『竹内涼真の撮休』で再認識できた――竹内涼真の役者魂と芝居への渇望