Review

リズムとアクションが融合した新作『ノー・ストレート・ロード』レビュー! キミはロック派? EDM派? その戦いの先にあるものは……!?

リズムとアクションが融合した新作『ノー・ストレート・ロード』レビュー! キミはロック派? EDM派? その戦いの先にあるものは……!?

Game Source EntertainmentはPlayStation 4とNintendo Switch向けに『ノー・ストレート・ロード』を2020年8月にリリースした。本作はロック対EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の壮絶なバトルをテーマにし、音楽に乗せて武器と攻撃を駆使しながら戦うリズム+アクションアドベンチャーだ。永遠のテーマであるロックと現代における大ムーブメントEDMが、このゲームでどう交差するのかじっくりと説明を交えてご紹介したい。

文 / mktn


音楽あふれる街ビニールシティで巨大なEDM組織に立ち向かえ!

主人公はロックに生きるギタリスト「メイデイ」とドラマー「ズーク」のインディーズロックバンド「バンク・ベッド・ジャンクション」。この2人が生活をする街、ビニールシティが本作の舞台となる。この街は巨大なEDM組織「NSR」に支配されており、NSRによる音楽の力で街の電力を支えていた(!)のだった。街はすっかりEDMで溢れ、かつて人気であったロックは姿を隠していた……。

ノー・ストレート・ロード WHAT's IN? tokyoレビュー

そんなロックの復権を目指すメイディとズークは、NSRが主催する音楽演奏オーディションに参加するも、NSRのCEO兼審査員である「タティアナ」から”ロックの時代は終わり”と強硬に反対する態度で2人を落選。それに加えて、タティアナからは今後はロックをこの街で禁止すると原告されてしまう。意図的にオーディションに落とされ、ロックを全否定されたメイデイとズークは音楽の自由を取り戻すため、NSRを打倒することを決意する。

ノー・ストレート・ロード WHAT's IN? tokyoレビュー

▲メイディ。ギターを奏でる実力者。明るく前向きで、ロックへの愛は誰よりも深い

ノー・ストレート・ロード WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ズーク。ドラムの腕はピカイチ。落ち着いた性格で、猪突猛進なメイデイの宥め役

ノー・ストレート・ロード WHAT's IN? tokyoレビュー

▲タティアナ。NSRの最高指導者。秩序を乱す者を決して許さない

ノー・ストレート・ロード WHAT's IN? tokyoレビュー

▲こちらのシーンでは、海外の某有名オーディション番組のような場面で思わずクスっとしてしまう

ゲーム内容は、ビニールシティの探索とNSRのEDMアーティスト達との音楽バトルがメイン。そして、音楽にかかせない最も大切な「ファン」を多く獲得することが重要なポイント。ビニールシティ内の探索では「ミニクワサ」という電力エネルギーアイテムを収集できる。じつはNSRの電力供給は街の隅々までは行き届いておらず、いたるところの設備が電力不足で動かなくなっているので、このミニクワサを使って電力をどんどん稼働させていくのが当面の目的となる。こうすることで、主人公らのバンドに少しだけファンが増えるので、小まめに行うことが重要だ。

ノー・ストレート・ロード WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ビニールシティは近未来的な雰囲気があり、世界観が音楽とマッチしている。目的とは外れ、街をひたすら散策したくなってしまうほどネオンの輝きがとても美麗

ノー・ストレート・ロード WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ステッカーや電力エネルギーのミニクワサは目の届く場所にあるので、たくさん確保して損はなし

ビニールシティの地下水道にはメイデイとズークのアジトがあり、ここでは様々な部屋が存在する。先ほどファンが重要と説明したのだが、このゲームではファン人数によって「地下ライブハウス」でスキルレベルが開放され、ファンパワーによってスキルのアンロックが可能となる。メイディとズーク、バンク・ベッド・ジャンクションのスキルツリーがそれぞれあるので、スキルを振り分けて強化していこう。

ファンはいずれもNSRレーベルのボスとバトルして勝利をすれば多く獲得でき、ミニクワサで街の電力を供給すれば少しずつ増えていく。また、同じ地下水道にある「ラジオスタジオ」でもベストな回答を選択すれば、より多くファンを獲得することも可能。

音楽で魅せる演出や、小まめな気遣いをするほどファンが増やし、どんどんアップグレードしていこう。

ノー・ストレート・ロード WHAT's IN? tokyoレビュー ノー・ストレート・ロード WHAT's IN? tokyoレビュー

「ズークのワークショップ」では、武器のカスタマイズが可能。ビニールシティを探索すれば入手できるステッカーを、メイデイのギターやズークのドラムスティックに貼ることができ、バフ効果で体力や攻撃力などを上昇させるのでぜひ見つけておこう。さらに、EDMアーティストとバトルに勝てば、強力技や回復技などが発動できるスペシャルムーブが手に入るので、このショップでモッドとして割り当てることも。
他にも、ペットのワニにはエサを与えることができるのだが、面倒を見続けていると後にファストトラベルが出来るようになるので積極的に行うと良い。

爽快なバトルが楽しい! ビートに載せて相手をノックアウト!

