Interview

ザ・コインロッカーズ “アンチ青春ソング”をリリース。絹本夏海、船井美玖、宇都宮未来、森 ふた葉の4人に新機軸を打ち出した新作の手応えと心境を訊く。

ザ・コインロッカーズ “アンチ青春ソング”をリリース。絹本夏海、船井美玖、宇都宮未来、森 ふた葉の4人に新機軸を打ち出した新作の手応えと心境を訊く。

結成から1年後の2019年末にZepp Tokyoで開催されたワンマンライブをもって新体制に移行した13人編成のガーズルバンド、ザ・コインロッカーズ が10月9日(金)にデジタルシングル「仮病」を配信リリースした。2020年5月にリリースした2ndシングル「僕はしあわせなのか?」で再始動を果たした彼女たちは、7月にはヒャダインこと前山田健一が作詞を手掛けたデジタルシングル「夢がない僕が夢をみたんだ」を配信リリース。これまでは学校を舞台に“青春”の煌めきを歌ってきた彼女たちだが、ドラマ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』のEDテーマに起用された新曲「仮病」は、タイトル通りに、自分の心を守るためには仮病を使ってでも学校や社会を抜け出すべきだというメッセージを込めた、アンチ青春ソングとなっている。この大胆な視点の転換をメンバーはどう感じたのか。新生ザ・コインロッカーズでツインヴォーカルを務めてきた船井美玖と宇都宮未来、ドラムとコーラスを担当した森 ふた葉に加え、初めてボーカルに起用され、ジャケットビジュアルでもバンドの“顔”となったギターの絹本夏海の4人に話を聞いた。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 荻原大志


ドラマ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は高校生の女の子たちのお話なので、同年代の私たちがエンディングテーマをやらせていただけることでぴったりなんじゃないかなって思いました(森)

ザ・コインロッカーズ 絹本夏海 船井美玖 宇都宮未来 森 ふた葉 WHAT's IN? tokyoインタビュー

新曲「仮病」は現在、オンエア中のドラマ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』のEDテーマに起用されています。

宇都宮 デビューシングル「憂鬱な空が好きなんだ」以来のタイアップなので、エンディング曲を歌わせていただけると聞いたときにすごく驚いて。原作の漫画を読んでいたメンバーもいたので、率直に嬉しいっていう気持ちがありました。

絹本 私は昨年7月にアニメ化されたときに知っていて。CHiCO with HoneyWorksさんが歌っていたアニメのオープニング主題歌がすごく好きだったので、同じ作品のドラマのエンディングを担当できるのがすごく嬉しかったです。それに、ドラマはもちろん、私たちの日常にも寄り添ってくれるような曲になっているので、ドラマを見ている方たちが少しでも共感してもらえたらいいなと思います。

 ドラマ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は高校生の女の子たちのお話なので、同年代の私たちがエンディングテーマをやらせていただけることでぴったりなんじゃないかなって思いました。

船井 ドラマに曲が使われるなんて滅多にないことなので、本当に勝負だなって思ってて。しかも、結構な話題作じゃないですか。漫画の原作がアニメ化されて、ドラマ化もされて。放送前から注目されていた作品でもあったので、そのエンディングってことでどきっとしましたね。私たちにとっては、これが勝負の曲になるだろうなと思いました。

歌詞を見たときに、「仮病」というワードのイメージが私たちの中でガラッと変わって。全然ネガティブな意味ではなく、力強く肯定的なんですよね(宇都宮)

ザ・コインロッカーズ 宇都宮未来 WHAT's IN? tokyoインタビュー

その勝負曲を最初に受け取ったときはどう感じました? 「仮病」というタイトルもインパクトがありますよね。

船井 感じ方は人それぞれだと思うんですけど、私的にはこの楽曲に救われる部分があって。私は、がんばろうって思っちゃうタイプなので、仮病を使ってでも少し休んでいいんだなって思えたんですね。自分の生きる術として仮病を使うっていう歌詞に助けられるし、心の支えになる楽曲だなと思ったので、ぜひ歌詞にも注目して聞いていただきたいなと思いますね。

 これまでとはガラッと変わったなって思いました。今までは、青春、元気を届ける、明るくいこう! みたいな感じだったんですけど、今回は秋ということもあるのかな? ザ・コインロッカーズも秋冬に衣替えしてて(笑)。最近、頑張り過ぎな人が多いし、ニュースを聞いて、気分が落ち込むこともある。そんなときに、この曲を聴いて、ちょっとでも軽くなってもらえたらいいなと思うし、演奏する私たちは、軽い気持ちじゃなく、聴いてくださる方にしっかりと届けられるように演奏しなきゃなって思わされる楽曲でした。

