブラザース映画

【STORY】
新進気鋭のルポライター耶雲恭介。結婚を間近に控え、本の出版を目指す彼が目を付けたのは、美しき女性焼死事件の元容疑者、天才写真家・木原坂雄大。美しく怪しげな魅力を放つ木原坂を追ううちに、耶雲は抜けることのできない罠に迷い込み、やがて最愛の婚約者まで狙われてしまう……。

オフィシャルサイト
http://fuyu-kimi.jp

©2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
©中村文則/幻冬舎

『去年の冬、きみと別れ』原作