Review

WWEスーパースターのASUKA本人が『WWE 2K バトルグラウンド』を遊んだら!?

WWEスーパースターのASUKA本人が『WWE 2K バトルグラウンド』を遊んだら!?

自分がゲームの中にキャラクターとして登場し、自分自身でその本人キャラをプレイする……。これはゲーム好きにとって憧れのひとつではないでしょうか。本当にそんなことが実現できる人物は、かなり限られていると思います。わたくしASUKAがWWEを代表するスーパースターになれて良かったと思うことのひとつに、そんなことが実現できた点が挙げられます。今回は以前ゲームライターもしていた経験を活かして、『WWE 2K バトルグラウンド』のレビュー記事を執筆したいと思います。

文 / ASUKA


ついにわたくしASUKAがWWEゲームのパッケージに登場!

2015年よりWWEに所属したわたくしは毎日がハードスケジュールでした。試合はもちろん、それ以外にも早朝からトレーニング、そのあとはトレーディングカードやグッズにサインをする日々です。

そんなある日、スケジュール表に「FaceとBodyのスキャン」という表記がありました。「こ、これはもしかしてゲーム?」と気持ちがザワザワした事を覚えています。

その予感は的中して、わたくしがゲームにキャラクターとして登場するためのスキャンだったのです。「WWE 2K」シリーズでした。

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲こちらは昨年発売になった『WWE 2K20』のスクリーンショット

それから毎年のようにわたくしは「WWE 2K」シリーズに登場して、時には女子選手最高のステータスを持つ最強キャラのときもありました。

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲『WWE 2K20』ではわたくしもDLCで出場しております!

シーズン毎に選手たちがアップデートされて新作が発売されるサッカーやバスケットボールなどのスポーツゲームと同様、WWEのゲームもまた毎年新作が発売されるのが恒例となっています。

しかし、今年(2020年)は「WWE 2K」シリーズは発売されないという情報を耳にしました。そうなんや、今年はWWEのゲームは発売されないのか……と残念な気持ちになっていたら、これまでの「WWE 2K」シリーズとは違う、新しいタイプのWWEゲームを発売するということを聞きつけて、めっちゃうれしい気持ちになりました。ゲームファンとしてもどんなゲームか楽しみじゃないですか!

そんなふうに喜んでいたら、かつてゲーム雑誌でわたくしを担当していた編集さんから「ゲームの記事、久しぶりに書いてみない?」なんて依頼が! ということでがんばって書かせていただきます。

まずはパッケージを見てみましょう。

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲女子選手はシャーロット・フレアー、ロンダ・ラウジーとわたくしASUKAの3人だけがパッケージに選ばれています(日本ではダウンロード版のみ)

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ロゴの「GROUND」という文字の「R」あたりにわたくしがいます!

今回のゲームパッケージには、わたくしも登場しています。これは本当に嬉しい。嬉しすぎる……。ゲームパッケージに選ばれるなんて、ゲームキャラとして登場する以上に狭き門じゃないですか。ロック様やストーン・コールドなど過去から現在まで在籍したスーパースターが、パッケージのスペースを埋め尽くします。WWEを代表する顔にならないと、パッケージには登場できませんからね。わたくしもついにここまできたか……とグランドスラム達成したときくらいに感動しました。

プラットフォームはNintendo SwitchやPlayStation 4、Xbox Oneはもちろん、WindowsやStadia(日本では未対応)などひととおりの機種を網羅しています。わたくしは現在RAWのチャンピオンでして、毎週生放送のマンデーナイトRAWのために飛行機移動であまり自宅にいないこともあり、Nintendo Switchでプレイすることにしました。

こういうとき、いつでもどこでも気軽に持ち出せて遊ぶことができるNintendo Switchは心強いです。

日本人選手も多数!
日本語ローカライズ万歳!

では早速、電源ON!

