Interview

武子直輝&一ノ瀬 竜に清き一票を! 市長選立候補者役に挑むふたりが「熱い、熱いドラマ」と力説する『ハンサムセンキョ』

武子直輝&一ノ瀬 竜に清き一票を! 市長選立候補者役に挑むふたりが「熱い、熱いドラマ」と力説する『ハンサムセンキョ』

とある地方都市「新光市」を舞台に、個性豊かなハンサム立候補者たちが舌戦を繰り広げながら市長選を全力で戦い抜く──。10月7日(水)よりテレビ神奈川にて放送が始まるドラマ『ハンサムセンキョ』は、コメディ要素をたっぷり盛り込みながらも、あなたと“選挙”の距離が一歩近づくこと間違いなし(!?)の「選挙」コメディドラマだ。
今作でドラマ初主演を果たす天童勇樹 役の武子直輝と大物議員の息子・白峰誠二を演じる一ノ瀬 竜に、『ハンサムセンキョ』の見どころやお互いの印象などを聞いた。

取材・文 / 松浦靖恵 撮影 / 青木早霞(PROGRESS-M)


天童と直輝くんがそっくり。白峰と竜も似ている。

“政治”や“選挙”を題材にした『ハンサムセンキョ』への出演のお話を聞いたときや、脚本を読んでみての感想から教えてください。

武子直輝 最初にタイトルを聞いたときには、「“ハンサムセンキョ”って何だろう?」「ハンサムを投票する選挙なの!?」って思いました(笑)。

一ノ瀬 竜 僕もタイトルを聞いて、「いったいどんなドラマなんだろう」って思っていました。

ハンサムセンキョ 武子直輝 WHAT's IN? tokyoインタビュー

武子直輝

武子 脚本を読ませていただくと、立候補者たちが様々な制約のなかでいろんなアイデアを出しながら、熱い選挙活動を繰り広げて戦っていくまっすぐな姿が描かれていて。そこにコメディ要素もたくさん盛り込まれていたので、固い部分と柔らかい部分がマッチングしている物語にぴったりのドラマタイトルだなという印象を持ちました。

一ノ瀬 難しそうで堅苦しく思われがちな選挙や政治という題材をコメディチックに取り上げるなんて面白いなって思いました。

ハンサムセンキョ 一ノ瀬 竜 WHAT's IN? tokyoインタビュー

一ノ瀬 竜

ご自身が演じられる役を紹介していただけますか。

武子 僕が演じさせていただく天童勇樹は、元小学校教師で、ひょんなことからあれよあれよと「きらめき新党」から市長選に立候補することになった、フリーターの青年です。

一ノ瀬 僕が演じる白峰誠二は、大物政治家の息子の役です。政治家一家のサラブレッドとして、父が所属している歴史のある大政党「未来自由党」から立候補します。おぼっちゃんすぎてちょっと天然キャラなところがあるんですけど、直輝くんが演じる天童と出会って変化が起こります。僕、天童のキャラクターと直輝くんがそっくりだなと思っていて……。

武子 実は、自分でも似ているなって思ってた(笑)。演じるうえで天童のキャラクターを自分の中に入れ込んではいるんですけど、撮影していくにつれてより似てきちゃいましたね。

ハンサムセンキョ WHAT's IN? tokyoインタビュー

特にどういうところが似ていますか?

武子 元気で、明るくて、声がでっかいところ。あと、後先考えずに突っ走っちゃうところかな(笑)。でも、白峰と竜も似ているよね? 自分の中で何か追い込んでいるときは顔に心情が出ちゃうところとか、落ち着いている感じは似ているんじゃない?

一ノ瀬 たしかに。僕、周りの人に明るい人がいると、自分も明るい感じになれるんですけど、ひとりでいるときは落ち着いちゃっているというか……テンションのギアが低い方なんですよね(苦笑)。だから演じやすかったかもしれないです。

武子 竜は嘘をつけない誠実な人間だから、そこも白峰と似ているなって思ったよ。

ハンサムセンキョ 武子直輝 WHAT's IN? tokyoインタビュー

最初の役づくりには、ふたりとも美容室へ

市長選を戦う立候補者という役柄や選挙という設定を踏まえて、どのように役づくりをしていきましたか?

