Interview

前川優希&井澤勇貴らが伝えたい現代人のつらい心を洗い流す人情噺。畠中恵「しゃばけ」シリーズ Presents『シャイニングモンスター~ばくのふだ(Shining編/Shadow編)~』

前川優希&井澤勇貴らが伝えたい現代人のつらい心を洗い流す人情噺。畠中恵「しゃばけ」シリーズ Presents『シャイニングモンスター~ばくのふだ(Shining編/Shadow編)~』

畠中恵「しゃばけ」シリーズ Presents『シャイニングモンスター~ばくのふだ(Shining編/Shadow編)~』が、3月13日(土)よりCBGKシブゲキ!!にて上演される。
原作は、発行部数890万部突破の畠中 恵の人気小説“しゃばけ”シリーズの1冊。“しゃばけ”シリーズはこれまで、ドラマ、コミカライズ、ミュージカル化など、多くのメディアミックスで成功を収めてきた。病弱な主人公と彼を手助けするこの世の存在ではない妖(あやかし)たちが難事件に挑む、愉快で人情味溢れる推理物語。
演出は今年ソロ活動をスタートさせたばかりの錦織一清、音楽をNONA REEVESの西寺郷太、脚本を神楽澤小虎が手がける。キャストは、主人公の一太郎 役を前川優希、彼を支える妖の仁吉 役を井澤勇貴、佐助 役を小沼将太、屏風のぞき 役を反橋宗一郎が演じる。また、本作でキーパーソンとなる場久 役を磯貝龍乎、獺(かわうそ)役を阿部大地、アマビエ 役を真城めぐみが演じ、実力派の俳優たちが人気原作に挑む。
そこで、前川優希と井澤勇貴にインタビュー。“しゃばけ”シリーズの魅力から、役作りの方法まで語ってもらった。

取材・文 / 竹下力 撮影 / 増田慶


新しいコンテンツとして多くの人に気に入っていただけるように

テレビドラマやミュージカル化もされた“しゃばけ”シリーズの最新舞台『シャイニングモンスター』。まず、本作の出演が決まったときのお気持ちを聞かせてください。

前川優希 これだけ様々な形でメディアミックスされているということは、原作の“しゃばけ”シリーズがいかにいろんな方に愛されて、多くの方を感動させてきたのかを実感しています。今作が“しゃばけ”シリーズの新しいコンテンツとして多くの方に気に入っていただけるように精一杯頑張りたいです。

シャイニングモンスター~ばくのふだ(Shining編/Shadow編)~ 前川優希 WHAT's IN? tokyoインタビュー

前川優希

初共演の方も多いと伺っています。

前川 そうなんです。初めてご一緒する共演者の方ばかりですし、演出も大先輩の錦織一清さん、音楽もNONA REEVESの西寺郷太さんということもあって。キャスト・スタッフが発表されたときに、お客様はあまりの豪華さに驚いただろうし、僕自身も驚きましたね(笑)。皆さんと共演できるのは嬉しいし、挑戦しながら楽しみたいです。僕が演じる主演の一太郎らしく、皆さんに教えを請いながら今作を作っていきたいです。

井澤勇貴 前川(優希)くんが言ったように、これだけ多くのジャンルに枝分かれしているのは、原作が愛されている証拠ですし、そんな作品に携われるのはシンプルに嬉しいです。僕にとっても今作は磯貝(龍乎)くん以外初めてのカンパニー。僕は「初めまして」とたくさんの方に挨拶できる舞台に出演することが好きで、みんなの手の内を知らないからどういう勝負ができるのか、自分の試したいお芝居の機会を与えていただいたのでワクワクしています。

シャイニングモンスター~ばくのふだ(Shining編/Shadow編)~ 井澤勇貴 WHAT's IN? tokyoインタビュー

井澤勇貴

なぜ“しゃばけ”がここまで多くの人を魅了すると思いますか。

井澤 何が魅力かわからないのが魅力だからかな(笑)。もちろん、キャラクターがカッコいい、お話が面白いなど良いところはたくさん語れるけれど、突き詰めていけば、“なんで人気なんだろう?”と誰にもわからないからこそ愛されている気がします。例えば、映画『スター・ウォーズ』シリーズもそうですよね。1977年の第1作から何十年もかけてシリーズが続いているのは、誰にも明確な答えを出せない複雑な魅力がある……だからこそ、“しゃばけ”も人を惹きつけて止まないんだと思います。

