Interview

西川くんとキリショー 西川貴教×鬼龍院 翔(ゴールデンボンバー)の最強タッグ誕生。緻密に計算されたボーカルバランスとユニット名に迫る

西川くんとキリショー 西川貴教×鬼龍院 翔(ゴールデンボンバー)の最強タッグ誕生。緻密に計算されたボーカルバランスとユニット名に迫る

夢の? それとも、まさかの? いずれにせよBIGな顔合わせが実現した。西川貴教とゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院 翔による初タッグ、それが“西川くんとキリショー”だ。このスペシャルなユニットが現在放送中のTVアニメ『ポケットモンスター』オープニングテーマである「1・2・3(ワン・ツー・スリー)」(作詞・作曲・プロデュース/まふまふ、編曲/まふまふ・田中秀和(MONACA))を新たに担当。西川くんとキリショーver.としてリアレンジされた同曲の配信も9月30日からスタートした。これはAfter the Rain(そらる×まふまふ)によるオリジナル曲「1・2・3」を様々なアーティストが歌い継いでいくという番組企画でもあり、まふまふから最初のバトンを渡されたのが西川貴教だという。そうして爆誕した最強ユニット、西川くんとキリショー。結成のいきさつから新たな「1・2・3」について、日本が誇る一大エンターテインメントコンテンツ『ポケットモンスター』のこと、二人の出会いや交流に至るまで、西川貴教と鬼龍院 翔に聞いた。

取材・文 / 本間夕子 撮影 / 荻原大志


西川くんとキリショー 西川貴教 WHAT's IN? tokyoインタビュー

こういう企画に対しても柔軟に受け取ってくれる男性シンガーって、考えるとわりと絞り込まれてくる。そこでダメ元でオファーさせてもらったのが鬼龍院くん(西川)

まふまふさんからのご指名で西川さんにバトンが渡ったことが今回のユニット結成の発端だそうですね。

西川 厳密に言うと「こういう企画がありますよ」って最初にお話をいただいたとき、ちょうど新型コロナウイルス感染症が広がり始めた時期だったので、関係者の皆さんと直接やり取りすることが非常に難しくなったために、まふまふくんが僕を指名してくれたという事実を知るまでにかなり時間がかかってしまって。アレンジの方向性とか、僕がまふまふくんのパートを歌うとして、そらるくんのパートを担当するのは誰にお願いするのかとか、そういったやり取りも全部メールだったんですよ。なので、作業をしているときは不思議な感じでしたね(笑)。時期的に仕方がなかったことですけどね。

そうだったんですね。では、まふまふさんからのご指名だったと分かったのは?

西川 歌入れの日だったんですよ(笑)。直接まふまふくんのスタッフの方から「実はこういう経緯なんです」と伺って。なので歌入れはだいぶ安心してできました。

そうしたなか、今回初めて鬼龍院 翔さんとタッグを組まれるわけですが、それはどういった経緯があったのでしょう?

西川 今放送されている『ポケットモンスター』の世界観として、“バディ”というものが一つの大きな軸となっていて。歌でもそれをちゃんと表現できる方とじゃないとなって思ったんです。声の個性があって、こういった企画に対しても柔軟に受け取ってくれる男性シンガーって、考えるとわりと絞り込まれてくるじゃないですか。そこでダメ元でオファーさせてもらったのが鬼龍院くんだったんです。

鬼龍院 『ポケットモンスター』のオープニングテーマというだけでも驚きなのに、またそこに西川貴教という名前が連なっているのが強力すぎまして(笑)。最初にお話をいただいたときからずっと、僕のほうこそ「これは本当に動き出している話なんだろうか?」っていう気持ちでいましたね。

西川 あはははははは!