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲WWEは現在約180の国で放送されていますが、放送前には必ず各国の言語で表示されます

実際のWWEの放送と同様、「大変危険ですので、ご自宅、学校などで真似しないでください」の注意のあとにオープニングが表示されます……んんっ!? あれ、ななななんと、ちゃんと日本語ローカライズされているではありませんか!

今までの「WWE2K」シリーズは、日本人のわたくしやシンスケ・ナカムラ(中邑真輔)、カイリ・セインたちが登場して、日本でも販売されているのにもかかわらず……残念ながら日本語化されていませんでした。日本で発売されているバージョンも英語版だったのです。

しかし! 今回の『WWE 2K バトルグラウンド』は、各ゲームモードすべてしっかり日本語になっています。たとえばキャンペーンモードではスーパースターがイラスト化されてアメリカンコミック様式でストーリーは進んでいくのですが、セリフの吹き出しも完全に日本語になっているので、完璧にストーリーを追っていけます。

また、タイトルが変わったことでもおわかりのとおり、今までの「WWE 2K」シリーズとは違うゲーム性になっています。スーパースターのグラフィックがちょっとコミック調になり、操作もアーケードライクなものになった、という点でしょうか。殴って蹴って投げて締めて飛んでフォールして……とやれることは豊富なので、アクションゲームらしさ、WWEらしさらを存分に楽しめると思います。

さて、日本語化で日本の皆さんが完璧に楽しめる仕様になっているのを確認出来たので、モードを見てみましょう。

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲メニューも設定も何もかもが日本語化されているので安心して遊べます。トーナメントのモードにはジョン・シナの隣に戸澤さんの姿が!

・キャンペーン
・トーナメント
・キング・オブ・ザ・バトルグラウンド
・バトルグラウンドチャレンジ
・エキシビジョン

ゲームモードは大きく分けてこの5つ。「キャンペーン」はストーリーを楽しむもので、「トーナメント」は勝ち抜き戦、「キング・オブ~」はできるだけ長くリング内で生き延びるモード。

「バトルグラウンドチャレンジ」はカスタムキャラクターを作ってプレイ、「エキシビジョン」はいろんな試合形式を楽しむことができます。また対戦はクロスプレイ可能なので、異機種間でも一緒に遊ぶことが可能となっています。

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲エキシビジョンのモード内だけでもロイヤルランブルなど、WWEを代表する試合形式から一般的なシングルマッチまでかなり豊富に選べます

個人的にすごくワクワクしたのはエキシビジョン! 前述のとおり通常の1対1の試合はもちろん、様々な試合形式を選べるところがWWEらしくていいですね。例えば、WWEの4大公演のひとつで、毎年1月に開催される「ロイヤルランブル」は数十人の選手が最後のひとりを目指します。実際に本作のロイヤルランブルで遊んでみたのですが、最後までスタミナが保たず未だに一度も優勝することができません。実際のロイヤルランブル経験者から言わせてもらうと、入場順が早いほど長時間戦わなければいけないので本当に大変なんです。あ……、ちょっとだけ自慢していいですか? わたくしASUKAは歴史に残る女子ロイヤルランブル初代勝者なのです!

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲スチールケージマッチは出現するマネーを集め、マネーゲージをいっぱいまで貯めて脱出する試合形式。金網は定期的に電流が流れるので金網に登るタイミングも重要

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲特殊な試合形式もこのように試合前に詳しく説明してくれます

そのほか、スチールのケージに閉じ込められて脱出を競う「スチールケージ・マッチ」、4人同時に戦う「フェイタル・4ウェイ」、凶器の使用も可能で勝ったと同時に次の挑戦者と対戦する「ガントレット・マッチ」などなど、WWEならではの試合形式が手軽にサクッとゲームライクにプレイできるのは嬉しいですね。

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲プロレスのゲームで最も重要なモードのひとつはキャラクターのクリエイト。このモードさえあれば、あらゆる選手をクリエイトして夢の対決ができる!

