Review

PS5のスゴさを実感『Marvel's Spider-Man: Miles Morales』スパイディのアクションが爽快すぎる!

PS5のスゴさを実感『Marvel's Spider-Man: Miles Morales』スパイディのアクションが爽快すぎる!

ニューヨークの街をウェブ・スイングで飛び回るヒーロー、スパイダーマンことピーター・パーカーになり、凶悪な犯罪から街を守るオープンワールドアクションゲーム『Marvel’s Spider-Man』から2年。前作にも登場したマイルス・モラレスが主人公として活躍する『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』がリリースされました。街をウェブ・スイングするスピード感あふれるアクション、スタイリッシュな美術はシリーズのファンでなくとも目を引かれることでしょう。また本作は原作、映画などとは違う世界設定での展開も注目です。ファンならニヤリとする点はたくさんありますが、今作からプレイを始めてもまったく問題ありません。本記事ではPlayStation®5(以下、PS5)版とPlayStation®4(以下、PS4)版を両方遊び、手触りを紹介していきます。さあ、まずはトレーラームービーで迫力の映像美を楽しんでください。

文 / 内藤ハサミ


新スパイダーマンが魅せるニューアクション

今作の舞台は、雪の降る街並みが美しい冬のニューヨークです。前作ではスパイダーマンにあこがれる少年として登場したマイルズ・モラレスは、研究所から脱走したクモに噛まれたことで壁や天井に張り付いたり、驚異的な身体能力を授かりました。そして前作の主人公であるピーター・ベンジャミン・パーカーにアドバイスを受けながら、新人スパイダーマンとしてニューヨークのヒーローとなるべく励んでいます。

Marvel's Spider-Man: Miles Morales WHAT's IN? tokyoレビュー

▲あらすじムービーが用意されているので、今回が初プレイでも置いてけぼりにはなりません

スパイダーマンたちは強盗、脱走した囚人などのほか、エネルギー企業のロクソン、謎の組織であるアンダーグラウンドなど、ニューヨークに住む人々の生活を脅かすものとなら誰とも果敢に戦います。スパイダーマンたちと同じく、特殊な体質・能力を持つヴィラン(悪役)たちとの戦いも! ニューヨークの街で日々起こり続ける事件を解決しながら、隠れた大きな犯罪の核心に迫っていくのが本作の目的です。

Marvel's Spider-Man: Miles Morales WHAT's IN? tokyoレビュー

▲前作に登場したライノも大暴れ

手首にある“ウェブ・シューター”から繰り出す糸を周囲のオブジェクトに絡めてスイングする空中アクションの独特な浮遊感と爽快さは、概ね前作を踏襲しています。ですが陽気でまだ未熟さの残る今回の主人公マイルスのアクションパターンは、すっかりベテランのスパイダーマンとなったピーターとは全く違うので新鮮に映ります。彼らの性格の違いもよく表れていてとてもチャーミングなのです。マイルスはピーターにはない能力、生体電気をコントロールして放出する“ヴェノム・パワー”を使うことができます。体に当てると一時的なマヒを引き起こす強力な技で、敵に攻撃を当てたり、ウェブ・スイング中にアクションをしたりしてゲージを溜めれば使用可能です。これを戦闘の軸に置くことで、よりアクションにリズム感を感じられるでしょう。ヴェノム・パワーはバトルに活用するだけでなく、壊れた電気設備を修理したりなど生活に根差した素朴な利用法もあって、ミッションのなかで実際にマンションの設備を修理するようなシーンも出てきます。これがかっこいいだけではない、とぼけた面白みを感じさせます。

Marvel's Spider-Man: Miles Morales WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ヴェノム・パワーを使った技は数種類存在します

Marvel's Spider-Man: Miles Morales WHAT's IN? tokyoレビュー

▲糸の使用法は、敵と戦うことだけではありません。こうして電車を動かしたり、配管修理まで行うことも可能です

マイルス独自の能力としてもうひとつ、自身を一定時間透明化する“カモフラージュ”も面白い要素です。隠密行動で敵地に忍び込み敵の行動を探るなど、変化に富んだプレイ感の演出に一役買っています。ウェブ・スイングで移動するときのバリエーションも含めアクションの種類はそこそこ多いのですが、複雑なコマンドは一切ありませんから、慣れれば難しさを感じずに操作することができるでしょう。技コマンドの一覧表はメニュー画面からいつでも確認できるので、序盤はお世話になることが多かったです。プレイを始めたころはスパイダーマン独特の動きや素早さに翻弄されていましたが、技を覚え慣れていくほど自分の思ったとおりに動いてくれるようになってきます。この楽しさは格別です。

Marvel's Spider-Man: Miles Morales WHAT's IN? tokyoレビュー

▲一瞬で透明化するカモフラージュ能力で、敵にステルスアタックをキメるのも気持ちいい!

