Interview

映画『きみの瞳が問いかけている』で初共演。吉高由里子が明かす横浜流星の「子どもっぽい一面」とは?

映画『きみの瞳が問いかけている』で初共演。吉高由里子が明かす横浜流星の「子どもっぽい一面」とは?

多くの映画ファンが待ち望んでいた吉高由里子と横浜流星の共演が実現した『きみの瞳(め)が問いかけている』が、10月23日(金)に公開される。不慮の事故で視力と家族を失った明香里(吉高)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜)の“無償の愛“を描いた切ないラブストーリーで、監督を務めたのは恋愛映画の名手・三木孝浩。吉高とは『僕等がいた』(12)以来、8年ぶりの再タッグとなる。

インタビューでは、吉高と横浜にお互いの印象から撮影時のエピソード、プライベートのことまで語ってもらったのだが、なにげないやりとりからふたりの仲の良さが伝わってきた。ぜひ、この和気あいあいとした雰囲気を楽しんでいただきたい。

取材・文 / 上條真由美 撮影 / 増永彩子


初めて挑んだ盲目の女性役。「現場で三木さんと一緒にお芝居をしながらつくりあげていった」(吉高)

きみの瞳が問いかけている 吉高由里子 WHAT's IN? tokyoインタビュー

おふたりは今回が初共演ですが、お互いの印象はいかがでしたか?

吉高 流星くんは(当時)23歳と聞いていたので、もっとキャピキャピしていると思っていたのですが、実際に会ってみると、すごく穏やかで落ち着いていました。声が優しいから一緒にいて居心地が良いし、お芝居のことも真剣に考えてくれるので、信じて身を委ねることができました。一方で、急にヒジでつついてきたりする(笑)。そういった子どもっぽい一面もちゃんとあるんです。いろんな顔を持っている方ですね。

横浜 吉高さんは、テレビで観ていた印象そのままでした。周りを明るく和ませてくださる方で、悪ふざけができたのも吉高さんがあたたかい空気をつくってくださったからです。僕も現場はとても居心地が良かったです。

三木監督とご一緒するのは、吉高さんが二度目、横浜さんは初めてですよね。

吉高 はい。映像の柔らかさに、三木さんの優しさや懐の深さが出ていますよね。三木さんって、クランクイン前にお手紙をくださるんです。今回も映画に対する思いや、明香里のこと、私のこと、ふたりの共通する部分などを丁寧に書いていただいて。三木さんの考える役の方向性が自分のイメージしていたものと同じだったので、安心してスタートを切ることができました。

目が見えない役は三木さんも私も初めてだったのですが、現場では辞書に載っていないような言葉や擬音を使ったりして、一緒に探りながらつくりあげていきました。三木さんらしいなと思うのは、ご自身でお芝居をしながら説明してくださるところ。そのおかげで、言葉だけでは伝わらないような微妙なニュアンスもきちんと理解することができました。明香里が塁の顔を触るシーンがあるから、三木さんも流星くんの顔をめっちゃ触ってたよね(笑)。

横浜 触ってた(笑)。僕も塁について自分なりに考えていましたが、三木さんからのお手紙を読んで輪郭がよりはっきりしました。最後には「横浜さんの演じる塁を全力で受け止めます」と書いてくださっていて。その気持ちに応えたいと思いました。三木さんは僕らに寄り添って、ワンシーンワンシーン大切に撮ってくださる方なので、すごくありがたかったですし、心強かったです。

きみの瞳が問いかけている 横浜流星 WHAT's IN? tokyoインタビュー

吉高さんは目が見えないという難役に挑むにあたり、どのような準備をされましたか?

吉高 クランクイン前に視覚障がいの方々とお会いして、話しているときの顔や目の動かし方を参考にさせていただきました。音がしたときは目からではなく、首や顎から動かすなど、普段の自分とは違う動作をしなければならないので、最初は苦労しました。皆さんと話していたら、目が合ったように感じる瞬間があったんです。驚いて「なぜ目の位置がわかるの?」と聞いたら、「声がするところが口で、少し上が目だからその辺を見ている」と。すごい感覚ですよね。私も明香里を演じるときは、塁の声がする少し上を見るようにしていました。

相手が話していたら、つい顔を見てしまいそうです。

吉高 そうなんですよ! (横浜に)撮影中も目が合ってしまって撮り直しになったことが何度かあったよね。

横浜 あった! 僕もわりと人の目をじっとみるほうで。

吉高 やっぱり話している相手の目を見たいですよね。よっぽど話し方に特徴がある人じゃないと口元には目がいかない(笑)。私も普段から話している人の目をじっと見るタイプなので、余計に見ないように意識していました。

きみの瞳が問いかけている WHAT's IN? tokyoインタビュー

普段しない動作をしていると逆にそれがクセになってしまいそうですね。

吉高 今はもう治ったのですが、眉毛をよく動かすクセがつきました。無意識だったので指摘されて初めて気がついて。おでこのシワが増えたかもしれません(笑)。

どなたから指摘を受けたんですか?

