Interview

櫻坂46 “全員で楽曲を届ける”。1stシングル3チームで魅せた、新しい色、表情、メッセージ。それぞれから代表して、井上梨名、大沼晶保、武元唯衣にその心境を訊く。

櫻坂46 “全員で楽曲を届ける”。1stシングル3チームで魅せた、新しい色、表情、メッセージ。それぞれから代表して、井上梨名、大沼晶保、武元唯衣にその心境を訊く。

2020年10月12日、13日に開催されたオンラインライブ『欅坂46 THE LAST LIVE』をもって約5年間に渡った欅坂46としての活動に幕を下ろし、翌日の10月14日から新たな活動をスタートさせた櫻坂46が、1stシングル「Nobody’s fault」をリリースした。
本作に収録されるのは、表題曲を含め、森田ひかるがセンターを務める楽曲が3曲、恋のウキウキを詰め込んだラブソング「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」を笑顔で歌う藤吉夏鈴センター曲が2曲、仲間との絆を描いたエールソング「Buddies」で高らかに声を上げる山﨑天センター曲が2曲の全7曲。“櫻エイト”と呼ばれる1、2列目のメンバーは変わらず、3列目の6人が3チームに分かれた14人編成のフォーメーションの意図とは? “全員で楽曲を届ける”という新たなコンセプトを表明した櫻坂46から、各チームを代表して、井上梨名、大沼晶保、武元唯衣の3人に話を聞いた。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 森崎純子


どんなことであっても、全員で楽曲に対して想いを込めてるなっていうのが伝わってきます(井上)
リリースしてはじめて、強い実感が湧いてくるんじゃないかなと思います(武元)
櫻坂になってからは、自分がここにいるからには、必要な存在になりたい!っていう前向きな気持ちに(大沼)

櫻坂46 井上梨名 大沼晶保 武元唯衣 WHAT's IN? tokyoインタビュー

櫻坂46としての活動を始めて1ヵ月が経ちました。現在の心境から聞かせてください。

井上 「THE LAST LIVE」は終わったんですけど、櫻坂になったっていう実感がなかなかわかなくて。目に見えて変わったのは、名前と色だけなので、自分の中の心が変わったか? と言われたらそうでもないんです。でも、やっぱり、新しいスタートということで、みんなから感じるパワーは違ってきたなと感じていて。どんなことであっても、全員で楽曲に対して想いを込めてるなっていうのが伝わってきますし、例えば、自分たちのバラエティでも、全員がもっと盛り上げようとしているのが伝わってくるんです。新しいグループを大きくしたい、いろんな人に知ってもらいたいっていう思いがそれぞれ強くなって、すごくいい雰囲気になってるなって感じてます。

武元 私もまだ正直、夢心地でふわふわした感じです。櫻坂46というグループとして、いろいろな物事が進んでいくのが、まだあまり現実味を帯びてない感じがあります。ただ、欅坂46の存在に関しては、自分の中ですごく綺麗にしまえたなっていう感覚があって。欅坂として、「THE LAST LIVE」をしっかりとやり切ることができた。ちゃんと宝物として、綺麗な思い出としてしまえているし、欅坂46が今の活動の原動力になっているなって日々、感じています。櫻坂46としては、新曲をリリースしてはじめて、強い実感が湧いてくるんじゃないかなと思いますし、イチからのスタートで一致団結したいっていう思いは周りからも伝わってくるので、多くの方に知ってもらえるように、力を合わせて頑張りたいなっていう前向きな気持ちでいます。

大沼 欅坂46に加入して短い間で櫻坂46に改名となったんですけど、加入前から欅坂46が好きだったので、欅坂のときは、「自分がここにいていいのかな?」とか、「大丈夫かな?」という不安や心配があったんですね。でも、櫻坂になってからは、自分がここにいるからには、必要な存在になりたい! っていう前向きな気持ちになれて。自分の感情がすごく変わったなって思うし、いのりちゃん(井上)も言ってたように、番組も明るい雰囲気になったなって感じています。

冠番組の雰囲気は二期生が入ってから変わりましたよね。すごく明るく賑やかになりましたし。

井上 今、「そこ曲がったら、櫻坂?」の収録はほんとに面白いんです。

大沼 自分が参加していても、すごく楽しくて。いい方向に進めているのかなって思っています。

3チームに分かれるっていう新しいフォーメーションについてはどう感じてますか。

大沼 最初に聞いたときは、自分の実力が足りてないのはわかってるんですけど、正直、櫻坂としての1stシングルの表題曲に参加できないんだってことに、ちょっと落ち込んでしまった部分もあったんです。でも、その後に、カップリングで「全員参加する」って聞いて、すごく嬉しくて。参加するからには、絶対にいいものを届けたいし、自分の全部をかけて頑張ろうって、めっちゃ心が熱くなりました。