前川 僕は“モノ”が捨てられない性格で、大切にしている“モノ”に愛着が湧いてしまうんです。“しゃばけ”は“モノ”に人の想いが募った付喪神(つくもがみ)たちが出てきます。彼らは“モノ”であるはずなのに、人間の愛情が積み重なったゆえに妖(あやかし)になる。僕たちが愛する“モノ”に魂が宿るという考えに、皆さん共感できると思います。そして、日本古来の妖怪や神様のお話はハードな内容もありますけど、本能的に“懐かしい”と感じさせてくれるからだと思います。

ほっこりして切なくなる脚本

脚本も原作に忠実に“粋でいなせ”で優しさがありながら、歌や落語あり、舞台でしかできない素晴らしいお話ですね。

井澤 それだけではなくて、江戸時代のお話なのにコメディの要素が現代っぽいところも面白いですよね。作中に登場する優しい性格の妖怪だってきっといるだろうと納得させてくれる説得力があるし、ハートフルな内容になっていて。人間だって良い人もいればそうでない人もいるわけで、妖怪だって良いも悪いもいて、ある意味、人間味のある世界を描いていると思っています。そこに歌やダンスといったいろんなジャンルを取り入れて、錦織さんの演出が加わり、どんな化学反応を起こすのか、早く稽古場でお芝居にトライしたいですね。

前川 妖が現実に登場するという非日常のシチュエーションを描いているのに、僕たちに身近な日常的なやりとりが繰り広げられているから、些細な温かさがかえって際立って、思わずニコニコしてしまう、ほっこりして切なくなる脚本です。それだけでなく、妖の存在を感じることができる特殊な能力を持つ一太郎の苦悩が描かれていて、彼だって妖怪が見えない僕らと一緒だと感じられるので、お客様も感情移入しやすいと思います。

シャイニングモンスター~ばくのふだ(Shining編/Shadow編)~ 前川優希 WHAT's IN? tokyoインタビュー

演出はつかこうへいさんの薫陶を受けた、錦織一清さんです。

井澤 まだお会いしていないのですが、演出家としての素晴らしさは聞いていましたし、大スターでもあります。母親が少年隊を大好きで、愛称の“ニッキ”という言葉をずっと聞かされて育ったので、僕の中では“ニッキ”というキラキラした印象で、今から緊張しています(笑)。稽古場でなんてお呼びしたらいいのか……(笑)。

前川 (笑)。僕も母親に錦織さんとご一緒することを報告したら興奮して踊り出して、事前に「勉強しておきなさい」と動画を観せられたほどで(笑)。母親世代の青春時代から活躍されて、日本で知らない人はいないという方とご一緒するので、僕も多少の緊張はありますが、今は楽しみが大きいですね。

ちなみに、おふたりは初めての演出家の方とどのように接していくことを心がけていますか。

井澤 わからないことがあったらしっかり聞くことを徹底します。僕は18歳から舞台に立たせていただいているのですが、若い頃は芝居ができていない自分が恥ずかしくて、演技ができている“フリ”をすることがあったんです。でも、そうするとほかの皆さんにご迷惑をかけるだけだし、素直にわからないことは聞くほうが気持ちがラクで、学べることも多い。今回は学ぶことの多い環境が整っていますし、錦織さんにいろいろと聞こうと思います。

前川 初めてご一緒する方ならなおさら、「どういう演出をされるんだろう」と気になるので、演出家の言っていることを聞き逃さないようにします。自分が舞台に出ていないシーンでも、稽古が目の前で見えるような位置に座ることを心がけていて、ほかの方につけている演出からも学ぼうと努力します。