吉高 マネージャーさんからです。でもその後、ずっと一緒にいるからかマネージャーさんにもそのクセが移っちゃったんですよ。(マネージャーさんに視線が集まる)ごめん、注目されちゃったね。恥ずかしいね(笑)。

「僕のお芝居が良かったと言ってくださる方がいたら、吉高さんのおかげ」(横浜)

きみの瞳が問いかけている 横浜流星 WHAT's IN? tokyoインタビュー

横浜さんも目や表情だけで語る演技が多かったですよね。意識されたことはありますか?

横浜 意識したのは、明香里の目が見えていないとしても、ちゃんと目を見て伝えることです。あとはもう、ただひたすら純粋に明香里を想うだけでした。

これまで多くの恋愛映画に出演されていますが、塁は演じられたことのないタイプのキャラクターでした。

横浜 はい。精神的にきつい部分はありましたが、わりと現実的なキャラクターだったので、役に入り込みやすかったです。

吉高 塁は「俺の背中だけ見てろ」とか「お前のすべてが欲しい」とか言わないもんね(笑)。

横浜 そうそう(笑)。甘い言葉をあまり言わないところも現実的かなって。

吉高 聞きたかったけどね〜(笑)。

横浜 いやいや、恥ずかしいよ!(笑)

吉高 でも、そんなセリフがあったら、ニヤついちゃってお芝居ができなかったかも(笑)。

きみの瞳が問いかけている 吉高由里子 WHAT's IN? tokyoインタビュー

そのパターンも見てみたかったような……(笑)。撮影中、お互いから刺激を受けたことはありますか?

吉高 たくさんあります! まず柔軟さがすごいですね。臨機応変に対応してくれるので、私もいろいろ試すことができたし、どこにボールを投げてもキャッチしてくれる安心感がありました。

横浜 僕こそ吉高さんには刺激を受けっぱなしでした。塁が明香里から光を与えてもらったように、僕も吉高さんからたくさんのものを与えてもらったので、それをしっかりと受け止めて、返したいという思いでやっていました。もし、この映画を観て僕のお芝居が良かったと言ってくださる方がいたとしたら、それはすべて吉高さんのおかげです。

吉高 やめてよ〜(照)。

「流星くんはストイックな人」(吉高)「吉高さんは太陽みたいな人」(横浜)

きみの瞳が問いかけている WHAT's IN? tokyoインタビュー

お互いが明香里、塁に似ていると感じるところがあれば教えてください。

吉高 塁と流星くんはどちらも意思が強くて、追い込まれても立ち向かえるメンタルを持っている気がします。寒い時期の撮影だったのですが、流星くんは体脂肪が5%くらいしかないからずっと震えていて。なのに水しか出ないシャワーを浴びなければならない状況とかもあって……。

横浜 そうそう。体から湯気が出てた(笑)。

吉高 キックボクシングの試合シーンの撮影日なんて、38度の熱を出していたんです。「どうしよう、どんどん熱が上がってきた」って連絡が来て。それでも「休憩したい」とも言わずに最後までやりきって、朝撮影したシーンの撮り直しをお願いされても、文句も言わずにやるんです。

横浜 もっと良くなるのなら、やります!

吉高 すごいよ。私だったら「つらい〜」って泣き出すと思う。もうストイックなのか、ドMなのかわからないよね(笑)。

横浜 明香里と吉高さんは近いのかなと思っています。実はいろんなことを考えて背負っているけど、それを絶対に周りに見せずに明るく振る舞える。吉高さんって太陽みたいな人ですよね。

横浜さんはこうおっしゃっていますが、ご自身ではどう思われますか?

吉高 自分の説明書をなくしているので、ちょっとよくわからないんですが(笑)、でも、本人よりも周りにいるマネージャーさんや共演者の方のほうが、私のことをよく見ているし、知っているんだろうなと。ありがたいですね。

きみの瞳が問いかけている 吉高由里子 WHAT's IN? tokyoインタビュー

横浜さんが熱を出してしまったとき以外にも、撮影期間中はよく連絡を取り合っていたんですか?

吉高 そうですね。撮影期間はほぼ毎日連絡を取り合っていました。

どんなやりとりを?

