Review

パーティゲームの決定版! オンライン対戦もできる『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』で最強COMに挑戦

パーティゲームの決定版! オンライン対戦もできる『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』で最強COMに挑戦

1988年にファミリーコンピュータ用ソフトとしてシリーズの第1作目がリリースされて以来、パーティゲームの定番として様々なハードで親しまれてきた『桃太郎電鉄』(以下、『桃鉄』)シリーズ。2020年11月19日(木)にNintendo Switch™用ソフトとしてリリースされたシリーズ最新作『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』は、累計出荷本数が150万本を突破(2020年12月24日時点)するなど大きな話題を集めている。

今回はシリーズ1作目からプレイし続けている筆者が『桃鉄』初心者の担当編集とともに、冬休みに遊んで欲しい話題の最新作をプレイした様子をお届けする。

文 / 斎藤ゆうすけ


日本一の社長を目指し、サイコロを振って目的地へGO!

『桃鉄』シリーズは、鉄道会社の社長になって総資産額トップを目指すパーティゲームだ。基本的な遊び方は、サイコロを振って、出た目の数だけ列車を進めつつ、決められた目的地(駅)を目指すというもの。最初に目的地へ到着した社長には援助金が支払われるので、入手した援助金や青色の駅に止ることでもらえる資金を使って、各地の駅で買える物件を購入しながら資産を増やして行くことになる。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲サイコロを振って日本全国の駅を巡りつつ、ランダムで設定される目的地を目指すことに

これだけなら和気あいあいと楽しめる単純なパーティゲームなのだが、『桃鉄』シリーズならではの大きな魅力のひとつが貧乏神! 誰かが目的地に到着した際、目的地から一番遠い場所に居る社長には貧乏神が取り憑いていてしまい、勝手に通常よりも高額で物件を買ってきたり、お金を捨てたりと様々な妨害を繰り広げてくれる。貧乏神は、他のプレイヤーの電車を追い抜くことで擦り付けることもできるので、貧乏神の擦り付けあいも本作の醍醐味と言えよう。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲一見、愛くるしくも見える貧乏神だが、取り憑かれるととんでもない悪さをしてくるので要注意!

基本的なシステムについて、解説したところで、ここからは実際に筆者と担当編集の長田氏(プレイヤー名:オーサー)が本作をプレイした様子をお届けして行く。ちなみに、本作はオンラインでのプレイも可能だ。自宅に居ながら、ネットを介して友人や家族などと対戦が楽しめるので、なかなか帰省できない今年はぜひオンラインでプレイしてほしい。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲“ネットで桃鉄”を選べば部屋を作ってフレンドとオンラインプレイが可能。スマホやパソコンでボイスチャットを使いながらプレイすれば盛りあがること間違いなし!

『桃鉄』歴30年以上の筆者と『桃鉄』初心者の編集が最強COMに挑む!

というわけで、早速、長田氏と連絡を取り合い、オンラインでの対戦を始めることに。プレイするモードは、短時間で迫熱した対戦が楽しめる“桃鉄3年決戦!”。『桃鉄』シリーズのプレイ期間としては短めの3年間で雌雄を決するモードのため、最初から1億円という資金(通常は1000万円)と、“急行周遊カード”と“ぶっとびカード”を持った状態でゲームをプレイできるようになっている。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲豊富な資金と移動に便利なカードを最初から所持した状態で遊べるのが、“桃鉄3年決戦!”の大きな魅力だ

カードとは、ゲーム中に使える様々な効果を持ったアイテムで、“急行周遊カード”の場合は、移動するために振るサイコロを二つに増やせる急行カードの効果を何回か使用できる。もう一枚の“ぶっとびカード”は、使うとランダムでどこかに飛んで行くギャンブル性の高いカード。最初からある程度の資金と、移動を助けてくれるカードを所持した状態でプレイできるため、3年という短い期間でも、スイスイ目的地を目指しつつ、物件も購入していけるというわけだ。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ゲームを盛り上げる様々なカードの存在も『桃鉄』シリーズならでは要素。カードを上手く活用して、資産を増やして行こう!

ちなみに、モードを選ぶ前に参加者の設定を行うのだが、今回プレイするのは筆者と長田氏の2人だけなので、コンピューターが操作するCOMキャラクターも加えている。本作は4人まで遊べるので、2人ほどCOMキャラクターを加えたのだが、ここで、1作目から『桃鉄』シリーズをプレイし続けてきた筆者は、「さすがに厳しくないですか?」と諫める長田氏を振り切り、最強のCOMキャラクターである“さくま鉄人”と、「女性キャラも入れよう」ということで、さくま鉄人、エンマに次ぐ強力なCOMキャラクター“妖鬼妃”をメンバーに加えることに……。

「こっちは30年以上、『桃鉄』をプレイしているんだから、余裕、余裕!」と長田氏を押し切った筆者だが、この選択が後の悲劇を生むことになるとは、思ってもいなかった。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲シリーズの生みの親でもある、さくまあきら氏をモチーフにした“さくま鉄人”。いわずと知れた最強キャラだ

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲唯一の女性キャラである“妖鬼妃”もかなりの強さを誇る。今回はあえて強いCOMとの対戦を楽しむつもりだったが……

いきなり大金ゲットで日本一へまっしぐら!?

これからどんな展開が待ち受けているのかも知らず、意気揚々とゲームをスタートさせた筆者と長田氏。最初の目的地である淡路島に向け、急行周遊カードを活用して、どんどん進んで行く。お金がもらえる青色の駅に止まった筆者は、ラッキーなことに「営業成績が5倍になる」というイベントが発生して2億8800万円もの大金をゲット。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ランダムで発生するラッキーなイベントのおかげで青色の駅でもらえるお金が5倍に!

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲序盤としては大金の3億円近い資金をゲット

そのまま順調に進み、淡路島に近づく。筆者は有り余る資金で物件を早速購入するが、筆者と同様に青色の駅に何度か止まって資金を貯めていた“さくま社長”も物件を買いまくり、追随してくる。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲物件が買える駅で早速、物件を購入! 金額の横に表示されているのは3月に決算を迎えた際にもらえる収入の割合。現金のままお金を持っているよりも、物件を買って毎年、割合に応じた収入を得たほうがお得な場合が多い。特にパーセンテージの高い物件は、ぜひともゲットしたいところ

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲青色の駅でお金を貯めた“さくま社長”も筆者と同様に物件を買いまくる。序盤から繰り広げられる激しいデッドヒート

物件を買い集めつつ淡路島まであと数マスと迫るが、なかなかぴったり淡路島に止まれず難儀していると、隙をついて“ようきひ社長”があっさりとゴール。“ようきひ社長”は5億8480万円の援助金を手にしていきなり資産トップへと躍り出た。一方、目的地から一番遠くにいた長田氏には貧乏神が取り憑くことに。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲最初に目的地に到着したのは“ようきひ社長”。誰かが目的地に到着すると次の目的地が選ばれる

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲手に入れた資金で物件を買い占める“ようきひ社長”。物件が買える駅で、その駅の物件をすべて買い占めると、収益が2倍になるという特典が! 日本一を目指すなら、この買い占めというテクニックは重要だ

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲目的地から一番遠くにいた社長に取り憑く貧乏神。初心者の長田氏は極端に貧乏神を恐れているようだが……

ぶっとびカードで目的地とは真逆に!? これは終焉の始まりか?

目的地に到着できずに悔しい想いをした筆者と、貧乏神に取り憑かれ不安の色が隠せない長田氏。そんな中、次の目的地が発表される。貧乏神から解放されたい長田氏は、なるべく近い駅が目的地になることを願うが、発表された目的地は長崎。とにかく貧乏神を恐れる長田氏は、急行周遊カードを使って“さくま社長”を追い抜き、貧乏神を擦り付けるとすぐさま“ぶっとびカード”でその場を離れることに……。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲イチかバチかのぶっとびカードで勝負に出る長田氏。しかし……

「九州に飛んでくれ!」との祈りもむなしく、長田氏が飛んで行ったのは、静岡県の富士宮。目的地の長崎から一気に遠のいた長田氏は、思わず「終わりだ……」とつぶやいてしまう。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲長崎からほど遠い富士宮へと飛ばされてしまった長田氏。ここから挽回できるのか?

一方、長田氏に貧乏神をなすりつけられた“さくま社長”だったが、取り憑いた貧乏神は害の少ないミニボンビーに変身し、さらに宝くじが引ける駅でなんと……。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲貧乏神はランダムで変身することがある。今回は害の少ないミニボンビーに変身!

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ミニボンビーはゲーム内ではおこづかい程度の金額を奪うだけで大きな害はない

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲宝くじに当選!? ”さくま社長”が幸運すぎて嫉妬するしかない筆者と長田氏

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲当選金額はなんと7億円! 目的地に到着していないのに大金をゲット

そんなこんなで1年目が終了。現時点でのトップは、目的地に到着して援助金をゲットした“ようきひ社長”。筆者とデッドヒートを繰り広げていたはずの“さくま社長”も宝くじでゲットした7億円のおかげで2位に……。COMキャラクター、恐るべし!

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲“さくま社長”とデッドヒートを繰り広げていた筆者も宝くじにより3位に転落

1 2 >