一太郎は他人に優しく自分に厳しい。仁吉は過保護

前川さんが演じる一太郎と井澤さんが演じる仁吉(にきち)の役どころを聞かせてください。

前川 廻船問屋兼薬種問屋「長崎屋」の一人息子で、すぐに寝込んでしまうほど病弱ですが、妖たちの姿を見ることができるキャラクターです。いつも商人として自立して働きたい願望があるのですが、病気でいつ動けなくなるかわからない、いつ命が失われるかもしれないという切迫した状況のなかで、誰かのために大切な何かを残すことが一太郎なりの働く意味、使命にもなっているからで。だからこそ、彼を守る妖の仁吉や佐助に心配をかけるのですが、人一倍、使命感が強くて、他人に優しく自分に厳しい役だと思っています。

シャイニングモンスター~ばくのふだ(Shining編/Shadow編)~ 井澤勇貴 WHAT's IN? tokyoインタビュー

井澤 仁吉は長崎屋の手代で白沢(はくたく)という万物を知っているとされる妖です。博学でクールな印象かもしれないですが、仕えている一太郎に甘くて、とにかく過保護なんです。自分で過保護だとツッコミをしているぐらいで(笑)。実は、一太郎と仁吉の関係性は僕と母親の関係にも似ていて。母親が仁吉だとしたら、僕が一太郎で、「いらぬ心配は大丈夫」と思わず言いたくなるほど。僕の場合、親子なので過保護にされるのはわかりますが、仁吉にとって一太郎は赤の他人だし、しかも人間である一太郎のために命をかけようとする信念の強さに感動します。愛情を感じさせてくれるキャラクターだと思いますね。彼の責任感の強さはカッコよくて、男性の理想像みたいですよね。とても男らしくて……僕っぽいかな(笑)。

(笑)。今作の役作りだけでなく、普段、どんなところから役作りに入っていくんですか。

井澤 まず、いただいた脚本をひととおり声に出して読みます。

ご自分の役だけではなく?

井澤 そうです。どの役も自分なりに演じ分けていきます。そこからが僕の役作りのスタートだと思います。台詞は対話がないと成立しないので、相手の台詞を紐解きながら役を作っていく感覚ですね。相手の台詞の真意を考えて、僕から何かを言いたくなる、自然と台詞を発したくなる、そのきっかけを掴もうと心がけています。それから、誰かのお芝居の真似をしたりもして、良いところを取り入れます。昔、役柄に合わせて、例えば映画『セブン』(1995)のブラッド・ピットのお芝居を参照にしたことがありましたね。海外と日本の演技のメソッドは違いますが、エッセンスを抽出して真似ていくというか。

シャイニングモンスター~ばくのふだ(Shining編/Shadow編)~ 前川優希 井澤勇貴 WHAT's IN? tokyoインタビュー

特定のキャラクターに絞るわけではないんですね。

井澤 そうですね。あえて挙げるとすれば、ディズニーのキャラクターを参照にすることが多いです。特にディズニーの悪者は表情や演技が誇張されていてわかりやすく描かれていますよね。それが役作りの大事な要素になります。今回の仁吉も、あの人のこういうキャラクターのお芝居が参考になると見つけて、良いところを少しずつ取り込みながら役を作っていきたいです。

前川 他者に対して、“怒りっぽい人”や“冷たい人”という印象を抱くことがありますよね。でも、怒りっぽい人が怒っているばかりではないし、冷たい人が常に冷たいわけでもない。冷たい性格の役だからといって、冷たいことをしていれば人間味が出るわけではないので、一太郎の場合も温厚だけれど、何かに突き動かされて厳しくなるときもあると思っていて。人間にはいろんな感情があるので、それが人間の本質だと理解しながら、一辺倒にならないように周りのキャストとのやりとりで自分の役を考えるようにしています。

井澤 そうだね。役作りもひとりだけではできないからね。

前川 そうなんです。僕だけが役を固めても仕方がなくて、稽古場で対峙する方や演出家、皆さんと話し合いながら作っていきます。それから、これは役を作る前の前提として、今作であれば着流しの衣裳なので、それを着ての所作が「わざとらしくないようにしよう」という基礎的な部分にはこだわっています。