一ノ瀬 政治家を目指す役をやらせていただくのは初めてだったので、まず見た目を政治家に近づけていこう、と。僕、このお話をいただいたときは、別の役柄で金髪だったので、まずは美容室に行って「政治家の人くらい暗い色にしてください」って(笑)、髪を黒くしました。

武子 僕も議員らしい清潔感のある髪の長さを気にしましたね。美容室で誠実な雰囲気に見えるスタイルにしていただいて、前髪もおでこが見える長さにしました。

一ノ瀬 直輝くん、かなり切りましたよね?

武子 そうなんだよね。床に落ちた髪の毛を見た他の美容師さんが、あまりの量の多さに「えっ!? これ、一人分ですか?」って驚いてたくらい(笑)。

一ノ瀬 あはは(笑)。僕、直輝くんのインスタでロン毛姿を見ていたので、このドラマのために髪を伸ばしているのかなって勝手に思ってました。ほら、政治家になるために長い髪をばっさり切るシーンがドラマの中にあるのかなって。

武子 あははは。それと、役づくりではないんですけど、僕は初めての主演ドラマなのでより気合いが入りました。

ハンサムセンキョ 武子直輝 WHAT's IN? tokyoインタビュー

今日もスーツを素敵に着こなしていらっしゃいますが、『ハンサムセンキョ』の中でどんな着こなし方を意識していましたか? 自分流の着こなし術があったら教えてください。

武子 ネクタイの結び目が型崩れしないように、きっちりダブルで結んでいます。ネクタイをはずすときも輪っか状態にしておかないで、一回一回きちんと締め直して気合いを入れてました。

一ノ瀬 僕、自分でできなくはないんですけど、撮影現場ではキレイにネクタイを結べるか不安だったので、毎日衣装さんにやってもらってました。

武子 え? 今日はどうしたの?

一ノ瀬 今日は自分で締めました!

武子 きれいに結べてるよ。着こなしではないんですけど、僕はスーツを着ると気分が変わりますね。

一ノ瀬 たしかに、スーツを着ると気持ちが引き締まりますよね。

武子 この衣装を着るとめちゃくちゃ元気が出るから、(自分が演じている)勇樹の力をもらってるなって思います。

ハンサムセンキョ 一ノ瀬 竜 WHAT's IN? tokyoインタビュー

一ノ瀬 現場で共演者の皆さんのスーツ姿を見ていて、スーツってめちゃくちゃ体型やスタイルがわかるんだなって思いました。中でも(牧 瑛士 役の稲垣)成弥くんとか(キース・篠宮 役の)武藤(賢人)くんは、顔が小さくて足も長いから、めちゃくちゃ似合ってるなって見てました。スタイルがいい人が着ると、そのスタイルの良さがより引き立つんですよね?

武子 わかる! 竜も小顔だし、スタイルがいいから似合ってるよ。

一ノ瀬 (照笑)。僕たちふたりが着ている「ORIHICA」さんのスーツは、身体に合わせてきっちり作ってあるのにすごく伸縮性があって、撮影でどんなに激しく動いても全然型崩れしないのでびっくりしました。すごく着やすくて動きやすいので、自分の身体に完全に馴染んでますね。

武子 全力で走るシーンもお尻のところが破けるんじゃないかと心配だったんですけど、大丈夫でしたからね。実は、僕が初めて買ったスーツも「ORIHICA」さんのスーツなんですよ。大学の入学式と成人式用に、18歳のときにおばあちゃんと買いに行って。丈直しもきっちり細かくしていただいたので、オーダーメイドのスーツってこんなにしっかり作るものなんだなって感動したのを覚えています。もちろん、今もそのスーツは大切にしています。だから今回、衣装で着ることになったスーツが「ORIHICA」さんだと知って、縁があるんだなって感動しました。

一ノ瀬 すごいご縁ですよね。

武子 共演している役者さんたちも仲がいいので、みんなの私服姿をよく知っているけど、きっちりしたスーツ姿はこれまで見たことがなかったので、みんなのスーツ姿や髪型がすごく新鮮でした。きっと、ドラマを観てくださるファンの方も新鮮に感じられるんじゃないかなと思うので、スーツを着る役をやってほしいな、いつか見てみたいなって思っていた皆さんの夢が、このドラマで現実になっています!

