『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ルークの声を島田敏が続投!「30年分のルークの重みを受け止めながら演じたい」

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ルークの声を島田敏が続投!「30年分のルークの重みを受け止めながら演じたい」

12月15日(金)公開の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の日本語吹替版で、ルーク・スカイウォーカー役を島田敏が再び担当することが明らかになった。

2015年に公開され、全米興行収入ランキング歴代1位、日本でも興行収入116億円の大ヒットを記録した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描くシリーズ最新作である本作。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーと巡り逢ったレイが知る衝撃の真実や、カイロ・レンがダース・ベイダーを受け継ごうとする理由、そしてポー、フィン、BB-8らレジスタンスたちのミッションなどの秘密が明かされる。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でフォースの力に目覚め始めたレイが、孤島に身を潜めていたルーク・スカイウォーカーのもとにたどり着いたシーンでは、言葉を発しないにも関わらず、その圧倒的な存在感で今後の物語への期待をさらに高めたルーク。この度、長年『スター・ウォーズ』シリーズでルークの日本語吹替版声優を務めた島田敏が本作でも同役を続投することが発表された。すでに放送中のテレビCMの冒頭では「ジェダイは滅びる」という衝撃的なルークの台詞を披露している。

『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』から約30年後のルークを演じること事になった島田は「30年分のルークの重みをしっかりと受け止めながら凛とした思いで演じたいと思います」と意気込みを語り、さらに『帝国の逆襲』でルークの父親がダース・ベイダーだという事実を知った時が、シリーズで1番の衝撃だったと振り返る。「当時は『まさか!! ええーーー!』と仰け反ってしまいましたが、『最後のジェダイ』にはそれ以上の衝撃があるかも知れませんね。多くのファンの皆さまと共に、12月15日の劇場公開をワクワクドキドキしながら待ちたいと思います!」とコメントを寄せている。

【島田敏(ルーク・スカイウォーカー役)コメント】

『最後のジェダイ』で久々にルーク・スカイウォーカーを演じる意気込みは?
『最後のジェダイ』は、どんな壮大なストーリーが展開されるのか想像できませんが、きっと「驚きと感動」の連続だと期待しています。30年の時を超え、その30年分のルークの重みをしっかりと受け止めながら凛とした思いで演じたいと思います。

『フォースの覚醒』で登場した主人公レイへの印象は?
レイは謎が多いキャラクターだと思います。親がいなかったり・辺境に住んでいたり・普通の何者でもない存在が、ルークと被る印象があります。『最後のジェダイ』では、壮大な物語の中でレイとルークが紡ぐどのようなドラマが待っているのか、大いに期待したいですね。

『最後のジェダイ』にはどんな展開を期待していますか?
『最後のジェダイ』ではおそらくルークも活躍するようですが、彼の背負っている運命といったものを繋いでいけるのか、その戦いが待っているのではないかと思います。『フォースの覚醒』を見たときに、本当に展開が面白く、物語を、・人間模様をしっかり紡いでいるなぁと感じました。『最後のジェダイ』にも凄いドラマチックな展開を期待しています。


映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
2017年12月15日(金)公開

監督・脚本:ライアン・ジョンソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.