Review

一度だけの鑑賞じゃ物足りない! 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』で「あいしてる」を知る旅は終着点へ

一度だけの鑑賞じゃ物足りない! 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』で「あいしてる」を知る旅は終着点へ

2020年9月18日(金)より全国の映画館にて『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が公開された。

武器として戦場で育ち感情を育むことができなかった少女・ヴァイオレットが、戦時中に消息不明となったかけがえのない上官・ギルベルトが残した「あいしてる」の意味を知っていくアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、2018年にTVシリーズが放送。2019年には『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』が劇場作品として公開され、ヴァイオレットが代筆をおこなう「自動手記人形(ドール)」の仕事を通して様々な人々と出会い、心を育んでいくストーリーは世界中のアニメファンを感動させた。

そんな彼女の「あいしてる」を知る物語も今回の『劇場版』でフィナーレ。本稿では、感動の最終章の見どころを余すことなくお届けしていく。

文 / 長田雄太


思わぬ演出に冒頭から涙

『劇場版』で描かれるのは、『外伝』からさらにあとの物語。人気のドールとなったヴァイオレットは仕事に追われる日々を過ごしていたが、ある日、少年・ユリスから依頼を受ける。代筆することになったのは、家族が読んだら元気になるような手紙。しかし、手紙を渡すタイミングについてあるお願いをされる。

そんな二人のやり取りは、死期を悟った母親が娘のアンを案じて、ヴァイオレットに手紙の代筆を依頼するTVシリーズ屈指の感動回(第10話)を思い起こすのだが、『劇場版』にはなんとアンの孫娘にあたる少女・デイジーが登場。彼女がヴァイオレットの足跡をたどる形で、物語が展開していくのだ。第10話で大泣きした筆者としては、アンの孫娘の顔が見られたというだけでも感動的な展開なのだが、スクリーンでも10話の感動のシーンが用意されていると思っておらず、始まって早々に目頭が熱くなっていた。この演出はニクすぎる……。

ディートフリートの変化に驚くこと間違いなし

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』では、戦後の街並みとそこに住む人々の変化も描かれてきたが、『劇場版』になると新たなコミュニケーションツールとして電話機が登場。街のシンボルとして描かれていた電波塔も完成が近づき、ヴァイオレットが働くC.H郵便社も大きな転換期を迎えようとしている。戦争を乗り越え変わり続けるライデンにはほんの少しの寂しさを覚えつつも、未来への希望が感じられるだろう。

そんななか、特に驚きの変化を見せたのがギルベルトの兄・ディートフリートだ。孤児だったヴァイオレットを人ではなく武器として扱い、TVシリーズではヒール役のようだったディートフリート。しかし、『劇場版』では終戦からしばらく経って物腰も柔らかくなり、ヴァイオレットに対する態度も変化。同じ大切な人を失った悲しみを共有できる存在として弟への思いを打ち明けるなど、意外な一面に最後まで驚かされるはずだ。

ヴァイオレットを案じるホッジンズに共感

変わりゆく人々と同じように、『劇場版』のヴァイオレットはより表情豊かになっており、セリフの端々からは相手への思いやりが伝わってくるなど、成長が感じられるシーンも見逃せない。幼いころのギルベルトの遺品を愛おしそうに眺める様子など、「そんな表情もできるようになったのか……」と感動が押し寄せてくる。いっぽうで、ヴァイオレットのギルベルトに対する思いは時が経っても色あせることはなく、強く思っても叶わない願いはどうすればいいのかと尋ねる場面など、時折影を落とす彼女の姿には不安を覚えることも。

シリーズを追いかけるうち、すっかり父親目線になってしまっている筆者なのだが、本作ではヴァイオレットの成長を見守ってきた社長のホッジンズが、そんな筆者の感情を見事に代弁してくれていた。義手を器用に使いこなせるようになったヴァイオレットを、喜びと寂しさが入り混じったような表情で見つめる場面など、画面越しに同じく彼女の成長を見守ってきた筆者としてはたまらない。

さらに物語の後半では、なんとギルベルトが生きているかもしれないという、驚きの展開が待ち受けているのだが、そのさなかヴァイオレットは失意に泣き崩れてしまう。そんな彼女を見たホッジンズは、今まで観たことがない表情で怒号を上げるのだが、このシーンは必見。怒りややるせなさ、ヴァイオレットへの愛情が胸に突き刺さるほど伝わり、とめどなく涙があふれてきた。ここは本作を見た誰もが共感できるシーンに違いない。

物語の集大成となる手紙とヴァイオレットたちの「その後」

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の中でも特に感動的な場面と言えば、ヴァイオレットが代筆した手紙が読まれるシーン。『劇場版』でも代筆したユリスの手紙に加え、ヴァイオレット自身が書いた手紙が読まれるのだが、そのどちらも涙なしでは観られない。劇場でも多くの人が涙を拭っていたが、なかでもヴァイオレット自身が書いた手紙は、今までの彼女の歩みや成長、ギルベルトへの思いの集大成と言えるもの。この手紙に関しては、感動することはもちろん、今までの物語が走馬灯のようによみがえってきた。

さて、この『劇場版』でヴァイオレットの「あいしてる」を知る物語は完結となるわけだが、そのうえで注目してもらいたいのが先述したデイジーの物語。彼女は、郵便博物館となったC.H郵便社を訪れるのだが、そのなかでヴァイオレットがどのような人生を送ったのかが語られ、シリーズを追いかけてきたファンには聞き逃せない内容となっている。また、郵便博物館で見られる社員の集合写真には、『外伝』に登場した少女・テイラーが郵便社で働いている様子もうかがえたりと、見聞きするものすべてがファンの心を掴むものばかり。筆者もそれらを見逃すまいと、すでに2度鑑賞しているのだが、まだ見逃しているところがある気がする……。

本作をまだ観ていないという方はもちろんだが、すでに観てしまったという方も、もう一度劇場へと足を運んでみてはいかがだろうか。筆者のように涙腺が緩い方は2度目も大泣きすること間違いなしだが、先述した箇所以外にもまだまだ発見があるかもしれない。

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

大ヒット上映中

【STAFF】
原作:「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」暁佳奈(KAエスマ文庫/京都アニメーション)
監督:石立太一
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督:高瀬亜貴子
世界観設定:鈴木貴昭
美術監督:渡邊美希子
3D美術:鵜ノ口穣二
色彩設計:米田侑加
小物設定:髙橋博行
撮影監督:船本孝平
3D監督:山本 倫
音響監督:鶴岡陽太
音楽:Evan Call
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
配給:松竹

【CAST】
ヴァイオレット・エヴァーガーデン:石川由依
ギルベルト・ブーゲンビリア:浪川大輔

©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

上映劇場
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=violetevergarden
『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』オフィシャルサイト
http://violet-evergarden.jp/
『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』オフィシャルTwitter
https://twitter.com/Violet_Letter