ハンサムセンキョ 一ノ瀬 竜 WHAT's IN? tokyoインタビュー

それと、ドラマのエンディングに流れる歌もポイントのひとつですよね。

武子 “マニフェスト”とか“襷”とか、普段歌詞にはなかなか出てこないような選挙にまつわる言葉がいくつも出てくるところも楽しいですね。元気が出る曲だと思うので、ぜひ、皆さんも一緒に歌ってほしいです。

直輝くんの第一印象は……“ちょっと怖そうな兄貴”

ところで、おふたりはこれまでに何度か共演されていますが、初対面時にはどんな印象を持っていましたか?

武子 初共演は、舞台『忍び、恋うつつ』(2019年1月上演)だよね?

一ノ瀬 僕は舞台『忍び、恋うつつ』が初めての2.5次元舞台だったので、わからないことだらけだったんです。気持ちに余裕がなかったからだと思うんですけど、直輝くんの第一印象は……“ちょっと怖そうな兄貴”でした(苦笑)。

武子 え!!  僕が怖そうな兄貴?

一ノ瀬 何も怖いことはされてないんですけどね(苦笑)。それから半年後くらいに『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Destruction × Road~(2019年8月上演)で共演したときは、第一印象からガラリと変わって、“オモシロ兄ちゃん”に印象が大きく変化しました。

武子 あはは(笑)。“あんステ”でようやく竜の心が解けたのかもしれないね。

一ノ瀬 “あんステ”の座組みは“オモシロ兄ちゃん”だらけで。皆さんと仲良くさせていただくなかで、直輝くんが一番ボケてくれるんですよ(笑)。

武子 僕、あの座組みの中では最年長だったんですけどね(笑)。初共演したときに竜から「2.5次元舞台は初めてなので、いろいろと教えてください」って言われたのは覚えてますね。腰は低いけれど頑固な部分もあって、“ここだけは貫きたい”という思いをしっかり持っている芯が強い子なんだなって思っていました。“あんステ“で再会したときにたくましくなっている姿を見て、あれからたくさん勉強と経験を積んできたんだろうなって。

一ノ瀬 ありがとうございます!

ハンサムセンキョ WHAT's IN? tokyoインタビュー

では、お互いの良いところを選挙演説風に言うとしたら?

武子 えー。一ノ瀬 竜くんは、普段はふわふわっとした柔らかな雰囲気を持っておりますが、やるときはしっかりやる男です! 真面目で、誠実な男であります。そして、なによりも役者として輝いている。一ノ瀬 竜くんをぜひ応援してください。そうすれば、あなたの未来は輝くはずです!

一ノ瀬 ありがとうございます! では、僕もいきますね。武子直輝くんは、僕が一番共演している役者さんです。僕が初めてのことに挑戦する現場、大切なターニングポイントになるときに、いつもそばにいてくださる方です。お芝居の話をするときは熱く真面目に語っている姿が頼もしく、普段は同じ目線で接してくれるのが、僕としてはとてもありがたい存在です。直輝くんがいると、とても安心します。僕がこれだけ信頼している直輝くんに一票をお願いします!!

武子 ありがとう! 皆さん、ぜひ一ノ瀬 竜くんに清き一票をお願いします(笑)。

一同 (笑)。

ハンサムセンキョ 武子直輝 WHAT's IN? tokyoインタビュー

一票が殺到しそうです(笑)。では、政党や政治家にはそれぞれ信念というものがあるかと思いますが、ご自身のモットー、普段から心がけていることはありますか?