宇都宮 最初にタイトルは「仮病です」って言われたときはメンバーがざわざわして。みんなの頭に最初はハテナが浮かんだんですけど、歌詞を見たときに、「仮病」というワードのイメージが私たちの中でガラッと変わって。全然ネガティブな意味ではなく、力強く肯定的なんですよね。仮病を使って逃げることも1つの手段だって教えてもらった楽曲だなって思います。

 うんうん、今後、壁にぶちあたったときに聴いたら泣くなって思いました。今後の人生における、これからのザ・コインロッカーズ活動における、自分自身も何度も助けられるんだろうなって感じた楽曲でしたね。

絹本 最初にタイトルを聞いたときは、不安そうにしている主人公がいるのかな? って思ってたんですけど、歌詞を見たときに、結構、ズバッと強いことを言ってて。<苦しくなったら そこで 無理をしないで仮病を使え!>とか、<自分を欺くくらいならまわりの人を騙せばいい>とか、強めの歌詞が多かったので。いい意味で、曲調と歌詞のギャップがあるし、私もこれを訴えたいなっていう強い気持ちになりました。

共感する部分が多かったですか?

絹本 私は特に2番のサビの<心が本当の病気になってしまうその前に…>っていうところに共感しました。私は高校生の頃、苦しくなってしまったときに仮病を使ったことが何回かあるんですね。仮病を使ったことで楽になった。そのときは学校をサボって、映画館に一人で映画を観に行って。

ちなみに何の映画を観たか覚えてますか?

絹本 『世界から猫が消えたなら』を観たんですけど。

船井 ずっしりくるね、それ(笑)。

絹本 でも、それで気持ちが楽になったから、あのときのことを思い出したりしましたね。

宇都宮 あのとき、仮病を使って良かったなって。

絹本 そうそう。ちょっと罪悪感があったから、それが軽減された。

 いや、本当に堂々と仮病を使ってほしいですよ。

宇都宮 悪いことじゃないです。私も中学時代は、特に何か大きな理由があったわけではないけど、本当に毎日、仮病を使ってて。当時、友達に「来年、同じクラスになれたらいいね」って言ったら、「え? あんた、こーへんやん」って言われたことがあるんですよ。そのときに罪悪感を感じてたけど、この曲をもらったときに、あのとき仮病を使っていたのは、自分のためにも悪いことじゃなかったんだなって思いました。

 私は小学生の頃にうまくいってないことがあったんですけど、私は無理してでも学校に行かなきゃいけないって思うタイプで。お母さんに心配をかけるのがすごい嫌だったので、何があっても学校に行かなきゃいけないって思ってたんですよ。だから、この曲をそのときの自分に聴かせてあげたいなって思いました。仮病を使って休んでもよかったなって。今、思えばバカやったなって思います。

宇都宮 ふふふ。そんなに? えらかったよ。

船井 そうだよ、小学生だし。船井は仮病を使ってましたね。

宇都宮 でしょうね(笑)。

船井 「でしょうね」はおかしいですけどね。私はそのときは仮病だとは思ってなくて。仮病を使う病気なんです。仮病病なんです(笑)。お腹痛いことにして休もうと思ったら、お腹が痛くなっちゃうんです。本当の病気になっちゃうんです。

宇都宮 才能ですね、それも。

船井 だから、しんどいなって思ったときに、お母さんに「お腹痛い」って言って、よく休んでいて、ちゃんとお腹が痛くなってたので、仮病使いなんです。

 (笑)。この曲を歌うのに最適ですね。強いですね。

宇都宮 ミス仮病です。

自分だけが聞こえちゃった音に悩まなくてもいいかなって思いましたね(船井)

ザ・コインロッカーズ 絹本夏海 船井美玖 宇都宮未来 森 ふた葉 WHAT's IN? tokyoインタビュー

(笑)。この楽曲の主人公である“僕”は、苦しくなる前に仮病を使うべきだっていうことを“君”から学んでるんですよね。ちなみに、この2年間でメンバーから何か学んだことはありますか。

船井 私、聞きたくないこととか、入ってこなくていい音が、結構、入ってきちゃうんですね。そういうのが聞こえてる子と、聞こえてない子がいて。着目点とか集中してるポイントが違うからなんですけど、もっとボーッとしててもいいかなって思いました。それこそ、仮病じゃないですけど、自分だけが聞こえちゃった音に悩まなくてもいいかなって思いましたね。

宇都宮 聞きたくないことは本当に聞こえないっていう人もいるからね。私は全部、一人で回そうとしているところがあったんですけど、ザ・コインロッカーズはみんなで作っていくので、一人で背負いすぎるのはよくないんだなってことを学びましたね。

 13人でお仕事をしていると、みんなの頑張りを見て、“私、全然できてないな”って思うことがたくさんあるんですよ。でも、そうして、周りのみんなを見ながら生活するようになったし、視野が広くなったなって思います。

絹本 私はこの2年間で、最年長になりっぱなしで。

 なりっぱなし?

