Report

大竹しのぶ、平岳大や門脇麦らと熱演。命がけで人を愛す『フェードル』

大竹しのぶ、平岳大や門脇麦らと熱演。命がけで人を愛す『フェードル』

舞台『ピアフ』で数々の演劇賞を総なめにした女優・大竹しのぶと演出家・栗山民也が再びタッグを組んだ舞台『フェードル』が、4月8日よりBunkamuraシアターコクーンで上演中。本作はフランスの劇作家ジャン・ラシーヌが古代ギリシャの三大詩人であるエウリピデスの悲劇『ヒュポリュトス』を題材にして書き上げた17世紀フランス古典文学を代表する悲劇。「人間の精神を扱った最高傑作」と称されている名作に挑む大竹しのぶ、平岳大、門脇麦、キムラ緑子、今井清隆が初日を間近に控えた4月6日に囲み取材に応じ、その後、舞台の一部を公開したフォトコールが行われた。

取材・文 / 松浦靖恵


大竹しのぶは“フェードル”そのものだった

舞台『フェードル』は17世紀にフランスで書かれた古典劇。ギリシャ神話を題材にして書かれた物語は小難しいのではないか、古典劇は現代の日本に生きている私たちにはリアリティを感じられないのではないかというイメージを持っている人が多いかもしれないが、『フェードル』は現代にも通じるわかりやすいストーリーを持った作品といえるだろう。

アテネ王の妻・フェードル(大竹しのぶ)の義理の息子イッポリット(平岳大)への禁断の恋を主軸に、イポリットが思いを寄せる王女アリシー(門脇麦)への激しい嫉妬、夫である王・テゼ(今井清隆)への罪悪感など、ひとりの男を狂おしいほど愛する女の欲望とエゴイズムはどんなに時代が変わろうとも、変わることがないのだということを、そして全身全霊で人を愛するというのはこういうことなのだということを、観る者の心に強く印象づける。

フェードル 大竹しのぶ

初日を間近に控えた4月6日の公開舞台稽古では、最初に3幕の一部(第2・3・4場)が上演されたが、イポリットへの恋心をむき出しにし、もがき苦しむ“フェードル=大竹しのぶ”に、一瞬で釘付けになってしまった。オフィシャルコメントによれば、数年前に演出家・栗山民也は大竹に「古典をやってみない?」と声をかけていたとのこと。これは私の勝手な想像でしかないが、もしかしたら栗山はそのときから大竹しのぶに“フェードル”をやらせたい、この時代に“フェードル”を演じられるのは彼女しかいないと思っていたのではないかと思えるほど、大竹しのぶは“フェードル”そのものだった。

フェードル

3幕第3場ではフェードルを全身全霊で愛し、守りぬく乳母役を演じるエノーヌ(キムラ緑子)が、死んだと思っていたフェードルの夫・国王テゼ(今井清隆)が生きているとフェードルに告白するシーン。そのときその瞬間の2人の女優の心と心、言葉と言葉が激しくぶつかり合う場面から、行方不明だったテゼが突然帰還したことで一気に物語はスリリングな方向へと進んでいく。囲み取材でキムラは「しのぶさんに、その日その日の感覚でやればいいね。ライブでいければいいねと言われた」と言っていたが、まさにその言葉どおりのライブ感溢れる舞台がそこにあった。

フェードル 門脇麦  平岳大

ひと呼吸置いて始まった次のフォトコールは、フェードルの義理の息子イッポリット(平)と、奴隷の身となった王女・アリシー(門脇)が登場。報道陣に公開した第2幕2場は平がアリシーへ抱いていた密かな想いを長台詞で語り続ける告白がメイン。恋を知らなかった王子が反逆者の一族であるアリシーに恋をし、叶わぬ恋と知りながら自分の想いを告げずにはいられなかった青年イッポリットの心情を、平は額に汗をにじませながら熱演した。古典劇に初めて出演する門脇は、イポリットの想いを知らず距離を置いていたアリシーが彼の想いを知ったことで戸惑いながらも変化していく心情を繊細に表現し、奴隷の身でありながらも、この先自分が彼を受け入れていくであろう運命を、観る者に予感させる演技を見せ、その清楚なたたずまいの中に秘めた芯の強さを印象付けた。

フェードル

ところどころ壊れているコンクリート(のような)壁を建て込んだ無機質な舞台セットやシンプルな照明は、二転三転する物語の中にいる演者たちのそれぞれの存在を浮かび上がらせ、また、激しい感情を燃え上がらせるフェードルは赤、青年のイッポリットは青、フェードルの恋敵となったことで翻弄されていくアリシーは白、フェードルを支え続けるエノーヌは黒、アテネ王は黄色というように、人物の性格や物語の立ち位置を演者たちがまとったそれぞれ色が異なる衣装からも受け取ることができた。

大竹は囲み取材で「台本を2ページめくると違う環境になっているとか、10分後にはウッソ~って感じの展開になっているとか、とにかくジェットコースターに乗っているかのような戯曲」と言っていた。それぞれの演者が抱えた膨大な量の台詞が機関銃のように放たれていくスピード感、激しい感情を美しい言葉で吐露するそのギャップの面白さなど、物語が始まった瞬間から観るものを舞台にぐいぐい引き込んでいく『フェードル』。二転三転する物語をシンプルなセットの中で会話だけで進める栗山演出が施された舞台に、全身全霊でぶっかっている演者たちが作り出す『フェードル』のライブ感を、ぜひ劇場で体感して欲しいと心から思った。

愛するということに臆病になっている若者に、人を愛そうと思ってくれたら嬉しい

【囲み取材コメント】

大竹しのぶ (フェードルを演じて)人を愛することってこんなに激しいことなんだ、命をかけて愛するってなんて清々しいんだって思います。言葉がとても美しいし、言葉の力をすごく感じています。これだけの分量の台詞の中で感情を表すということは、私たち役者の力が大きく作用するので、チャレンジではあるけれど、それが演劇の基本なんだな、と。そこに喜びをすごく感じます。役者の言葉と身体と声で、天国にも地獄にもいけるし、神様とも話ができるんだっていうお芝居の力を感じさせたいんだと、栗山さんがおっしゃっていましたけど、お芝居というのはこういうものなんだと劇場でみなさんに思っていただけたら。劇場という空間の中で、血が駆け巡るようなエネルギーを私たちが放出しますので、みなさんにしかと受け止めてもらいたいですし、若者は人を愛そうと思ってくれたら嬉しいです。今の時代に愛するということに臆病になっている若者に、傷ついてもいいし、失恋したっていいし、憎いと思ってもいいから愛そうぜ!って。

キムラ緑子 演出の栗山さんからの要望がものすごく激しいので、それに応えようと毎日必死です。まだまだ足りないし、やってもやっても目的地に到達することはできないとしても、その到達点を想像することがとても楽しい。すごい分量の台詞に心を通して、想いを通していくのは、今までに味わったことのないくらいの芝居の味わい方、楽しみ方、挑み方、苦しみ方をしていますが、この舞台が終わったあとに、あの期間はすごく良かったなと思えるような期間にしたいと思っています。

平岳大 やればやるほど大きな壁が出てくるような作品なので、毎日汗だくになっています(笑)。会話劇といっても緻密な会話を重ねていくというよりも、ほとんどが自分の気持ちを吐露している独白で、しかも長台詞。役者としてはこんなにやりがいのある作品はないと思える舞台だと思っています。

今井清隆 僕が演じるのはフェードルの夫。先妻の息子もフェードルもかわいいので、その間にはさまれてます(笑)。これまで僕はミュージカル作品に出ることが多かったので、こんなに長台詞を喋った経験がない。もっと稽古したいと思って、自分の出番がない日も稽古場に行って、みなさんの芝居を見ていました。大竹さんの演技を見ながら日々刺激を受けています。

門脇麦 初めての古典作品ですし、(古典の世界は)リアリティがないだけに、言葉自体もただ口から出るものではなく、心を通して出るものとして分厚くしないとお客さんに届かないと感じています。見えてはいるけどなかなかそこに辿りつけない苦しさがあったので、この仕事を始めて5年くらいですけど、いままで私はいったい何をしてきたんだ、と。毎回栗山さんが細かく演出をしてくださるんですけど、そういうことだったのか!と気づけて一段階乗り越えたと思えたら、2週間くらいしてまたさらにこういう意味だったのか!と気づくことが多いです。苦しいけれどあらたに発見していくことがとても楽しいです。

舞台『フェードル』

舞台『フェードル』 ポスター

【東京公演】2017年4月8日(土)〜4月30日(日)Bunkamura シアターコクーン
【新潟公演】2017年5月3日(水・祝)りゅーとぴあ
【愛知公演】2017年5月6日(土)・5月7日(日)刈谷市総合文化センター 大ホール
【兵庫公演】2017年5月11日(木)〜5月14日(日)兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

STORY
ギリシャ・ペロポンネソス半島の町、トレゼーヌ。行方不明となったアテネ王〈テゼ〉を探すため、息子〈イッポリット〉は国を出ようとしていた。一方、妻の〈フェードル〉は病に陥っており、心配した乳母〈エノーヌ〉に義理の息子であるイッポリットへの想いを打ち明ける。悩み抜いた末、フェードルはイッポリットへ恋心を告白。だが、彼の心にあるのは、テゼに反逆したアテネ王族の娘〈アリシー〉だった。そんななか、テゼが突然帰還して……。

【作】ジャン・ラシーヌ
【翻訳】岩切正一郎
【演出】栗山民也
【出演】大竹しのぶ
平岳大 門脇麦 谷田歩 斉藤まりえ 藤井咲有里
キムラ緑子 今井清隆

オフィシャルサイト