MIYAVI、NHK『SONGS』で三浦大知&シシド・カフカとセッション! 本音が飛び交うトークコーナーも

MIYAVI、NHK『SONGS』で三浦大知&シシド・カフカとセッション! 本音が飛び交うトークコーナーも

11月8日にアルバム『SAMURAI SESSIONS vol.2』のリリースが決まり、アルバムのリード曲、三浦大知との「Dancing With My Fingers」が先行ダウンロード配信され、iTunesロックチャート1位を獲得するなど、世界を舞台に活躍するサムライギタリスト、MIYAVI。

MIYAVIのギターに呼応し、三浦大知が超絶ダンスを披露した「Dancing With My Fingers」ミュージックビデオ(監督:三池崇史)は、本国Billboardの記事でも掲載され、話題となっている。

そんなMIYAVIが、11月9日にNHK総合にて放送予定の『SONGS』(22時50分~23時15分)に出演。今大注目のアーティストである三浦大知、シシド・カフカと、スペシャルなセッションで共演する。

三味線からインスピレーションを受けたという“スラップ奏法”で、世界中から注目を集め、これまでに約30ヵ国300公演以上のライブと共に、6度のワールドツアーを成功させているサムライギタリスト、MIYAVI。これまでにも数多くのアーティストとセッションを行い、その化学反応から生まれる特別な音楽を届けてきた。そんなMIYAVIを軸に、今回『SONGS』ではスペシャルなセッションが届けられる。

まずは、これまでにもMIYAVIと数多くのセッションを繰り広げてきた、三浦大知。ふたりがセッションするのは、MIYAVI vs 三浦大知として発表された、前述の「Dancing With My Fingers」。ボクシングのリングをイメージした空間で、パワフルなパフォーマンスを見せる。

そして、ふたり目は俳優としても活躍する、アグレッシブなドラムボーカル、シシド・カフカ。以前からMIYAVIとのセッションを熱望していた彼女。今回セッションする曲は、彼女が心からリスペクトする歌手、山口百恵の名曲「ロックンロール・ウィドウ」。ふたりが『SONGS』のために1からやりとりしながら作り上げたステージは必見だ。

さらに、MIYAVIの代表曲「Fire Bird」を、400人の観客との大迫力ライブ映像で届ける。

また、3人で行ったトークセッションでは、事前に募集した視聴者からの質問に率直に回答。実は三浦大知とシシド・カフカは今回が初対面。MIYAVIを介して、ライフスタイルへのこだわり、音楽に対する熱い思い、お互いをどう見ているのかなど、同世代の3人ならではの盛り上がりを見せるトークとなった。この3人だからこそ生まれた特別な『SONGS』をお見逃しなく!


番組情報

NHK総合『SONGS「ザ・セッション~vs MIYAVI~」』
11/9(木)22:50~23:15


リリース情報

2017.11.08 ON SALE ALBUM『SAMURAI SESSIONS vol.2』
<収録曲>
[CD]
01. Dancing With My Fingers / MIYAVI vs 三浦大知
02. Gemstone / MIYAVI vs SKY-HI
03. Fight Club / MIYAVI vs EXILE SHOKICHI
04. Banzai Song / MIYAVI vs VERBAL (m-flo/PKCZ(R))
05. Bumps In The Night / MIYAVI vs Masato (coldrain)
06. No Thanks Ya / MIYAVI vs ちゃんみな
07. Flashback / MIYAVI vs KenKen (LIFE IS GROOVE, RIZE, Dragon Ash)
08. All My Life / MIYAVI vs HYDE
09. Forget You / MIYAVI vs シェネル
10. Slap It / MIYAVI vs 雅-MIYAVI-

[DVD] ※初回限定盤のみ
・「Dancing With My Fingers」MIYAVI vs 三浦大知 Music Video
・「MIYAVI 15th Anniversary Live“NEO TOKYO 15”」ライブ映像5曲
・「MIYAVI 15th Anniversary Live“NEO TOKYO 15”」ドキュメント映像


NHK『SONGS』番組サイト
http://www6.nhk.or.jp/songs/

MIYAVI オフィシャルサイト
 http://myv382tokyo.com/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC