Review

進化したのはふとももだけじゃない! 『ライザのアトリエ2』より広く、深く、親切になったシステムでプレイヤーの心を鷲掴みに

進化したのはふとももだけじゃない! 『ライザのアトリエ2』より広く、深く、親切になったシステムでプレイヤーの心を鷲掴みに

ガストブランドの「アトリエ」シリーズ最新作となる『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』が、2020年12月3日に発売された。前作『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』は、発売前から主人公・ライザの“ふともも”などに注目が集まり、シリーズ最大の売り上げ(全世界累計出荷50万本以上)を記録。大人気作の続編ということもあって、本作も発売前から話題に事欠かず、見事初週の出荷本数が15万本を突破した。『ライザのアトリエ』では15万本突破の時点で大喜びしていた筆者だが、それを初週で達成してしまうとは……シリーズファンとして嬉しい限りだ。

本稿では、そんな発売後も話題沸騰中である『ライザのアトリエ2』を紹介。ふとももだけでなく、システム面などにも磨きがかかった最新作の魅力をお届けしよう。

文 / 長田雄太


田舎の錬金術士、ついに都会デビュー

『ライザのアトリエ』の3年後が描かれる本作は、シリーズでは初となる、前作と同じくライザを主人公として物語が展開。仲間達と別れ、ひとり田舎の島・クーケン島に残っていたライザは、錬金術の修行に行き詰まりを感じていた。そんな時、幼馴染であるタオの誘いで王都へと足を運ぶ。タオの提案で遺跡の調査を始めたライザの前に現れたのは、不思議な生き物フィー。王都で再会したかつての仲間に新たなメンバーを加えて、再びひと夏の冒険へと向かう。

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲王都アスラ・アム・バートは、大都会ということもあってクーケン島の景色とは大違い。『ライザのアトリエ』をプレイした方なら、初めて訪れたライザと同様に驚くこと間違いなしだ

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー
ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲「アトリエ」シリーズで続編をプレイする醍醐味と言えば、やはり前作から成長したキャラクター達の姿が見られること。大人びてより魅力的になったライザもさることながら、タオは3年の間に身長が大きく伸び、イケメンへと様変わりしている

本作でカギとなるのは、謎多き遺跡を巡って伝承を解き明かす“遺跡探究”。遺跡には過去その場所にいた人々の“記憶の粒子”や遺跡の謎を解くカギとなる“遺跡の欠片”、“遺跡の結晶”が点在しているのだが、これらを集めて遺跡の情報をまとめて“探究手帖”で推理を進めていくことで、遺跡が作られた理由や過去に起こった出来事などが明かされていくのだ。

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲特殊な道具“追憶の羅針盤”を使用することで、記憶の粒子、遺跡の欠片、遺跡の結晶が遺跡のどの辺りにあるか、おおよその場所を知ることができる

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲記憶の粒子、遺跡の欠片、遺跡の結晶を集めたら、探究手帖で情報を精査。遺跡の欠片、遺跡の結晶それぞれに対して、関係する記憶の粒子を配置することで、パズルのピースをはめるように遺跡の謎が明らかとなっていく

前作のように神秘的な遺跡を探索できるというだけでも十分満足だった筆者にとって、この謎解き要素は嬉しいサプライズ。物語の進行とともに遺跡の謎が解き明かされていく前回よりも、自分の手で謎を解いていくという実感が得られるようになり、探索の楽しみも増した。また、謎解き自体は長時間頭を抱えて悩むほど難しいものではないので、誰でも気軽に楽しめるはずだ。

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲シリーズではお馴染みとなった“たる”への挨拶。特に意味はないが、今回も冒険の前には忘れずに!