船井 あははは。本当に意味わからない。

絹本 (無視して)なりっぱなしだったんですけど、最年長としてしっかりしないとっていう思いは少しありつつ……。

宇都宮 少しあった?

船井 いや、感じたことないです(笑)。

絹本 私より年下のメンバーの方がしっかり動けてたり、グループに貢献できているなって感じているし、自分って情けないなって思うことが多々あって。幅広い年代がいるグループなので、みんなに気づかされることが多いし、いつか自分も“何か”を気付かせたいっていう思いはありますね。その“何か”はまだ探し中なんですけど。

船井 うん、よくできたね。

宇都宮 よく喋れました。

(笑)。そんな最年長が今回、Emilyと共にボーカルに参加してます。

船井 びっくりしました。

宇都宮 めちゃ嬉しいです。ずっとツインでやってきたけど、私たち、基本的に元気な女の子っぽい声をしてて。声の向きも明るめで、Emilyも可愛い系の声なんですけど、絹は大人っぽい歌声で。それが「仮病」に合ってるなって思います。

 私はいつかくるだろうと思ってました。いい声をしているのは、「憂鬱〜」のときから知っていたので。ここできたか! って思いました。

宇都宮 タイミングバッチリですよね。

船井 私は勝負しにきたなって感じました。

宇都宮 そうだね。勝負かけたなって感じがしますよね。

 今までツインボーカルでやってきてくれて。そこに声質が全然違う2人が加わって。4人で歌い分けることで主人公が分かりやすというか。君と僕がしっかり引き立ってるなと思うし、より物語っぽくなってるなと思いました。

船井 ドラマチックだよね。

歌詞に自分の中で重なる部分がいくつもあったし、これを聴いてる人にストレートに訴えようっていう気持ちで歌って(絹本)

ザ・コインロッカーズ 絹本夏海 WHAT's IN? tokyoインタビュー

絹本さん自身は今回の抜擢をどう感じました?

絹本 嬉しかったです。もともとボーカルを志望してたんですけど、まさか自分の声が音源に入ることはないだろうなと思っていたので、Bメロに自分の声が入ってて、驚きですねし、嬉しいです。歌詞に自分の中で重なる部分がいくつもあったし、これを聴いてる人にストレートに訴えようっていう気持ちで歌ってて、音程も、自分の声は低いので、歌いやすかったですし、無理して高く出したりしてなので、伝わるんじゃないかなっていう満足感がすごくあります。

<自由はいつも孤独と引き換えだと>のところがEmilyですよね。

 はい。めっちゃ好きです、ここ。

船井 みんなで声真似してます。

宇都宮 英語も喋れるから、滑舌がめっちゃ滑らかなんですよ。それがすごい引き立ってて。

船井 舌でパスタ巻きながら歌ってる感じ。

宇都宮 そうそう。それが、本当にカッコよくて好きなんですよ。すごい特徴的。見た目はカッコいいんですけど、歌声は少女感があって、可愛らしい歌声で、そのギャップもいいなと思いますね。

森さんもコーラスで参加してますよね。

 <Hey!>をめちゃくちゃ録りました。

宇都宮 いい<Hey!>だったよ。<Hey!>はいろんなパターンを録ったんですけど、それがすごく面白くて。アレンジャーの方に「ベースのЯuuちゃんをイメージしてカッコつけて」とか、「Emilyを想像して外国人風に」とか、メンバーになりきってやったのが楽しかったですね。

「仮病」に関しては、いい意味で頭で考えずに歌えて(船井)

ザ・コインロッカーズ 船井美玖 WHAT's IN? tokyoインタビュー

レコーディングも充実していたんですね。

船井 そうですね。私はいつも、主人公の気持ちを最初に理解してから歌おうって思ってるんですね。自分の性格的に、明るさの方が苦手だったので、これまでの楽曲は気持ちを作ってから歌うことが多かったんですけど、「仮病」に関しては、いい意味で頭で考えずに歌えて。今回のレコーディングがすごく楽しかったです。

宇都宮 私も前作までは、もともとの自分の歌い方より明るめを意識してて。でも、今回はAメロもBメロも声の向きは上がってるんですけど、明るくはなってない。特に、自分でもお気に入りなのはDメロですね。すごくスピード感があって。

船井 早口のとこ。楽しいよね!

