Interview

平野 良&小林且弥、個性派俳優がW主演で挑む「る祭」10周年記念公演は、“もしも”を描く『忠臣蔵』!

平野 良&小林且弥、個性派俳優がW主演で挑む「る祭」10周年記念公演は、“もしも”を描く『忠臣蔵』!

2011年にスタートし、今年で10周年を迎えた年末“祭”シリーズの新作公演「チャオ!明治座祭10周年記念特別公演『忠臣蔵 討入・る祭』」が、12月28日(月)から12月31日(木)まで明治座で上演される。
演劇製作会社る・ひまわりと創業140年を超える老舗劇場の明治座がタッグを組み、歴史上の有名な人物や物語を史実に基づき描きながら、独特な視点で“もしも”の解釈を交えた“面白おかしく歴史を学べるエンターテイメント演劇”は、いまや年末の風物詩として定着。今回のテーマは、これまた日本の年末の風物詩として多くのドラマや映画で描かれてきた『忠臣蔵』。年末シリーズお馴染みの顔ぶれに、数々の舞台で爪跡を残してきた強者(つわもの)俳優陣も加わり、今回もとんでもない舞台になる予感……。
寺坂吉右衛門 役の平野 良と大石内蔵助 役の小林且弥に、本シリーズの裏話(!?)やコロナ禍で改めて考えた演劇への想いなど、たっぷり語ってもらった。

取材・文 / 近藤明子 撮影 / 増田慶


今回もギリギリのところを恐れず攻めていきます!

2020年の年末シリーズ、「チャオ!明治座祭10周年記念特別公演『忠臣蔵討入・る祭』」でW主演を飾るお気持ちを伺えますか?

平野 良 僕は去年の『明治座の変~麒麟にの・る~』にも出演させていただいたんですけど、そのときにもこのシリーズが年末の風物詩になったんだというのが感じられましたし、長い歴史を刻んできた人気シリーズの主演をコバカツ(小林且弥)さんと務めさせていただけるのは本当に嬉しいです。

小林且弥 10周年か……。もともとこの作品は、バラエティ番組『戦国鍋TV』から派生したもので、そのときにガッツリやっていた良(平野 良)と時を経てWで座長をやらせてもらうことになるとは。本当に不思議なめぐり合わせですよね。僕自身、年末シリーズへの出演は5年ぶりになるので感慨深いです。

平野 コバカツさんとは今年の1月に二人芝居(『ウエアハウス-double-』)で共演していますけど、『戦国鍋TV』で出会って、そこから派生した舞台の10周年でも一緒に座長を務めることができるなんて、嬉しいご縁ですよね。

小林 また、今年はいろいろあったから、余計に感慨深い。

平野 本当ですよ! 苦しい時代というと、例えば……オイルショックは僕はまだ生まれる前だから経験していないし、バブル崩壊もまだ子供だったからわからなかったし。いや~、生まれて一番の乱世でしたね、今年は。

忠臣蔵 討入・る祭 平野 良 WHAT's IN? tokyoインタビュー

平野 良

その乱世に上演するにふさわしい……のかどうかわかりませんが、今年の演目は『忠臣蔵』です。

平野 年越しといえば『忠臣蔵』ですよね。

小林 『忠臣蔵』は年末シリーズの第2弾でやったので2度目ですね。(編集部注:1度目は2011年上演『大江戸鍋祭~あんまりはしゃぎ過ぎると討たれちゃうよ~』)

忠臣蔵 討入・る祭 小林且弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

小林且弥

今回の役ですが、平野さんが、寺坂吉右衛門。足軽出身という身分のため、武士である四十七士に加えるかどうか物議を醸している人物なのだとか?