錬金術で広がる冒険

「アトリエ」シリーズをプレイするうえで欠かせないのが、フィールドでの素材の“採取”と錬金術での“調合”、そして魔物との“戦闘”。続編となる本作では、『ライザのアトリエ』で好評だったシステムをベースに、各要素とも見事なパワーアップを遂げている。

まず素材の採取についてだが、筆者が個人的に嬉しかったのが、各採取ポイントでどんな素材が採れるのかが事前にわかるようになった点。フィールドには木や石、草といった素材採取が可能なポイント(シンボル)が多数点在しているのだが、そのポイントに近づくと、どんな素材が採れるのかが吹き出しとなって現れ、ほしい素材が手に入るポイントがひと目でわかるようになったのだ。「アトリエ」シリーズといえば、何百種類もある素材を集めて様々なアイテムを作るのが大きな魅力だが、素材の数が多いぶん、どうしても「あの素材はこの辺りで採れたはずだけど……」と記憶が曖昧になって手当たり次第に採取してしまうことがあった。だが、採れる素材が事前にわかるようになったことで、必要な素材を効率よく採れるように。また、入手したことがない素材についても「?」の吹き出しが出るため、見逃すことなく集められるようになった。正直大きな変化だと言うほどではないが、個人的には非常にありがたい。

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲同じ採取ポイントでも、使う道具(杖、斧、虫取り網など)によって採れる素材が変化するのは『ライザのアトリエ』のときと同様。道具を切り替えるごとに、吹き出しで採れる素材がどう変化するのかも確認できるので、採取がとても楽になった

いっぽうで、大きな変化としてはライザが泳いだり、崖を登ったりできるようなった点だろう。これまでも主人公が崖を飛び越えたりなどはできたが、本作には崖を登った先や水の上にも採取ポイントがたくさんあり、採取はもちろん、冒険する楽しさが一気に増した。

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲小さな隙間がある場所は、這って移動することも可能。移動中アップになるふとももから目が離せない

さらに、物語を進めて錬金術の腕を磨いていけば、なんと魔物(乗り物)に乗ったり水中を泳げるように。魔物に乗ればフィールドを素早く移動できるほか、特定のポイントでは土を掘って素材も見つけてくれるなど、探索では大いに活躍してくれる。水中探索に至っては、シリーズ初となる未知の冒険。まだ見ぬ素材に出会ったり遺跡の入り口を発見したりと、とにかくワクワクが止まらない!

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲“霊獣の呼び笛”を吹けば、魔物に乗ることが可能。地中を掘って手に入る素材などは珍しいものばかりなので、移動の際は積極的に利用しよう

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲「アトリエ」シリーズでは木などから“うに”が採れていたが、水中ではなんと“くり”が入手できる。加えて、地上のものとは異なる“ミズうに”という素材も水中で発見。混乱してくる……

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲水中を泳ぐライザにも注目。雨の日に外を歩くときにも観られるのだが、全身びしょ濡れになったライザは一見の価値ありだ。しかし、こんなところにまでこだわっているとは……たくさんの美少女キャラを生み出してきたガストの本気を感じる

スキルツリーで自由度がアップ

素材を集めたら、次はそれらを調合してアイテムを作成する。3年前の冒険である程度錬金術を極めたといってもいいライザだが、舞台が王都へ移り環境も変わったため、再び簡単なものから調合を始めていくことになる。そこで重要になってくるのが、新要素の“スキルツリー”だ。

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲王都での拠点となる新しいアトリエはパトリツィアに手配してもらえるのだが、上京したての若者が最初に住むとは思えないほどの広さ。小物や家具の配置や、壁紙などの模様替えも可能で、ワンルーム暮らしの筆者としてはとてもうらやましい

本作では、調合でアイテムを作成した際などにSP(スキルポイント)を入手。これを消費することで、前作で調合可能だったアイテムのレシピなどが習得でき、調合できるようになる。さらに、解放されたレシピから枝分かれする形で、ほかのレシピなども解放できるようになっていくため、SPを貯めれば貯めるほど、様々なアイテムを調合できるようになるというわけだ。

また、スキルツリーの中にはレシピ以外にも、習得することで採取の際に手に入る素材の品質が良くなるスキル、調合で投入できる回数が増えるスキルなども存在。解放可能であればどのスキルからでも覚えられるため、「とにかく色々なアイテムを作りたい!」「まずはいい素材を入手することが先決」など、その人に合ったより自由なスタイルでのプレイが可能となっている。ちなみに、筆者は高品質のアイテムを作りたい派なので、まずは採取にまつわるスキルを中心に適宜レシピも習得。その結果、かなり早い段階から高品質のアイテムが調合できるようになり、新要素のありがたみをしっかり感じることができた。