一太郎らしく、多くの方に助けていただきながら座長を務めたい

前川さんは舞台『おとぎりそう』(2018年)以来、2回目の座長になります。

前川 初座長のときは、みんなで作り上げようと演出家とも相談しながら大役をこなしたつもりでしたが、実はいっぱいいっぱいで(苦笑)。今回は一太郎らしく多くの方に助けていただきながら、時には仁吉や佐助のように過保護になっていただいて(笑)、頼りない座長ではありますが、頑張りたいと思います。

シャイニングモンスター~ばくのふだ(Shining編/Shadow編)~ 前川優希 WHAT's IN? tokyoインタビュー

井澤さんからアドバイスはありますか。

井澤 “叙々苑の弁当”を差し入れしてくれれば十分!(笑)

一同 (笑)。

井澤 それは冗談ですが(笑)、僕が座長をしたときは、頑張ろうとして空回りしてしまった記憶があるんですよ。前川くんは今いくつ?

前川 23歳です。

井澤 前川くんと同じぐらいの歳の頃、僕は舞台『Messiah メサイア-鋼ノ章-』(2015年)で主演を務めたんですけど、その作品は出演者の皆さんが全員主役を張れる人たちで。そのときに、座長として“引っ張っていく”よりも、“背中を押してもらう”座長のほうがいいなと思ったんです。僕の座長のイメージは、明治座の花道を歩くだけで「よっ!」とお客様に声をかけてもらえる、とてつもなく大きな存在なので、座長として意識するよりも、頑張っていたら自然と周りが背中を押してくれる感覚を大切にしていて。だから、前川くんには「決して無理はしないで」と言いたいです。周りに先輩もいますし、頼れる部分は頼ってもらったほうが、この作品の座長としては似合っている気がするな。

前川 ありがとうございます!

舞台はエンターテインメントとして楽しんでもらうことも大切に

コロナ禍で多くの出演作品が延期や中止になって、いろいろなことを考えられたと思います。

前川 自粛期間のときに思っていたのは、早く演技をしたいという焦りに似た気持ちでした。それでも、長いお休みをいただいて新しいチャンレンジができる機会をもらったとポジティブに捉えてみようとしましたが、どうしても、舞台に立ちたい想いが勝ってしまう(笑)。1度目の緊急事態宣言が終わっていろんな舞台に立つと、やっぱりお芝居が好きだと実感して、稽古から本番まですべてが楽しかった。それはきっとお客様も一緒で、舞台を楽しみたいから劇場に足を運んでいらっしゃると思うんです。そうである以上、観客の皆様を楽しませるのが僕らの仕事で。演劇は社会風刺を含め、いろいろな要素を担っていますが、舞台はエンターテインメントとして楽しんでもらうことも大切だと思うようになりました。

シャイニングモンスター~ばくのふだ(Shining編/Shadow編)~ 井澤勇貴 WHAT's IN? tokyoインタビュー

井澤 僕の場合は、去年の春に『F6 2nd LIVEツアー「FANTASTIC ECSTASY」』がありましたが、10公演中3公演しかできなくて。その後、緊急事態宣言が出されてどの公演も延期や中止で、スケジュールを抑えていただいていたのにごっそり空いてしまった。そのときに、僕は俳優としてだけではなくて、人間として精神的に追い詰められてしまうと不安になったんです。“不要不急”と言われ、コロナの感染を防ぐためとはいえ、太陽の光にさえ触れない状態が続くのはまずいなって。だから日光浴をしたり、料理やキックボクシングを始めたり、絵を描いたり、日常をポジティブなものに変換しようと思いました。

Twitterにアップされた『ドラゴンボール』の絵がすごいリアルですよね。

井澤 ありがとうございます(笑)。何気ない日常を楽しみに変えて、何かしら形にしていけば、俳優の仕事にも反映されると思ったんです。自分のスキルがアップすれば演技の幅も広がりますし。それ以上に、俳優の仕事にかまけて目を向けていなかった部分を見つめ直して、コロナが収束して普通に演劇ができるようになったときに、“アップデートされた井澤”として戻ってこようと思うようになった。今は我慢の時期で、与えられた運命に沿って逆らわないようにすることを心がけて過ごしながら今日に至ります。今回の舞台は僕にとって半年ぶりなので、自分の成長した姿をお見せできる機会だと思って、楽しみたいと思います。

