『ジオストーム』日本語吹替版予告が完成!「サラはキャリアウーマンレベルが上過ぎました!」(ブルゾンちえみ)

『ジオストーム』日本語吹替版予告が完成!「サラはキャリアウーマンレベルが上過ぎました!」(ブルゾンちえみ)

ジェラルド・バトラー主演、ディーン・デブリン監督(『インデペンデンス・ デイ』)が、“天候を操る気象コントロール衛星の暴走が地球に引き起こす超異常気象”を描く、人々の想像を遥かに凌ぐディザスターアクション大作『ジオストーム』が2018年1月19日に全国公開となる。

この度、本作で主人公のジェイク役(ジェラルド・バトラー)を演じた上川隆也と、マックス役(ジム・スタージェス)を演じた山本耕史による緊迫の吹き替え版予告が完成。さらに、シークレット・サービスのサラ役として声優初挑戦のブルゾンちえみの吹き替え本編映像も完成し、あわせて公開となった。

公開となった日本語吹替え版予告では、本作の主人公で気象コントロール衛星の暴走を食い止めようと奮闘する科学者のジェイク役を演じた上川と、そのジェイクを地上から助ける国務次官補の弟マックス役を演じた山本との、緊迫したやりとりが映し出されている。

今回が実写の吹き替え初挑戦となった上川は「そこに生身の人間がいるので、アニメに声をあてることとは違いますね。でもそこがやりがいにもなりました。」と語り、難しさと共に手ごたえを感じたことを話す。そしてなんと映画の設定と同じように、長男の上川と兄を持つ山本。今回の兄弟役は演じやすかったようで、上川は「男兄弟は一度ぶつかる時期があるんです。でもそれがあったからこそ、弟のことを何にも代えがたい存在として感じられています。この経験はジェイクを演じるにあたり、いい意味で支えになりました。」と語り、山本は「僕は次男なので、常に兄をみながら育ってきました。兄弟の切っても切り離せない関係も理解できるし、今回は自然と演じることが出来ました。」と語っている。また、ブルゾンとのコラボレーションが楽しみで仕方ない様子で、「どういう新しいWith Bになるのか?凄く楽しみ!(山本)」「じゃー僕が35で、山本さんが億ね!(上川)」とノリノリで答えてくれた。

今回が声優初挑戦となったブルゾンは、「とにかく嬉しかったです!映画は大好きだけど、映画は自分とは別世界のものだと思っていたので、今回自分が関われるということが本当に嬉しかったです。」と喜びを露わにする。ブルゾンさんが演じたシークレット・サービスのサラは、素晴らしい美貌の持ち主でありながらも大統領の緊急事態には男性顔負けの銃捌き&カーチェイスを見せる”スーパーキャリアウーマン”。この役柄に関して「サラはキャリアウーマンレベルが上過ぎました! 大人で、冷静で、国家の仕事をやっているという堅実さもある。いつも私がやっているキャリアウーマンとはまた違った声だと気づいて、難しかったですね。」と演じる上での苦労を明かした。また、「大統領を守るという重要な仕事に就きながらも、ちゃんと恋愛も楽しんでいるところに、1人の女性としても憧れます。」と語り、恋と仕事を両立するサラにできる女を感じていた。そして「とにかく臨場感を出すのが難しかったです! 実際は、台本を持ってマイクに向かって言っているという状況だけど、”走って駆け寄るシーン”とか、確かにそういう時って声が変わっているなというのが分かって、本当に難しかったです。」と初挑戦の感想を語った。

映画情報

映画『ジオストーム』
2018年1月19日(金)公開
監督:ディーン・デブリン 
脚本:ディーン・デブリン&ポール・ギヨー
出演:ジェラルド・バトラー、ジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ、アレクサンドラ・マリア・ララ、ダニエル・ウー、エウヘニオ・デルベス、エド・ハリス、アンディ・ガ ルシア
全米公開:2017年10月20日
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC