Report

相手の一番好きな○○を考えて最高の友だちになるゲームとは!?

相手の一番好きな○○を考えて最高の友だちになるゲームとは!?

今、巷ではボードゲームが盛り上がっている。即売会イベントでは来場者が増え続け、ボードゲームカフェは全国各地で新規オープンが続き、日本人デザイナーが作ったボードゲームが世界中で販売されたりしている。すでに何度かエンタメステーションでもボードゲーム事情を紹介しているが、今回は「ボードゲームを使ったイベントが定期的に行われている」という情報をキャッチした。アニメ演出家が作ったという話題のボードゲーム『ベストフレンド』で、どのようなイベントが開催されているのか。イベントの様子と作者を取材してきたのでお届けしたい。

取材・文 / 松井ムネタツ


鉄板で盛り上がる大喜利系ゲーム

テレビゲームにRPGや対戦格闘、シューティングとさまざまな”ジャンル”があるように、ボードゲームにもそれはある。ただ、ボードゲームの場合はメカニクス(ゲームシステム)の名称やそれを組み合わせて説明する場合が多い。たとえば、以前にも本サイトで紹介した『街コロ』を説明する場合、ボードゲーム通なら「このゲームは”ダイスロール”と”拡大再生産”だよね」なんて説明したりする。

メカニクスの名称としては、陣取り、競り、ブラフ、アクションとわかりやすいものもあれば、ワーカープレイスメント、トリックテイキング、セットコレクション、エリアマジョリティなど、ボードゲームならではの名称もあったりする。

その中でもプレイヤーによって得意不得意がハッキリしていると言われているもののひとつに、”大喜利系”がある。代表的なものでは『キャット&チョコレート』がこれにあたるのだが、ざっくり説明してしまえば、与えられたお題に対して面白いことを言えれば得点になる、というもの。『笑点』の大喜利コーナーをやるようなものだと思って間違いない。パーティーゲームとしては非常に盛り上がるのだが、「面白いことを言うなんて苦手だし恥ずかしい」ということだってもちろんある。筆者もどちらかと言えばアドリブでウケを狙うとかホント苦手だ。それでも大喜利系のゲームはいくつか持っていて、ゲーム会へ積極的に持参しているのが、今回紹介する『ベストフレンド』なのである。

どんなゲームなのかを説明するには、実際の例を説明しながらのほうがわかりやすいだろう……ということで、2017年3月4日、東京・新宿ロフトプラスワンで開催された『漫画家とそれっぽい人達によるベストフレンド大喜利』のレポートをお届けしよう。

▲会場内の様子。飲食ができ、くつろいでイベントを楽しめる

このイベントは、現在活躍中の漫画・アニメ界隈、モデルの方々が『ベストフレンド』で遊ぶところを見て楽しむというもので、これまでも『川島明プレゼンツ”芸人達のベストフレンド”』が定期的に行われており、さすが芸人の大喜利だからか、とても大盛況&大爆笑なイベントだという。

今回開催された『漫画家と~』は、ギャグ系の作家が多かったこともあり、独特でシュールな世界が繰り広げられた。

▲左から、大橋弘典(『ベストフレンド』作者)、新海岳人(アニメ監督)、室木おすし(イラストレーター)、宮川サトシ(漫画家)、乃亜(AV女優)、カメントツ(漫画家)、松本慶祐(アニメ監督)、おおひなたごう(漫画家)。敬称略

ルール説明とともに、この日実際に繰り広げられたゲーム展開を説明しよう。

まずは親プレイヤーが山札からカードを1枚引き、それを読み上げる。「出てみたいテレビ番組」、「訪ねたい旅行先」などが書かれており、子プレイヤーは親が一番喜びそうな回答を他のプレイヤーに見られないようにこっそりと紙に書く。集められた回答は裏側にしてシャッフルされ、誰がどれを書いたのかわからないようにする。そして書かれた回答に対して親が自分の好みで順位をつけ、見事1位になった人は得点ゲット、という仕組みだ。

1位の人だけが「それは僕です!」と名乗り上げればいいので、あまり気の利いた回答を書けなかったとしても誰がどれを書いたかわからないのがいい。必ずしも面白いことでなければいけないということはない。あくまで選ぶのは親なので、その人のことを考え、「これが1位!」と思うようなものをストレートに書いたっていいのだ。この親は順番に回る。

▲ステージにあるスクリーンにお題と回答を映していた

 では、この日のイベントのお題と回答例をいくつか紹介してみよう。まずは、お題「遅刻の言い訳」。どう解釈してもいいのだが、このときは親が言い訳をされる側(会社でいうところの上司)という立場で選ぶことになった。発表の仕方も自由なので、この日はランキング下位から紹介していくスタイルをとっていた。


6位 ごめん、串カツ二度漬けしてたー!

「俺のこと舐めてるだろー!」

「回答でうまい絵を描けばいいっていう(笑)」

 

5位 玄関のマリモが大きくなっちゃったんで。

「大きくなったから何なんだ!(笑)」

 

4位 ○○○(下ネタのため自主規制)しすぎて舌が切れて血がとまらなくなった。

「え? これは俺のこと? 俺がする言い訳だったらもっと上位かも(笑)」

 

3位 業者と揉めてて

「これはしょうがない! 許すしかない!」

「どこの業者かはわからないですけど、業者と揉めたならしょうがないですね(笑)」

 

2位 壁にハマってしまって

「バグったのか!」

「お前はファミコンのゲームか!」

「リセットしなくちゃ(笑)」

 

1位 来る途中でお金をばらまいてる人がいて、そのお金ひろってたら遅刻しました

「何かわかんないんだけど、こいつ好きだなー。お前、頭悪いんだなーって(笑)。こんな後輩いたら可愛くて仕方ないよ。ホントにいいなって思った」

▲みんなの遅刻の言い訳を披露。1位はこの回答だった

1 2 >