Interview

小越勇輝、『人狼ゲーム』初尽くしの新作で映画主演のプレッシャー。「慢心せずにやっていきたい」

小越勇輝、『人狼ゲーム』初尽くしの新作で映画主演のプレッシャー。「慢心せずにやっていきたい」

3歳で子役デビューし、10代の頃からミュージカル『テニスの王子様2ndシーズン』や『弱虫ペダル』などの人気舞台に立ってきた小越勇輝。近年ではドラマ『弱虫ペダル』、ドラマ&映画『ドルメンX』など、映像作品への出演も立て続いている小越が、人気シリーズ最新作となる映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』で映画初主演を飾る。

これまで桜庭ななみや、土屋太鳳、武田玲奈など人気女優を輩出してきた同シリーズだが、男性主人公は初。シリーズ原作者の川上 亮が自らメガホンを取り、人狼ゲームの運営側に初めてフォーカスした、シリーズ新境地となる本作に主演する小越に、役作りや共演者たちとのエピソードだけでなく、実は歌やダンスが苦手だったという過去などを聞いた。

取材・文 / 望月ふみ 撮影 / つぼいひろこ


人狼ゲームに挑戦!「嘘をつくのは下手だし、やっぱり苦手」

人狼ゲーム デスゲームの運営人 小越勇輝 WHAT's IN? tokyoインタビュー

小越さんは本作で映画初主演なんですね。意外です。

最初にお話を聞いたときはプレッシャーでした。観客として観ていた「人狼ゲーム」シリーズに主演させていただけることはもちろん、初めて運営側にスポットを当てた物語で、しかも男性が主役という、初尽くしの作品に主演できるなんて、驚きが大きかったです。

小越さんが演じる正宗は、ゲームの参加者に、家庭教師をしていたときの元教え子の女子高生・柚月(桃果)がいることを知り、柚月を救うために命をかけます。

運営側ってどういう人たちなんだろうというのは、このシリーズを観てきた人たちも気になっているとところだと思うんです。「人の心がないんじゃないか」とか「卑劣な人たちなのかな」って。でも正宗たちのように運営といっても現場で動いている人たちは、それぞれに揺れている部分がある。しかも正宗は、このゲームの基礎となったものを作ってしまった過去があって、その負い目も感じている。だけど、運営側として参加し続けていくなかで、人が目の前で殺し合いをして死んでいくという、当たり前じゃないことが、どこか日常になってしまって退屈さえも覚えてしまっていたんです。そこに、かつて家庭教師として教えていた夏目柚月が参加者としてやってきた。

驚いたでしょうね。

一気に心が揺れたと思います。

人狼ゲーム デスゲームの運営人 小越勇輝 WHAT's IN? tokyoインタビュー

でも、柚月は自分のことを覚えてもいない可能性もあるわけです。

正宗には彼女への恋心があったんだと思います。自分のことを覚えていないかもしれない相手を、なぜ命をかけてまで守るのかということについて、監督からは「とにかく柚月のことを好きになってね」とずっと言われていました。あとは、正宗自身もこの生活を送ることに限界を感じていたんだと思います。

運営側は参加者をモニター越しで監視しているので、桃果さんとの共演シーンは少ないかと思いますが、どう気持ちを作っていかれたんでしょうか?

確かにお話できる機会は少なかったですが、顔合わせや衣装合わせ、あと撮影の合間だったり、時間を見つけて話すようにはしていました。あとは、撮影期間はかぶっていたので、彼女の撮影シーンをモニター越しに見ていたりしていましたね。

これまで本シリーズに参加してきたキャストさんたちは、現場でも“人狼ゲーム”をしていたそうです。小越さんは今回運営側ですけど、現場で“人狼ゲーム”をすることはあったのでしょうか?

本読みで集まったときに、参加者チームで人狼ゲームをやったんですが、そこに僕も混ぜてもらいました。“人狼ゲーム”はちゃんとやったのは初めてだったんです。そしたらものすごく難しくて。みんなが説明してくれるんですけど、全然分からない(笑)。「え、で、つまり何なの?」みたいになってました(苦笑)。もうワケがわからないから、途中から自分で「桃香さんをいかに守るか」という新たなミッションを設定してやっていました(笑)。嘘をつくのは下手だし、やっぱり苦手だなと思いましたね。

人狼ゲーム デスゲームの運営人 小越勇輝 WHAT's IN? tokyoインタビュー

「歌もダンスも本当に苦手意識の塊でした」

人狼ゲーム デスゲームの運営人 小越勇輝 WHAT's IN? tokyoインタビュー

嘘をついたんだけど、バレちゃったみたいな思い出はありますか?

あります。子どもの頃にレッスンに通っていて、当時からお芝居は好きだったんですが、ダンスは本当に嫌いだったんです。踊れないし、動き自体、全然覚えられないのに、半分ずつに分かれて、お互いのグループの踊りを見せ合ったりするんです。「全然できないのになんで見せなきゃいけないんだろう。そんなの嫌だ」と思って、ダンスの時間になると、漫画を買って更衣室で読んでました。そうすると先生から「参加してません」と家に連絡がいくので、すぐにバレるという(苦笑)。

確かにそれはすぐバレちゃいますね。というか、嘘をついてもいませんね(苦笑)。ところでダンスが苦手だったんですか? 今ではミュージカルでも活躍されていますけれど、どうやって克服を?