平野 そうですね。でも『る祭』は「if=もしも」が根底にある作品なので、まずは台本が手元に届かないとどういうキャラクターなのかまったくわからないんです。余談ですが、以前出演した舞台で新型コロナウイルスの感染対策のために小屋入り1週間前からホテル住まいだったんですよ。それが泉岳寺にあるホテルで、近くに赤穂義士のお墓があったのでひと足早く「年末に公演する舞台が無事に開幕できますように」と、お線香を供えて手を合わせてきました。

小林 稽古前には、またみんなで揃って行くけどね。

平野 そうですね。もちろん、感染症対策をバッチリしたうえで稽古をしますが、どんなに万全を尽くそうとも、どこで感染するかは神のみぞ知るという感じなので、神頼みというか、仏様頼みですよね。

小林 ほんとに、乱世だねぇ(しみじみ)。

平野 乱世ですね(笑)。

小林さんは大石内蔵助 役。過去にいろんな俳優さんが演じてきた有名な役をどう演じようと考えていますか?

平野 プロットを見るかぎり、今までの大石内蔵助のイメージとはだいぶ違いますよね?

小林 キャッチフレーズが「転職したい赤穂藩家老」だからね(笑)。ただ、いざ台本が出来上がったら、「あのキャッチフレース何だったの?」っていうくらい違うキャラになっている可能性があるのも“『年末シリーズ』あるある”ですし。さっき良が言ったように「if=もしも」の物語ですから、ただただ“自分が表現できる新しい大石内蔵助”を精一杯演じるだけです。

平野 今回は殺陣がめちゃくちゃ多いと聞かされたので、ちょっと心配(苦笑)。寺坂吉右衛門のキャッチフレーズが「殺さずの誓いを守る記憶喪失のるろうに剣士」なので、いかに殺さずの剣を表現できるのか……。2011年上演の『大江戸鍋祭~あんまりはしゃぎ過ぎると討たれちゃうよ~』では滝口幸広が寺坂吉右衛門を演じたんですけど、彼の想いも背負って頑張ります!

忠臣蔵 討入・る祭 平野 良 小林且弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

もうすぐ稽古が始まります(取材時点)が、楽しみにされていることはありますか?

小林 ないです!(即答)

平野 ちょっとちょっと!(苦笑)

小林 だってみんなで食事にも行けないし、つねにマスクをしてなくちゃいけないし、稽古が終わったらどこにも寄らずに直帰なんだもん。良は楽しみなこと何かある?

平野 コロナで出演予定の舞台が相次いで中止になったことで、僕ら役者にとって“お芝居ができること”が何より幸せで楽しいことなんだなって気づいたんです。外出自粛で家にいたときに僕が一番つらかったのは、人に会えないことより、芝居ができないことだったんですよね。それを考えたら普通に芝居ができることが何よりの楽しみです。

小林 カッコイイ~! 俺もそう言えば良かった(笑)。

平野 あはは! あと個人的には板さん(演出の板垣恭一)とお仕事をするのが楽しみです。板さんとは去年ミュージカルでもご一緒したんですけど、そのときに「(平野)良は俺が演出をする“年末シリーズ”には出ないよな?」って言われちゃったので(苦笑)。

小林 そうなんだ(笑)。ところで楽しみとは違うけど、稽古ではマスクの上にフェイスシールドをするって聞いてるんだよね。俺、そういうの初めてなんだけど、ほかの舞台の稽古もそんな感じなの?

平野 マスクは必ずしますね。フェイスシールドはあったりなかったりですけど、どこの現場でも、やれる対策は全部やるというのが今のこの業界の常識みたいになっていますから、今回も考えられる感染症対策をバッチリとってやるはずです。

マスク着用で稽古をすると、肺活量が鍛えられるそうですよ?

平野 たしかに! 僕はもう慣れましたけど、最初は苦しかったですね。

小林 呼吸しやすいように穴とか開けちゃダメなのかな?

えっと……マスクの意味とは?

小林 小さい穴ですよ? ちくわが食べられるかどうかぐらいの小さい穴を……。

平野 マスクの意味ないし! しかもちくわが通る穴って結構大きいし(苦笑)。

小林 ダメかぁ~?(笑)

平野 ダメですよ!(笑)最初のうちは息苦しさはもちろん、相手の表情も見えないからお芝居がやりづらいと思いますけど、早く慣れてくださいね。

忠臣蔵 討入・る祭 平野 良 WHAT's IN? tokyoインタビュー

共演者についてもぜひ伺いたいです。お馴染みのレギュラーメンバーはもちろん、新たなメンバーも加わりました。

小林 井深克彦が年末シリーズ出演回数1位なんだよね?

