Interview

矢崎 広が俳優としてのさらなる進化を遂げる、野田秀樹&シルヴィウ・プルカレーテのタッグで魅せる『真夏の夜の夢』開幕

矢崎 広が俳優としてのさらなる進化を遂げる、野田秀樹&シルヴィウ・プルカレーテのタッグで魅せる『真夏の夜の夢』開幕

東京芸術劇場30周年を記念し、10月15日(木)より東京芸術劇場 プレイハウスにて上演される舞台『真夏の夜の夢』。(その後、新潟、松本、兵庫、札幌、宮城での公演が予定されている)。
シェイクスピアの代表作『夏の夜の夢』を、1992年に野田秀樹による潤色・演出で「野田秀樹の真夏の夜の夢」と題して初演され、大きな話題となった演目。今回は、これまで野田と長年にわたり親交を深めてきたルーマニアを代表する演出家・シルヴィウ・プルカレーテが新たに演出を手がける。
本作で、シェイクスピア原作では“ライサンダー”にあたる青年のライを演じる矢崎 広に、野田やプルカレーテの印象、本作に向けた意気込み、見どころなどを聞いた。

取材・文 / 松浦靖恵 撮影 / 青木早霞(PROGRESS-M)


※記事の後半には矢崎 広さんの直筆サイン入りチェキのプレゼント応募情報を掲載しています!

野田さんの世界観を大いに感じさせられた脚本

今作、『真夏の夜の夢』に出演が決まったときのお気持ちから聞かせてください。

舞台を中心にやらせていただいている役者として、野田秀樹さんの作品に携われるというのはとても光栄なことです。これまで、野田さんの舞台に参加する機会がなかったので、今回こうして挑むことができるのはとても嬉しいですし、自分は次のステージに向かっていかなければいけないんだという気持ちになりました。

真夏の夜の夢 矢崎 広 WHAT's IN? tokyoインタビュー

『真夏の夜の夢』は、シェイクスピアの名作を野田秀樹さんが潤色した野田版『真夏の夜の夢』を、ルーマニアの演出家・シルヴィウ・プルカレーテ氏が演出する舞台になりますが、最初に野田さんが潤色された脚本を読まれた感想を教えてください。

シェイクスピアの名作をこんなふうに大胆に解釈するんだという驚きがふんだんに詰まっていたので、とても面白く読ませていただきました。原作は貴族たちの話なのに、設定が割烹料理屋に置き換えられて板前が出てきたり、恋敵のヘレナがフィーチャーされていたりと、設定も役名も大胆かつ新鮮に潤色されていて。中でも、『ファウスト』(ゲーテの戯曲)に出てくる悪魔のメフィストフェレスを登場させちゃうなんて、いったいどこからそんな発想が生まれてくるんだろう、と。言葉遊びもとても楽しくて。野田さんの世界観を大いに感じさせていただきました。(初演時の)90年代に野田さんが書かれた脚本を2020年に挑戦できることを光栄に思いましたし、頑張らないとって気が引き締まりました。

これまで矢崎さんは“野田秀樹“という人物に、どのような印象を持っていましたか?

ご一緒したことはないので、僕のふんわりしたイメージになってしまうんですが、僕たちがお世話になっている演出家の方たちや憧れている先輩役者の方々が若い頃に出られていた多くの舞台作品を演出されていらっしゃるので、自分たちの世代が演劇をやるための基盤、礎を作ってくださった方というイメージを持っていました。“野田秀樹”というひとつのジャンル、演劇の象徴的なひとつのブランディングを築いていらっしゃるので、本当にすごい方だなと思っています。

真夏の夜の夢 矢崎 広 WHAT's IN? tokyoインタビュー

演出を手がけるシルヴィウ・プルカレーテさんとも初顔合わせになりますね。

プルカレーテさんが演出された『リチャード三世』(2017)は観させていただいていますが、演出を受けるのは今回初めてです。僕がここ数年で観たシェイクスピア作品の中で一番の衝撃を受けたのが、その『リチャード三世』だったので、お仕事をご一緒させていただけることをとても光栄に思います。

どのような衝撃を受けたのですか?

