Interview

“タクフェス”初参戦の松田るか×岸田タツヤが挑む、切ない愛情と感動のストーリー。「『くちづけ』は、こんな時代だからこそ観てほしい物語」

“タクフェス”初参戦の松田るか×岸田タツヤが挑む、切ない愛情と感動のストーリー。「『くちづけ』は、こんな時代だからこそ観てほしい物語」

俳優・脚本家・演出家として幅広く活躍する宅間孝行が仕掛けるエンターテインメントプロジェクト“タクフェス”。その第8弾『くちづけ』が10月16日(金)の埼玉(プレビュー)公演よりスタートする。

2010年に初演、2015年に再演され、今回が3度目の上演となる本作は、知的障がい者とその家族の日常を通し、それぞれが抱える苦しみ、悩み、そしてそれ以上に代え難い“幸せ”を描いたストーリーが高い評価を受け、2013年には貫地谷しほり主演で映画化もされた。

初演から出演し、本作が3度目となる金田明夫、再演からの続投となる、かとうかず子、柴田理恵、Moeka、そして今回初参戦の若手俳優陣ら幅広い世代の役者が描く、本当にあったお話を元にした「涙なしには観られない」物語について、“国村はるか”役の松田るかと、“夏目ちゃん”役の岸田タツヤに話を聞いた。

取材・文 / 近藤明子


宅間さんが書かれる作品は、お客様に“答え”を求めないところが好き

お二人は本作がタクフェス初参加とのことですが、出演が決まった時の気持ちから伺えますか?

松田るか 素敵な作品に携われることが素直にうれしかったのと同時に、今回は再再演なので、前回・前々回を超える“国村はるか”を演じないといけないというプレッシャーも感じました。

松田るか 撮影 / 齊木恵太

岸田タツヤ 実は僕、宅間(孝行)さんとは二十歳ぐらいからのお付き合いで、私生活ではいろいろと気にかけていただいてたんですけど、一緒に仕事をするのは今回が初めてなんです。昨年から今年3月までの1年間出演していた『騎士竜戦隊リュウソウジャー』が終わったタイミングで呼んでいただけたのがうれしかったですね! 『くちづけ』という作品は僕にとって大きな意味がある作品で…。僕が通っていた小・中学校には障がいのある子どもたちもいたので他人事ではないという気持ちがあったし、だからこそ自分がこの作品の持つメッセージの一部となって多くの方に届けられるのは光栄なことだなと思いましたね。

岸田タツヤ 撮影 / 齊木恵太

台本を読んで、改めて本作の世界観について考えたことはありますか?

松田 全体的に言えるのは、登場人物はみんな「強い人」だということ。映画を見た時は「哀しいけど素敵なお話だな」という感想でしたが、自分が実際にこの物語の中に入ってみるともっと深い様々な想いが湧いてきました。作品について調べて行くうちに「グループホームは近隣住民から作るのを反対されてしまったり、受け入れられていない現状がある」ということを知り、「もしかしたら、はるかはそれが理由で学校でいじめられていたりするのかな?」など台本には書かれていない部分についても考えたりしました。10代の女の子ですから、学校の友達と遊んだり、オシャレしたり、将来を夢見たり、やりたいことはいっぱいあると思うけど、はるかは両親を助けて入居者の世話を自ら進んでやって、それを当たり前のこととして受け入れている。すごく大人で強い子だなって思いました。もしも私がはるかの境遇だったら、グレちゃうかもしれないです。作品全体としては、温かくゆったりとした時間が流れていく中でみんなが笑顔で過ごしているけど、楽しい時間であればあるほど物語が進むにつれて現実の社会の厳しさとの対比がすごく感じられるし、悲しい“事件”も起きてしまう…実際に起きた出来事がベースになっているのもあって、すごく考えさせられるお話です。

岸田 『くちづけ』に限らず、宅間さんが書かれる作品の好きなところは、お客様に“答え”を求めないところ。「こういうことを伝えたくてこの物語を書きました」とか強要しないところが僕はすごく好きです。僕たち役者がいかにイメージを膨らませて考えながら作品を作っていっても、伝えたいことのほんの一部しか伝えることは出来ないと思うし、それぞれの人生があって、感じること、思うことは自由ですから、その中でお客様が受け取ることが全てなんですよね。例えば、僕が演じる“夏目ちゃん”というキャラクターは、ひとことで言うと「場の空気が読めない人」です(笑)。でも彼について考えれば考えるほど「こいつ、ステキな男だな」って思うようになったし、僕としてはそれを皆さんに伝えたいところなんですよ。でも、結局は見てくださった皆さんが感じた夏目ちゃんが正解なんです。同じように、障がい者に対しても“どう接するのが良い”“悪い”とか答えを出すのではなく、皆さんが理解を深めるひとつのきっかけになればいいなと思っています。

撮影 / 齊木恵太

めげない人たちが揃った“熱い現場”

夏目ちゃんを演じるうえでの苦労していることなどはありますか?