さらにキャラクターやリングなどの試合フィールドまで自由にカスタムできるクリエイトモードあります。カスタムパーツはゲームをプレイすると貯まるゲーム内通貨でアンロックをしていく方式。キャンペーンモードやエキシビジョンなど、どのモードでプレイしてもどんどんゲーム内通貨が貯まっていくので、これは大きなモチベーションになりますね。

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲アンロックキャラはガラスのケージに閉じ込められている。表示されているポイントと引き換えにアンロックが出来る。ベイリーよりもわたくしのステータスが低いとはどういうこと?(笑)

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ジ・アンダーテイカーとヨコズナに挟まれている戸澤さん。初めからジ・アンダーテイカーを使えるのは嬉しい

まずはエキシビジョンモードで、早速わたくし「アスカ」を使っちゃうぞ!と張り切ったたのですが、なんとアンロックキャラでした……(それだけ「特別」なんだということで納得しましょう)。使用できる選手も初めは限られていますが、クリエイトのパーツと同様にゲーム内通貨でアンロックしていきます。ジ・アンダーテイカーやランディ・オートン、ロマン・レインズは最初からプレイ可能です。日本の皆さんが気になる日本人選手はというと、戸澤さん(戸澤陽)と中邑さんは最初から使用できるキャラになってますね。

ちょっとだけ残念なのは、女子スーパースターの人数。通常版に収録されている人数は総勢61名(今後のアップデートでさらに追加予定)とかなり豊富なのですが、男子スーパースターは43選手に対し、女子スーパースターは18選手と少なめ。それぞれ2~3パターンのコスチュームがあるのでゲームとしては十分すぎるのですが、ちょっと前までわたくしとタッグチャンピオンだったカイリちゃん、現在NXT女子チャンピオンのイオちゃん(紫雷イオ)がいないので、夢の共演ができません(涙)。

将来、ダウンロードコンテンツで追加されれば良いのですが、この際キャラクタークリエイトで創ってしまったほうが手っ取り早いかもしれませんね。

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲複雑ではない操作性とメーターを管理する程よい戦略性で気持ちよく大技も繰り出せます

ということで、アスカをアンロックして自分で自分をプレイするのを目標に、キャンペーンモードを進めながらポイントを貯める事にしました。キャンペーンはオリジナルのキャラクターで始まります。最初の対戦相手はバロン・コービン。試合形式は通常の1対1戦です。ここからストーリーを追いながらいろんな試合形式をこなしていきますが、新しい要素が現れるたびにチュートリアルが表示されるので、一度にたくさんのことを覚えなくても良い親切設計です。

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲チュートリアルで実践しながら操作を覚えることができる親切設計

そんなこんなで、何度か負けながらも順調にストーリーを進めていくと、いつの間にか結構なゲーム内通貨が貯まっていました。最初から全要素が開放されていてもモチベーションにならないし、開放するためのゲーム内通貨集めが大変すぎてもヤル気が削がれるので、このゲーム内通貨が貯まるバランスは非常に良いのではないでしょうか。

ASUKAがアスカをアンロック!
本人が本人をプレイしてみる!

ひとまずキャンペーンを中断して、わたくし自身であるアスカをアンロックしてみましょう。

コスチュームのバリエーションは3種類。わたくしのコスチュームの中でも代表的な虎柄をアクセントにしたやつを選んでみます。

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ガラスのケージを壊してアンロック!アンロックに必要なゲーム内通貨はサクサク貯まるのでストレスは感じませんでした

はい! このとおり無事にアンロックできました。

ではアスカを使って、わたくしのメル友リック・フレアーの愛娘であり、最大のライバルでもあるシャーロットと対戦してみます。

わたくしがWWEでデビューしてから約2年半に渡り積み上げてきた267連勝を止めた相手がシャーロットで、その後もなんやかんやと因縁浅からぬ関係なのです。このゲームでメタクソにやっつけてストレスを解消してやります。

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲パイロの演出でアスカが踊りながらカッコよく入場!その後のシャーロットの入場はスキップしたのでどんな演出だったのかわかりません……

わたくしの入場は飛ばさず見ます。カッコいいですね! シャーロットの入場はスキップします。ここからもう心理戦が始まっています。いつものヒップアタックも使うし、見たことがない技も使えるアスカ最高。

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲わたくしの知らない自分の技を華麗に極める。今度、実際に使ってみようかな!?

