千原ジュニア『これにて、便所は宇宙である』刊行記念サイン会で板尾創路のアノことを突っ込まれフォロー

千原ジュニア『これにて、便所は宇宙である』刊行記念サイン会で板尾創路のアノことを突っ込まれフォロー

「週刊SPA!」で7年にわたって連載された「すなわち、便所が宇宙である」の第6作にして最終巻『これにて、便所は宇宙である』がついに発売。その発売を記念して11月19日(日)に紀伊國屋書店新宿本店にて著者の千原ジュニアの先行発売記念サイン会、さらに囲み取材が実施された。

 『これにて、便所は宇宙である』は、千原ジュニアがトイレで思いついた言葉やネタをノートに書き綴った「週刊SPA!」の連載「すなわち、便所は宇宙である」から、108本のネタを加筆・修正し出版されたもの。

お気に入りのネタを聞かれると千原は少し悩みながら、ネバダ州にロケに行った時のエピソードを綴った「ネバダ州」を選んだ。

また今作では単行本用に撮り下ろした、事務所の先輩・板尾創路との「連れション対談」も収録されている。板尾創路は先日不倫疑惑が報じられたばかりで、そのことを報道陣から突っ込まれると「本当に板尾さんって、本当に不思議な人なんですよ。10代の頃から後ろ歩かせてもらっているんですけど、エビフライ定食を頼んでエビフライを残す人ですから、板尾さんに至ってはラブホテルに入っても何もしなかったってことが可能性としてはゼロじゃないんじゃないかなと思います。」とコメント。

さらに板尾の監督作『火花』に絡めた「板尾さんのご家庭も今頃『火花』が散っているんじゃないですかね?」という質問に対しては、「奥さんとの絆が凄いですから、そんなことにはなってないと思います。」とフォローした。

最後に、「どんな人に本書を読んでほしいですか?」という質問に対しては、板尾の不倫相手がグラビアアイドルの豊田瀬里奈であると週刊誌で報じられていることに絡め、「色々な人に読んでほしいですけど、若干心が病みがちなグラビアタレントにも読んでほしいですね。」とコメントし笑いを誘った。

サイン会の様子

リリース情報

『これにて、便所は宇宙である』
著者 : 千原ジュニア
発売 : 2017年11月20日
定価 : 本体1300円+税
項数:456ページ
判型&体裁: 四六判
発売元 : 株式会社 扶桑社