【イベントレポート】水木一郎が『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』オープニングテーマを披露! アニキの歌に世界中が熱狂!

【イベントレポート】水木一郎が『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』オープニングテーマを披露! アニキの歌に世界中が熱狂!

2017年11月16日にYouTube Space Tokyoで、『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の公開を記念したイベント「YouTube Music Night with水木一郎 feat.『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』」が開催。ユーチューブで世界中にライブ配信されているなか、アニソン界の帝王・水木一郎による熱いライブが行われ、ファンたちを熱狂させた。さらに、トークパートでは映画評論家・有村昆が司会を務め、YouTuberとしても活動しているシンガーソングライター・うみくん、そして『マジンガーZ』を愛する海外のファンの方々も登場。アニソンや『マジンガーZ』への思いなどを思う存分語り合い、会場に駆け付けたファンたちと濃厚な時間を過ごした。さらに、本イベントでは『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の最新ポスタービジュアルも解禁。本稿では、そんなイベントの模様をお届けする。

会食形式で行われた今回のイベントでは、ライブ前から多くの水木一郎ファン、『マジンガーZ』が会場へ。各々食事を楽しみながら、ファン同士の交流を楽しんでいた。そんなイベント会場には、老若男女様々な方が駆け付けてきており、なかには海外の人の姿も。本作がいかに世界中の人に愛されているかがよく分かる。

いよいよライブ開始時間が迫ると、ファンたちは皆ステージのほうへ。会場中が今か今かと待ちわびるなか、突如『マジンガーZ』のオープニングテーマ「マジンガーZ」のイントロが流れ始め、ついに水木一郎がステージに登場。水木の姿が見えると同時に会場が大きな熱気に包まれ、「アニキー!」と歓声が上がるなか水木は「マジンガーZ」を熱く歌い上げた。ちなみに、水木は今回のイベントがいきなりライブからのスタートだとは思っていなかったようで、共演者と談笑中に曲のイントロが流れ出し、とても驚いたとのこと。しかし、観客の前ではそんな姿を一切見せず、1曲目から圧巻のライブを見せてくれた水木に、会場では大きな拍手が巻き起こった。

そして1曲目を歌い終えると、ここで今回のイベントの司会を務める有村昆がステージに登壇。いまだだ熱気が冷めないなか、有村が「盛り上がっていますか?」との問いかけると、再びファンたちから大きな歓声を上がった。さらに、ここでシンガーソングライターのうみくんも登場。「もうライブのフィナーレぐらい」と、序盤からの盛り上がりとても驚いたことを話すと、水木が「もうね、お客さんも最後のほうには疲れていると思うよ」と返し観客を笑わせる。そんなうみくんは両親が『マジンガーZ』の世代で、自身もアニメ好きということもあり、昨日は眠れなかったとのこと。今回はアニソン歌手の大先輩である水木にいろいろなことを聞きたいということで、トークパートでは最初にうみくんの質問コーナーが行われた。

まず最初にうみくんが水木に尋ねたのは、「アニソン歌手として成功するためには?」と直球な質問。すると、まず水木は昨今のアニソン歌手の状況について、自身をアニソン歌手だと言ってくれる人が増えたことをとても喜び、「僕がアニソン歌手になったときは、アニメの歌手は数名しかいなかった」と語ってくれた。そしてうみくんの質問に対しては、アニメにはいろんなジャンルがあるが、どのジャンルがきても歌いこなさなきゃいけないこと。さらに、世界中のいろんなジャンルの歌を聴いたりして引き出しを増やせば、どんなジャンルのアニメがきても自身の引き出しで歌うことができるとアドバイス。また、自身がレコーディングする際は、OKをもらっても納得いくまでやり直してもらうことも明かし、「CDは残るじゃないですか。だから、自分の引き出しのいろんなものを出していく」と話してくれた。