ノー・ストレート・ロード WHAT's IN? tokyoレビュー

本作のキモ、音楽バトルシーンを説明しよう。主人公のふたりはEDMアーティスト達の街をハイジャックし、戦いに挑むことができるのだが、ボス戦に持ち込むまでは敵がたくさんいるセキュリティステージを突破しなくてはならない。戦闘での基本操作は、「近接攻撃」、「遠距離攻撃」、「演奏」、「スキル」がメインだ。

近接攻撃ではリズムに合わせてボタンを押せばコンボを決めることができる。遠距離攻撃は射撃攻撃になるので、敵を倒した後などにドロップされる弾を確保し、相手に目掛けて攻撃を発射。演奏では、特殊オブジェクトの近くで発動すると、攻撃をしたり敵の攻撃から防御してくれたりする援護要因だ。スキルは、先ほどのズークのワークショップのモッドの割り当てしたスペシャルムーブを発動できるぞ。

いくつものセキュリティを突破するといよいよボス戦! 特設なステージでバトルが始まる。ボスはさまざまな攻撃を仕掛けてくるので、初見では難しいと感じてしまうこともあるかもしれないが、ここで重要なのは音楽に合わせて敵やボスの攻撃を避けたり、パリィで跳ね返すことができる、という点だ。パリィは敵やボスがBGMの拍にあわせて仕掛けてくるので、タイミングよく攻撃を跳ね返せればオーケー。いずれも最初の難易度はノーマルなのだが、EDMアーティストを撃破したあとは、ハードモードやさらにに上のクレイジーモード、パリィ攻撃がメインとなるパリィモードなどでも遊べるので飽きることなくプレイできるのも嬉しい。

すべてにこだわり尽くされた音楽への情熱と愛!

ノー・ストレート・ロード WHAT's IN? tokyoレビュー

どの楽曲もクールで、心地よいサウンドにも注目したい。コンポーザーはJames Landino氏やFalk Au Yeong氏、 Masahiro “Godspeed” Aoki氏など、ゲーム音楽ファンや音ゲーファンならピンと来るであろう錚々たるメンバーばかり。

本作に登場するキャラクターで筆者が中でもお気に入りなのは、5人組グループ「1010(テンテン)」だ。風貌や仕草、シンセポップをメインとした楽曲からはK-POPアイドルをイメージしているのだろう。楽曲や演出がとにかくカッコ良く、カットシーンの長さやキャラの動きがすべて拍に合っているのだ。こだわり尽くしたBGMと演出、計算つくされた拍には圧巻である。

ノー・ストレート・ロード WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ファン層は女性が多めな5人アイドルグループのテンテン。指ハートして!

また、今作は国内版発売にあたって日本語ボイスと字幕のフルローカライズ楽しむことができるのもポイントが高い。道中ではEDMレーベルである架空のバーチャルアイドル「SAYU(サユ)」というキャラクターが存在しているのだが、こちらの曲は英語ボーカルに加えて日本語ボーカルもある。ドラムンベースにポップでキュートなボイスを組み合わせた楽曲なのだが、筆者は最初、これを英語バージョンで聞いた。

日本語で聴くと一体どういう感じになるんだろう?とちょっと不安な気持ちもあったのだが、いざ聴いてみると日本でも馴染み深いバーチャルアイドルということもあってうまく当てはまっていた。日本語以外にもフランス語とスペイン語もフルボイスで実装されており、こちらも設定で変更することが可能なので、ぜひいろいろ聴いてみてほしい。フルボイスなのもうれしいが、別言語の楽曲も制作するというこだわりは他に少ないだろう。

ノー・ストレート・ロード WHAT's IN? tokyoレビュー

▲バーチャルアイドルのサユ。日本語では甘いボイスなのだが、フランス語に変えると少し大人びたボイスになる

「好きなものが好きで何が悪い!?」
最初から最後までブレないテーマ性に注目

筆者は本作を知ったとき、本作の「ロックとEDMのバトル」をテーマにしているという点に注目していた。近年、海外の音楽に目を向ければクラブミュージックがどんどん増えている印象があったからだ。このゲーム内でも”ロックはもう古い”と頭ごなしに言われてしまうのだが、本当にそうだろうか。例えば、クラシックを聴いている人が”時代遅れ”ということではないのと同じで、ロックが好きな人もそこには情熱があり、アーティストもファンがいるからこそ決して腐ることなく活動しているのだ。

ノー・ストレート・ロード WHAT's IN? tokyoレビュー

この『ノー・ストレート・ロード』はその模様をテーマとしてうまく取り入れており、より音楽への熱意を感じながら楽しめる作品として仕上がっている。音楽をテーマにしたゲームではあるが、「自分が好きなものへの情熱や愛は貫き通すべき!」ということをバンク・ベッド・ジャンクションに教わることができるだろう。ああ、尊い。


■タイトル:ノー・ストレート・ロード
■発売元:
■対応ハード:PlayStation 4、Nintendo Switch
■ジャンル:3Dアクションアドベンチャー
■対象年齢:全年齢
■発売日:発売中(2020年8月27日)
■価格:
・PS4 通常版 4,980円(税別)
・PS4 コレクターズ・エディション 8,980円(税別)
・PS4 ダウンロード版 4,980円(税込)
・Switch 通常版 5,380円(税別)
・Switch コレクターズ・エディション 9,380円(税別)
・Switch ダウンロード版 5,380円(税込)

※PC版(Epic Gamesストア)、Xbox One版はSold Out Ltd.よりダウンロード版が配信中


『ノー・ストレート・ロード』オフィシャルサイト

©2020 METRONOMIK SDN. BHD., All Rights Reserved. Published by Game Source Entertainment in Japan and Asia.