井上 私も、晶保ちゃんと感情的には似てて。自分の頑固な部分や煮え切らない部分もあるので、「やっぱり表題曲に参加したかった」っていう思いが強かったし、悔しいなって思ったんです。でも、その気持ちがあってよかったなって思ってます。もしそう感じてなかったら、櫻坂の活動に対する思いがそこまでないのかなって、自分でも捉えられると思ったので。悔しいっていう気持ちがあって良かったと思うんですけど、スタッフさんから、「全員で楽曲を届ける」という意味を込めた編成だっていう話を聞いたので、今は前向きに捉えていて。センターも3人で各曲変わりますし、他のチームの曲もMVも全然イメージが違ったので、いい意味で、いろんな一面を知ってもらえるなって。グループカラーの白には、何色にも染まるっていう意味があるので、より多くの方々にも注目してもらえるきっかけになるのかなと思いました。

武元 ほんとに櫻坂になってから“全員で”っていうワードをより大事にするようになって。全員でこのシングルを届けるっていう思いが。メンバーもスタッフさんもみんなの心にあるので、3チームになったからといってバラけることはないんじゃないかなっていう思いも強く感じています。それに、さっき、井上が言ったように、いろいろな曲のジャンル、色があるので、聴いてくださる方が、自分はこの雰囲気が好きだなとか、見つけてもらえる可能性があるんじゃないかなと思うので、櫻坂46の音楽として、全員で勝負していきたいです。

「Nobody’s fault」を聴いてもらうことで、櫻坂は、勇ましいけど女性らしさもあるっていう、新しいイメージを届けられたらいいなって(武元)

櫻坂46 武元唯衣 WHAT's IN? tokyoインタビュー

では、3チームそれぞれの楽曲の中から、MVを制作した楽曲について聞かせてください。まずは、武元さんからお願いします。

武元 「Nobody’s fault」を一番最初に聴いたときは、素直に“よっしゃ、きた!”って思いました。櫻坂46という名前を聞いて、あのロゴを見て、きっと上品で可愛らしいイメージを持ったんですけども、“櫻坂”には、日本を代表する花としての誇らしい、勇ましい、たくましい感じが込められていて。そういう雰囲気を体現するような曲にしたいなって思ったし、一発目に「Nobody’s fault」を聴いてもらうことで、櫻坂は、勇ましいけど女性らしさもあるっていう、新しいイメージを届けられたらいいなっていうワクワク感がすごくありました。

欅坂46が持っていたカッコ良さも継承してる曲ですよね。

武元 そうですね。そこにMVの振り付けでは、激しい中にも女性らしさがあって。それが欅坂とはまた違う、新しい櫻坂らしさになっていくと思います。カッコ良さと美しさが共存しているのが斬新だなって思ってもらえるようにパフォーマンスしたので、楽しんでほしいです。

大沼 MVがほんとにカッコいいですよね。どの表情を切り取っても、1つ1つの表情がすごく感情を揺さぶられるっていうか。

武元 ふふふふ。ありがとう。

大沼 <じゃねえよ>とか、歌詞の強さも伝わってくるというか。美しいのに感情の強さが伝わってくるし、観るだけで、自分もこのままじゃダメだって喝を打たれる。前にぐいぐいと引っ張ってくれるようなMVだなと思って何度も観ています。

井上 やっぱり力強いなっていうのを一番最初に感じました。海や船、鎖とかの背景も力強いんですけど、それ以上にメンバーの目や表情の強さに魅かれて。みんなが前を向いて、ここから出発していくんだっていう気持ちの表れが感じ取れる。歌詞も今までにない、アイドルがこの口調で歌うの?っていう意外性があって。

三人と同じ二期生の森田さんがセンターを勤めてます。

武元 森田の努力、自分を追い込むストイックさは、私自身も近くで見ていて、すごく刺激を受けています。このMVを何度観返してみても、陰でかなりの努力をしていないとできない表現だなって思うんです。きっと私たちの知らないところで頑張っていたものが、世間の方々の心を動かしてるんだなって思うと、すごく尊敬の気持ちがあります。

井上 二期生から選ばれたことはすごく嬉しかったです。森田の表情とかパフォーマンスって、ファンの方だけじゃなくて、チームのみんなが惹かれるものなんです。それは、練習のときから感じていたので、森田がやってくれてよかったなって思います。本人はきっといろんな気持ちがあって、私たちに明かしていない思いもあると思うんですけど、本当に応援したいな、負けないように力になりたいなっていう気持ちでいます。

佐渡ヶ島でのMV撮影はいかがでした?

