『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』「4D」専用予告編上映決定! 一部劇場に特別スタンディー“手乗りマジンガー”も登場

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』「4D」専用予告編上映決定! 一部劇場に特別スタンディー“手乗りマジンガー”も登場

2018年1月13日(土)より全国公開される『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の、「4D」専用の予告編が12月15日(金)より上映されることが決定。また、本作公開劇場にて特別スタンディーの展開も決定した。

ローマ国際映画祭での特別上映を皮切りに、イアリア、フランスの海外先行公開を経て、先日遂に日本最速上映となるジャパンプレミアを行った本作。いよいよ来年2018年1月13日に迎える日本公開では、なんとその公開スクリーンの半数以上を、“アトラクション型”映画上映システムとして大人気の「4DX」「MX4D™」「D-BOX」で上映される。

劇中シーンと連動して様々な動きを繰り出す臨場感満載のシート・エフェクトや、「4DX」「MX4D™」では、「風」「水(ミスト)」「香り」「煙」などの特殊効果による極上の没入体験が可能。希代の天才・永井豪が考案した“乗り込み型ロボット”の元祖である「マジンガーZ」に乗り込んで操縦するという念願の「パイルダーオン」体験が、45年の時を経て遂に現実化された。

そして、12月15日(金)からは「4DX」「MX4D™」「D-BOX」上映スクリーンにて、本作の「4D」専用の予告編上映が決定。まもなく待望の全世界同時公開を迎える“某宇宙戦争” の「4D」上映スクリーンにも映画公開に先駆けて上映される。

さらに、12月15日(金)より、本作公開の一部劇場にて、特別スタンディーの展開が決定した。先日行ったジャパンプレミアで、豪華キャストたちが「マジンガーZ」の手の上に乗って撮影をするというスペシャル演出をした、あの“手乗りマジンガー”が特別サイズになって劇場に登場。スタンディーの前を通ると人感センサーで、水木一郎さんの「マジンガーゼーット!!」が鳴り響く仕掛けとなっている。

一部劇場のみで展開されるため、ラッキーにも劇場で発見した際は、おなじみの「ゼーット!」ポーズで撮影して、ぜひSNSで投稿してみよう。

作品情報

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』
2018年1月13日(土)全国ロードショー

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 森田順平 島田敏 塩屋浩三 石塚運昇
原作:永井豪
監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ)
メカニックデザイン:柳瀬敬之
キャラクターデザイン:飯島弘也
美術監督:氏家誠(GREEN)
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽
音楽:渡辺俊幸
オープニングテーマ:水木一郎
制作:東映アニメーション
配給:東映

オフィシャルサイト
http://www.mazinger-z.jp/