Topics

堤幸彦監督「岡田健史の未来を決する作品になった」。映画『望み』完成披露試写会レポート

堤幸彦監督「岡田健史の未来を決する作品になった」。映画『望み』完成披露試写会レポート

10月9日(金)に公開される映画『望み』の完成披露試写会が、本日9月27日(日)に神楽座で行われ、堤 真一、石田ゆり子、岡田健史、堤 幸彦監督が登壇した。

突然「愛する息子は殺人犯か、被害者か」という状況に立たされ苦悩していく父親と母親を演じた堤と石田。息子の無実を信じたい父親を演じた堤は「とにかく難しい役で、気持ちと肉体が乖離していくような感覚があり、とても辛かったです。なので、撮影の外ではとにかく楽しく過ごそうと思って、ベラベラ話していました」とコメント。一方、息子に生きていてほしいと願う母親を演じた石田は「息子が加害者か被害者かというのがテーマではありますけど、私はどこかで加害者でも被害者でもない真実があるとは思わないだろうか?という視点がありました。母親っていうのは、何があろうともとにかく生きていてほしいから、そこにこぎつけるためには、どんな想像でもするというか、ほんの僅かな可能性も信じるのが母親なんかじゃないかと…。帰ってこない息子を待ち続ける話ですが、ほぼ順撮りだったので、ある瞬間から全部のシーンで泣かなくちゃいけない日がくるんですよね…とても辛かったです」と、それぞれ振り返った。

また、堤監督は「今回ほど緊張感がある作品作りは初めて。こんなにキャストに助けられた現場はなかった」とし、「まず、堤さんとは初めてなんですが、一言一言に物凄い熱量をかけて、そして考え抜いてくださり、本当に助けられました。石田さんは強い母の愛を体現していただいて、本当に感謝しております。そして、岡田くんは若い俳優陣の中でも、誰にも代えがたい存在があります。特に、残り香と言いますか、振り向いて母を見ながら目線を残していく…ここは是非注目していただきたいところです。彼の未来を決する作品になったと思います」と称賛した。

本作で夫婦役を演じた堤と石田。”本当に夫婦だったら”という質問について、堤は「本当に奥さんだったら、何も言うことないです! でも、ちょっと…、とんちんかんなところがあるので(笑)。1日に2回くらいは面白いことしてくれそうで、それを楽しみに過ごせそうです(笑)」とコメント。それに対し、石田が「撮影中に『本当に手順覚えない人だね』って堤さんに何度も言われ続けていたので、内心、ちゃんとしてくれって思っているはずです(笑)」と答えると、「何個か手順があったとしても最初の1個くらいは覚えているはずなのに、本当になんにも覚えてないんです(笑)。こんな人いるんだ!って(笑)。天然記念物みたいな感じです」と笑った。

一方、岡田は堤と石田が”本当に両親だったら”という質問について、(撮影中)薪ストーブについて熱弁していたという堤に対して「これから寒いですし、薪ストーブで家をすき無くあたためてほしいです!」とコメント。堤は「ほんとに温まるのよ! そこで、ピザも作ってあげるよ!」と嬉しそうに答えた。続いて「石田さんが僕のおかあちゃんだったら、僕が悩み事とかで眠れない夜に、横でクラシックギターを弾きながら、僕を眠らせてほしいです!」と岡田が熱望。「今、一生懸命練習中ですが、こんな息子がいたら私もう、毎日やりますよ!」と、石田も嬉しそうだった。

最後に堤監督は「辛い苦しい映画ですが、その先に光もあります。この時代に必要な、家族とは一体なんなのか、親であり、子であるということは一体なんだろうということを問いかける作品です。この作品のどこかに、御覧になる皆様がいます。それくらい、響くところがどこかにあるはずですので、ご鑑賞いただければと思います」と見どころを語りイベントは幕を閉じた。

映画『望み』

10月9日(金)より全国公開

出演:堤 真一 石田ゆり子 岡田健史 清原果耶 加藤雅也 市毛良枝 松田翔太 竜 雷太

監督:堤 幸彦
原作:雫井脩介「望み」(角川文庫刊)
脚本:奥寺佐渡子
音楽:山内達哉
主題歌:森山直太朗「落日」(UNIVERSAL MUSIC)
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト
nozomi-movie.jp

© 2020「望み」製作委員会