高畑充希、丸山隆平(関ジャニ∞)のファンに公開謝罪! 「手繋いでコロッケ食べさせあったり」

高畑充希、丸山隆平(関ジャニ∞)のファンに公開謝罪! 「手繋いでコロッケ食べさせあったり」

11月18日(土)に全国公開される映画『泥棒役者』の公開直前イベントが11月2日(木)にTOHOシネマズ 日本橋で行われ、主演の丸山隆平(関ジャニ∞)、市村正親、石橋杏奈、高畑充希、ユースケ・サンタマリア、西田征史監督が登壇した。

本作は、西田征史監督の長編映画第2作で、2006年に作・演出した舞台『泥棒役者』を、監督自身が映画用にリライトした完全オリジナル作品だ。

イベントの開始前に、劇中に登場する絵本のキャラクターである猫のタマが「スペシャル映像上映!」のプラカードを持って登場。関ジャニ∞による本作の主題歌「応答セヨ」のMVと映画の本編映像を掛け合わせたスペシャル映像が大きなスクリーンで初公開されると、ファンの熱はヒートアップした。

MV終了後、市村、石橋、高畑、ユースケ、西田監督らが登壇するも、肝心の主役の姿が見当たらない…。「上からサーッと降りてくるんじゃない??」「ポップアップで出てくるんじゃないか?」などと市村やユースケが予想。観客と登壇ゲスト全員で「丸ちゃーん!」と呼ぶと、なんと、タマが頭部が外され、まさかの丸山の姿が。丸山は「すごい暑くて汗でびっちゃびちゃ!」と汗だくでの登場となった。

西田監督が「みなさん、バレていませんでしたか?」と観客に問いかけると「分からなかったー!」と嬉しい返事が。丸山は、タマに入ってみて「すごくやりがいを感じましたね。皆さんはタマが出てくると、アイドルを見る時とは違う、タマを愛でるかのような歓声を味わえました。“丸ちゃんカワイイ!”よりも“タマかわいい!”の方が気持ち良かった!」と普段とは違う反応をもらえてご満悦だったが、挨拶中も汗が止まらない丸山の汗を市村が拭くという貴重すぎる一幕も。

すると、ユースケは「“着ぐるみを着る時はオシメするんだぞ!”と市村さんがアドバイスしてました」と暴露(?)。「嘘つくな!」と丸山、西田監督らが総ツッコミが入るも、「してませんよ。恐らくね!」などと誤解を生む発言を続ける。丸山は「誤解ですよ!今日はノーパンでも無いし、オシメもしてません! 想像も禁止です!(笑)」と自身の潔白を観客へ主張していた。

また、本作の脚本を読んで「ここがスゴイ!」と思ったところを聞かれると丸山は「全体としてはあったかくて優しい作品になっています。教養も厳しさもありますが、押し付けがましく無く、笑いながら学べる作品だと思います。中盤のボタンの掛け違いから、どんどん話が展開するところが一回読むだけだと難しいんですが、映像になったら本当にわかりやすい!」とコメントすると「胸がいっぱい」と感無量の西田監督。

市村は「撮影前に本読みをやったんです。ユースケ以外で(笑)。 ちなみに舞台版の方は、映画の脚本をもらった時に見ちゃいけないと思い、見ないで演じました。これでいいのかな? と不安でしたが、いい感じで出来上がった気がします」と感想を語った。

ユースケは「皆さんが本読みしていたとき、家でシャワー浴びてました(笑)。でも自発的に本読みなんて、普通やらないでしょ⁉ 監督が声かけたんですか?」と疑問を投げかけると「そうですね! 撮影に入る前に役のことを話したいねと言っていたので、タイミングの合った丸ちゃん、市村さん、宮川大輔さんに集まって頂きました」と話す西田監督にユースケは「だから俺呼ばれてないのよ!」とクレームを入れていた。

丸山と高畑演じる恋人同士の関係が“理想の恋人像”とも言われている本作。高畑は「ほぼ丸山さんとは初対面でした。自転車に乗ったり、…ゴメンナサイ!」と場内を埋め尽くした丸山のファン300人に公開謝罪。また、役者としての丸山の印象を高畑は「丸山さんはバラエティでお会いした時にとても個性的手繋いでコロッケ食べさせあったりで、会話が通じなかったらどうしようと思っていました(笑)。でも、実際は紳士的でなんの違和感もなく、監督と丸山さんが本当に持ち上げ上手で夢見心地でした!」と撮影の思い出を語った。

【STORY】
かつて泥棒稼業に手を貸した過去がある大貫はじめ(丸山隆平)。今は溶接工員として真面目に働き、恋人の美沙(高畑充希)と幸せな同棲生活を送っていた。
ある日、昔の泥棒仲間・畠山(宮川大輔)から、美沙に泥棒だった過去をバラすと脅され、泣く泣く、とある豪邸に盗みに入ることに。
だが、忍び込んだ豪邸で、家主の絵本作家・前園俊太郎(市村正親)、訪問してきた編集者・奥(石橋杏奈)、セールスマン・轟(ユースケ・サンタマリア)から、「編集者」「絵本作家」「豪邸の主人」と次々と間違えられてしまう。「泥棒」として捕まりたくない一心で、はじめはその都度、勘違いされた「役」を必死に演じるハメになるのだが…。前園家の隣に住むユーチューバー・高梨(片桐仁)、奥の上司の編集長(峯村リエ)も巻き込み、屋敷の中は一層カオスに。はたして、はじめは正体を隠したまま、愛する恋人の元に帰ることができるのか?そして偶然出会った8人の人生は思わぬ方向に!?


『泥棒役者』
 11月18日(土)TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
出演:丸山隆平、市村正親、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁/高畑充希/峯村リエユースケ・サンタマリア
監督・脚本:西田征史(『小野寺の弟・小野寺の姉』「TIGER& BUNNY」「とと姉ちゃん」)
製作:「泥棒役者」製作委員会
制作プロダクション:ROBOT
配給:ショウゲート
(C)2017「泥棒役者」製作委員会