Interview

映画『鬼ガール!!』で再共演、上村海成×桜田ひよりの超仲良しインタビュー! 妖怪になるなら“地味キャラ”ですみっこでのんびりと。

映画『鬼ガール!!』で再共演、上村海成×桜田ひよりの超仲良しインタビュー! 妖怪になるなら“地味キャラ”ですみっこでのんびりと。

ミュージカル『テニスの王子様』や連続テレビ小説『半分、青い。』、映画『思い、思われ、ふり、ふられ』などで人気急上昇中の上村海成と、子役時代より活動し、この秋も映画『妖怪人間ベラ』『映像研には手を出すな!』が公開され、雑誌『Seventeen』の専属モデルとしても活躍する桜田ひよりが、映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』(19)に続いて再共演。鬼伝説の残る大阪の奥河内を舞台にした『鬼ガール!!』で、「これぞ、青春!」といったドラマを展開し、魅力を振りまいている。

鬼族の末裔の鬼瓦ももか(井頭愛海)が、幼馴染の蒼月蓮(板垣瑞生)らと映画作りに奮闘していく本作で、上村は学校イチのモテ男子の神宮寺岬を、桜田は蓮のことが大好きなために、ももかにライバル心を燃やす松丸星愛姫(てぃあら)を演じている。写真撮影中も取材中も、常に楽しそうに笑い合っていた上村と桜田に、2作で共演したお互いへの印象や撮影時のエピソード、なってみたい妖怪についてなど聞いた。

取材・文 / 望月ふみ 撮影 / 増永彩子


※記事の後半には上村海成さん&桜田ひよりさんの直筆サイン入りチェキのプレゼント応募情報を掲載しています!

構成文化財の観心寺で”ヒヤヒヤ”の初殺陣に挑戦!

鬼ガール!! 上村海成 WHAT's IN? tokyoインタビュー

写真撮影のときから、仲良し度がビシバシ伝わってきています。

上村 ビジネスで(笑)。

桜田 ビジネスでね(笑)。立て続けの共演で、『鬼ガール!!』の撮影中に『ホットギミック~』の舞台挨拶があったので、そのときは『鬼ガール!!』のロケで大阪でも一緒だし、東京に戻っても一緒でした。

2度の共演があったからこそ、お互いによく知っている部分は?

上村 今回また共演させてもらって、桜田さんって「プロだな」と思いました。お芝居がすごく上手いし、仕事中に、「ここにいて欲しいな」みたいなところにちゃんといるんです。僕だけじゃなくて、周りのみんなが「桜田さんって、プロだね」と言ってました。

桜田 やだあ(照)。嬉しいけど恥ずかしい! 上村くんは私服がすっごくおしゃれです。会うたびに「どこの服?」って聞いてました。

上村 スウェットしか着てなくなかった?

桜田 サロペットとか、MA-1ジャケットとか着てたよ。

上村 白いやつか。ありがとうございます(照)。もっとふわっとした答えを言われると思ったのに、僕ももっと考えていえばよかったな。嬉しいです。

桜田 おしゃべりが日常になってるから、こうして取材で改めて話すとなると、何を話したらいいのか分からなくなるね(笑)。

鬼ガール!! WHAT's IN? tokyoインタビュー

本編では上村さんが完璧なモテ男子の岬、桜田さんが好きな男の子に猪突猛進な女の子・星愛姫役です。

上村 岬はほかの女の子にはモテモテなんですが、星愛姫は蓮くん(板垣)に夢中で僕のことは全然相手にしていないので、ずっとあしらわれてたんです。

桜田 二人で一緒に歩くシーンでは、岬くんが星愛姫にずっと話しかけてくるんですけど、星愛姫は蓮くん一筋なので岬くんに全く興味がなくて…。「やめて」ってずっと無視しながら歩くシーンは撮影中も笑いが止まらなかったです(笑)。

役と自分との共通点はありますか?

上村 ないです。探せばあったのかもしれないですけど、あえて探しませんでした。自分とはあまり似ていないキャラクターだと、まったく共通点がないほうがやりやすかったりするんです。変に共通点を見つけると邪魔になってしまうので、そこは考えませんでした。

上村さん自身は、高校生のころ周囲の女の子から「キャー!」と叫ばれたりは。

上村 ないです。僕は数少ない友達とずっと一緒にいました。休み時間とかに「校庭でサッカーしようぜ!」みたいなことは一切なく、すみっこでコソコソしてました。

桜田 私も星愛姫とは違います。メイクをするのが好きという共通点はありますけど、大好きな人にまっすぐに向かっていく!みたいな思考は考えられないです。強いなって思います。