鬼龍院 でも、こうやって実際レコーディングしたものが現実にテレビで流れて、いろんな人がリアクションしてくれているのを見ると、不安だったぶん喜びも大きくて。今、世の中全体が新型コロナという前代未聞の状況に苦しんでいますから、一度いただいたお話がなくなってしまうなんてことも普通にあるじゃないですか。だから、このお話がなくなってしまったとしてもショックを受けないようにしなきゃなって予防線を張っていたところもあったので、無事に皆さんの元に届くことになったのが、とてもうれしいです。

西川 本当にそうだよね。

西川くんとキリショー 鬼龍院 翔 WHAT's IN? tokyoインタビュー

After the Rainさんバージョンをお父さんが無理して歌って変な雰囲気になるよりも全然いいですよ(鬼龍院)

同じ曲を歌い継いでいくという企画自体もとても面白いなと思うんですが、歌っているお二人はどんな姿勢で臨もうとされていたんでしょうか。例えばAfter the Rainをカバーするという感覚だったのか、それとも……。

西川 カバーするって感じではなかったよね?

鬼龍院 そうですね。その曲の持っているところを活かして、また新しいものにするっていう。受け継いだのは曲と歌詞と土台であって、アレンジもキーも変わってますから、そこはもう、全く別のものを作る感覚でいいんじゃないかなって。たぶん曲を作られたまふまふさんも同じものを作ってもらおうなんて思ってるはずがないので。

西川 実際、まふまふくんご本人の監修も入っているし、そういった意味でも単なるカバーとは全然違うというか。ホント、今までにありそうであんまりないものっていう気がしてます。

確かに西川くんとキリショーの「1・2・3」はかなりロックに振り切ったアレンジです。

西川 せっかくこの二人を選んでいただいたわけですし、二人の特性が思いきり活かせるものになればと思って、そこはキーの設定も含めて細かくやり取りしました。本来この二人だったらキーの設定はもうちょっと上でもよかったんですけど、あえてちょっと低めにしたんですよ。

その心は?

西川 例えばAfter the Rainの二人が歌うバージョンって、今まさに『ポケットモンスター』を観ているリアルなユーザーの世代に寄り添っている感じがするじゃないですか。一方で『ポケットモンスター』は20年以上の長い歴史を刻み続けているコンテンツでもあって、世に出始めた頃にポケモンに触れた世代の方なんかはお子さんをお持ちだったりもするわけで。世代を渡って愛され続けているという視点で考えると、僕らのほうはどっちかというと大きいお友達バージョンみたいな(笑)。

鬼龍院 年齢的にもAfter the Rainのお二方より僕らのほうがずっと年上ですしね(笑)。

西川 だからキーもたぶんこれぐらいのほうが、お父さんお母さんが歌いやすいと思うんですよ(笑)。お父さんお母さんがこれを歌えるようになったら、お子さんのウケもよくなる気がしない?

カラオケとか、親子でそれぞれのバージョンを歌えたら楽しそうですね。

西川 ドライブでお父さんが運転しながら歌ったりすると、より盛り上がったりとか。

鬼龍院 After the Rainさんバージョンをお父さんが無理して歌って変な雰囲気になるよりも全然いいですよ(笑)。

西川くんとキリショー WHAT's IN? tokyoインタビュー

比較的、僕のほうが強めでしたけどね。「西川で合うの?」「なんかデカいロボットが出てきちゃうんじゃないの?」みたいな(笑)(西川)

今回タッグを組むにあたって、お二人の間で何か意識を共有し合ったりとか、そういうことはされました?