のっけから顔面にパンチをくらったような衝撃でしたね。『リチャード三世』を見ているのに、自分はいったい何を見ているんだろう、というような感覚になりました。こんなに色濃くて深い解釈があるんだと思ったし、自分には到底思いつかない演出の連続だったので、演劇的な衝撃と作品的な面白さにドキドキしました。僕の中でとても生々しい『リチャード三世』だったんです。プルカレーテさんの演出の特徴だと思うのですが、人間のセクシャルな部分やダークな部分が心に刺さってくるという印象が強くて。とても刺激的な作品でした。

プルカレーテさんにはそのお話をされましたか?

直接お会いした際に、通訳の方を介してでしたが、「あの『リチャード三世』は僕にとって“事件”でした」とお伝えすることができました。

真夏の夜の夢 矢崎 広 WHAT's IN? tokyoインタビュー

毎日白いキャンバス状態じゃないと、その日の新しい絵は描けない

稽古にはどのような思い、心構えを持って入りましたか?

野田さんの言葉遊びとプルカレーテさんの演出がどのように重なっていくのかという興味が大いに沸いていました。と同時に、このおふたりが組み合わさるといったいどうなるんだろうっていうところが、僕というひとりの人間ではどうにも咀嚼できないというか(苦笑)。自分の準備としては台詞を入れるというのは当たり前ですが、どうなるんだろうっていうところの予想がまったくつかなかったので、稽古場に入ってから考えた方が良さそうだぞって(笑)。

よくある例えかもしれませんが、真っ白なキャンバス状態でいようと?

そうですね。自分で色をつけてしまうと最初につまずいちゃうだろうなって思いましたね。実際に稽古に入ってみて、毎日毎日自分が白いキャンバス状態じゃないと、その日の新しい絵は描けないと思いました。前回の稽古ではここまで下書きを描くことができたけど、次の稽古ではその下書きを捨てるというようなことの連続だったりもするのですが、それは役者としては、知らず知らずではありますけど、糧になっている気がしています。

真夏の夜の夢 矢崎 広 WHAT's IN? tokyoインタビュー

プルカレーテさんの演出はどのように行われているのですか? 

(コロナ禍ということもあり)リモートで稽古をやっているので、プルカレーテさんが本来されているやりとり、やり方とは異なる演出だと思いますが、毎回リアリティーを追求している感じがすごくあります。決して奇抜なことをしているわけではないけれど、よりリアルなものを追求しているというか。プルカレーテさんは人間本来の生々しさをギリギリまで探されている印象がありますね。今日はこういう解釈をしているけれど、次はまったく違う感覚になってしまうような……。でも、確実に前には進んでいる。自分が持ち込もうと思っていたものなんて、稽古が始まったら何の意味もなくなっちゃうのかなっていう瞬間もあって。そこで一瞬自信をなくすこともあるんですけど、これを乗り越えたら強くなれると思っていますし、新しいことに挑戦させてもらっている感じがします。

真夏の夜の夢 矢崎 広 WHAT's IN? tokyoインタビュー

実際、稽古場はどのような雰囲気ですか?

自分も同じ現場で演出を受けながら稽古をしているんですけど、この現場でたくさん吸収したいという気持ちがすごく強いので、プルカレーテさんの演出に対して共演者の皆さんがどう返していくのかをずっと見ています。どこもかしこも見たいので、目が足りないくらいです(笑)。

(笑)。世の中がこのような状況でなければ、リモートで演出を受けることもなかったかもしれないけれど、新しい経験になりましたね。

最新のリモート環境で稽古をさせていただいているのですが、舞台を作るというのは、人と直接かかわらなければいけないんだというところも再認識しつつ……。でも、今できる最善のことをやっているし、こんな環境下でも何か作れたら最高じゃないかっていうところを目指して、キャストだけでなくスタッフも含め皆さんがやっていて。そのなかで、稽古の仕方も含めてですけど、今のこの状況で演劇が乗りきっていかなければいけないことを自分も感じています。本当は稽古終わりで皆さんと飲んで語り合いたいんですけど、今はそれができなくて。休憩所で密にならないように気をつけながら少しお話をするくらいなんです。僕、飲みニケーションと言われるものは、役者にとって大きいと思うんですよね。こんなことを感じているんだなとか、その考えは自分にはなかったなとか。稽古場ではできなかった話を一緒に飲みに行ってすることで、その人をより知ることができるから。自分は結構引っ込み思案な方なんですけど、今はそういうことができないので、そこを取っ払って、いろんな方とコミュニケーションを自分から取っていきたいと思っています。

真夏の夜の夢 矢崎 広 WHAT's IN? tokyoインタビュー

初めて人前で見せるお芝居でやったのが『真夏の夜の夢』

ご自身が演じる青年・ライを、どんなキャラクターだと分析していますか?