宇都宮 楽しいですね。レコーディングしているときが自分の中でも一番楽しくて。力を入れたポイントですね。

 今回はボーカルが立つ曲だなって思ってます。今まではバンドで行くぞ!っていう感じの曲だったんですけど、今回は、ボーカルが“君”と“僕”になりきって歌ってくれてるので、楽器隊はそれを盛り上げる、ボーカルに寄り添うように叩けたらいいなと思っていて。自分を出すというよりかは、曲調に合うように、ボーカルに寄り添うように、自分の心を穏やかにして。決めるときは決めるっていうメリハリをしっかりつけたらいいなと思ってやってました。でも、Dメロからは、意思がひしひしと伝わってくる構成になってて。ギターソロ終わりのドラムとボーカルの掛け合いもガラッと変わって強くなるんですよ。そこが注目ポイントだなって思ってて。Dメロからまた違った、ドラマで言ったら最終話という気分で聴いてほしいなと思いました。

絹本 ギターに関しては1曲丸々ブリッジミュートでリズムを刻んでます。今まではコードで音を聴かせることが多かったんですけど、今回はリズム隊に寄っているので、ギターからもリズムを感じてもらえたらと思います。

今までとは本当にガラリと変わったし、大人っぽい部分も見せられたのかなと思いました(宇都宮)

ザ・コインロッカーズ 絹本夏海 船井美玖 宇都宮未来 森 ふた葉 WHAT's IN? tokyoインタビュー

曲が出来上がって、ご自身ではどんな感想を抱きましたか。

船井 音はすごく切ないんですけど、13人いる音の厚みがあって、歌詞も切ないだけじゃない力強さがあって、カッコいいなって思いました。

宇都宮 想像を遥かに超えた仕上がりになったなって。今までとは本当にガラリと変わったし、大人っぽい部分も見せられたのかなと思いました。

絹本 ドラマを見ているので、イントロを聴くだけで自分もドラマの中にいるような感覚があって。そのドラマを見てる限り、みんな、いろいろな悩みがあると思うんですけど、この曲を聴くとまた、自分では気づいてない悩みにも気付けるような曲になってると思います。

 朝礼とか、保健室とか、どこか青春は残した曲になってて。「僕しあ」「夢僕」と同じく、しっかり学校の風景も思い浮かぶし、自分の頭の中でMVを作れるような曲かなと思うので、想像に浸りながら聴いてほしいなと思いました。

<HEY!>っていうところで、おでこの前に手を置いて、真顔で熱を測ってるようなポーズをするんですよ。キャッチーやし、普段遣いしてほしいなと思ってて(森)

ザ・コインロッカーズ 森 ふた葉 WHAT's IN? tokyoインタビュー

森さんはどんなMVを想像してました?

 学校の保健室かなと思いました。白衣の衣装も入ってくるんかなって思ってて。

船井 あははははは。ハロウィンすぎるよ!

 なんでそんなに笑うん!

宇都宮 いや、誰が白衣着て、歌うん?

 でも、歌詞に<朝礼>とか出てくるから、教室の窓辺からシャボン玉を空に飛ばしたりするんかなと思ってたけど、今回はマネキンを使ったりしてて。

絹本 スタジオでグリーンバックを使って。初めてCGを使ったMVになってます。

宇都宮 20体のマネキンが立ってて、その合間にメンバーが紛れてて。<HEY!>の瞬間だけ、周りと違うことをするっていうコンセプトでやってる。かなりシュールでお洒落ですね。

絹本 無表情が基本だった。

 1回も笑ってないです。不服そうな表情したりとか。あとは、私的に推しポイントがあって。<HEY!>っていうところで、おでこの前に手を置いて、真顔で熱を測ってるようなポーズをするんですよ。キャッチーやし、普段遣いしてほしいなと思ってて。

船井 流行らせようとしてる!

 私、めっちゃやってるんですよ。テンションが上がったときとか、「わーい、オムライスだ! HEY!」みたいな(笑)。そういう感じでテンションが上がったときに使ってほしいなと思います。

船井 (笑)。これまではうまく笑わなきゃとか、明るく動かなきゃとか、メンバーと目を合わせて楽しそうにやらなきゃみたいな感じで、“やらなきゃ”が多かったんですね。もちろん、本当に楽しいんですけど、カメラの前だとオーバーにやらないと伝わらないから、余計に“やらなきゃ”って思って。でも、今回は楽曲がスッと入ってきやすいから表情も作りやすかったし、笑わなくていいって言ってくださったので、ある意味、自分らしさだったり、自分の中にある陰の部分が出てるんじゃないかと思います。