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲炎を眼球から発するほど興奮しているシャーロットと超クールなアスカ

シャーロットは眼球や身体全体から炎を発していますが、アスカはアピールで挑発する余裕があります。一方的に攻撃をしまくってシャーロットに圧勝しました。あー気持ちよかった(笑)。

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー
WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲女子ディビジョン最強のスーパースター、アスカ!

今までの「WWE2K」シリーズはどちらかというと、試合構築をシミュレートするようなアクションゲームでした。本作はもっとアクション寄りで、ゲームが苦手な方でもぶっちゃけガチャプレイでも遊べます。慣れてきたら狙った技やアピールなどで、実際のスーパースターたちのような試合もできますし、ワニや椅子などのオブジェや凶器を利用するなど、幅広い層が楽しめる作りになっていると思います。

WWE 2K バトルグラウンド WHAT's IN? tokyoレビュー

▲この直後、真下にいるワニに噛まれます(笑)。フロリダ州では人口よりもワニ数が多いのです。

今までの「WWE 2K」シリーズは英語版だったので遊びたくても敬遠していた人や、操作やプレイ感が合わなかったひとたちも気軽に遊べるってことですね!

友達とローカルプレイも出来るし、社会人になり友達と集まれなくてもオンラインでプレイすることもできます。試合時間も通常ルールなら1プレイ数分なので、サクッと楽しめると思います。

WWEユニバースはもちろん、WWEを知らないゲームファンも気軽に楽しく遊べるのでぜひ手に取ってわたくしをアンロックしてください!


執筆者【ASUKA(明日華)】
日本で「華名」として成功をおさめ、世界最大のスポーツ・エンターテイメント団体WWEに活動の場を移す。2015年にASUKA(明日華)としてWWEデビューをすると、無敗のまま最短記録でNXTチャンピオンに。無敗は約2年半に渡りWWE史上最長となる267連勝となった。2018年には史上初の女子ロイヤルランブルで優勝、12月の年間最終PPV「TLC2018」で日本人女子初のスマックダウン女子王者となる。2020年5月10日PPV「マネー・イン・ザ・バンク」に出場してMs.マネー・イン・ザ・バンク、翌11日Monday Night RAW でRAWのチャンピオンとなり、WWE女子部門の全タイトルを制してグランドスラムを達成する。


■タイトル:WWE 2K バトルグラウンド
■発売元:2K/テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
■対応ハード:PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、PC(Windows)
■ジャンル:アーケードスタイル格闘ゲーム
■対象年齢:12歳以上
■配信日:配信中(2020年9月18日) ※日本では現状デジタル版のみ
■価格:
通常版 4,000円(税別)
デジタル デラックス エディション 5,000円(税別)


『WWE 2K バトルグラウンド』オフィシャルサイト

©2020 Saber Interactive. Published and distributed by 2K Games, Inc. Saber Interactive is a trademark of Saber Interactive, Inc. 2K and the 2K logo are trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. All rights reserved. All WWE programming, talent names, images, likenesses, slogans, wrestling moves, trademarks, logos and copyrights are the exclusive property of WWE and its subsidiaries. © 2020 WWE. All rights reserved. Andre the Giant TM licensed by CMG Brands, LLC. Unreal® Engine, Copyright 1998-2020, Epic Games, Inc. All rights reserved. Unreal® is a registered trademark of Epic Games, Inc. All other trademarks are property of their respective owners.