武元 踊ってる最中にどこを見ても、果てしない海が広がっているんです。あの光景はなかなか、踊りながら見れるものじゃないなって思いました。フリで横を向くと、ずーっと先まで海が続いて。それを見たときに、一気に自分の心までぐわーっと広がるような感覚になって。海の広さや力強さに影響されて、どんどんパフォーマンスも力が入っていくし、気持ちいいなって思いながら踊ってました。海を見た瞬間に、テンションがガッて上がるし、曲中何度も何度も海が背中を押してくれるような感じがあったので、すごく貴重な経験だったなって思います。

急な坂道をめっちゃダッシュで走っていって、そこに桜が舞ってて。あの映像を見たときに、自分も一緒に走って坂を登っていきたい!って(大沼)

櫻坂46 大沼晶保 WHAT's IN? tokyoインタビュー

井上さんと大沼さんはどの場面が印象に残ってます?

井上 森田とみんながスクラムを組んでサビのシーンがあるんですけど、地面からどんどんカメラが上がってきて、全員が映るときの迫力がすごくてカッコいいなと思いました。

武元 そのとき、みんな本気で歌ってました。実際にめちゃめちゃ声を出してて。「いけー!」っていう感じの雰囲気だったので、みんなで大きい声で本気で歌ってましたね。

大沼 私は全部好きなんですけど、最後、みんなで山を登っていくじゃないですか。しかも、緩やかな坂じゃなくて、急な坂道をめっちゃダッシュで走っていって、そこに桜が舞ってて。あの映像を見たときに、自分も一緒に走って坂を登っていきたい!って思ったし。ずっと強くて激しかったからこそ、あの映像が引き立っていたというか、より前向きな気持ちになりましたし、すごく印象に残ってます。

武元 あれはCGではなく、本当に桜の花びらを降らせてもらってて。あとは、最後に全員の名前が出たのもグッときました。やっぱり“全員で”っていう思いが、最後の最後に表れていたので、すごく嬉しい、綺麗なシーンだなって思います。

大沼 うん、あれは私も感激しました。

櫻坂にとって挑戦の曲かなって思いました。本当に恋をしている女の子が自分をどんどんさらけ出していく曲(井上)

櫻坂46 井上梨名 WHAT's IN? tokyoインタビュー

続いて、井上さんに「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」をお願いします。

井上 櫻坂にとって挑戦の曲かなって思いました。欅坂のときも恋の曲はあったんですけど、そこまで主張するような歌ではなくて。この曲は、本当に恋をしている女の子が自分をどんどんさらけ出していく曲になってて。もちろん、なかなかその気持ちになるってことがないので、どう表現したらいいんだろうっていう悩みはあったんですけど、MVでは藤吉が恋をしてる女の子の役で、私たちは、恋なんてしちゃってる彼女を馬鹿にしている人たちという役割でいて。藤吉との温度差もMVで表現していて、すごくスピードのある、疾走感のある曲だなって思ってます。この曲を私たちが表現することによって、ファンの皆さんがどう捉えるのか全く予想がつかなくて、ちょっとドキドキしてる状態です。

MVでは夏鈴がみんなに糸で引っ張られてるシーンがすごく印象的で。どういう意味があってあの絵になってるのかをそれぞれ考えながら観て楽しんでほしいなと思います(武元)

櫻坂46 武元唯衣 WHAT's IN? tokyoインタビュー

恋愛を勧めるラブソングですもんね。

武元 だからこそ、レコーディングを終えた曲を初めて聴いたときに新しいなと思いましたし、また新しい一面を見せられるような曲かなって思います。MVでは夏鈴がみんなに糸で引っ張られてるシーンがすごく印象的で。どういう意味があってあの絵になってるのかをそれぞれ考えながら観て楽しんでほしいなと思います。私もまだわからないんですけど(笑)、そこの答えはまだ聞かないでいようかなと思います。

(笑)井上さんは誰と引っ張ってました?