吉高 それは……ふたりの秘密ですよ~!(笑)

横浜 あはは(うんうんと頷く)。

内容が気になるところですが……映画のお話に戻ります(笑)。後半は、明香里は塁を、塁は明香里を活力として生きていたように感じました。それに絡めて、ご自身にとって今生きる上で活力となっているものがあれば教えてください。

横浜 今は仕事ですかね。家でも仕事のことを考えていることが多いので、作品が一段落して落ち着いているとき、逆にどう過ごしたらいいのかわからないんです(笑)。

吉高 私は毎年夏に長期休暇をもらっているんです。これまで7月と8月はほとんど働いてこなかったのですが、今年は事情が変わって、ひさしぶりにがっつり夏に働いたんです。暑いし、まぶしいし、虫は多いし……苦手なことだらけでしたが、現場の人たちが頑張っている姿を見たら、「そんなことは言ってられない!」と活力がみなぎりました。

夏休みはいつもどんな風に過ごしているんですか?

吉高 必ず海外に行っています。あとは国内旅行をしたり、ダラダラしたり。

横浜 夏休みいいなぁ。韓国に行って辛いものを食べたい!

吉高 いいね!

きみの瞳が問いかけている 横浜流星 WHAT's IN? tokyoインタビュー

この短い時間だけでもおふたりの仲の良さが伝わってきたのですが、何か距離がぐっと縮まるようなきっかけがあったのでしょうか?

横浜 僕はかなりの人見知りなのですが、クランクイン前に吉高さんと監督と3人でご飯に行かせていただいたときに、吉高さんが僕の心のかたい扉をバーンと開けてくれたんです。

吉高 換気、換気(笑)。

横浜 あはは(笑)。換気してもらえてありがたかったです。その後も現場でたくさん話したし、たくさん写真も撮りました。

どんなお話をされたんですか?

吉高 いろいろ話したよね。誰と仲が良いかとか、友達とどこに遊びに行くかとか、焼き芋が好きとかね(笑)。

横浜 家族の話とか、ひと通り自分のことを話した気がします。でもまさか、吉高さんに「星のカービィ」が好きだということを打ち明ける日が来るとは思わなかったな(笑)。

吉高 6度聞きくらいしたよね。「カービィって、あのカービィ?」って(笑)。

意外すぎます! 先ほど吉高さんがおっしゃっていた「子どもっぽい一面」とは、こういうところですね?

吉高 そうです、そうです!

横浜 カービィかわいいじゃないですか。ピンクで丸くて。なんか癒されるんですよね(笑)。

吉高 そんなに好きならって、ぬいぐるみをプレゼントしたんです。

横浜 ありがとうございました! すごくかわいくてお気に入りです(笑)。

どんな写真を撮られたのかも気になります。

横浜 ツーショットや撮影風景です。昨日見返していたら、みんなで"きみのめ"のつなぎを着て並んで撮った写真があって、懐かしい気持ちになりました。これから少しずつSNSに現場の思い出をアップしていきたいと思います。

吉高 私もフォルダいっぱいに写真があるから早くアップしたいです。

楽しみにしています! ありがとうございました。


【募集終了】抽選で1名様に吉高由里子さん&横浜流星さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

吉高由里子さん横浜流星さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

10月20日(火)~10月27日(火)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


吉高由里子

1988年、東京都生まれ。2006年のデビュー。映画『蛇にピアス』(08)で第32回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞後、様々な映画やドラマに出演。近年の主な出演作に、ドラマ『正義のセ』(18/NTV)『わたし、定時で帰ります。』(19/TBS)『知らなくていいコト』(20/NTV)、映画『ユリゴコロ』(17)『検察側の罪人』(18)などがある。現在放送中の日曜劇場『危険なビーナス』(TBS)に出演中。

オフィシャルサイト
https://artist.amuse.co.jp/artist/yoshitaka_yuriko/

オフィシャルTwitter
@ystk_yrk

横浜流星

1996年、神奈川県生まれ。2011年に俳優デビュー。ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(19/TBS)ドラマ『あなたの番です -反撃編-』(19/NTV)で話題に。近年の主な主演作に、映画『愛唄 -約束のナクヒト-』(19)、ドラマ『シロでもクロでもない世界でパンダは、笑う。』『私たちはどうかしている』(20/NTV)などがある。

オフィシャルサイト
https://official.stardust.co.jp/yokohamaryusei/

オフィシャルInstagram
@ryuseiyokohama_official

フォトギャラリー

映画『きみの瞳が問いかけている』

10月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

出演:吉高由里子 横浜流星 やべきょうすけ 田山涼成 野間口 徹 岡田義徳 町田啓太 風吹ジュン ほか
監督:三木孝浩
主題歌:BTS「Your eyes tell」
製作:「きみの瞳が問いかけている」製作委員会
製作幹事・配給:ギャガ

オフィシャルサイト
gaga.ne.jp/kiminome/

©2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会
©2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.