誰の人生にも少なからず存在する『あの頃。』。 松坂桃李が説く“何かに夢中になれる日々の素晴らしさ”