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲「アトリエ」シリーズではアイテムの“品質”が数値化されており、品質が高いほど相手に高ダメージを与えるなどの恩恵をもたらしてくれる。高品質の材料を使って調合すれば、そのぶん高品質のアイテムができるため、素材採取での品質確認は重要なのだ

なお、調合そのものについては先述した通り『ライザのアトリエ』のシステムがベース。レシピごとに複数の“マテリアル環”という枠があり、そこに指定された材料を投入することでアイテムが作成できる。レシピごとに材料の投入回数は決まっており、各マテリアル環には品質を上げる、使用時に追加ダメージを与えるなど、条件に合った材料を投入するほど完成品に様々な効果を付与してくれるため、限られた回数の中でどのマテリアル環に材料を投入するか、極めるほど奥深いシステムだ。いっぽうで、各レシピには最低限材料を投入しなければいけないマテリアル環が決められているのだが、逆に言えば、そこにさえ材料を投入すれば難しく考えなくとも調合が可能。新要素でシリーズファンを喜ばせつつも、初心者にもやさしい親切設計なのは前作から変わっていない。

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー
ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲まったく同じアイテムの複製など、3年前に身につけた技術もスキルツリーで解放が可能。筆者を大いに喜ばせてくれた、一度完成させたアイテムに再び材料を投入して強化できる“アイテムリビルド”も覚えられ、うれしい限り

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲物語を進めていくと、“エボルブリンク”という新要素が利用可能に。材料ではなく、なんと調合して作った2つのアイテムを掛け合わせて、ベースのアイテムにさらなる追加効果が付与される。また、一部の組み合わせでのエボルブリンクで、まったく新しいアイテムへと変化。「アトリエ」シリーズの調合は本当に奥が深い……

戦術の幅が広がったバトルシステム

「秘密」シリーズではリアルタイムで進行する戦闘によって疾走感のあるバトルが展開。フィールドを徘徊する敵シンボルに接触するとバトル画面へと移行し、表示されるタイムライン上のアイコンが先に中央へ達したキャラクターから行動していく。操作キャラクターの行動を選択している間も時間は止まらないため、素早い戦況分析と的確な行動が求められるが、そのぶん展開がスピーディーで、戦術がかっちりハマった時の気持ちよさは「アトリエ」シリーズでも指折りだ。

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲戦闘に参加できるバトルメンバーは最大4人。メインで戦うのは3人なのだが、本作からサブメンバーを1人編成できるようになり、戦闘中に一定時間が経つと操作中のメインの1人とサブメンバーを入れ替えられる。サブメンバーは入れ替え時に攻撃をしてくれるので、HPが少ない敵にダメ押しの一撃を与えたいときなどに活用したい

そんな戦闘システムも、本作でさらにパワーアップ。敵に通常攻撃を当てると溜まるAP(アクションポイント)を使って強力なスキルを発動できるのだが、新たにスキルの連続使用“スキルチェーン”が可能となっており、APが溜まっているぶんスキルを発動してたくさんのダメージを与えることができるようになった。さらにスキルを使うと、今度はCC(コアチャージ)が溜まり、消費することでアイテムが使用可能に。「アトリエ」シリーズのアイテムと言えば、戦局を変えてしまうほど強力なものもあるが、CCが十分にたまっていればなんとこれも4回まで連続使用(アイテムラッシュ)が可能になり、「味方を全快させてステータスも上昇。加えて敵には大ダメージを与えて複数の状態異常を付与……」など、恐ろしい戦術も立てられるようになったのだ。

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲前作ではアトリエに戻るなどしなければCCを回復できなかったが、今回は戦闘で溜めていく方式になったため、長時間の探索でもアイテムを出し惜しみする必要がなくなったのは嬉しいポイント