続いての質問は「アニソンを歌うコツは何でしょうか?」というもの。これに対して、水木は歌う際にそのアニメのヒーローになりきって歌っていることを教えてくれた。そして、「マジンガーZ」を歌う際は皆に幸せになってもらいたいという思いで、マジンガーZのZのパワーをみんなに送っていると発言。さらに、その場で「ゼーット!」と会場にパワーを送り、「今いただいた皆さんはすごい幸せになっていますよ」との言葉に会場からは大きな拍手が上がる。

そして最後の「『マジンガーZ』放送時のアニソンの特徴は?」という質問では、水木が当時のアニソンがどのように作曲されていたのかを解説。当時は、子供でも歌えるキーの幅でアニソンが作られており、大人になっても歌えるようになっていることから長く歌われているという、おもしろい事実を語ってくれた。また水木によると、最近のアニソン歌手は若い人ほど顎が小さくなっており、歌声が高くなっているとのこと。そのため、「皆さんの声が高くなった方が生き残っていられる」と、以前同じくアニソン歌手のささきいさおと冗談を言っていたことを明かし、観客を笑わせた。

質問コーナーが終わると、続いては水木の世界で活躍を紹介。中国やベトナム、、タイ、フランスなど、世界中のライブ会場で観客を沸かせる水木の姿が写真で紹介され、改めてアニソン歌手・水木一郎のすごさを感じることができた。すると、ここで写真を見た有村が、今回水木が赤い衣装とスカーフを身に着けていないことに気付き、なぜ身に着けていないのか水木に質問。すると、水木は今回ユーチューブのイベントということで、同じ赤で被らないようにと大人な対応をしたことを明かした。

そんな世界で活躍している水木と同様、『マジンガーZ』も世界中で愛されている作品ということで、ここからは海外の『マジンガーZ』ファンを呼び、本作の海外での人気などについてトーク。フランスのピエール、スペインのアミール、イタリアのアントニオがそれぞれ海外の代表としてステージに立った。

まず最初にトークのテーマとして出されたのは、各国のマジンガー愛にあふれるものについて。海外代表の3名は、会場の「ゼーット!」の掛け声に合わせてフリップを出し、自国の自慢のマジンガー愛にあふれるものを紹介してくれた。そんな各国の自慢のなかでも、イタリアのアントニオは自国にある「お前はマジンガーだと思っているの?」ということわざを紹介。威張っている人に対して「君はそんなにすごい人じゃないよ」という意味で使うことわざのようで、自国ではマジンガーZがことわざにもなっていることを自慢した。またスペインのアミールは、自国にある世界最大のマジンガーZの像を写真付きで紹介。フランスのピエールは『マジンガーZ』とも関係が深いアニメ『UFOロボ グレンダイザー』が自国で平均視聴率95%以上と、驚異的な数字を記録したことを話し観客を驚かせた。

続いてのテーマであるお宝自慢では、各代表の方が自身の持つお宝を持参。アミールは以前水木とテレビ番組で共演した際、一緒に撮ったポラロイド写真を見せてくれた。また、アントニオは若い頃に『マジンガーZ』の原作者・永井豪へと手紙を送ったことがあったとのことで、なんとその返信として送られてきた直筆のマジンガーZを持参。ピエールも以前ダイナミック企画で働いていたことがあることを明かし、そのときにもらったという永井豪、荒木伸吾、小松原一男、井上栄作それぞれサインとイラストを見せ、会場をどよめかせた。

そして、『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』が間もなく劇場で公開されるということで、3つ目のテーマとして話されたのは本作で期待したいことについて。ここでは、各々がフリップで本作に期待していることをあげるなか、ここではすでに作品を観たという水木と有村が本作の内容について話すことに。そんななか有村は本作での悪の描かれかたについて言及。今回の敵はあえて人間に考えさせてくるということで、本作を「まさに僕らが考えるべきテーマ」と評した。また、水木は今回本作で歌うことになった「マジンガーZ INFINITY ver.」について、自分のなかの情熱をこめて歌ったとのこと。自身の歌を劇場で聞くことを待ちわびてくれているファンに対し、「泣かせたいな……」と正直な思いがこぼれると、会場からは大きな拍手が上がった。ちなみに、おふたりは本作に登場する巨大遺跡・インフィニティの大きさがとても印象的だった様子。マジンガーZと比べてもはるかに大きい存在に、マジンガーZどのように挑んでいくのかも見どころだと語ってくれた。