岸田 夏目ちゃんはいずれは東京に行って「編集者」になるという夢があって、今は地元のタウン誌で働いているんですけど、彼の原動力は「人」。そこを大切に演じようと頑張っていますが難しいです。稽古初日、金田明夫さん(主演・愛情いっぽん役)に「夏目ちゃんって、もしかしたらこの中で一番難しい役かもしれない」って言われたんですけど、僕はその時全然ピンと来てなくて「いやいや、テンション高くやればいいんじゃないですか?」「皆さんの役の方が、いろんな想いがあって難しいのに」と思っていたんですね。稽古が進むにつれて、夏目ちゃんの難しさを日々実感しています。

撮影 / 齊木恵太

松田さんは、国村はるかを演じるうえでイメージしていることはありますか?

松田 グループホームの入居者に対して差別の意識を持たず、フラットでいることを常に心がけて役作りをしています。宅間さんからは「みんなのボスになれ」と言われました(笑)。「立場は対等だけど、悪いことをしたらちゃん優しさを持って怒る。そういうボスになれ」というアドバイスをいただきました。

撮影 / 齊木恵太

宅間さんのお名前が出たので、“演者の宅間さん”と“演出家の宅間さん”を身近で見た印象なども伺いたいです。

岸田 むずかしいな、それ(苦笑)。稽古場ではまだ宅間さんの“演出家”の顔しか見ていないんですよ。(※取材時点)

松田 稽古は始まって一週間ほどなので、宅間さんは今は演出に集中していて、(宅間が演じる)“うーやん”は代役の方が演じているんです。

撮影 / 齊木恵太

岸田 でもまぁ、俺らとは何もかも違いすぎる! 普通に「ここに来てよ」って言われて、僕が歩いて行くと、宅間さんに「あー」って言われて僕の代わりにやって見せてくれるんですけど、そのひとつひとつが、“アハ体験(※心理学上の概念で、未知の物事に関する知覚関係を瞬間的に認識することを指す。ひらめき)”でしかなくて。人が無意識にやっている細かいことなんですけど、宅間さんは人の無意識をすごく意識的に見ている方なんでしょうね。それって役者に絶対に必要なことだし、宅間さんに比べたら僕なんて全然うわべだけだなって、自分の理解の追いつかなさと勉強不足とで毎日ノックアウトされています。そんな感じなので、決して和気あいあいとした雰囲気の稽古場ではないけれど、先輩を見て学ぶべきことはたくさんあるので、初参加の若手たちで集まって「みんなで助け合っていこう」「頑張っていこうぜ」っていう絆が生まれつつありますね。

松田 扱っているテーマが繊細なテーマなので、今は調べたものをとにかく頭に詰め込んで、咀嚼して吸収して…宅間さんも私たちが理解するまで言い方を変えて何度でも説明してくださるんです。そんな、めげない人たちが揃った“熱い現場”だなって感じています。

撮影 / 齊木恵太

先輩方からは、過去の公演の時のお話を聞く機会もありますか?

松田 このご時世なので、会話の量としては少ないですが、ためになるお話を聞かせていただくこともあります。はるかの父親・国村先生役の斉木しげるさんは「はるかは、きっとこういうことがあって、これこれこういうことがあったんじゃないかな?」「もし、そうだとしたら今のはるかはどうする?」と、悩んでいた私に役を演じるうえでヒントをくださったり、愛情いっぽん先生役の金田明夫さんには「息が上がっている時に人間は息を鎮めようとする。泣きたい時に泣くのを止めようとする。人間は逆のことをしようとするんだよ。だから怒りのシーンでも、怒りを爆発させるだけじゃなく、ちょっと抑えるような芝居を意識してごらん」って、お芝居のアドバイスいただいたりしました。

岸田 先輩たちは、とにかく自分のことでいっぱいいっぱいな僕らを見て、さりげなく裏でバランスをとってくださっているんです。煮詰まった時には金田さんが先頭に立って場を回してくれたり、具体的な言葉でというよりは、役者としての姿勢を背中で見せられている感がありますね。

撮影 / 齊木恵太

ぜひタオルをお持ちください。何か”を受け取っていただけるように全力で頑張る!

