ツッコミの嵐! 丸山隆平(関ジャニ∞)主演映画『泥棒役者』完成披露試写イベント開催「泥棒ってけっこうハラハラする」

ツッコミの嵐! 丸山隆平(関ジャニ∞)主演映画『泥棒役者』完成披露試写イベント開催「泥棒ってけっこうハラハラする」

 11月18日(土)に全国公開される映画『泥棒役者』の完成披露試写イベントが9月21日(木)に豊洲PITで行われ、主演の丸山隆平(関ジャニ∞)、市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁、峯村リエ、西田征史監督が登壇した。

本作は、西田征史監督の長編映画第2作で、2006年に作・演出した舞台「泥棒役者」を、監督自身が映画用にリライトした完全オリジナル作品だ。キャストには、単独での映画主演初となる丸山隆平(関ジャニ∞)ほか、市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、高畑充希、片桐仁、峯村リエなど個性豊かなキャストが集結している。

完成披露試写イベントには、作中の豪邸を模した扉の演出が施された一軒家が出現。市村、石橋、宮川、片桐、峯村、ユースケの豪華出演者と西田監督が呼び込みの声とともに3つの扉からランダムに登場し、どこから出てくるか分からないワクワク感で観客は大盛り上がりをみせるなか、主演の丸山隆平は、キャスト・観客の「丸ちゃーん!」の声で金庫の扉から“泥棒”らしく⁉登場。ステージ真ん中で様々なポーズを決めると「今日という日が皆さんと迎えられて嬉しく思います。これから起こることを皆さんの記憶に焼き付けて帰ってください。」と挨拶した。

また、市村も「丸ちゃんと仕事ができて幸せでした。今回はキャラの濃い皆様と共演して、私は薄いので…。」と話すと「一番濃いよ」と共演者からはつっこみが。ユースケが「密室劇なのでみんなと仲良くなっちゃって、その証を刻もうと思い、“泥棒”と体の一部にタトゥーを入れました。」と軽妙な適当トークが炸裂し会場の笑いを誘った。

質疑応答では、まず金庫の扉からの登場について聞かれた丸山が「生まれて初めての経験です。怖かった。狭いのとか暗いの苦手なので」と答えると、会場からは「かわいいー!」の声が溢れた。“元泥棒”役・大貫はじめについては「宮川さん演じる泥棒に脅されて巻き込まれていくんですが、はじめ自体は攻撃的なキャラクターではないので、迷いながら、周りとの出会いでちょっとずつ変わっていく様子を観ていただきたい。楽しんで演じられました。それに泥棒ってけっこうハラハラするんだなって気づきました。コソコソ話すんだなって。」と話すと、ユースケから「当たり前だろ!」と突っ込みが入った。

今回が映画初主演ということで座長としての気持ちを「恐悦至極でございます。」と仰々しく述べ、「こういう感じで和気藹々なみなさんと共演して、いろんな影響と刺激を受けてどこかで成長できてたらたらいいなと思います。」と語った。宮川は「無理やり丸山演じるはじめを泥棒に誘う役なので、自分に怖さを醸し出さないさないとやばいと思いそこは一番考えた。一番やりづらかったのは駅前で俯瞰で撮るシーンで、突然昔の彼女が「大ちゃん」と急に現れてドッキリかと思った。子供の写真まで見せられた。」と撮影中のエピソードを明かした。

またユースケは「ある時映像を観たら、自分が蛇みたいだった、監督が今回顔色悪くいきたいとは言ってたんですが、人間に転生した蛇にしか見えなかった。」と話すと、キャスト・監督からは「見えないですよ!」と総ツッコミ。このトークをしたことで逆にお客さんに“蛇”の印象を植え付けてしまったと思ったユースケは、「初登場で“蛇だー!!”と笑ってもらえれば」と締めた。

そして、濃いキャラクターの集まった撮影中のエピソードについて、クランクイン前に丸山の家で監督・宮川、市村で本読みを行ったということ触れ、その際には市村が舞台の千秋楽直後だったとのことで、公演後の温まった市村の声が自宅に響き感動したと、丸山は明かした。

本作は“泥棒”が盗みに入るところから始まるということで、“泥棒”になったら盗みたいほどのほしいものがあるかとの質問に丸山は「アイドルをやっているので日本中の女の子のハートを盗みたいです!」と答えると観客から大歓声が沸き起こった。

最後に丸山は「映画の裏ではこのようにみんなでにぎやかに映画を作っていました。空っぽな気持ちで観ていただければ、普段の辛いニュースや嫌なことを全て忘れられる、そして観終わった時には身近な何か大切なものがみつかるような作品になっています。今日観て頂いたみなさんの感想がドンドンひろがれば温かい気持ちになり平和になるんじゃないかと思います。素晴らしい映画の証人になっていただければと思います。」とコメント。

最後までマイペースに話すユースケに共演者がドンドン突っ込みを入れていくなど、終始仲の良い姿が印象的だった今回のイベント。フォトセッションには劇中の絵本に出てくるキャラクター“タマ”も登場し、盛り上げた後、最後は登壇者が客席を通って退場し、観客からは大きな声援で見送られ幕を閉じた。

【STORY】
かつて泥棒稼業に手を貸した過去がある大貫はじめ(丸山隆平)。今は溶接工員として真面目に働き、恋人の美沙(高畑充希)と幸せな同棲生活を送っていた。
ある日、昔の泥棒仲間・畠山(宮川大輔)から、美沙に泥棒だった過去をバラすと脅され、泣く泣く、とある豪邸に盗みに入ることに。
だが、忍び込んだ豪邸で、家主の絵本作家・前園俊太郎(市村正親)、訪問してきた編集者・奥(石橋杏奈)、セールスマン・轟(ユースケ・サンタマリア)から、「編集者」「絵本作家」「豪邸の主人」と次々と間違えられてしまう。「泥棒」として捕まりたくない一心で、はじめはその都度、勘違いされた「役」を必死に演じるハメになるのだが…。前園家の隣に住むユーチューバー・高梨(片桐仁)、奥の上司の編集長(峯村リエ)も巻き込み、屋敷の中は一層カオスに。はたして、はじめは正体を隠したまま、愛する恋人の元に帰ることができるのか?そして偶然出会った8人の人生は思わぬ方向に!?


『泥棒役者』
 11月18日(土)TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
出演:丸山隆平、市村正親、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁/高畑充希/峯村リエユースケ・サンタマリア
監督・脚本:西田征史(『小野寺の弟・小野寺の姉』「TIGER& BUNNY」「とと姉ちゃん」)
製作:「泥棒役者」製作委員会
制作プロダクション:ROBOT
配給:ショウゲート
(C)2017「泥棒役者」製作委員会