井上 ほとんどが2人グループなんですけど、私は3人グループで、増本綺良ちゃんと原田葵さんと私の3人でやってて。あれ、想像以上に難しくて。

武元 やっぱりそうなんだ。

井上 最後に、どんどん入っていくんですけど、最後になればなるほど、入りにくくて。増本綺良ちゃんが……。

大沼 あはははは。言ってた。

井上 ふふ。私たちは最後に入るグループなんですけど、夏鈴じゃなくて、綺良ちゃんが糸に絡まってしまって。まだ撮ってる最中だったので、みんなは真剣な表情でやってるんですけど、綺良ちゃんだけ焦って困った顔で糸に絡まってて。カットがかかった瞬間に「あはははは、大丈夫?」って笑いが起きました(笑)。本人は「すみません、すみません」って謝ってましたけど、場が和みましたね。

大沼 ふふ、面白い。私、この曲が大好きで、他のメンバーにもこの曲が頭から離れないってずっと言ってて。恋の曲で、夏鈴ちゃんの表情が、なんていうんだろう、笑顔だけど、ただの笑顔じゃない、恋の感情がすごい伝わってきて目が離せなくて。糸のシーンも曲と合っていて、自分の中で大好きなMVになってます。

夏鈴さんの表情いいですよね。あまり感情を表に出さなそうな彼女にこの曲という組み合わせも意外ですし。

井上 恋をして解放に向かう表情なんですよね。最後はみんながそれぞれの雰囲気で、この曲を捉えた表情をしてて。私は、監督さんと話して、「爽やかな恋をイメージしてダンスしてみたいです」って、アドバイスを頂いて。中には大人っぽい恋を想像してる人もいるので、いろんな恋のあり方、それぞれの人が感じるいろんな物語があるんだなと思いました。

武元 ……深いね。

“一人じゃないんだよ。一緒に未来に歩いていこう、一緒に生きていこう”っていう前向きな気持ちにさせてくれる曲だなって(大沼)

櫻坂46 大沼晶保 WHAT's IN? tokyoインタビュー

「Buddies」は大沼さんです。

大沼 初めてデモを聴いたときは、爽やかだなと思って。今までに聴いたことがない曲だったんですけど、一番最初に思ったのは、とにかく「Yo!」が多いってことでした。

あはははは。確かにずっと「Yo!」って言ってますね。

大沼 めっちゃ「Yo!」って出てきてとても好きです。

井上 ライブでやったら、めちゃめちゃ盛り上がりそうだよね。「Yo!」のところは私も大声で言いたい。

大沼 そこは全員で歌ってるんですけど、聴いてる方に何回も呼びかけているような感じなので、今、この状況の中だからこそ、たくさんの方に届く曲なのかなと思っています。大切な人に会いたくてもなかなか会えない。世界中の人が抱えている孤独感に寄り添える曲かなと思っていて。「Buddies」は「仲間達」という意味ですし、“一人じゃないんだよ。一緒に未来に歩いていこう、一緒に生きていこう”っていう前向きな気持ちにさせてくれる曲だなって思っていて。ファンの方たち届いてほしいという思いでMVを撮っていました。なかなか会いたくても会えない状況だけど、心は1つというか。これを聴いて、応援してくださる皆さんが明るい気持ちになってくれたらいいなって思うし、そういう気持ちが伝われば嬉しいです。

みんなの笑顔がキラキラしてて、すごく可愛いし、本当に表情がイキイキしてたのが印象的でした(井上)

櫻坂46 井上梨名 WHAT's IN? tokyoインタビュー

メンバーというよりはもっと広い絆を歌ってるんですね。

大沼 そうだと思います。でも、MVの中で、円になって同じ踊りをするシーンがあるんですけど、ちょっとでもズレたらダメで。上からドローンで撮ってくださってるので、みんなで息を揃えてて。それがすごくバディ感、仲間っていう感じがあって、すごく大好きでした。

井上 みんなの笑顔がキラキラしてて、すごく可愛いし、本当に表情がイキイキしてたのが印象的でした。

武元 仲間とか友情とか愛とかをストレートにドン!って伝えている曲って、欅坂の楽曲、櫻坂の楽曲をみても、このタイプの曲はないんじゃないかなと思いますし、センターが天っていうのも、年齢的にもすごくぴったりな曲だなって思いました。ドローンで広く街を撮っていたりして。それこそ、日本中、世界中みんな仲間だよっていうような暖かくて優しい曲だなって思いました。

