BB-8風“コロコロ”体型で『フォースの覚醒』をおさらい! 日本の“カワイイ文化”と融合した動画公開

BB-8風“コロコロ”体型で『フォースの覚醒』をおさらい! 日本の“カワイイ文化”と融合した動画公開

12月15日(金)に公開を控えた『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の前作『フォースの覚醒』が日本の“カワイイ文化”と融合し、キャラクター全員がBB-8体型になって登場して、ストーリーを高速で振り返る動画が公開された。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカス監督が日本の伝統文化や映画の影響を強く受けていることは広く知られており、これまでにも日本各地のお祭りや伝統文化とさまざまな融合を果たしてきた。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』振り返り All

解禁された映像は、前作『フォースの覚醒』を日本の“カワイイ文化”と融合させ、高速でストーリーをおさらいできるルーカスフィルム公認のオリジナルアニメーション。映像は3部作で構成されており、レイやカイロ・レン、R2-D2などのキャラクター全員がコロコロとキュートなBB-8体型になって登場している。家族を待ち続ける孤独なヒロインのレイとBB-8との出会いから、強大なフォースが覚醒するレイ、カイロ・レンとの戦い、そしてルークのもとへ向かうという、『最後のジェダイ』に続く前作の全貌が約90秒で収められている。

また、11月11日(土)と12日(日)の2日間限定で、異例の大規模となる全国324館の映画館で、『フォースの覚醒』の復習上映が決定している。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」本予告

【STORY】
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、誰も観たことのない衝撃の『スター・ウォーズ』。ついにフォースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか? そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは――?


映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
2017年12月15日(金)公開

監督・脚本:ライアン・ジョンソン
出演:デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、アンソニー・ダニエルズ、ピーター・メイヒュー、ドーナル・グリーソン、アンディ・サーキス、グウェンドリン・クリスティ、ルピタ・ニョンゴ、ベニチオ・デル・トロ、ケリー・マリー・トラン、ローラ・ダーン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.