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲物語を進めると、アイテムラッシュを行う際に特定のアイテムを組み合わせて使用することで“コアドライブ”が発動できるように。アイテムを使用したあと追加で大ダメージを与えたりと、強敵との戦闘などで大いに役立ってくれる

また、新要素の“コアクリスタル調整”を利用すればCCがある程度溜まった状態で戦闘を開始することもできるようになるので、序盤からアイテムを使って畳みかけるような戦い方もできるように。スキルを連発して前作以上の疾走感を味わうもよし、CCをじっくり溜めてアイテムラッシュで気持ちよく勝利するのもよし。戦術のバリエーションが大幅に増えたのは言うまでもない。

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー
ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲キャラクターが一定のレベルに到達すると覚える“フェイタルドライブ”は本作でも健在。戦闘中に条件を満たすと発動可能となり、敵に絶大なダメージを与えられるうえ、演出もド迫力。この技で強敵を倒したときの快感はハンパない!

前作からさらなるパワーアップを遂げた『ライザのアトリエ2』。より深みが増した調合、戦術の幅が広がったバトルなど、ベースは『ライザのアトリエ』と同じながらも、あらゆる面で程よい肉付けがされ魅力的なゲームに仕上がっていた。特に、探究手帖を使った謎解きや、水中に潜ったりできるようになったフィールド探索に関しては、今までのシリーズにはなかった新鮮な体験ができ、過去作をプレイしてきたファンにとっても申し分ない出来栄えだ。エボルブリンクで調合の沼も深くなったので、筆者はクリア後もしばらくは納得のいく最高のアイテムづくりに熱中してしまうことだろう。

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲「アトリエ」シリーズでは、キャラクター達の日常にスポットを当てているのも魅力。新たな仲間・フィーの存在も相まって、日常イベントでは大いに癒されること間違いなし!

遺跡調査から始まるライザの新たな冒険だが、物語が進むにつれ王都周辺にある遺跡についてはもちろん、謎の生物で大切な仲間・フィーについても様々な真実が明らかになっていく。各遺跡には古代の人々を苦しめた“悪魔”についての伝承もあり、物語は3年前のように次第と壮大なものに……。今後はアップデートやダウンロードコンテンツの販売などで、作品をより楽しめるようになると思うので、ぜひ本作で冬の寒さも忘れるような、ひと夏の冒険を味わってほしい。

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲今回は、ソフトが同梱されたAmazon版の「スペシャルコレクションボックス」を購入。金欠でガストショップ限定セットが買えなかったのだが、それでもタペストリーやジオラマキットなど、いつにもまして豪華な内容だ。購入の際はボックスの方もぜひご検討を

フォトギャラリー

■タイトル:ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~
■対応ハード:PlayStation®5/PlayStation®4/Nintendo Switch™/Windows®(Steam®)
■ジャンル:錬金術RPG
■発売日:好評発売中(2020年12月3日)
※Windows®(Steam®)版は2021年1月26日(火)発売予定
■価格:通常版8,580円(税込)/プレミアムボックス11,935円(税
込)/スペシャルコレクションボックス26,873 円(税込)
※スペシャルコレクションボックスはガストショップ、GAMECITY、Amazon.co.jp、ソフマップ限定販売です。
■プレイ人数:1人
■対象年齢:15歳以上
※PlayStation®5はダウンロード版のみの発売です。
※PlayStation®4パッケージ版をご購入された方は、追加費用無くPlayStation®5版へのアップグレードが可能です。また、デジタル版(PlayStation®Storeで購入・入手可能な本編、シーズンパス、DLC、予約特典等の追加デジタルコンテンツ)には、それぞれPS4™とPS5™版が同梱されています。
※PS4™パッケージ版から、PS5™アップグレードをする場合、PS5™本体(ディスクドライブ搭載モデル)が必要となります。


『ライザのアトリエ2』オフィシャルサイト
https://www.gamecity.ne.jp/atelier/ryza2/

「アトリエ」シリーズオフィシャルTwitter
https://twitter.com/GustAtelierPR/

©2020 コーエーテクモゲームス All rights reserved.