そして、最後のテーマに出されたのは思い入れのあるアニソンについて。ここでは、もちろん水木が歌った楽曲が出てくると思い、「ゼーット!」の掛け声でフリップがあがると、誰も水木の楽曲を描いていないというまさかの事態に。これには観客席から「ヤバいよ……」という声が上がり、会場は大爆笑に包まれた。

海外ファンとのトークがひと段落すると、水木は後半のライブのために一度ステージから退場。準備が整うまでの間に、なんとここで『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の最新ポスタービジュアルが公開された。そんなポスタービジュアルに描かれているのは、本作でメカニックデザインが一新されたマジンガーZとグレートマジンガーの2機。これに対し、うみくんが「2017年と昔の良さが入っている」とポスターを称賛し、会場からも称賛の拍手があがった。このポスタービジュアルは全国の劇場などで張り出されるとのことなので、気になる方はぜひ自身の目で新たなマジンガーの姿を確認して欲しい。

海外のファンと思う存分アニメの話をし終わったところで、トークパートは終了。ここから、再び熱いライブパートへと突入する。ライブステージに再登場した水木は、まず最初に『マジンガーZ』の挿入歌「Zのテーマ」「空飛ぶマジンガーZ」「わが友マジンガーZ」を連続で披露。会場が再び熱気に包まれるなか、ここでさらに『グレートマジンガー』のオープニングテーマ「おれはグレートマジンガー」「勇者はマジンガーZ」の2曲を披露し、ファンを大いに沸かせた。

そんな怒涛のマジンガーソングに観客が次の曲は何か期待するなか、続いて歌われたのはなんとロボットアニメ『鋼鉄ジーグ』のオープニングテーマ「鋼鉄ジーグのうた」。これはファンのテンションもさらに上がり、会場からは歓声と「アニキ」コールが鳴り止まない。さらに、続いての2曲は『宇宙海賊キャプテンハーロック』のオープニングテーマ「キャプテンハーロック」、「わが青春のアルカディア 無限軌道SSX」のオープニングテーマ「おれたちの船出」と、ロボットアニメ以外の楽曲も披露。『超電磁ロボコン・コンバトラーV』のオープニングテーマ「コンバトラーVのテーマ」も歌い、懐かしのアニソンで観客を大いに熱狂させた。

そして、最後でついに披露されたのが『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』のオープニングテーマ「マジンガーZ INFINITY ver.」。会場のボルテージが最高潮に達した中、ファンたちの手拍子も自然と大きくなり、水木もこれに負けじと曲を熱唱。割れんばかりの拍手と歓声に包まれライブは大成功をおさめた。さらに、ライブ終了後には観客たちと一緒に集合写真を撮影。水木もついにトレードマークの赤のスカーフを身に着け、「ゼーット!」の掛け声で記念撮影をおこない、会場が熱気に包まれるなかイベントは終了となった。

取材・文・撮影 / 長田雄太

作品情報

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』
2018年1月13日(土)全国ロードショー


声優:森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 森田順平 島田敏 塩屋浩三 石塚運昇
原作:永井豪
監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ)
メカニックデザイン:柳瀬敬之
キャラクターデザイン:飯島弘也
美術監督:氏家誠(GREEN)
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽
音楽:渡辺俊幸
オープニングテーマ:水木一郎
制作:東映アニメーション
配給:東映

オフィシャルサイト:http://www.mazinger-z.jp/