Review

SixTONES ロック、ダンス、ポップス、EDM、R&B...自分たちの感性で独自ブレンドの音楽を作り上げた『1ST』というアルバム

SixTONES ロック、ダンス、ポップス、EDM、R&B...自分たちの感性で独自ブレンドの音楽を作り上げた『1ST』というアルバム

2020年4月にスタートしたテレビアニメ『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』のOPテーマを最初に聴いたときの衝撃が忘れられない。スリリングでエモーショナルなストリングスと、その熱を冷ますかのようなウィスパーボイスから始まる、ハードでエッジーなダンスロック。情熱的な激しさとクールな無機質さが渾然一体となったダイナミックな歌とトラックに惹き込まれ、一瞬でファンになってしまった。しかも、第1話では、「アニメと楽曲の世界観の融合を先入観なくファンに観てもらいたい」との思いから、放送時にはオープニング・テーマの楽曲タイトルやアーティストのクレジットが明かされず、のちに、SixTONES(ストーンズ)の新曲「NAVIGATOR」であることを知り、再び驚かされた。ジュニア時代から応援してきたファンは声を聴けばすぐにわかるだろうが、ルックスやダンス、ミュージックビデオを観る前の段階では、ジャニーズ事務所からデビューしたばかりの新人グループだとは想像していなかったのだ。

SixTONESはジェシー、京本大我、松村北斗、髙地優吾、森本慎太郎、田中樹の6人によって、2015年5月に結成された。ジュニア時代の2018年にはジャニーズグループ初となるYouTubeチャンネルと公式Instagramを開設。“ジャニーズをデジタルに放つ新世代”とて活躍し、2020年1月にはYOSHIKI(X JAPAN)プロデュースのロックバラード「Imitation Rain」を1stシングルとしてリリースし、CDデビューを果たした。同時デビューしたSnow Manがジャニーズらしい、爽やかなアイドルグループだとすれば、SixTONESは自らが進む新しい道を切り開いてきた、オルタナティヴな異端児集団という印象が強い。ジュニア時代最後のステージとなった横浜アリーナのライブでは先輩のカバーが12曲あったが、KAT-TUNのロックナンバーが6曲、山下智久の先鋭的なハウスが2曲、赤西 仁のハードなEDMが1曲という構成。ジャニーズという枠の中ではあったが、その選曲からも、ジャニーズらしさから解き放たれた自由さを表現しているように感じた。

そして、CDデビューから1年後となる2021年1月6日にリリースされたばかりの1stアルバム『1ST(ファースト)』も彼らの自由さは健在だ。ジャニーズらしさ、アイドルらしさといった固定概念を打ち破り、自分たちが「今、カッコいいと感じる音楽」を追求している姿勢が見える。オープニングを飾るのは、後戻りせずに前に進み続けるんだという強い意志を込めた激しく重いラウドロック「ST」。続く、2ndシングル「NAVIGATOR」も含め、彼らの根底には攻撃的で挑発的なロックがあることを感じさせてくれる。トラップをフィーチャーしたエキゾチックなEDM「Special Order」ではおそらく、彼らのセクシーでワイルドなダンスがみれるだろう。アニメ『半妖の夜叉姫』のOPテーマで、疾走感あふれるミクスチャーロック「NEW ERA」は、イントロに三味線のような和楽器の音が入り、中盤ではピアノバラードのようなメロウな展開もみせる。さらに、「Curtain Call」。ラテンのビートも入ったシンセポップにエコーの効いたエレキギターやR&B調のメロディを融合。ジャニーズらしさやアイドルらしさだけでなく、ジャンルというカテゴリーからも自由であることがわかる。全編英語歌詞で、ボーカルにはエフェクトのかかったフューチャーディスコ「Dance All Night」、コール&レスポンスで会場を一体化させるパーティーソング「S.I.X.」、チルアウトできるジャジーなローファイヒップポップ「Coffee & Cream」。そして、1stシングル「Imitation Rain」と「Lifetime」というバラードでそれぞれのヴォーカリストとしての個性を発揮している。

また、本作は、SixTONESの名前の由来となっている「原石」「音色」の名を冠した初回盤2仕様と通常盤の全3形態でリリースされる。全形態共通で収録される前述の10曲に加え、「原石盤」には、初のオリジナル曲「この星のHIKARI」など、ジュニア時代のオリジナル楽曲5曲を収録。「音色盤」には、田中のラップとジェシーの甘くも男らしい歌声が交錯するハードなヒップホップ「EXTRA VIP」、髙地と森本が爽やかな笑顔で歌うサーフロック「My Hometown」、高音の京本と低音の松村が交差するR&Bバラード「ってあなた」というデュオ×3組のユニット曲をコンパイル。そして、通常盤にはボカロPやネットミュージック好きにも希求するピアノロック「うやむや」、全編英語歌詞のR&B/ヒップホップ「Mad Love」という新たなチャレンジに加え、1stシングルのカップリング「Telephone」をニューアレンジで収録。まさに、バラエティに富んだ1枚となっているが、彼らは、エモロック、ダンスロック、EDM、エレクトロニカ、ポップ、ヒップホップ、R&Bと幅広いジャンルから自分たちの感性にとっていいところだけを選び取り、独自ブレンドの音楽を作り上げているようだ。

ミクスチャーという言葉は以前からあったが、現在、重要なのは、その混ぜ具合であり、配合のバランスだ。彼らは、あくまでも6人の感性を軸にして、新世界を構築している。それは、サブスク時代、プレイリストの作成が当たり前である新時代の音楽のあり方かもしれない。

文 / 永堀アツオ

『1ST』特設サイト
https://www.sixtones.jp/1st/

ライブ情報

SixTONESアリーナツアー2021『on eST』
※詳細はオフィシャルサイトにて。

SixTONES

2015年結成、ジャニーズJr. 時代の2018年、ジャニーズグループ初となるYouTube公式アーティストチャンネルを開設し、海外では数億回の再生回数を誇るアーティストを起用している「YouTube アーティストプロモ」キャンペーンに「ジャニーズをデジタルに放つ新世代」というキャッチコピーのもと日本人初として大抜擢される。YouTubeに留まらず公式Instagramも開設し、まさしくジャニーズの新世代として活躍。
YOSHIKI(X JAPAN)プロデュースの壮大なロックバラード「Imitation Rain」をデビュー曲として2020年1月22日にCDデビュー。
史上初の「デビューシングル初週ミリオン」を発売からわずか3日で達成、「初週売上枚数」132.8万枚を記録し、男性アーティスト歴代1位となる記録を樹立。
2枚目のシングルとなる「NAVIGATOR」はフジテレビ“ノイタミナ”『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』のオープニングテーマに起用。
第1話放映では楽曲クレジットを記載しない異例の楽曲解禁を行い、各所でオープニングは誰だ!?と推理合戦を巻き起こし、大きな話題となった。
3枚目「NEW ERA」はこれから“約束の場所” へと一緒に駆け抜けようという強いメッセージと決意を歌った、疾走感溢れるエモーショナルなミクスチャーラウドロック。
読売テレビ・日本テレビ系TVアニメ『半妖の夜叉姫』のオープニングテーマに起用され、アニメの世界観を最大限表現する楽曲となっている。
そして2021年、新年の幕開けと共に、待望のファーストアルバム『1ST』をリリース。

オフィシャルサイト
https://www.sixtones.jp

オフィシャルYouTube
https://www.youtube.com/channel/UCwjAKjycHHT1QzHrQN5Stww

オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/sixtones_official/