実は僕、デビュー前の劇団の研究生だったときに、初めて人前で見せるお芝居でやったのが『真夏の夜の夢』で。しかも、演じたのがライサンダーだったんですよ。

今回と同じ役じゃないですか!

だから、すごく縁を感じました。研究生時代に一緒にお芝居をやった人たちは驚いているんじゃないかな。そのときの公演でやった『真夏の夜の夢』は、いわゆるシェイクスピアはこういうものだという定型というか。突飛なこともしていなかったですし、しかも10代の頃にやっているので、当時の自分がまだ経験していないことやわからないことがいくつもあるなかで、それこそ台本を読んだままの印象でライサンダーを演じていましたね。彼の若気の至り的な行動や発言、若いがゆえの欲、乱暴さというのは、ライサンダー(ライ)の本質的な部分だと思うので、そこに対する解釈はそんなに大きく変化していないかもしれません。これは僕の解釈ですが、ライサンダーって、シェイクスピアが思い描く、ある種の“主役のいい男像”じゃないか、と。どこか『ロミオとジュリエット』のロミオと繋がる台詞や行動がいくつもあるんですよ。

真夏の夜の夢 矢崎 広 WHAT's IN? tokyoインタビュー

そんな”ライ“は、今作では割烹屋で働く板前という設定です。

板前として彼は老舗の割烹料理屋で厳しい修行をしてきたと思うので、そんな彼の真面目さやがむしゃらさ、若気の至りや欲情、生々しさが、野田さんの言葉やプルカレーテさんの演出によってより誇張されてくると思います。今、ライを演じられることがすごく嬉しいんです。さらに、素晴らしいキャストの方たちと同じ舞台に立つんだと思うと、「俺、今、演劇の中心にいるんだな」って思えるので、すごく幸せな毎日です。

真夏の夜の夢 矢崎 広 WHAT's IN? tokyoインタビュー

“森”は、上演するたびにいろいろ形を変えそうな気がしている

『真夏の夜の夢』にかけた質問になりますが、これまで見た夢で強く印象に残っている忘れられない夢はありますか?

僕、父の夢をよく見るんです。父は他界しているんですけど、亡くなってからもしょっちゅう見ていたのに、最近見てないなと思ったら、この間、3〜4年ぶりに父が出てきたんですよ。芸術家の家の窓にたくさん飾ってあるガラクタで出来たオブジェを僕が壊してしまって。それを必死に直そうとしてるんですけど、どうやっても全然直らない(笑)。そしたら突然父が現れて、そのオブジェを完璧に直して、しかもアレンジまでして、もっと良くしてから去って行ったところで、目が覚めて。いったいこの夢は何だったんだって(笑)。

なぜそのような夢を見たのか、分析できましたか?

不思議な夢ではあったんですけど、エールしにやって来てくれたのかなって。あと、僕にとって親父はいつもそんな存在だったんだってあらためて思いました。振り返ってみると、学校の自由研究や工作も親父がほとんど作ってくれていたし(苦笑)。自分にとって、いつでもなんでも助けてくれるヒーローだったので。だから、オブジェが直らないってドギマギする方じゃなくて、アレンジまでして去っていく親父みたいな男になっていきたいなって思いました。