平野 そうですね。

小林 2位がつじもっちゃん(辻󠄀本祐樹)だったかな?

平野 辻󠄀ちゃん(辻󠄀本祐樹)は、締めるところを締める人。井深はこのシリーズには欠かせないヒロイン役が多いですからね(笑)。あと慎ちゃん(安西慎太郎)も今回で5回目だから年末シリーズの半分は出ている常連なんですよ。

小林 安西慎太郎、木ノ本嶺浩、(林)剛史は常連になるのか。

そうですね。ちなみに加藤 啓さんは、前回は麒麟 役で今回は猫 役です。

平野 啓さんは、もはや“啓さん”っていうキャラでいいです。そういう“生き物”だと思って観てください(笑)。

新メンバーについては、どうでしょう?

小林 伊藤裕一さん、百名ヒロキさん、水 夏希さんが初めて組?

平野 前川優希さんも初参加ですね。(松田)岳は去年も出てて、蒼木(陣)くんは3年前に1回出てる。今回はこのシリーズで意外と少ない人数の座組みですよね。

小林 少ないね! チラシを見ると共演者で作るハートの間隔に余裕があるし、ひとりひとりの顔がわかるもん(笑)。写真でもソーシャルディスタンス?

平野 あはは。いつもは、ギュって感じで顔もよーく見ないと判別できないくらい密集していますからね。

忠臣蔵 討入・る祭 小林且弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

第二部には芸能界のヒエラルキーが集約されています(笑)

二部のショーパートについても伺えますか?

平野 去年も日替わりでゲスト審査員が、登場するユニットの歌、ダンス、コントを見て1位を選びます。実はいろいろ忖度があって!?(笑)

小林 ヒエラルキー強いキャストが優勝しがちです。第二部には、芸能界が集約されています(笑)。

平野 紫吹(淳)さんがゲスト審査員の日はドキドキというかちょっぴり緊張しちゃうけど、さとにい(佐藤貴史)と龍(中村龍介)の日は何も考えなくていいからきっとラクだよね(笑)。矢部太郎さんもいらっしゃるんだ! 僕、矢部さん大好きなんですよ。

小林 俺が座長をやらせてもらったときに矢部さんも一緒に出てたけど、その後に漫画を出版されて、いつの間にか“先生”になっちゃった(笑)。

平野 天才ですからね、矢部さん。

忠臣蔵 討入・る祭 平野 良 小林且弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

ところで、今着ているのは二部のユニットの衣裳ですか?(編集部注:掲載写真の衣裳でインタビュー)

平野 実際に本番でもこれを着るかわからないけど、変わったとしても、まぁこのイメージでしょうね。

小林 俺は断固阻止します!(笑)

(笑)。え? なぜですか?

小林 だって、こんなポップな色味の服とか着たことないし、もうすぐ40歳を手前に恥ずかしいですもん(苦笑)。

平野 僕は久しぶりにバッチリメイクをして紅を入れました(ウキウキ)。

小林 良はこういうビジュアルに慣れている感じあるよね?

平野 20代の頃はめちゃくちゃ多かったけど、30歳になってからは久々ですね。

小林 そうなの? 俺が演出家だったら、漁場にあるスナックのママ役とかで出てほしいかな(笑)。

忠臣蔵 討入・る祭 平野 良 小林且弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

今回はママ役ではなくアイドルユニットでの登場です(笑)。歌やダンス、コントや有名作品のパロディなど、見どころ満載になりそうですね。

小林 俺は歌も踊りもNGにしています!(笑)

平野 言われてみれば、コバカツさんが歌って踊っているの見たことないなぁ。

今回で解禁にはならないんですか?