西川 いや、全然(笑)。先行で僕が歌ったものを鬼龍院くんに渡して「さあ、どう出るかな〜?」って。

西川さんの後に歌うってプレッシャーではなかったですか。

鬼龍院 それは逆ですね。やっぱり歌手のキャラクターやポジションとして、僕もわりとそうだと思いますけど、西川さんはクセ強め側なんですよ。

西川 ふはははは、そうね。クセ強め側です(笑)。

鬼龍院 なので、どれぐらいのクセで歌を入れるべきなのか、僕がトップバッターだったら、ちょっと困っていたかもしれない(笑)。でも西川さんが最初に歌って、僕にバトンタッチしてくれたので、僕はその方向性を支えるクセの付け方で歌わせてもらいました。

西川 確かに、すごく気を遣って僕の主旋律の雰囲気に合わせてくれているところもあるけど、そうかと思うと、もともと持ってる個性を短いなかに無理矢理ねじ込んできてるところもあって(笑)。それはすごく面白かったな。

鬼龍院 西川さんは歌声の圧が尋常じゃないんですよ。レコーディングしてるときに自分の声のボリュームを上げているのに西川さんのほうが大きく聴こえたりして、すごく謎なんですけど(笑)。でも第一バイオリンと第二バイオリンがいるように、並列でなければいけないってものでもないので、それはそれでいいのかな、と。

まさにお二人の声の個性が絶妙にマッチしていて、抜き差しのバランスもすごく聴いていて気持ちよかったです。

西川 僕は面で押すタイプだけど、どっちかっていうと鬼龍院くんは固く絞って突いてくる感じの声質なので、相性がいいんでしょうね。

ちょっと思ったのですが、西川さんがこれまでに主題歌などで関わってこられたアニメの映像作品ってわりとハードな世界観のものが多かったじゃないですか。今回の『ポケットモンスター』とはある意味、真逆というか。こういうポップでキャッチーな主題歌のイメージが西川さんにはあんまりなかったような気がして。

西川 そんなことないよ。ほら、例えば『天才てれびくんYOU』とか、小さいお子さんにもきちんとアプローチする努力もしてるよ?

それは“マーヴェラス西川”ですから(笑)。

西川 まあ、そうね(笑)。確かに最初にこの二人の名前が次のシンガーだってニュースが出たときに『ポケットモンスター』ファンの皆さんから、そういった反応が多かったのは事実です。要は「あいつらで合うの?」っていう(笑)。比較的、僕のほうが強めでしたけどね。「西川で合うの?」「なんかデカいロボットが出てきちゃうんじゃないの?」みたいな(笑)。でも意外に、なじむとそうでもないでしょ?

鬼龍院 ちゃんとできるんですから、僕たち。決めつけすぎですよ、世の中は(笑)。

西川 そうだよ。やれって言われたら、なんでもできるんだから!(笑)

西川くんとキリショー WHAT's IN? tokyoインタビュー

受け取る人のことをまず考えてしまうんですよ。どういう状況でこの曲は流れるんだろう? とか(鬼龍院)

失礼しました(笑)。そう思うと“西川くんとキリショー”というユニット名はかなりポップでキャッチーですよね。

西川 最初は普通に“西川貴教&鬼龍院翔”みたいな感じだったんですよ。でも、せっかく『ポケットモンスター』で「1・2・3」なのに“西川貴教&鬼龍院翔”っていうのもどうなんだろうなって。まず字画が多いじゃないですか(笑)。特にテレビで流れるクレジットなんて一瞬でしょ? 子供たちがそれを観たとして……。

鬼龍院 読めない(笑)。

西川 そう! そもそも画面に映っても文字が潰れちゃって、よく分かんないだろうし(笑)。それはちょっとイヤだなと思って。で、最終的に“西川くんと鬼龍院くん”か“西川くんとキリショー”、どっちがいいかなって最後の判断をご本人に投げたんです。そしたら“キリショー”のほうを選んでくれたんですよ。

鬼龍院 僕、人に覚えてもらわなきゃって欲が強くてですね……。

西川 あははははは!