星愛姫は物語が進むにつれて変化していきますね。

桜田 そうですね。何をきっかけに考え方が変わっていったのか、ももかへの接し方が変わったのか、起点の部分を考えながら演じるのは楽しかったです。

後半には本物のお寺で撮影したシーンがあります。

桜田 あの撮影はすごく暑かったです。本当に鬼伝説があると言われるお寺で劇中劇のアクションをしたんです。なんだっけ、あの……

上村 構成文化財の観心寺ね。

桜田 そうそう。そこでアクションをしなきゃいけなかったので傷をつけてしまわないか怖かったです。「文化財だから気をつけてね!」って言われながらだったので。

上村 緊張したよね。殺陣もあって。お互いに初挑戦だったね。

桜田 ね! アクションチームでずっと練習してました。

鬼ガール!! 桜田ひより WHAT's IN? tokyoインタビュー

上村 あそこはボランティアの観客を入れて、舞台として見せるような演出のあるシーンだったので、声の出し方とか、これまでの経験が生かせる部分がありました。ただ、殺陣は僕もやったことがなかったので、とにかく気を張ってましたね。「もしも刀が飛んで行って柱を傷つけたりしたら!」って。

桜田 とんでもないことになるよ(笑)。私はその時キジの衣装を着ていたんですが、動くと衣装に付いている羽が舞って落ちてしまうので、その度にみんなが拾って届けてくれるんです(笑)。動き回ったり、衣装を直したりで大変でしたけど、すごく楽しかったです。

上村海成&桜田ひよりの興奮材料は?「気持ちを落ち着かせるはずだけど…」

鬼ガール!! 桜田ひより WHAT's IN? tokyoインタビュー

地方ロケでの思い出を教えてください。

上村 たこ焼き!

桜田 泊まっていたホテルのロビーをお借りして、みんなでたこ焼きパーティをしました。

上村 キャストの6人とあとスタッフさんとかでね。割とすぐにみんな仲良くなれたよね。桜田さんと僕は、『ホットギミック~』で最初に会ったときは、ちょっとお互いに近づけないときがあったけれど。関わらないほうがいい人なのかなと思って(笑)。

関わらないほうがいいっていうのは?

桜田 『ホットギミック~』の山戸結希監督から、「この世代で最高にとがったふたりだ」と言われてたんです。監督は「役者として」という意味で言ってたんですけど、「性格が」だと思っちゃって(笑)。

上村 お互いに、「この人、とがってるんだ」と思って、最初は距離が縮められなくて(笑)。でもだんだん仲良くなって、『鬼ガール!!』の台本読み合わせのときは、桜田さん、ずっと笑ってたよね。

桜田 終わったばかりの『ホットギミック~』のメンバー(桜田、上村、板垣)が並んでるのを見て、なんか面白いなと思ったらツボに入っちゃって(笑)。上村くんの動きとか喋る言葉が私のツボで、いつも笑っちゃうんです。

上村 いつも笑ってもらって、ありがとうございます。

鬼ガール!! WHAT's IN? tokyoインタビュー

いまもそうですね(笑)。さて『鬼ガール!!』は、「青春しよう!」と言葉で言ってしまうくらい、青春を感じる作品ですが、おふたり自身の「これは青春だった」という思い出は?

上村 高校生のときに、仲の良かったグループで、お互いの家にしょっちゅう泊りに行ってたんです。友達の家にみんなで泊まって、そこから学校に行って。今思うと、そういった日々は青春でしたね。学校から帰って、みんなで花火とかして。夜はドンキに出かけて…(笑)。桜田さんはいま高校生だもんね。

桜田 私も夏休みに、海の近くに住んでいる友達の家にお泊りに行って花火をしたり、バスケットゴールのあるグラウンドに行ってバスケをして遊んだりとか、そういうのかな。あとは、帰ってきてから夜にみんなでホラー映画を観る。

上村 いいね!

ホラーというお話が出ましたが、本作の主人公ももかは、人間と鬼の間に生まれた女の子です。おふたりは鬼や妖怪などは好きですか?

上村 物語としては好きです。雪女とか、会ってみたいな。いま暑いし。(※晩夏に取材)

桜田 いてくれたら助かるね。でも寒すぎるかもよ。

上村 ちょうどいいんじゃない? バランスが取れて20度くらいでキープになるかも。だから雪女と仲良くなりたいな。雪男でもいいけど。

桜田 いたら楽しそうだよね。私は、おばあちゃんの家みたいなところに行って、座敷童と一緒に遊びたいな。

座敷童はいるといいことがある妖怪ですよね。

桜田 ですよね。でも会ったらいなくなっちゃうって聞いたことがあるから、見ても気づかないふりをしたほうがいいんですかね?  一緒に遊べないのは寂しい! けど、もし会えるのであれば私は横目でそっと見守ることにします。

鬼ガール!! 上村海成 WHAT's IN? tokyoインタビュー

役者として演じるなら?

桜田 小豆洗いかな(笑)。ずっと小豆を洗ってるの。洗ってる時にふと目が合って、「あっ……」とかやってみたい。「バレた~!」って(笑)。

上村 地味っ!(笑)。 僕は子泣き爺がいいかな。

桜田 一緒じゃん! ふたりともすみっこ(笑)。

上村 主役クラスの妖怪じゃないっていうね。ふたりですみっこのほうで。

桜田 のんびりしていたいね。

鬼のももかは興奮すると頭に角が生えてしまいます。おふたりはどんなことに興奮しますか?