井上 ドローンはすごい迫力だったね。操縦士の方がいらっしゃって、難しそうだよね?とてもスピード感があってかっこいい映像なので、実際現場でもドローンを見てみたかったです。

大沼さんは新宿を全力疾走してましたね。

大沼 あはははは。たくさん映ってましたね。あのときは、みんなでこの疾走感というか、前向きな気持ちを走りで表せたらいいなと思っていて。無我夢中で全力で走りました。

楽曲によって、みんなの顔が変わるので、そこに注目してもらいたいです(井上)
メンバー全員が、悔しい思いやもどかしい思いをたくさんして来たので、その気持ちを2020年最後の日、12月31日にぶつけたい(武元)
咲きたい!(大沼)

櫻坂46 井上梨名 大沼晶保 武元唯衣 WHAT's IN? tokyoインタビュー

ありがとうございます。インタビュー時間が残り少なくなってしまいました。井上さん、全7曲が収録された1stシングルをどう聴いてもらいたいなと思いますか。

井上 自分たちが参加している曲も含めて、本当に全部、チームによって全然楽曲が違うので、いろんな櫻坂46を皆さんに味わって頂ければなと思います。それぞれ、センターを務める子の良さもあるし、楽曲によって、みんなの顔が変わるので、そこに注目してもらいたいです。1stシングル、本当にみんな気合いを入れて、熱い気持ちで頑張ってるので、新しいスタートをきる私たちに温かい声援を送ってもらえたらなって思います。そうしてもらうためにも、私たちの誠意や熱意、行動1つ1つで示していきたいなと思います。みなさんよろしくお願いします!

そして、武元さん、NHK紅白歌合戦への出場も決定してます。

武元 デビューした月に紅白に出場するのは異例なことなので、いろいろな意見があると思うんですけど、出させていただけるっていうことは、櫻坂46の未来に期待をしてくださってる人もいる、と前向きに捉えています。その気持ちに恩返しするためにも感謝の気持ちを込めてパフォーマンスしたいですし、初めて紅白で私たちの名前と、曲を聴く人も多いと思うんです。聴いたことないけど、なんかすごいパワー持ってるなとか、これから楽しみだなって、一人でも多くの人に思ってもらうのが、今の私たちの目標かなって思ってます。2020年、本当にいろんなことがあって。メンバー全員が、悔しい思いやもどかしい思いをたくさんして来たので、その気持ちを2020年最後の日、12月31日にぶつけたいですし、その日までみんなで突っ走っていきたいなと思うので、ぜひ温かい目で見てもらえたらいいなと思います。

ああ、もう時間が……。最後に大沼さんに2021年の目標を一言だけお願いします。

大沼 えっ!? ひと言ですか……う〜ん、咲きたい!

井上武元 おお〜。パチパチパチパチ。

【募集終了】抽選で1名様に井上梨名さん&大沼晶保さん&武元唯衣さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

井上梨名さん大沼晶保さん武元唯衣さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

12月10日(木)~12月17日(木)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


櫻坂46

秋元康総合プロデュース。応募者2万2,509名のオーディションを経て、2015年8月に乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾グループとなる欅坂46として誕生。 2016年4月6日、1stシングル「サイレントマジョリティー」でデビュー。女性アーティストオリコン初週売上の歴代1位を獲得。 同年末にはデビュー8か月にして第67回紅白歌合戦に初出場を果たした。2018年11月には二期生9名が加入。 デビューから8作連続でオリコンシングルチャート1位を獲得、4年連続で紅白歌合戦にも出場。2019年9月には初の東京ドーム公演を2日間にかけて開催。2020年2月に坂道研修生の中から新たに6名が二期生として加入。
2020年7月に配信ライブ「KEYAKIZAKA46 Live Online, but with YOU!」を開催し、同公演内で10月のラストライブをもって欅坂46の活動休止と改名を発表。 9月に新グループ名が櫻坂46になることが、渋谷駅前の街頭ビジョンでサプライズ発表された。
10月12日・13日の2日間に渡って開催された「欅坂46 THE LAST LIVE」は約57万人の視聴者を魅了し、欅坂46は幕を閉じた。 2020年10月14日より櫻坂46が活動をスタート。
12月9日に1stシングル「Nobody’s fault」をリリース。

オフィシャルサイト
https://sakurazaka46.com/

フォトギャラリー