武子 モットーであり、座右の銘でもあるんですけど、“人に優しく、己に厳しく”です。小学4年生のときの担任の先生に言っていただいた言葉なんですけど、自分の中で今も大事にしています。あと、とある曲の歌詞に“いいことがあったら笑顔になるけど、笑顔でいたらいいことがある、それが幸せの始まりです”っていうようなのがあって。僕にとっては勇気をもらえる言葉なんです。落ち込むようなことがあっても気持ちをポジティブな方向に変えて、笑顔でいよう、笑顔でいたらいいことや幸せに思えることがやってくると信じています。実際にそう思ってやっていると、元気になれるし、いいことが起こるんですよ。

ハンサムセンキョ 一ノ瀬 竜 WHAT's IN? tokyoインタビュー

一ノ瀬 僕は、“今を楽しく、丁寧に生きる”。こう生きたいなと理想に思っていることですね。毎日毎日を自分が思ったとおりに完璧に生きることも、自分がやりたいことを全部できるわけでもないんですけど、自分が何をしたらこれから先の人生が楽しいのかなって考えながら、今を楽しく、丁寧に生きたいと思っています。……とか言いながら、ついつい動画とかを観ちゃったりしてるんですよねぇ(苦笑)。

武子 楽しいからあっという間に時間が過ぎちゃうよね?

一ノ瀬 そうなんですよ。楽しいんですけど、果たして今やるべきことなのかって(苦笑)。でも、息抜きも大事かなって思ったりもして。

武子 うん、無駄なことなんて何ひとつないと思うよ。絶対何かに繋がるから!

一ノ瀬 そうですよね!

ハンサムセンキョ 一ノ瀬 竜 WHAT's IN? tokyoインタビュー

「選挙ってこんなに面白いんだ!」。いろんな発想が生まれてくるドラマ

では、最後にドラマ『ハンサムセンキョ』を観てくださる方へメッセージをお願いします。

一ノ瀬 ハンサムな立候補者たちが選挙に熱く没頭する物語の中には、いろんな物事を乗り越えながら、ひとりひとりが成長する姿があります。そして、お互いが切磋琢磨しながら、一致団結しながら、強い絆が結ばれていきます。それに、このドラマには、若い人たちにも選挙に行ってほしい、関心を持ってほしいというメッセージも込められていると思うので、このドラマをきっかけに“選挙”というものにも注目して、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです!

ハンサムセンキョ 武子直輝 WHAT's IN? tokyoインタビュー

武子 “選挙”と聞くと、なんだか堅苦しいな、難しそうだなに感じてしまう方もいらっしゃると思います。けど、選挙に詳しくない方にも「選挙ってこんなに面白いんだ!」「こんな感じなんだ」と思っていただけると思いますし、選挙に詳しい方には「たしかにこういうことってあるよな」とか「非現実的かもしれないけど、この考え方って面白いかも」と、いろんな発想が生まれてくるドラマだと思います。そして、何よりもハンサムな男たちが選挙を戦っていく、熱い、熱いドラマになっております! 笑いもあるし涙もあります。きっと彼らの素敵な言葉が胸に刺さると思います。4政党の誰かの目線に立ってみたら、街づくりの良さ、人のあたたかさも伝わってくるドラマだと思います。ぜひぜひリアルタイムで観ていただけると幸いでございます!!