桜田 最近、緑にハマってるんです。だから緑の洋服を見ると興奮しちゃう。

上村 緑って気持ちを落ち着かせる色のはずだけど(笑)。

桜田 興奮するよ。この夏も、Tシャツ、スカート、靴、バッグって、全身、緑のアイテムを集めてました。一昨日もパンツを買って、今日、早速履いてきました(笑)。めちゃくちゃハマってます。

上村 面白いな。僕にはそんな突飛なものはないけど(苦笑)、いたずらするのが好きで、見つかるのを考えると興奮しますね(笑)。

鬼ガール!! WHAT's IN? tokyoインタビュー

どんなイタズラを?

上村 母親のお弁当に角砂糖を敷き詰めたりとか(笑)。

桜田 ええ!? どういうこと?

上村 夕飯が終わってから、母親がお弁当にご飯をよそうんですけど、母がお風呂に入っている隙に、そのご飯のところに角砂糖をぎっしり敷き詰めて。

桜田 やばいやばい(笑)。

上村 母親が開けて「甘みがすごい!」って言ってました(笑)。

桜田 お母さん、ノリいいね。怒らないんだ。

上村 角砂糖ひとつとかだったら怒るかも。ぎっしり敷き詰めたから、「ここまでやるならいいか」ってなったのかも(笑)。その反応を見るまでが興奮しちゃいます。

おふたりとも面白いですね(笑)。最後に、お互いのファンに向けて、おススメポイントをお願いします。

上村 桜田さんの演じる星愛姫はすごくまっすぐな性格の子です。それが空回ったりもしてしまうんだけど、ずっと健気に蓮くんのことを思い続けてる姿が「ヨシヨシ」ってしたくなると思います。頑張って反抗している部分もあったりして可愛い。最後に見せどころもありますし、とにかく桜田さんの可愛さが詰まってます。

桜田 それこそ上村くんの格好良さが詰まりに詰まってます。上村くん、自分の格好いい角度を知ってるんですよ。振り返ったときの角度とかも微調整したりして。岬くんはモテモテ男子なので、今回、格好良さを最大限に生かしてます。ファンの方も喜ぶはずです。

上村 見て超笑ってたじゃん。

桜田 あはは。

(最初から最後までずっと楽しそうだったふたり。プレゼント用のサイン入りチェキへの「WHAT’s IN? tokyo」の文字も、上村さんが「WHAT’s IN?」桜田さんが「tokyo」と分担して書いていました。)


抽選で1名様に上村海成さん&桜田ひよりさんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

上村海成さん桜田ひよりさん直筆サイン入りチェキ
応募期間

10月13日(火)~10月20日(火)23:59

応募方法

■step.1
WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)をフォローする

■step.2
ハッシュタグ(#上村海成さん桜田ひよりさんのチェキがほしい #WHATs_IN_tokyo)をつけてツイートする

  • ツイートは何回でもOK!
    ※応募期間を過ぎたツイートがおひとつ(1ツイート)だけでもある場合、すべての応募ツイートが無効となりますのでご注意ください。
  • 下の[ハッシュタグをつけてツイートする]ボタンをクリックすると簡単に応募出来ます☆
  • 記事を読んだ感想をご自由にお書きください♪
応募する!

※一部端末ではボタンによる複数回ツイートに対応していない場合がございます。


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


上村海成

1997年、東京都生まれ。2011年に俳優デビュー。映画『渇き。』(14)をはじめ、『ちはやふる -上の句・下の句-』(16)、連続テレビ小説『半分、青い。』(18)、映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』(19)『思い、思われ、ふり、ふられ』(20)に出演。

オフィシャルサイト
https://kamimurakaisei.jp/

オフィシャルInstagram
@notuemura_yeskamimura

桜田ひより

2002年、千葉県生まれ。2011年に女優デビュー。近年の主な出演作に映画『東京喰種トーキョーグール』(17)『ういらぶ。』(18)『ホットギミック ガールミーツボーイ』(19)『映像研には手を出すな!』(20)などがある。2021年1月公開の映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』への出演が決まっている。

オフィシャルサイト
https://www.ken-on.co.jp/hiyori/

オフィシャルInstagram
@hiyori_sakurada_official

フォトギャラリー

映画『鬼ガール!!』

10月16日(金)全国順次公開

出演:井頭愛海 板垣瑞生 上村海成 桜田ひより ほか
監督:瀧川元気
原作:中村 航
脚本:中村 航 作道雄 瀧川元気 
音楽プロデューサー:梶原徹也
製作協力:奥河内ムービー・プロジェクト
配給:SDP

オフィシャルサイト
https://onigirl.jp

©2020映画「鬼ガール!!」製作委員会