映画『AMY SAID エイミー・セッド』初日舞台挨拶に総勢18名のキャスト登場!

映画『AMY SAID エイミー・セッド』初日舞台挨拶に総勢18名のキャスト登場!

俳優のマネージメント会社ディケイドが設⽴25周年を記念念して自らが企画・製作した映画『AMY SAID エイミー・セッド』の初⽇日舞台挨拶が9/30(土)、テアトル新宿にて行われ、主演の三浦誠己、渋川清彦、中村優子、山本浩司、松浦祐也、テイ龍進、石橋けい、大西信満、村上虹郎、そして当日大橋トリオが急遽かけつけ、総勢18名の豪華キャストらが全員お揃いの『AMY SAID エイミー・セッド』オリジナルTシャツを着て登壇した。

本作は、大学時代に映画研究会に所属していた40代の男女8人が20年ぶりに再会した一夜を描く青春群像劇。

舞台挨拶での質問で映画の世界に入った理由を聞かれた三浦誠己は「なんとなくですけども、自分が死んでからもこの世に存在することができたらなと思って、この仕 事をやっています。」と応えると、渋川は「(三浦さんに)なんかカッコイイこといってない?お笑い芸人やってたんですよね?本当は“トライアンフ”(当時の三浦のコンビ名)でしょ?」と突っ込みを入れて会場を盛り上げた。
今作はではリハーサルを 何度も繰り返したようだ。三浦は「十分な時間をいただいて本読み、リハーサルができました。撮影は一週間というタイトなスケジュールの中でしたが、本当に身を粉にしてスタッフの方々 が尽くしてくれたので、僕たちはやりやすい環境でやらせて頂けました。スタッフの方々には感謝しています。」と共演者と密なやり取りを経て作られたこと、そしてスタッフへの感謝を言葉で伝えた。

また、急遽かけつけた大橋トリオは「エイミー・セッド」は、どうやって生み出されましたか?」と訊かれると、「一番いいシーンで流れるということで。英語の歌詞にしてくれという監督からのオファーがありまして、あーでもない、こーでもないと 一生懸命作りました。」と制作秘話を披露。
活動10周年を迎える大橋トリオの映画「AMY SAID エイミー・セッド」テーマ曲の配信が9月27日より配信がスタートしている。

AMY SAID
大橋トリオ

2017.09.27

気心しれた俳優仲間ならではの和気藹々とし たトークが飛び出し、実力派俳優たちの素顔が垣間見れた、映画ファンにとってはたまらない舞台挨拶となった。

『AMY SAID エイミー・セッド』は9月30日よりテアトル新宿他全国順次公開中。

映画『AMY SAID エイミー・セッド』 初日舞台挨拶概要

日程:9月30日(土) 19:36ー20:06(上映後)
  会場:テアトル新宿
登壇者:三浦誠己(42)、渋川清彦 (43)、中村優子(42)、山本浩司 (43)、松浦祐也 (36)、テイ龍進(44)、石橋けい (39)、大西信満(42) 、村上虹郎(20)、大橋トリオ(39)、渡辺真起子(49)、柿木アミナ(26)、飯田芳(30)、澁谷麻美(30)、小山燿(20)、白戸達也(24)、監督・村本大志 (54)、脚本家・狗飼恭子(43)
*音声メッセージ:村上淳(44)

AMY SAID エイミー・セッド

2017年9月30日(土) テアトル新宿ほか全国公開

監督/脚本:村本大志
脚本:狗飼恭子
企画・製作:佐伯真吾
キャスト:三浦誠己、渋川清彦、中村優子、山本浩司、松浦祐也、テイ龍進、石橋けい、大西信満、村上虹郎、大橋トリオ、渡辺真起子、村上淳

音楽:jan and naomi 
テーマ曲:「AMY SAID」大橋トリオ

プロデューサー:関友彦 田中和磨 
制作:コギトワークス
配給:ディケイド
宣伝:フリーストーン

ストーリー:
映画研究会の仲間9人。その中のファムファタル的な存在だったエミ(柿木アミナ)がある日突然彼らの人生からいなくなって20年。彼女の命日に久しぶりに集まったのは、パン屋を営む朝田(三浦誠己)、無農薬野菜をつくる飯田と直子(渋川清彦、中村優子)、売れない俳優岡本(山本浩司)、キャリアウーマンの美帆(石橋けい)、 介護士の五島(松浦祐也)、IT会社を経営する木塚(テイ龍進)。「わたし本当は知ってるの、エミが死んだ理由。ずっとみんなに言いたかった」突然の直子 の言葉に、それぞれの中で止まっていた時間が動き出す。そしてそこに訪れる、招かれざる客、川崎(大西信満)。彼が現れた理由は、朝田にとって思いもよらないものだった。かつて同じ夢を見て、同じ夢に破れた。20年後、僕たちはようやく本当に語るべきことを語り合える。生きること、死ぬこと、そしてまた生き続けること。エミが最後に言いたかった言葉を探す、ある一夜の物語。

公式サイトhttp://amy-said.com/
©2017「AMY SAID」製作委員会