鬼龍院 例えば“ゴールデンボンバー”というバンド名がそうなんですけど、当時、周りにいるのはフランス語とかアルファベットのバンドばっかりだったんですよ。ライブハウスで対バンするときとか、そういったカッコいい名前ばかりが並んでて。そのなかで覚えてもらうためには簡単なほうがいいと思ってカタカナにしたんです。だから今回もいろんな世代の人に知ってもらうことを考えたら、読みづらいよりは“キリショー”のほうがいいんじゃないかなって。

西川 なるほどね。今回ご一緒してすごく思ったのは、鬼龍院くんって全部がマーケターとしてできているんだよね。

鬼龍院 受け取る人のことをまず考えてしまうんですよ。どういう状況でこの曲は流れるんだろう? とか。

すごく大事な視点だと思います。

西川 ホントそう。とかく、カッコつけたがるじゃない? バンドマンとかアーティストって。でもキャッチーな部分っていうのは絶対必要だから。

じゃあ、バッチリですね、“西川くんとキリショー”は。

鬼龍院 全部、小学1年生までに習う文字でできてますから(笑)。

西川 “西”も“川”もたぶん漢字ドリルの2ページ目くらいに出てくるよ(笑)。

西川くんとキリショー 西川貴教 WHAT's IN? tokyoインタビュー

LINEとかTwitterとか、SNSのレスポンスはすごく速いのに、実際の対面となると極端に接続スピードが落ちる(西川)

ちなみに、お二人は普段、どんなお付き合いをされているんですか。

西川 僕はすごく気持ちを伝えてるんですけど、全然返ってこないんです(笑)。

鬼龍院 いや、えーと、まあ……どうなんでしょう? 

西川 ほらね(笑)。オンライン上のレスポンスはすごい速いんですけど、彼。LINEとかTwitterとか、SNSのレスポンスはすごく速いのに、実際の対面となると極端に接続スピードが落ちる(笑)。ナローバンドに変わるんです(一同爆笑)。

西川さんを目の前にするとやっぱり緊張してしまうとか?

鬼龍院 まあ恐怖じゃないですか(一同爆笑)。恐怖というか、脅威というか。

西川 そうなんだ(笑)。

鬼龍院 僕は芸人の礼儀を叩き込まれた人間なので、先輩に対して絶対に礼儀正しくいなきゃいけないっていう気持ちがミュージシャンのなかでは人一倍強いと思うんですよ。どうしてもキチッとしてしまうので、先輩の方とべったり親しくするってことがあんまりできないんです。強めにイジってもらってるくらいが、一番いいんですよね。

出会いはどんな感じだったんでしょう? 確か2012年の“イナズマロック フェス”にゴールデンボンバーが初出演されてましたよね。

西川 最初に会ったのはそれよりもっと前だよね。

鬼龍院 はい、もう何年経つんだろう?

西川 10年くらいは経つんじゃない? 当時、新年会だったか誕生日会だったか、ちょっと大きな会を僕の周りにいる人たちが開いてくれたときに、共通の知人が「ゴールデンボンバーをどうしても紹介したい」って連れてきてくれたのが最初で。

鬼龍院 そこで挨拶させてもらったんです。

第一印象とか覚えていらっしゃいます?

西川 第一印象も何も、話しかけてるんだけど、終始、見て伝わってくるぐらいカタカタと……(笑)。

鬼龍院 怯えてました(笑)。

西川 かなりたくさんの人が集まって、バンドマンやミュージシャンだけで200〜300人いたりしたからね。

鬼龍院 バンド活動を頑張っていたらいつか会えるかもしれないっていうような、レジェンド級の方々が総まとめでいらっしゃったので、ずっと震えてたんです。そんななかでのご挨拶だったので、声も全然出ないし(笑)。

西川 僕も「とにかくゆっくりしていってね」って言うぐらいしかできなかった(笑)。

じゃあ打ち解けたのはその後?

