Interview

【インタビュー】奥平大兼、ドラマ『レンアイ漫画家』で初の“愛されキャラ”に挑戦!「目標は自分らしさがある演技を見つけること」

【インタビュー】奥平大兼、ドラマ『レンアイ漫画家』で初の“愛されキャラ”に挑戦!「目標は自分らしさがある演技を見つけること」

新ドラマ『レンアイ漫画家』が、いよいよ4月8日(木)よる10時より放送がスタートする。漫画一筋で恋愛下手なレンアイ漫画家・刈部清一郎(鈴木亮平)と“ダメ男ホイホイ”と呼ばれる崖っぷちアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆)の不器用な恋愛模様が描かれる本作で、物語の展開を大きく揺るがすきっかけとなる清一郎の弟・刈部純(白石隼也)の少年期役を演じるのが奥平大兼。昨年公開された映画『MOTHER マザー』で俳優デビューすると、その演技が評価され、「日本アカデミー賞」「第94回キネマ旬報ベスト・テン」「第63回ブルーリボン賞「日本映画批評家大賞」で新人賞4冠を達成。デビューから僅か1年で演技派若手俳優として注目を集めている。

今回はそんな期待の新星・奥平大兼にインタビュー。「日本アカデミー賞」授賞式のことをはじめ、ドラマ『レンアイ小説家』の話を聞いた。

取材・文 / WHAT’s IN? Tokyo


ドラマ『レンアイ漫画家』では、新鮮な面を見て頂けると思います。

まずは、デビュー作『MOTHER マザー』で新人賞4冠を達成されましたこと、おめでとうございます! 改めて受賞した感想をお願いします。

今もまだ、僕がこのような素晴らしい賞を受賞させてもらえたことに驚いてますし、本当に自分がもらっていいのかなと思ってしまいます。ですが、このように自分を評価してくださるのはすごく嬉しいですし、役者として自信ももらえました!

©2020「MOTHER」製作委員会

先日の「日本のアカデミー賞」授賞式では、今後の役者人生の覚悟が伝わる堂々としたスピーチでした!

ありがとうございます! 「日本アカデミー賞」授賞式という大きな舞台で、さまざまな役者の先輩方や一緒に新人賞を受賞された方のスピーチを聞いて、改めて役者というお仕事が好きになりました。

受賞したことで、新たに見えてきた目標などあれば教えてください。

まだ僕は演技経験が浅いので、今後の目標は、いろいろな現場や役柄を経験して、自分らしさがある演技を見つけることです。

映画『MOTHER マザー』はご自身の中でどんな作品になりましたか?

自分の人生にとって、とても大きな作品です。僕に演技の楽しさを教えてくれた作品であり、役者を目指すきっかけをくれた作品でもあるので、本当にこの映画に携われてよかったと思います。

映画『MOTHER マザー』での存在感が際立つ奥平大兼。日本映画界に現れた超新星のバックグラウンドを探る!

映画『MOTHER マザー』での存在感が際立つ奥平大兼。日本映画界に現れた超新星のバックグラウンドを探る!

2020.07.02

そして、ドラマ『レンアイ漫画家』が始まりますね。今作では“超が付くほどの女好き”という役で、映画『MOTHER』やドラマ『恋する母たち』で演じられた役とは正反対ですが、演じてみていかがでしたか?

今までやったことない役な上に、コミュニケーション能力が高いところなどが僕とはかけ離れていたので、現場に入る前は不安もありました。ですが明るい役をやってみたいという思いが前からあったので、こういう役を演じられることがすごく嬉しかったです。

奥平さんご自身の印象とも遠いキャラクターのような気もします。役作りはどのようにされましたか?

今回の役の一番の壁は人とのスキンシップの仕方でした。僕は普段あまり初対面の人と会話をするのが得意ではなのですが、今回演じさせてもらった純は、誰とでも話せるような役だったので、現場に入る前に初対面の人と会話を自然にできるように、積極的に初対面の方と会話をしたり、現場の人と話すようにしました。

純を演じられる白石隼也さんともお話しを?

実は、白石さんとは一度もお会いできなかったんです。

そうなんですね。奥平さんが純を演じる時に、白石さんが演じられる純を意識したりは?

意識しすぎたら、僕の本来の演技ができなくなってしまうかも、とも思っていたのですが、白石さんが演じられた純が見れていなかったこともあり、そこはあまり意識せずに自由に演じさせてもらいました。

奥平さんが演じるモテ男、楽しみにしています! ちなみに、奥平さんも現在17歳で高校生ですが、モテエピソードなどあれば教えてください。

全然ないです(笑)。

みなさん、そうおっしゃるんです(笑)。

僕自身、会話をするのがあまり得意じゃないので、学校では仲良い友達以外とはあまり話さなかったりするんです。話す相手が限られてきてしまっているので、モテることはないですね(笑)。

奥平さんからみて、どんな男性がモテると思いますか?

やっぱり、シンプルに面白い人や優しい人が一番いいんじゃないかって思います(笑)。

ドラマのタイトルにちなんだ質問になりますが、奥平さんは恋愛漫画は読みますか?

読みます! 僕はどちらかというと漫画を読む方で、中でもラブコメなどは結構読んでました。最近読んで面白かったのは『青春豚野郎バニーガール先輩の夢を見ない』という漫画なのですが、最初はアニメで見て面白いと思って、続きをライトノベルを買って読みました。

チェックしてみます! 最後に本作で演じられる役の見どころを教えてください。

僕自身、今回初めて明るい愛されキャラを演じさせていただいたので…新鮮な面を見て頂けたらと思います(笑)。そして刈部純はこのドラマの中の人間関係において とても重要な部分で関わっている人物です。こんなに明るくて誰からも愛されるような人が、主人公たちにどういう影響を与えるのか、楽しんでいただけたらと思います。

放送楽しみにしています。ありがとうございました!

奥平大兼

2003年、東京都生まれ。映画『MOTHER マザー』(20)で俳優デビュー。ドラマ『恋する母たち』(20/TBS)に出演。4月8日スタートの新ドラマ『レンアイ漫画家』(CX)に出演する。

オフィシャルサイト
https://www.stardust.co.jp/section2/profile/okudairadaiken.html

オフィシャルInstagram
@okudairadaiken_official

ドラマ『レンアイ漫画家』

4月8日(木)よる10時から放送スタート

出演:鈴木亮平 吉岡里帆 眞栄田郷敦 岩田琉聖 小西桜子 白石隼也 松大航也 奥平大兼/
竜星 涼 木南晴夏/片岡愛之助 他

原作:山崎紗也夏 『レンアイ漫画家』(講談社モーニングKC刊)
脚本:松田裕子
演出:石川淳一 / 小林義則 / 淵上正人
制作:フジテレビ
制作著作:共同テレビ

オフィシャルサイト
https://www.fujitv.co.jp/renaimangaka/