明日への活力につながる舞台に

それでは、最後にお客様にメッセージをお願いいたします。

井澤 全世界の人間が苦い思いを噛み締めている大変な時代ですが、『シャイニングモンスター』は人間と妖怪が共存している温かい世界のお話なので、この舞台を観てくださる間は、つらい想いを忘れて、純粋に楽しんでいただけると思います。歌、ダンス、落語にお芝居、本作は遊園地のアトラクションのような舞台で、皆さんを飽きさせません。僕らは疾走感を大事にしながら、素晴らしい作品にしますし、お客様にも安心して観劇していただける環境を整えて公演するので、ぜひ劇場にいらっしゃってください。

シャイニングモンスター~ばくのふだ(Shining編/Shadow編)~ 前川優希 井澤勇貴 WHAT's IN? tokyoインタビュー

前川 錦織さんや井澤さんを含め、“しゃばけ”シリーズという原作を愛しているカンパニーみんなで素晴らしい作品を作ろうとしています。僕もお芝居が楽しいと実感できる作品になるはずなので、お客様が観終わったあとに、自分も優しくなろう、今日も頑張ろうと思っていただけるように、この舞台をみんなの明日への活力につながるものにしますので、本番を楽しみにしていてください。

畠中恵「しゃばけ」シリーズ Presents『シャイニングモンスター~ばくのふだ(Shining編/Shadow編)~』

2021年3月13日(土)~3月21日(日)CBGKシブゲキ!!

原作:畠中 恵
「しゃばけ」シリーズ(新潮社刊)より
『ひなこまち』所収
「ばくのふだ」「ろくでなしの船箪笥」
演出:錦織一清
脚本:神楽澤小虎(MAG.net)
音楽:西寺郷太(NONA REEVES)

出演:
一太郎 役:前川優希
仁吉 役:井澤勇貴
佐助 役:小沼将太
屏風のぞき 役:反橋宗一郎
場久 役:磯貝龍乎
獺 役:阿部大地
アマビエ 役:真城めぐみ

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@Lol_inc_www)

©2001 畠中恵/新潮社 ©2021 Lol 挿絵:柴田ゆう

前川優希(まえかわ・ゆうき)

1997年12月17日生まれ、東京都出身。MANKAI STAGE『A3!』シリーズ(皆木 綴 役)、RICE on STAGE『ラブ米』シリーズ(ひとめぼれ 役)をはじめ、近年の出演作品には【舞台】チャオ!明治座祭10周年記念特別公演『忠臣蔵討入・る祭』、『最遊記歌劇伝―異聞―』、『K-Lost Small World-』【テレビドラマ】NHK大河ドラマ『西郷どん』などがある。また、赤澤遼太郎らと新感覚アーティストグループ“TFG”としても活動。2月17日(水)には2ndアルバム『vacaTion』をリリース。

Profile
オフィシャルTwitter(@yuyukiki535)
オフィシャルBlog
オフィシャルYouTube

井澤勇貴(いざわ・ゆうき)

1992年11月26日生まれ、東京都出身。『おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜』シリーズ(おそ松[F6]役)、ミュージカル『憂国のモリアーティ』シリーズ(セバスチャン・モラン 役)、『Messiah メサイア』シリーズ(有賀 涼 役)、『私のホストちゃん』シリーズ(光星 役)をはじめ、近年の主な出演作品には【舞台】『少女仮面』、『GOZEN-狂乱の剣-』、『PEACE MAKER〜新撰組参上〜』【映画】『HiGH&LOW THE MOVIE』シリーズ、『岡野教授の千年花草譚』【テレビ】『ここはグリーン・ウッド』、『マジで航海してます。』、『虫籠の錠前』などがある。

Profile
オフィシャルTwitter(@YuukiIzawa)
オフィシャルInstagram
オフィシャルYouTube

フォトギャラリー