ひたすらやるだけです。今でもできるようになったという感覚はないですが、楽しくはなってきました。必死にやっていくなかで、楽しさを知ることができたというのが大きいと思います。だから舞台をやれて本当に良かったと思いますし、歌もダンスも本当に苦手意識の塊でしたが、やっていくなかで「もっとやりたい」と思うようになれました。不思議ですよね。小学校くらいまでレッスンしていて、その後、少し間が空いたんです。改めてレッスンするようになった時に、小さいころに思っていたこととは、違った感覚を持てたというか。改めて触れることが出来たのは大きかったのかもしれません。

人狼ゲーム デスゲームの運営人 小越勇輝 WHAT's IN? tokyoインタビュー

今回の作品では、みんなが命を懸けて戦います。もちろん普段の生活にそれほどのことはありませんが、小越さんにとってピンチだった出来事はありますか?

僕、忘れ物が多いんです。家を出て電車に乗ろうとしたときにSuicaを忘れたり。Suicaは持っていても、改札から出るときに残高切れになっていて、さらに財布も持っていなかったり。仕方ないので、同じ現場にいる共演者の人に電話をして来てもらって「ごめん、お金貸して」と借りたりしたことがあります(苦笑)。

同じような経験がある人もいそうですね。

よくあるので本当に気を付けようと思っていたのですが、実は今年もあったんです。埼玉の奥のほうでの撮影で、Suicaも現金も持ってたんです。空いた時間に美味しいものでも食べようとしたら、カードが使えなくて現金で払うことになって。その時点で、もう1品食べたら足りないところだったんです。危なかった(苦笑)。でもそこはとにかく払えたので、「よし、これでSuicaで行けば大丈夫!」と思ったら、Suicaが使えない駅だったんです! それで財布に残っていた数百円でとりあえず入るだけ入って、どうしようかなと思っていたら、同じ電車に1時間後入りだった子が早く来てて助けてもらえました(苦笑)。

やっぱり助けになるのは人ですね。

本当に気を付けないとと、いつも反省してるんですけど。やっちゃうんです(苦笑)。

人狼ゲーム デスゲームの運営人 小越勇輝 WHAT's IN? tokyoインタビュー

さて、小越さんは舞台での印象が多いですが、このところ映像作品もとても増えています。20代後半に入って、「こんな俳優になっていきたい」といったビジョンはありますか? 現在は中性的なイメージが強いですけど。

気づいたら26歳になっていて、思うところは色々あります。今言っていただいたように、中性的とか、年齢より若く見えるとはよく言われますし、それが自分の武器でもあるのかなとは思うので、生かしていきたいとは思ってます。ただ、役者を続けていくうえで、「こういうのは得意かも」とか「ここは苦手かも」というものって自然と分かってきたりするんですけど、そうした部分に逃げるのは違うかなって。「こんな役もやるんだ」「これも小越勇輝がやってたんだ」と言ってもらえるようにしたいです。歳を重ねていくことによって、役も広がっていくでしょうし、幅を広げていきたいです。

今まで積み上げてきたものを大切にしながら、さらに裏切っていけるように。

はい。自分の武器も持ち続けつつ。この仕事って、何が正解かわからないですし、いろんなことができるようにと追い求めながら、慢心せずにやっていきたいです。

スタイリスト / 小田優士 ヘアメイク / 小竹珠代


WHAT’s IN? tokyo オフィシャルInstagramでは、Instagram限定公開の撮り下ろし写真を掲載しています! そちらも是非チェックしてみてください!

【募集終了】抽選で2名様に小越勇輝さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

小越勇輝さん直筆サイン入りチェキ

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

11月11日(水)~11月18日(水)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


小越勇輝

1994年、東京都生まれ。2.5次元舞台を中心に、様々なフィールドで活躍中。2016年にはテレビドラマ『弱虫ペダル』で主演に抜擢。その後、『ドルメンX』(18)『サバイバル・ウェディング』(18)『腐女子、うっかりゲイに告る。』(19)などに出演。『人狼ゲーム デスゲームの運営人』で映画初主演を飾る。また無観客収録でのワンショットドラマ『キ上の空論 うちの鼠は沈む船を見捨てぬ。』がVimeoにて11月に有料配信予定。

オフィシャルサイト
https://www.at-production.jp/talent/726.html

オフィシャルTwitter
@yuki_ogoe_0408

オフィシャルInstagram
@yuki_ogoe

フォトギャラリー

映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

11月13日(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほかにて公開

出演:小越勇輝、中島 健、ウチクリ内倉、坂ノ上 茜、桃果、山之内すず、福崎那由他 ほか

原作・脚本・監督:川上 亮
企画・配給/AMGエンタテインメント

オフィシャルサイト
https://jinro-game-episode8.com/

©2020「人狼ゲーム デスゲームの運営人」製作委員会