絹本 私が印象に残ってるのは、ギター陣4人+ベース1人の5人で階段で並んで撮ったシーンですね。無表情でカメラを見つめながら、絶対に手元を見ちゃいけないし、1曲丸々とおしてやってて。側から見たら、怪奇的なシーンだと思うので、ぜひ楽しんで観てほしいです。

メンバーからは「仮病っぽい顔してるから似合うよ」って言われたので、それを励みにがんばろうって撮影には挑みました(絹本)

ザ・コインロッカーズ 絹本夏海 船井美玖 宇都宮未来 森 ふた葉 WHAT's IN? tokyoインタビュー

絹本さんはたった一人でジャケットも飾ってます。

絹本 すごい不安ではありました。自分のジャケットを見て、いいなって思ってくれる人がいるのかな? って。でも、メンバーからは「仮病っぽい顔してるから似合うよ」って言われたので、それを励みにがんばろうって撮影には挑みました。

 いや、めっちゃいいよ。

船井 カッコいいよ。

宇都宮 顔に「仮病」という文字を投射するって聞いてたんですけど、出来上がりは想像を超えてきて。めちゃめちゃ綺麗だし、これを見たときに、“ん? なんだこれ”っていう掴みになるなと思います。

新衣装のポイントもお伺いできますか。

 やったー! いっぱいあります。まず、靴がマーチン!

宇都宮 衣装がジャケットだって聞いたときに、メンバーみんなで、「もしかしたらブーツはけるんじゃない?」って言ってて。いつもコンバースのスニーカーだったので。

 あと、右から見たときと、左から見たときでは全然デザインが違ってて。今までのザ・コインロッカーズと新しいザ・コインロッカーズの二面性を衣装でも表現できてるなって思います。

船井 前作まではTシャツにスニーカー、制服のようなチェックのスカートだったんですけど、新たに生まれ変わるかのようにTシャツを脱ぎ捨てて、ジャケットを羽織ってて。

宇都宮 本当に戦いにいく感じだよね。

船井 そう、勝負服なんです!

気合いの入った勝負曲をリリースしたその後はどう考えてますか。

 コロナでライブができないのでなんとも言えないんですけど、出させていただく楽曲1つ1つにとにかく熱量を込めて届けていけたらいいなって思います。

宇都宮 いつ、いきなりライブができるようになるのかわからないので、そのときにやっぱり、ドラマを通してザ・コインロッカーズを知ってくださった方とか、SNSを通して興味を持ってくださった方がライブを観に行こうかなって思ったときに、どれだけ想像を超えられるかが勝負になってくるのかなって思ってて。想像を超えられるように成長していかないとなと思います。

絹本 私も同じ意見ですね。ライブに行こうかなって踏み出してくれた勇気に対して裏切らないようにしたい。期待を超えていくことが大事だと思うし、期待を超え続けたいです。

船井 今年は本当にライブができないので作品作りを中心にやってきて。「僕しあ」「夢僕」でザ・コインロッカーズとして、明るさや笑顔が見える“青春”というイメージが定着して、「仮病」でまた新たな面が見せられたと思うんですね、「仮病」で私たちを知ってくださった方は、「僕しあ」「夢僕」を聴くとギャップを感じてもらえると思うし、ライブが再開したときには、さらにいろんな顔を持ったグループなんだなっていうことを示していけたらいいなと思いますね。

【募集終了】抽選で2名様にザ・コインロッカーズさんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

ザ・コインロッカーズさん直筆サイン入りチェキ

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

10月12日(月)~10月19日(月)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo Twitter公式アカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo Twitter公式アカウント(@whatsin_tokyo)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


その他のザ・コインロッカーズの作品はこちらへ。

ザ・コインロッカーズ

秋元康プロデュースによるガールズバンドプロジェクト。
「夢は弾いてかなえろ!」をキーワードに掲げ、2018年に第1期オーディションを実施、約1万人の応募から楽器、バンド経験、国籍、年齢も様々な41名をメンバー選出。楽曲ごとにメンバーを選抜する全く新しいガールズバンドとして、2018年12月23日にバンド結成。
2019年6月19日にドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ)の主題歌「憂鬱な空が好きなんだ」でデビューを果たすなか、「SHOWCASE LIVE」というタイトルで、全国5都市を中心に約150本の武者修行ライブを敢行。
2019年12月、結成1周年を記念したZepp Tokyoでのワンマンライブを機にメンバー編成をリニューアル、13名での活動をスタート。

オフィシャルサイト
https://thecoinlockers.com/

フォトギャラリー