LIVE SHUTTLE  vol. 426

Report

小林愛香 自身の誕生日に、初の配信ライブ。彼女らしい表情と熱唱を届けてくれた一夜を報告する。

小林愛香 自身の誕生日に、初の配信ライブ。彼女らしい表情と熱唱を届けてくれた一夜を報告する。

アニメ『ラブライブ!サンシャイン!! 』発の9人組スクールアイドルグループ、Aqours(アクア)のメンバー津島善子役としても活躍中の小林愛香が10月23日(金)に、自身初となる配信ライブ「小林愛香LIVE 2020 “NO LIFE CODE ON LINE MODE”」を開催した。

2011年2月にテレビアニメ『フリージング』のエンディングテーマ「君を守りたい」で歌手デビューした彼女は2015年に『ラブライブ!サンシャイン!!』の津島善子役にて声優としての活動を開始。2020年2月26日にはQ-MHzの田代智一プロデュースによるメジャーデビューシングル「NO LIFE CODE」を発売したが、新型コロナウィルスの影響で2月29日以降に実施予定だったリリース記念イベントと6月に開催を予定していた1stライブはやむなく見合わせとなり、バンド編成による無観客ライブをZepp Tokyoから配信することが決定した。

小林愛香 WHAT's IN? tokyoレポート 小林愛香 WHAT's IN? tokyoレポート

開演時間になると、この日に向けたライブリハーサルの模様を収めた映像が流された。衣装とは異なる私服でスタジオに入り、フリや動きを入念に確認する“あいきゃん”こと小林愛香。そして、カメラに向かって「みんなで楽しもうね」と語りかけたところで、映像はZepp Tokyoのステージへと移り変わった。黄色のチュールワンピース姿の彼女が1曲目に選んだのは、メジャーデビューを飾ったギターロックナンバー「NO LIFE CODE」。時にこぶしを振り上げ、時にウサギになり、時にスピンしながら、画面を通じてオーディエンスの心を解放。エネルギッシュな歌声を響かせたあとの「ゆらゆらら」は、一転して横ノリのネオソウルナンバーで、手を大きく振りながら、聴き手を優しく包み込むようなナチュラルで穏やかな表情を見せた。この2曲は、ともにメジャーデビューシングルに収録されているが、どちらも“今日”という今、現在に焦点を当てながら、どんなときでも自分らしい“色”で自由に楽しく生きていこうというメッセージが込められていたように思う。

小林愛香 WHAT's IN? tokyoレポート 小林愛香 WHAT's IN? tokyoレポート

最初のMCでは、「初めてのオンラインライブで少し緊張してるんですけれど、気合いが入ってますよ。なんて言ったって、初のオンラインライブ、そして、小林愛香、お誕生日ですからね! おめでとう、小林愛香!」と笑いながら自らを祝福。また、リリイベが中止になってしまったことも振り返り、「直接、届ける機会がなかなかなかったんですけれども、今回、オンラインライブで皆さんに届けられることが嬉しいです。ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝え、「あいきゃんバンドの皆さんと画面の向こうのあなたと一緒に素敵な時間を作っていきたいと思います」と意気込みを語った。

小林愛香 WHAT's IN? tokyoレポート 小林愛香 WHAT's IN? tokyoレポート

続く「future is serious」「君を守りたい」は、声優としての活動を始める前から歌ってきた楽曲。アニメ『クイーンズブレイド リベリオン』のEDテーマ「future is serious」は今回がライブでは初披露。洋楽のエッセンスを取り入れたドラマチックなロックナンバーで、こぶしを強く握りながらまだ見ぬ未来をまっすぐに見つめ、ラップもフィーチャーされたヘヴィーなミクスチャー「君を守りたい」では、迷い、悩み、葛藤しながらも、“君”と未来を見つけたいと力強い歌声で宣言。そして、和製ハウスだった原曲をバンドアレンジに変えたSAWAの「Blue」のカバーでは、透明でありながら色が見える、彼女の歌声の個性が際立っていた。