ミッションの達成、敵の討伐などで経験値を溜めると手に入るスキルポイントは、ヴェノムスキル、バトルスキル、カモフラージュスキルという3つのカテゴリに任意で振り分け、より強力なアクションやバトルに有効な技を段階的に取得することができます。スキルを解放していくほどスパイダーマンの動きがバラエティに富んで派手さを増しますし、攻略自体もどんどん楽になるのでスキルポイントを得たらすぐに強化してしまいましょう。ただしポイントの振り直しはできない点にはご注意を。さらに別条件によって解放されるスキルとして、チャレンジスキルも見逃せません。これは、ピーターが用意してくれるスパイダートレーニングをクリアすることで得られるもので、回避後に敵を即死させることができるもの、移動がさらに便利になるものなど有用なものが多くあります。こちらも序盤から積極的に取得していくのがおすすめです。アクションや技の種類はかなり多くプレイヤー自身が段階的に習得していけるという意味で、スキルツリーシステムは本作にマッチした仕様だと思います。

Marvel's Spider-Man: Miles Morales WHAT's IN? tokyoレビュー

▲筆者は、あえて何も考えずに目についたものから取得していきました。これもひとつのスタイルですね

被ダメージダウン軽減や投げつけたオブジェクトのダメージがアップするなど、それぞれに違った効果を付与できる装備品のスパイダースーツは20種近く用意されていますし、戦闘を有利にする便利道具であるガジェットも速射ウェブ・シューター、味方として一緒に戦ってくれるホロ・ドローンを出現させるなど面白いものばかりです。大半はアクティビティトークンや部品で強化できます。それらは序盤で登場する新機能“隣人アプリ”から受けられるクエストをこなすことなどで入手できます。受けられるクエストの量は思ったほど多くなかったのですが、収集の楽しみとキャラクターの強化をどちらもストレスなく楽しめるよいバランスだと感じました。街中で制限なく発生し続ける“犯罪”はクリア後も楽しめるので、できるコンテンツがなくなるということはありません。

やっぱりPS5版で遊びたい!

バトルの難易度はFRIENDLY NEIGHBORHOOD、FRIENDLY、AMAZING、SPECTACULAR、ULTIMATEの5段階があり、デフォルトではAMAZING に設定されています。ULTIMATEはクリア後に解放される最高難度。バランスのいい難度だというAMAZING でもかなり戦闘は難しめです。攻撃を受けると相当の体力を持っていかれてしまうので、ダメージを受けながらもごり押しでつき進んでいくようなスタイルはしにくいですね。敵の攻撃回避を確実に行っていくことで、安定した立ち回りができるようになるでしょう。ですが難しいながらも戦闘の手触りは爽快! 序盤に丁寧なチュートリアルもあるので、ぜひ操作に慣れクールなコンボを次々とキメて悦に入りましょう。フォトモードも搭載されているので、ここだというシーンを撮影するのも楽しいですね。

Marvel's Spider-Man: Miles Morales WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ビルからビルに飛び移って戦うスパイディ(スパイダーマンの愛称)。文句なしにカッコイイ!

Marvel's Spider-Man: Miles Morales WHAT's IN? tokyoレビュー

▲不慣れなうちは乱戦ですぐにゲームオーバーしてしまうけれど、慣れると絶妙なバランスに感じられる戦闘はハマります

さて多くの人が気になっているであろうPS4版とPS5版の違いについてですが、ゲーム内容自体にはまったく違いがありません。しかし双方遊んでみて感じたのは、PS5を持っていれば絶対にこちらでのプレイをおすすめしたいということです。まずロード時間という概念をほぼ感じさせないほど早い読み込み時間に感激しました。マップから数点あるポイントを選び瞬時に移動するファストトラベルにもほとんど待ち時間は発生せず、ストレスゼロです。キャラクターの動きがより滑らかですし、ガラス窓に映りこむ背景なども詳細に描かれています。ニューヨークの街は高層ビルが立ち並んでいますが、このビル群の窓ひとつひとつの映り込みがリアルで美しく、この処理がすべての窓になされていて……こんなにも高クオリティのグラフィックが家庭用ゲーム機で味わえてしまうのか、と驚くほかありません。

Marvel's Spider-Man: Miles Morales WHAT's IN? tokyoレビュー

▲内部の照明と外の景色が映りこむ窓。ため息が出るほどの美しさ

PS5版限定で『Marvel’s Spider-Man』のリマスター版が付属しているアルティメットエディションが発売されています。また超高速SSDによる読み込みの速さ、アダプティブトリガーやハプティックフィードバックなどのよりリアルな手触りを演出するPS5コントローラーの機能が楽しめることも次世代機ならではの大きな特徴です。その繊細な振動は、本当に自分の手でアクションを行っているような説得力を持っています。PS4版を持っていればPS5版に無償アップグレードが可能で、アルティメットエディションも追加購入できます。PS5が手に入りにくい今はまずPS4版を遊び、のちにアップグレードという楽しみかたもひとつの選択肢かと思います。いえ、ぜひおすすめします!
次世代機の性能を存分に味わえる『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』。前作からの正当進化といえるでしょう。メインストーリーだけのプレイだと、クリアまで10時間前後とボリュームはやや控えめです。しかし手ごたえを感じるサブミッション、ウェブ・スイングで飛び回るだけでも楽しいリアルなニューヨークを体験したからか、さしたる不満は感じませんでした。

街の治安を守るために飛び回るマイルスの活躍ですが、中盤からストーリーは不穏さを増していきます。何かを隠している様子の幼馴染フィン・メイソン、そしてワケアリの叔父アーロン・デイビス。それぞれとの絆や信念が絡み合い、不協和音を奏でます。徐々に崩壊へと向かうニューヨークの街はどうなってしまうのか。最後の山場では、マイルスは大事な人たちを守るために苦しい決断をしなければなりません。トラブルに全力でぶつかるマイルスの姿には、感情移入すること間違いなしです。物語の結末はぜひ、自分がスパイダーマンになって体験してみてください。

フォトギャラリー

■タイトル:Marvel’s Spider-Man: Miles Morales
■発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
■対応ハード:PlayStation®4、PlayStation®5
■ジャンル:アクション
■対象年齢:15歳以上
■発売日:発売中(2020年11月12日)
■価格:オフィシャルサイトでご確認ください


『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』オフィシャルサイト

© 2020 MARVEL ©2020 Sony Interactive Entertainment LLC. Created and developed by Insomniac Games, Inc.