真夏の夜の夢 矢崎 広 WHAT's IN? tokyoインタビュー

では最後に、『真夏の夜の夢』を観劇してくださる皆さんにメッセージをお願いします。

知人のルーマニア演劇マニアから聞いた話だと、ルーマニアでは初日を迎えたあとも、劇評や観客の反応によって演出などがガラリと変わることが頻繁にあるそうなんです。それが今回の舞台に当てはまるかどうかはわかりませんが、僕はこの物語の中に登場する“森”は、上演するたびにいろいろ形を変えそうな気がしているので、それこそ初日をご覧になった方が千秋楽を観たら、全然違うものになっていたっていうことがあり得るんじゃないか、と。野田さんの脚本とプルカレーテさんの演出、そして素晴らしいキャストたちによって、いったいどんな『真夏の夜の夢』になるのか──。皆さん、すごいものを持ち合わせている方ばかりなので、このカンパニーがこれからどんなふうにまとまっていくのか、僕自身もとても楽しみですし、皆さんにもぜひ劇場で目撃していただきたいです。


抽選で1名様に矢崎 広さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

矢崎 広さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

10月14日(水)~10月21日(水)23:59

応募方法

■step.1
WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)をフォローする

■step.2
ハッシュタグ(#矢崎広さんのチェキがほしい #WHATs_IN_tokyo)をつけてツイートする

  • ツイートは何回でもOK!
    ※応募期間を過ぎたツイートがおひとつ(1ツイート)だけでもある場合、すべての応募ツイートが無効となりますのでご注意ください。
  • 下の[ハッシュタグをつけてツイートする]ボタンをクリックすると簡単に応募出来ます☆
  • 記事を読んだ感想をご自由にお書きください♪
応募する!

※一部端末ではボタンによる複数回ツイートに対応していない場合がございます。


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


東京芸術祭2020 東京芸術劇場30周年記念公演
『真夏の夜の夢』

東京公演:2020年10月15日(木)~11月1日(日)東京芸術劇場 プレイハウス
新潟公演:2020年11月7日(土)・8日(日)りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場
松本公演:2020年11月15日(日)まつもと市民芸術館 主ホール
兵庫公演:2020年11月20日(金)~11月22日(日)兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
札幌公演:2020年11月27日(金)札幌市教育文化会館 大ホール
宮城公演:2020年12月5日(土)えずこホール(仙南芸術文化センター)大ホール

STORY
創業130年の割烹料理屋「ハナキン」。その娘・ときたまご(ハーミア)には許婚がいた。板前のデミ(デミトーリアス)である。デミはときたまごを愛していたが、彼女は板前のライ(ライサンダー)に恋心を寄せていた。ときたまごとライは〈富士の麓〉の「知られざる森」(アーデンの森)へ駆け落ちする。それを追いかけるのはデミと、彼に恋をしている娘・そぼろ(ヘレナ)。森では妖精のオーベロンとタイテーニアが可愛い拾い子をめぐって喧嘩をしている。オーベロンは媚薬を使ってタイテーニアに悪戯をしようと企み、妖精のパックに命令する。ついでにそぼろに冷たくするデミにも媚薬を使おうと思いつく。しかし悪魔メフィストフェレスが現れ、パックの役目を盗みとる。そこに「ハナキン」に出入りしている業者の面々が結婚式の余興の稽古にやって来て、事態はてんやわんやに…。

原作:ウィリアム・シェイクスピア 小田島雄志訳「夏の夜の夢」より
潤色:野田秀樹
演出:シルヴィウ・プルカレーテ

出演:鈴木 杏 北乃きい 加治将樹 矢崎 広/
今井朋彦 加藤諒 ⻑谷川朝晴 山中崇 河内大和 土屋佑壱 浜田学 茂手木桜子 八木光太郎
吉田朋弘 阿南健治 朝倉伸二 手塚とおる 壤晴彦

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@MidsummNights)

矢崎 広(やざき・ひろし)

1987年7月10日生まれ、山形県出身。2004年にミュージカル『空色勾玉』にてデビュー。以降、舞台を中心に映像ほか数多くの作品に出演。近年の主な出演作品には【舞台】ミュージカル『ジャージー・ボーイズ イン コンサート』、『モマの火星探検記』、『ふるあめりかに袖はぬらさじ』、『GOZEN 御前試合-狂乱の剣-』、リーディングシアター『レイモンド・カーヴァーの世界』、音楽劇『ライムライト』【映画】『GOZEN 御前試合-純恋の剣-』【TVドラマ】『半沢直樹』、『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』などがある。

Profile
オフィシャルTwitter(@hiroshi_yazaki)

フォトギャラリー