小林愛香 WHAT's IN? tokyoレポート

ここで、彼女は「いま、本当に大変な世の中で。目に見えない恐怖と戦ったり、今まで楽しみにしていたものがなくなっちゃったりだとかして。私も同じようにモヤモヤした気持ちでいたんだけど、私の中で、みんなに歌で寄り添いたい、音楽の力で一緒に乗り越えたいという気持ちが大きく芽生えました。そんな気持ちをたくさんたくさん込めた楽曲をつくっていただきました。画面の向こうのあなたに届くように歌いたいと思います。一緒に乗り越えていこう」と語りかけ、新曲のバラード「Border Rain」を想いを込めて熱唱。さらに、こちらも新曲のロックンロール「Heartache soldier」では、変化しつづる今の時代自由な心で楽しく生き抜いていこうというメッセージに加え、笑顔とピースサインと投げキッスも送った。そして、本編ラストとなる新曲「Can you sing along?」では、“バーチャルコールアンドレスポンス”が実現。“最高すぎるよ”という小林の歌声と、事前に募集していたファンからの“全部最高!”というレスポンスの歌声が一体となり、次に会えるときまで元気でいてほしいという願いを込めた指切りの約束をした小林は、自身の愛称である“あいきゃん”を連想させる<Yes, I Can!>というフレーズを元気いっぱいに歌い上げ、手を振ってステージを後にした。

小林愛香 WHAT's IN? tokyoレポート 小林愛香 WHAT's IN? tokyoレポート 小林愛香 WHAT's IN? tokyoレポート

チャットを通したアンコールの声を受けて、再びステージに戻ってきた小林は、メジャーデビューシングルの3曲目に収録されていた「Crazy Easy Mode」を歌唱。バンドメンバー全員がお揃いのグッズロンTを着ており、ポニーテール姿の小林はまるでガールズバンドのボーカルのようなキュートかつ挑発的なパフォーマンスを見せ、ウィスパーのファルセットも繰り出した。そして、「ここでお知らせがあります!」と話し出したところで、サプライズのバースデーケーキが登場。想定外の出来事に感激の涙を流しながら、「年を重ねても変わらず、一生懸命頑張っていきたいと思っています。これからも応援よろしくお願いします」と一礼し、2ndシングル「Tough Heart」のリリースを発表。メジャーデビューの発表もファンミーティングの場を選んだ彼女は、絶対に自分の口から直接、ファンのみんなに伝えたいという強い思いがあったのだろう。最後は、そんな彼女のファンへの感謝の気持ちが詰まった新曲「Please! Please! Please!」を画面を通したオーデェンスと一緒に、これまでとこれから、そして、今この瞬間を共有するかのように全身全霊で歌い、「ありがとう! また絶対に会おうね」と再会の約束をして締めくくった。

終演後にはこの日の印象的なシーンに加え、ライブ後の楽屋でバースデーケーキを食べる彼女やバンドメンバーとの記念写真も映し出され、まるでライブドキュメントを観たあとのような余韻を残し、深く記憶に残る映像となっていた。また、この配信ライブは10月25日(日)23:59まで、アーカイブ視聴が可能だったが、日曜日の20時に再びファンが集結し、同時視聴会で大きな盛り上がりを見せていた。

文 / 永堀アツオ 撮影 / 笹森健一

小林愛香LIVE 2020 “NO LIFE CODE ON LINE MODE”
2020年10月23日

~Setlist~

1. NO LIFE CODE
2. ゆらゆらら
3. future is serious
4. 君を守りたい
5. Blue
6. Border Rain *新曲
7. Heartache soldier *新曲
8. Can you sing along? *新曲
<アンコール>
EN1. Crazy Easy Mode
EN2. Please! Please! Please! *新曲

リリース情報

2021年1月27日発売
2nd Single 「Tough Heart」

■初回限定盤[CD+DVD+Mini Poster Booklet]  TFCC-89695 / ¥3,200+税
<CD収録曲>
・表題曲「Tough Heart」の他、新曲2曲とそれぞれのインストを含む計6曲収録予定。
<DVD収録内容>
・「Tough Heart」Music Video
・「Tough Heart」Music Video Making
※イラストレーター・かとうれい描き下ろしイラストを使用した三方背ケース付
※ミニポスターサイズブックレット付

■通常盤[CD]  TFCC-89696 / ¥1,300+税
<CD収録曲>
・初回限定盤と同内容

小林愛香

1993年10月23日生まれ、神奈川県出身。2011年にTVアニメ『フリージング』のエンディング・テーマ「君を守りたい」でデビューし、2012年4月に、2ndシングル「future is serious」(アニメ『クイーンズブレイド リベリオン』のEDテーマ)を発表。2015年に『ラブライブ!サンシャイン!!』の津島善子役で声優デビュー。同時に同作に登場するAqoursのメンバーとしても活動を開始。2018年11月に、Aqoursとして東京ドーム2DAYSライブを行い、同年末に第69回NHK紅白歌合戦への出場を果たす。2020年2月にシングル「NO LIFE CODE」でメジャーデビュー。

オフィシャルサイト
https://kobayashiaika.jp/

小林愛香の作品はこちらへ。

vol.425
vol.426
vol.427