小林 歌とダンスは若手に任せて、俺はコントとかそっちの方で……。

平野 僕はマーくん(大山真志)とWで某ミュージカルのパロディをやるのがものすごいプレッシャーです。元ネタは僕がミュージカルを目指すきっかけになった素敵な作品なので、その作品に出演している方々に怒られないかなって……。ファンの方がどんな反応をするのかちょっとドキドキです。

リスペクトの気持ちを込めた本気のパロディですし、何より年忘れのお祭りですから、きっと楽しんでいただけると思いますよ。

平野 そうですね。楽しんでいただけるように全力で頑張ります!

忠臣蔵 討入・る祭 平野 良 小林且弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

今年も残すところあとわずかとなりました。改めて2020年を振り返ってひと言と2021年への抱負を聞かせてください。

小林 家にいる時間は、ずっとガーデニングをしてました(笑)。来年もどうなるか現時点では何とも言えないけど、個人的には40歳手前ということで自分を見返したときに、こういうご時勢だからこそ、もうちょっと“柔らかい人”になりたいなと思いますね。

平野 えー!? コバカツさん、柔らかいイメージしかないですよ?(笑)

小林 でも俺の中ではまだまだできてない(笑)。仕事に関しては、先の見通しが立たない不安定な世の中で「来年はこういう映画をやりたい」とか「映像に何本出て、こういう作品に関わりたいな」とは言えないので、いただいた仕事のひとつひとつに感謝しつつ、自分ともう一度向き合う年、“インプットの年”にしたいですね。

平野 僕は以前ゲッターズ飯田さんとお仕事をしたことがあるんですけど、そのときに占っていただいたら「2020年末あたりから運勢が上向いていきます。大丈夫!」と言われたんです。その言葉を信じて来年は突っ走るだけです! 昔から占い師さんには「遅咲きタイプだよ」と言われてたんですけど、そろそろパッと咲きたいです(笑)。

小林 じゃあ2021年は勝負の年だね。どうなっていきたいとか、具体的なビジョンはあるの?

平野 なんかねぇ……“渇き”が止まらないんですよ! “芸能にまつわる全部が欲しい”っていう渇きがスゴイんです。お金も名誉も地位も全部ほしい!

小林 えっと……それって政治家になった方がいいんじゃない?(笑)

一同 (爆笑)

平野 最近“運命”みたいなものを意識する出来事が多いんですよ。今回の舞台だけでも、コバカツさんとのW主演、演出家の板さんとのお仕事……偶然にしては素敵すぎる偶然だなって思うんです。あと今年になって幕が開いた舞台は、全部自分が座長を務めさせていただいた舞台でしたし。

小林 じゃあ今回の『る祭』は大丈夫だ!

平野さんの強運にあやかっていきましょう!

平野 僕の今後の人生を左右するぐらいの強い気持ちを込めて“絶対に幕は上がる”と信じて挑みます! 年末でググっと引いた弓を、この公演の閉幕と同時に未来に向かってめいっぱい遠くまで放つイメージで来年は跳びたいですね!

忠臣蔵 討入・る祭 平野 良 小林且弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

最後に公演を楽しみにしている皆様にメッセージをお願いします。

平野 劇場にご来場いただく方にも“覚悟”を問うような時代になってしまいましたが、観に来てくださる方々は“一緒に演劇を守っている”という意識が高い方が多い印象を受けますし、我々もエンターテインメントにかかわる者として、少しでも不安を忘れて楽しんでいただけるように、最善の努力をします。目の前で役者が躍動する姿や、空気が動くのを肌で感じられるのが演劇の醍醐味ではありますが、今回は全公演配信もあるので、感染が不安で劇場に来られない方や遠方の方にもぜひ各々の安心できる場所で観ていただいて、少しでも舞台の雰囲気を楽しんでいただきたいです。よろしくお願いいたします。

続いて小林さん、お願いします。

小林 俺が言いたかったことは一言一句同じなので、今のコメントをうまくふたりの発言に割って使ってください。

平野 あはは! そんな馬鹿な!(笑)

小林 ほんと、ほんと! 俺だって驚いているんだから。「あれ? 俺口パクしてるのかな?」って思うくらい一言一句一緒だった(笑)。

平野 いやいや(苦笑)。そうおっしゃらずに、小林さんのメッセージをぜひ。

小林 この時期に舞台を“観に来る=密な状態になる”かもしれないという不安はあると思いますが、その不安を一時でも忘れられるように、そして我々も皆様のご期待に応えられるように頑張ります。感染症対策バッチリでお待ちしておりますので、年末の忙しい時期だとは思いますが、お時間に余裕のある方はぜひ劇場にお越しください!!