一ノ瀬 直輝くんのしゃべり方が、完全に選挙演説みたいになってますよ(笑)。

武子 このスーツを着ると 自然とこのしゃべり方になっちゃうんです(笑)。

ハンサムセンキョ WHAT's IN? tokyoインタビュー

【募集終了】抽選で1名様に武子直輝さん&一ノ瀬 竜さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

武子直輝さん一ノ瀬 竜さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

9月24日(木)~10月1日(木)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


ドラマ『ハンサムセンキョ』

2020年10月7日(水)24:00〜OAスタート
テレビ神奈川にて毎週水曜日24:00〜24:15 OA

STORY:
主人公・天童勇樹(武子直輝)は元小学校教師のフリーター。
職を求めて学生時代の同級生であり議員秘書を務める花野 薫(深澤大河)を訪ねたところ、「きらめき新党」新光市支部長である古剛栄進(横山真史)に見いだされ、あれよあれよと市長選挙に出馬することになる。
市長選には、歴史のある「未来自由党」のサラブレッド白峰誠二(一ノ瀬 竜)や、カリスマ経営者で話題性のある「天晴党」の牧 瑛士(稲垣成弥)、ネットでの広報活動で若者中心に知名度を広げていく「FPP(Free Politics Party)」のキース・篠宮(武藤賢人)といった、強力で個性豊かなライバルたちが出馬。
政治家に必要とされる“三つのバン”、「地盤」「看板」「鞄」のどれ一つとして物足りない勇樹は、果たして市民の心をつかみ、市長に当選することができるのか……?
言葉や情報を駆使し、人々と交流を重ねながら、新光市の理想の未来を目指して鎬を削る、前代未聞の「選挙」コメディドラマが今、幕をあける!

監督:米山和仁(劇団ホチキス)
脚本:三田理恵子 米山和仁

出演:
きらめき新党
天童勇樹 役:武子直輝
花野 薫 役:深澤大河
古剛栄進 役:横山真史

未来自由党
白峰誠二 役:一ノ瀬 竜
山吹啓介 役:奥谷知弘
梔子・ミレー 役:八巻貴紀
刈安健司 役:窪寺 昭

天晴(あっぱれ)党
牧 瑛士 役:稲垣成弥
陸奥遊里 役:谷水 力
三城友則 役:宮澤 佑
門司 徹 役:中島拓人
目白浩司 役:本川翔太

FPP(Free Politics Party)
キース・篠宮 役:武藤賢人
佐原・ロイド・ジーク 役:橋本汰斗
曽良・ユリウス 役:樫澤優太

ほか

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@hansamusenkyo)
オフィシャルInstagram(@hansamusenkyo)

©ハンサムセンキョ管理委員会

武子直輝(たけし・なおき)

1993年3月28日生まれ、東京都出身。2002年に子役としてデビュー。以降、映画、TVドラマ、舞台など幅広く活躍。映画『絶狼<ZERO>』シリーズ(魔戒法師/カイン 役)、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズ(海 信行 役)、舞台『刀剣乱舞』シリーズ(同田貫正国 役)、『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』シリーズ(鬼龍紅郎 役)をはじめ、近年の主な出演作品には【舞台】ミラクル☆ステージ『サンリオ男子』〜ハーモニーの魔法〜、舞台「おおきく振りかぶって 夏の大会編」、舞台「ひらがな男子」、舞台「若様組まいる~アイスクリン強し~」などがある。10月31日より上演予定のハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“ゴミ捨て場の決戦”への出演を控える。

オフィシャルファンクラブサイト
Profile
オフィシャルTwitter(@takeshi__naoki)
オフィシャルBlog

一ノ瀬 竜(いちのせ・りゅう)

1997年11月23日生まれ、神奈川県出身。第30回JUNON SUPERBOY CONTESTファイナリスト。ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズ(菅原孝支 役)、『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』シリーズ(高峯 翠 役)をはじめ、近年の主な出演作品には【舞台】アナタを幸せにする世界の伝説シリーズ・アナ伝vol.1『ウェールズの赤竜 ~アーサー王伝説~』、能楽男師 狂言公演「能楽男師~柿山伏・附子~」「回顧録 能楽男師~附子~」【TVドラマ】『闇芝居』(生)』、『ピーナッツバターサンドウィッチ』などがある。10月31日より上演予定のハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“ゴミ捨て場の決戦”への出演を控える。

Profile
オフィシャルTwitter(@_ryu_ichinose)
オフィシャルInstagram(@ryu_ichinose)

フォトギャラリー