西川 そう。ウチのイベント(イナズマロック フェス)に出てくれたり、番組でご一緒する機会があったり、会う回数も増えてきて。

鬼龍院 そのご挨拶のあとに、確かニッポン放送のイベントでご一緒したんですよ。最後にやるセッションのリハーサルで舞台上にいらっしゃった西川さんのところにメンバーみんなで改めてご挨拶に行ったんです。最初にご挨拶させてもらった会には僕とギターの喜矢武(豊)でお邪魔してたんですけど、樽美酒(研二)や歌広場(淳)はいなかったので。そうしたら、すぐにイジってくださったんですよ。

西川 ああ、そうだった! あのとき、渡されたワイヤレスマイクがゼンハイザー製だったんですよ。ゼンハイザーのマイクって特徴的で、持ち手のおしりの先端部分が細く伸びた形になってるんです。その部分でこう、樽美酒の肛○を全力で突き上げたっていう(笑)。

鬼龍院 樽美酒は初対面でそれをやられたわけです(笑)。西川さんのほうからすぐにそうやってイジってくださったことで、お互いの関係性の設定がそこでしっかり出来上がったんですよね。なので、それからはずっと変わってないです。メンバーみんなをイジってもらえるのもうれしいですし。

西川くんとキリショー 鬼龍院 翔 WHAT's IN? tokyoインタビュー

僕が生まれてすぐに山に捨てられてオオカミに育てられたとしても、ピカチュウを見たら「かわいい!」って(鬼龍院)

実にらしいといいますか、素敵な関係性を感じます(笑)。そんなお二人が思う『ポケットモンスター』の魅力ってなんでしょうか。

西川 進化や変化を厭わないところかな。もちろん『ポケットモンスター』という世界観を大事にしたうえでの進化だったり変化なわけですけど。『ポケモンGO!』もそうですし、そういったシステム的な部分だけじゃなくて、アニメにしても今、サトシという絶対的な主人公の隣に、ゴウっていう新たなキャラクターがバディとして登場したり、どんどん変化しているじゃないですか。それでいて変化を凌駕するほどの世界観がすでに揺るぎなく存在するので、ユーザーも進化や変化をわりとすんなり受け入れていく。そんなところが魅力につながっているんじゃないかと思います。

鬼龍院 不思議だなと思うのは、20年以上前からあるのに、今『ポケットモンスター』って聞いても古さを全く感じないんですよね。僕が小学生の頃からずっとあり続けているにも関わらず「懐かしい!」っていう感情にならないんです。それを“企業努力”という言葉にしちゃうのは興醒めかもしれないですけど、きっとキャラクターの黄金比みたいなものが完成されているんでしょうね。だってピカチュウなんてどこから見てもかわいいですもん。もし僕が教育を受けていなかったとしても、あれを見たらかわいいっていう気持ちになると思うんですよ。僕が生まれてすぐに山に捨てられてオオカミに育てられたとしても、ピカチュウを見たら「かわいい!」って絶対に(一同爆笑)。

西川 なんなんだよ、もう!(笑)

鬼龍院 それぐらいキャラクターの造形がすごいのと、それを活かす周囲のチームワークが多くのファンを獲得し続けている理由なんじゃないでしょうか。

今おっしゃられたことって、実はお二方の活動にもリンクしている気がします。

西川 いやいや、滅相もないですよ。でもホントすごいコンテンツだとつくづく思います。海外の友人と話をしていても「今度ポケモンの主題歌をやるんだよね」って言ったときは沸き方が違いましたからね。日本だけじゃなく海外にもしっかり届いて広がっているすごさを改めて実感しましたね。

さて、西川くんとキリショー、このユニットで何かやってみたいことなどはありませんか。この1回で終わってしまうのは非常にもったいないと思うのですが。

西川 いや、もし他にも歌ってほしいって言ってもらえるんだったら、喜んで活動しますよ。ね?

鬼龍院 はい。 

ホントですか!

西川 アプローチは違っても、自分で舵取りをしていろんなことをやっていくタイプの二人ですし、せっかくなら歌だけじゃなくて、それぞれの能力や個性を持ち寄った、これまでとは違う形のプロジェクトをもしご希望であれば、僕はやりたいです。今後も。

鬼龍院 もしも叶うなら、僕と西川さんは歌いつつ、そのなかでウチのメンバーたちをたくさんイジってもらう、みたいな演出ができたらうれしいですね。音楽で楽しんでいただけて、僕らで笑っていただけるなら、ぜひ!