忠臣蔵 討入・る祭 平野 良 小林且弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

【募集終了】抽選で3名様に平野 良さん&小林且弥さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

平野 良さん小林且弥さん直筆サイン入りチェキ

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

2020年12月27日(日)~2021年1月3日(日)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


舞台「チャオ!明治座祭10周年記念特別公演『忠臣蔵 討入・る祭』」

2020年12月28日(月)~12月31日(木)明治座

<第一部>
芝居『O-ICCEAN’S 11~謎のプリンス~』

構成・演出:板垣恭一
脚本:土城温美

出演:
寺坂吉右衛門 役:平野 良
大石内蔵助 役:小林且弥

浅野内匠頭 役:安西慎太郎
片岡源五右衛門 役:木ノ本嶺浩
柳沢吉保 役:蒼木 陣

東山天皇 役:前川優希(30・31日)、松田 岳(28・29日)
大高源五 役:大薮 丘
富森助右衛門 役:小早川俊輔
富森喜世 役:井深克彦
高田郡兵衛 役:谷戸亮太
磯野タマ 役:加藤 啓
堀部安兵衛 役:林 剛史

吉良上野介 役:伊藤裕一
礒貝十郎 役:百名ヒロキ
近松門左衛門 役:大山真志(28・29日)、原田優一(30・31日)

徳川綱吉 役:辻󠄀本祐樹

鷹司信子 役:水 夏希

<第二部>
ショー「煮汁プロジェクト」

日替わりゲスト審査員:
28日(月)昼・夜:相葉裕樹
29日(火)昼・夜:紫吹 淳
30日(水)昼:矢部太郎/夜:中村龍介、佐藤貴史
31日(木)昼・夜:内藤大希

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@le_himawari)

平野 良(ひらの・りょう)

1984年5月20日生まれ、神奈川県出身。1999年、テレビドラマ『3年B組金八先生』(第5シリーズ)で映像デビューを果たす。その後、舞台を中心に、バラエティーのMC、リポーター、声優、演出家など幅広く活躍。近年の主な出演作品には【舞台】ミュージカル『テニスの王子様』、舞台「Messiah メサイア─紫微ノ章─」、ミュージカル「さよならソルシエ」、舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』、極上文學「こゝろ」、舞台「文豪とアルケミスト」シリーズ、ミュージカル『憂国のモリアーティ』シリーズ、『ウエアハウス-double-』、舞台『ハイスクール!奇面組3〜危機一髪!修学旅行編〜』【映画】『ガチンコ!喧嘩上等』、『フェアトレードボーイ』、『HARAJUKU ~天使がくれた七日間~』【テレビドラマ】『3年B組金八先生 part5』、『パパとムスメの7日間』、『青空の卵』などがある。

Profile
オフィシャルTwitter(@hiraryo0520)
オフィシャルBlog

小林且弥(こばやし・かつや)

1981年12月10日生まれ、山口県出身。2002年にテレビドラマ『東京ぬけ道ガール』で俳優デビュー。以後、テレビ、映画、舞台などで幅広く活躍中。近年の主な出演作品には【舞台】『僕のド・るーク』、「THE BLANK!〜近松門左衛門 空白の十年〜」、『ウエアハウス-double-』【映画】『リンダ リンダ リンダ』、『凶悪』、『あゝ、荒野』、『疑惑とダンス』【テレビドラマ】『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』、『監査役 野崎修平』、『広告会社、男子寮のおかずくん』などがある。

Profile
オフィシャルTwitter(@cobakatsu1210)
オフィシャルInstagram

フォトギャラリー