開幕まであとわずかとなりましたが、最後に公演を楽しみに待っている皆様にメッセージをお願いします。

松田 まだコロナが収まりきっていない状況ですが、ご来場いただける方には思う存分楽しんでいただきたいなと思います。劇場に座っている時だけは感情おっぴろげで、笑って、泣いて、感情を爆発させてくれると、私たちもお客様のリアクションを感じて更にやる気になります。皆様の期待以上のものをお見せできるように毎日稽古を頑張っていますので楽しむ準備をしていらしてください。あ! ハンカチじゃ足りないと思うので、ぜひタオルをお持ちください(笑)。

岸田 タクフェスは“お祭り”なので、ただただ楽しい時間を過ごしてください。チケット代の分は…いやそれ以上の“何か”を受け取っていただけるように全力で頑張ります!

撮影 / 齊木恵太


松田るか

1995年10月30日生まれ、沖縄県出身。近年の主な出演作に、特撮ドラマ『仮面ライダーエグゼイド』(16-17/EX)、ドラマ・映画「賭ケグルイ」シリーズ(18・19/MBS)、連続テレビ小説『スカーレット』(20/NHK)などがある。今後は『映画 賭ケグルイPart2(仮題)』(2021年公開予定)への出演を控える。

オフィシャルサイト
https://grick.jp/artist/ruka.php

オフィシャルTwitter
@imrukaM

オフィシャルInstagram
@imrukam

岸田タツヤ

1992年4月16日生まれ、東京都出身。近年の主な出演作に、ドラマ・映画「今日から俺は!!」シリーズ(18・20)、特撮ドラマ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(19-20/EX)などがある。

オフィシャルサイト
https://www.itoh-c.com/artist/kishida/

オフィシャルTwitter
@kishidatatsuya_

オフィシャルInstagram
@Kishidatatsuya416

タクフェス第8弾『くちづけ』

【埼玉(プレビュー)公演】
2020年10月16日(金)
飯能市市民会館 大ホール

【愛知公演】
2020年10月23日(金)~10月25日(日)
刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール

【東京公演】
2020年10月29日(木)~11月8日(日)
サンシャイン劇場

【札幌公演】
2020年11月20日(金)~11月21日(土)
道新ホール

【大阪公演】
2020年11月25日(水)~11月29日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

【映像配信】
2020年12月18日(金)10:00~12月20日(日)22:00
視聴チケットの詳細はこちら
http://takufes.jp/kuchiduke2020/streaming.html

【キャスト】
金田明夫:愛情いっぽん
小島藤子:阿波野マコ

松田るか:国村はるか
岸田タツヤ:夏目ちゃん
倉田茉美:宇都宮智子

松村龍之介:酒巻くん
若林元太:島ちん
はるはる:みなみ
北代祐太:頼さん
Moeka:ちーちゃん

柴田理恵:袴田さん
かとうかず子:国村真理子

斉木しげる:国村先生

宅間孝行:うーやん

【スタッフ】
作・演出:宅間孝行

【STORY】
天使のように純真なハートをもつマコは、なぜ…

知的障がい者たちの自立支援のためのグループホーム「ひまわり荘」では、身体は大人、心は純真な子供のままの人たちが楽しく暮らしている。そんなホームに、かつて大ヒット作品を1度だけ世に送り出した、漫画家の愛情いっぽんが、娘のマコを連れて住み込みで働くことに…。
ひまわり荘の住民となったマコは、30歳だが心は純真な子供のまま。そんなマコの心の扉を開けたのは、ひときわ明るく元気なうーやんだった。
惹かれあった2人は、マコの誕生日であるクリスマスの日に、“結婚しよう”と指きりを交わす。そして約束の日、うーやんはひまわり荘の仲間と一緒にマコがやって来るのを待つが…。

オフィシャルサイト
http://takufes.jp/kuchiduke2020/

オフィシャルTwitter
@TAKU_FES_JAPAN

フォトギャラリー