【募集終了】抽選で2名様に西川くんとキリショーさんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

西川くんとキリショー直筆サイン入りチェキ

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

9月30日(水)~10月7日(水)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo Twitter公式アカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo Twitter公式アカウント(@whatsin_tokyo)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


ダウンロード・ストリーミング
 https://erj.lnk.to/teHmY7


電子書籍ストア「Reader Store」の無料配信音楽雑誌『Reader Store Music』Vol.16は西川くんとキリショーが登場!

「Reader Store」の月刊ミュージックマガジン『Reader Store Music』Vol.16の表紙&特集は西川くんとキリショーをフィーチャー。デジタルシングル「1・2・3」の制作エピソードをお届けします。また未公開撮り下ろし写真や本誌だけのスペシャルQ&Aも掲載! さらに二人の音動画コメントも観ることができます。現在、無料配信中です!

電子書籍ストア「Reader Store」
https://ebookstore.sony.jp

西川貴教(にしかわ・たかのり)

1970年9月19日生まれ。滋賀県出身。1996年5月、ソロプロジェクト「T.M.Revolution」としてシングル「独裁-monopolize-」でデビュー。キャッチーな楽曲、観る者を魅了する完成されたステージ、圧倒的なライブパフォーマンスに定評があり、「HIGH PRESSURE」「HOT LIMIT」「WHITE BREATH」など大ヒット曲を連発する。故郷・滋賀県から初代「滋賀ふるさと観光大使」に任命され、県初の大型野外ロックフェス“イナズマロック フェス”を主催、地方自治体の協力のもと、毎年滋賀県草津市で開催している。2016年5月、T.M.Revolutionデビュー20周年を迎えリリースしたアルバム『ALL TIME BEST』はオリコン・アルバムチャートで1位を獲得。2017年5月には20周年プロジェクトの集大成としてさいたまスーパーアリーナ2days公演を開催した。

2018年から「西川貴教」名義での活動を本格的にスタートさせ、3月に1stシングル「Bright Burning Shout」、10月にFear, and Loathing in Las Vegasとコラボレーションした配信シングル「Be Affected」、11月に2ndシングル「His/Story / Roll The Dice」をリリース。2019年3月6日に西川貴教としての1stアルバム「SINGularity」をリリースし、4月から全国ツアーを開催。追加公演を含む14公演を大盛況のうちに完走した。さらには、NHK連続テレビ小説『スカーレット』に出演し話題になるなど、役者、歌手、声優と常に新たなエンタテインメントに挑戦を続けている。

西川貴教 オフィシャルサイト
https://www.takanorinishikawa.com

西川貴教 オフィシャルTwitter
@tmr15

鬼龍院 翔(きりゅういん・しょう)

4人組ヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」のボーカル。バンドの全楽曲の作詞・作曲を担当するほか、ワンマンライブの演出・ライブ中に行われる演劇の脚本・ステージ構成も 手掛ける。2009年10月にリリースした代表曲「女々しくて」は、オリコンカラオケランキング51週連続1位を獲得(当時歴代1位)し、NHK紅白歌合戦にも4年連続出場。2014年にはJASRAC賞金賞を受賞。2019年には4月1日に発表された新元号に合わせた新元号ソング「令和」をどこよりも早く制作・発表すべく制作の模様を生配信。また無人島・沖ノ島からの無観客配信ライブも実施。2020年8月1日に有料無観客ライブ「去年の無人島より100倍マシ〜電気があるって素晴らしい〜」を開催し、好評を博した。10月16〜18日には全国縦断無観客ライブ「エアーツアー」3daysを予定。

ゴールデンボンバー オフィシャルサイト
http://pc.goldenbomber.jp/

鬼龍院 翔 オフィシャルTwitter
@kiryuintw

フォトギャラリー